工作機械

「工作機械」の連載記事一覧です。

工作機械:

ニデックマシンツールは、門形五面加工機「MVR」シリーズ用の新型ユニバーサルヘッドを発売した。従来比で約80%小型化し、工具とワークとの接近性や可動域を高めたことで加工品質や生産効率の向上に寄与する。

[MONOist] ()
工作機械:

三菱電機はファイバーレーザー加工機「GX-Fシリーズ 2024モデル」の説明会を開催した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ヤマザキマザックは高機能複合素材であるミネラルキャストを内製し、自社製工作機械への採用を拡大していく。

[長沢正博, MONOist] ()
IPF Japan 2023:

三菱電機は「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)」において、ミライ化成、郷製作所、放電精密加工研究所とともにCFRPの成形から2次加工までの技術を展示した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

シチズンマシナリーは、主軸台固定形CNC自動旋盤「Miyano ABX」シリーズを刷新する。最大加工径80mmの機種を新たに追加し、航空機や自動車、医療向け部品加工メーカーの要望に応える。

[MONOist] ()
工作機械:

中村留精密工業はビルトインミストコレクタ「FogFree」を発売した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

シチズンマシナリーはプライベートイベント「CFA2023」を軽井沢本社で開催し、新しい精密加工工場や2024年発売予定の新機種などを公開した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

芝浦機械は、全電動式射出成形機「EC-SXIII」シリーズに、最上位クラスの超大型機「EC3000SXIII」を追加した。EV向け大型樹脂部品の需要拡大に対応し、ハイサイクル成形と省エネ性能で顧客のLCA向上にも貢献する。

[MONOist] ()
工作機械:

ニデックオーケーケーは、5軸制御立形マシニングセンタ「VB-X350」を発表した。直線軸の早送り速度を63m/分とするなど、バックラッシのない高速、高精度な加工ができる。

[MONOist] ()
工作機械:

DMR森精機は2023年10月25日発表した2023年度第3四半期(2023年7月〜9月)の決算についてオンライン会見で説明した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

中村留精密工業は、素材供給と完成品を取り出す機内搬送装置「コンパクトローダーservo」を発表した。全軸サーボ駆動で動作するサーボタイプで、位置決め精度に優れ、加工ワークに合わせたティーチングができる。

[MONOist] ()
工作機械:

芝浦機械は2023年10月31日〜11月2日の3日間、同社 沼津工場(静岡県沼津市)と御殿場工場(静岡県御殿場市)において「第18回 芝浦機械グループソリューションフェア2023」を開催する。

[長沢正博, MONOist] ()
第23回 Photonix:

アマダは光技術関連の展示会「第23回 Photonix」において、3次元レーザー統合システム「ALCIS 1008e」を披露した。発売は2024年を予定している。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

スギノマシンは、小型の汎用ドリリング、タッピングユニット「SELFEEDER DUO」のATC対応を開始する。ガントリー専用機やロボット加工機と組み合わせて、多品種少量生産のコンパクトな自動化ラインを構築できる。

[MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は、5軸制御横形マシニングセンタ「INH 63」「INH 80」を発表した。400V仕様の高剛性主軸を搭載し、切削能力が従来機比65%向上した。

[MONOist] ()
第23回 Photonix:

三菱電機は光やレーザー技術に関する展示会「第23回 Photonix」において、2023年10月2日に発売したレーザー細穴加工機「DZ600」を初めて披露した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

シチズンマシナリーは主軸台移動形CNC自動旋盤「Cincom L20」シリーズをフルモデルチェンジした。4機種を2024年4月より販売する。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

スター精密は、多様な部品加工ニーズに対応するスイス型自動旋盤の新機種「SP-20」を発表した。正面加工用刃物台に刃具装着本数に優れた門型刃物台を採用し、加工部品の形状に応じて多彩な工具ユニットの装着ができる。

[MONOist] ()
工作機械:

ソディックは、リニアモーター駆動の大型形彫り放電加工機の新機種「AL100G」を発売した。放電制御の刷新、AI機能やIoTプラットフォームの搭載により、加工時間を最大45%短縮、消費電力を30%低減した。

[MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は2024年1月より、技術の普及と技術者の地位向上を目的とする「5軸加工技術検定」の提供を開始する。切削加工、割出し5軸加工の基礎の学習者を対象にWeb試験を実施し、技術水準を4段階で評価する。

[MONOist] ()
工作機械:

中村留精密工業は新たなシングルタレットのCNC複合旋盤「SC-200IIL」を発表した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

アマダは厚板や大物の曲げ加工や深曲げを可能にする大型ベンディングマシン「HRB」シリーズとして7機種を拡充し、販売を開始した。年間販売台数は24台を目標としている。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は「KURAKI(クラキ)」のブランド名で横中ぐりフライス盤などを製造、販売する倉敷機械をグループに加える。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ブラザー工業は、5軸同時加工が可能なマシニングセンタ「SPEEDIO U500Xd1-5AX」を発売した。立体的で複雑な形状の部品加工ができ、ポンプのインペラなどの滑らかな曲線形状が要求される部品加工にも対応する。

[MONOist] ()
工作機械:

中村留精密工業は、2タレット2スピンドル式の精密CNC複合旋盤「WY-100V」を発表した。加工中のアイドルタイムを30%カットする「クロノカット」など、加工速度と精度を向上するための新技術を多数搭載する。

[MONOist] ()
工作機械:

スギノマシンは、最大6本の主軸を搭載できる大型部品加工機「GIGAFEEDER」を発表した。6本の主軸と長いストロークでEV用大型部品の効率的な加工ができ、モジュール構成により、小さい設置スペースで自由度の高いラインレイアウトが可能だ。

[MONOist] ()
工作機械:

牧野フライス製作所は、横形マシニングセンタ「a91nx」を発売した。経済性と環境、メンテナンス性に優れた機能を搭載し、3タイプの主軸が多様な被削材の加工に対応する。

[MONOist] ()
工作機械:

モリマシナリーは熟練者の経験知からスマート工場化を実現する切削工具管理システム「AI TOOL SOMMELIER」を2024年度に発売する。同年度の売上目標として1億円を掲げている。

[遠藤和宏, MONOist] ()
工作機械:

ブラザー工業は、マシニングセンタ「SPEEDIO」の新モデル3シリーズを発売した。「H」シリーズはSPEEDIO初の横形マシニングセンタで、コンパクトながら広い加工空間を確保している。

[MONOist] ()
工作機械:

オークマは、高精度で生産性に優れ、かつ省エネ加工が可能な5軸制御マシニングセンタ「MU-500VIII」を発表した。高精度を安定維持する知能化技術「サーモフレンドリーコンセプト」や、省エネ技術を採用した新世代CNC「OSPP500」を搭載する。

[MONOist] ()
工作機械:

牧野フライス製作所は独自技術で高い生産性と省エネルギーを実現した製品を2023年4月12日より販売すると発表した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

オークマは、高精度1サドルCNC旋盤「LB3000 EXIII」を発表した。「LB-EX」シリーズの最新モデルで、同シリーズの高精度、高生産性を強化し、先進の脱炭素技術を搭載している。

[MONOist] ()
工作機械:

オークマは、高精度立形マシニングセンタ「MB-46VII」を発表した。「MB-V」シリーズの最新モデルで、精度安定性が従来機に比べ向上し、先進の脱炭素技術を搭載している。

[MONOist] ()
工作機械:

オークマは、CNC旋盤「LB3000 EXIII」と立形マシニングセンタ「MB-46VII」を発表した。両機種とも新世代のCNC「OSP-P500」を搭載し、高い精度と省エネ性能を両立している。

[MONOist] ()
工作機械:

オークマは、CNC「OSP-P500」を5軸制御マシニングセンタと複合加工機に搭載し、「Green-Smart Machine」として、2023年5月から一斉に出荷する。5軸制御MC「MU-V」シリーズ、複合加工機「MULTUS」シリーズから順次適用していく。

[MONOist] ()
工作機械:

International Linkageとドイツメッセ日本代表は2023年2月16日、ドイツのハノーバーで開催される国際金属加工見本市「EMO Hannover 2023」(2023年9月18〜23日)の概要を発表し、日本からの出展や来場者の拡大を呼びかけた。

[遠藤和宏, MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は2022年12月20日、同社最大の大型横形マシニングセンタの従来モデルを改良した「NHX 10000 μPrecision」を開発したと発表した。

[長沢正博, MONOist] ()
SEMICON Japan 2022:

 ジェイテクトマシンシステム(旧 光洋機械工業)は「SEMICON Japan 2022」(2022年12月14〜16日、東京ビッグサイト)において、硬脆材料/複合材料ウェーハ研削盤「R631DF」の超音波援用ユニット搭載仕様を参考出展した。2023年以降の上市を予定している。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ヤマザキマザックは2022年12月7〜9日まで、美濃加茂製作所 第一工場 ワールドテクノロジーセンタ(岐阜県美濃加茂市)などでJIMTOF2022アンコールフェア(以下、アンコールフェア)を開催し、最新のソリューションや新機種7台を含む計28台の工作機械を展示した。期間中は事前登録した約1700人が来場した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

三菱電機は2022年11月30日、産業メカトロニクス製作所(愛知県名古屋市)で記者会見を開き、2次元レーザー加工機の最上位モデル「GX-Fシリーズ」の新たな提供形態となる「GX-F Evernext Strategy」について説明した。合わせて、GX-Fシリーズに自社製12kW発振器を搭載した「ML3015GX-F120」「ML4020GX-F120」を追加し、同年12月1日から販売することを発表した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は2022年11月8〜13日まで、東京グローバルヘッドクォータ(東京都江東区)においてオープンハウスを開催し、工程集約をキーワードとして最新の工作機械を多数披露した。同月9日にはメディアにもその模様を公開した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ソディックは、リニアモーター駆動ワイヤ放電加工機「AL i Groove+Edition」を発売する。放電回路と制御の改善により加工速度と精度を向上し、消費電力量を減らすなど、脱炭素化社会へ向けた取り組みを図る。

[MONOist] ()
JIMTOF2022:

ジェイテクトは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、CNC円筒研削盤「G3P100L」など最新の5機種を出展した。いずれの機種も「圧倒的生産性」「抜群の品質」「こだわりの操作性」を訴求している。

[長沢正博, MONOist] ()
JIMTOF2022:

中村留精密工業は「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、同年11月8日に発表した精密CNC複合加工機「SC-200 II」を初披露した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ヤマザキマザックは、高速で高品質な摩擦攪拌接合が可能なFSW加工機「FSW-460V」の販売を開始した。新開発の高回転、高剛性の主軸を搭載し、独自の特殊形状ツールも採用した。

[MONOist] ()
工作機械:

牧野フライス製作所は、5軸制御横形マシニングセンタ「a900Z」の販売を開始した。半導体や電子機器などのデジタル関連産業の大型ワーク向けに、「aZ」シリーズの最大機種として展開する。

[MONOist] ()
JIMTOF2022:

ヤマザキマザックは第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、出展社として最大ブースを構えて横型マシニングセンタ「HCN-5000 NEO」など多くの新機種、ソリューションをアピールした。

[長沢正博, MONOist] ()
JIMTOF2022:

安田工業は「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、新型5軸加工機「YBM Vi50」を初披露した。

[長沢正博, MONOist] ()
JIMTOF2022:

DMG森精機は「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、5軸加工機や複合加工機を中心とした工程集約を提案した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

スギノマシンは、主軸30番の横形マシニングセンタ「SELF-CENTER SC-H30a」を発売する。ツールマガジンに最大70本の工具を収納して段取り替え時間を削減できるほか、加工工程の集約、切りくず排出性の向上、自動化対応などで生産性を高めている。

[MONOist] ()
工作機械:

ヤマザキマザックは、幅広い加工と自動化に対応する同時5軸加工機「VARIAXIS i-700 NEO」を発表した。新型主軸や省スペース型2パレットチェンジャをオプションで提供し、軽切削から重切削までの幅広い加工や自動化に対応する。

[MONOist] ()
工作機械:

スギノマシンは、主軸テーパ40番の立形マシニングセンタ「SELF-CENTER SC-V40a」を発表した。主軸中心から摺動面までの距離を短縮してモーメント荷重を低減したほか、剛性を保ちつつ、CAEを活用することで移動体を軽量化した。

[MONOist] ()
工作機械:

ジェイテクトは、JTEKTブランドから、中型円筒研削盤「G3 Series」を発売する。機械構造の最適解を反映したベッド設計や加工条件の自動決定機能などにより、高品質かつ効率的な加工を可能にする。

[MONOist] ()
JIMTOF2022:

日本工作機械工業会と東京ビッグサイトは、東京都内で記者会見を開き、工作機械と関連製品/技術の展示会「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(同年11月8〜13日、東京ビッグサイト)の概要を発表した。

[長沢正博, MONOist] ()
JIMTOF2022:

シチズンマシナリーは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022」(11月8〜13日、東京ビッグサイト)への出展コンセプト説明会を軽井沢本社(長野県北佐久郡)で開催し、出展予定の新製品、技術などを紹介した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ソディックは、油加工液仕様のリニアモーター駆動ワイヤー放電加工機「AX350L」を発表した。優れた位置決め性能と再現性を備えており、長時間の安定加工や自動化、省力化ニーズに応える構造、機能を搭載する。

[MONOist] ()
工作機械:

日本精工(NSK)は金型などの加工面品位を向上させる次世代高精度工作機械用ボールねじを開発したと発表した。「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)で展示する。2023年4月に受注を開始し、2024年に同製品シリーズの売上高として1億円を目指す。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

オークマは、直径500mmテーブルサイズの5軸制御マシニングセンタ「GENOS M560V-5AX」を開発した。「GENOS」シリーズの使いやすさを維持しつつ、欧米市場向け高精度5軸加工と脱炭素を両立している。

[MONOist] ()
工作機械:

スター精密は、4タイプの刃物台仕様から選択できる、スイス型自動旋盤「SD-26」を発表した。剛性や加工精度を高める機構や、扱いやすく多様な加工ニーズに柔軟に対応する機能を搭載する。

[MONOist] ()
工作機械:

ブラザー工業は、マシニングセンタ「SPEEDIO」から、最新の制御装置「CNC-D00」を搭載した小型複合加工機「M200Xd1」「M200Xd1-5AX」と、SPEEDIO専用ローディングシステム「BV7-870Ad」を発売した。

[MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は2022年8月29日、奈良県奈良市に建設して同年7月1日から稼働している奈良商品開発センタを報道陣に公開した。同社は奈良商品開発センタの稼働を機に、本社を愛知県名古屋市から奈良商品開発センタに移転した。

[長沢正博, MONOist] ()
工作機械:

ジェイテクトは、CNC円筒研削盤「G1 Series」の高品質タイプ「Type G」「Type L」の2機種を発売した。プログラム作成時間の短縮や単品加工の効率向上に寄与する機能を搭載する。

[MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は、2022年4月1日に設立した新会社「WALC」の開所式を実施した。WALCは、AI、IoT、クラウドコンピューティングを用いて、製造業のDXを推進するソフトウェアサービスを開発し、提供する。

[MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は、5軸加工機の工程設計学習用動画コンテンツ「工程設計アドバイザー(割出し5軸編)」の販売を開始した。さまざまなワークに対するクランプ方法から加工工程までを、1ワーク5分程度で解説している。

[MONOist] ()
工作機械:

松浦機械製作所は、新型の5軸制御立形マシニングセンタ「MX-850」の販売を開始した。早送り速度の高速化と各種処理時間の削減により、サイクルタイムを従来比8%短縮している。

[MONOist] ()
工作機械:

村田機械は、1524×3048mmの材料に対応可能なファイバーレーザーパンチプレス「MF30510HL」を発売した。ファイバーレーザー切断機能を搭載した複合加工機で、レーザーやパンチ、成形、タップなどの板金加工に1台で対応する。

[MONOist] ()
工作機械:

DMG森精機は2022年6月27日、フロアスペース3480×2060mmと小型ながら、複雑な形状のワークを1台で加工できる複合加工機「NTX 500」を発表した。医療機器や航空機、小型部品、ロボット部品など向けに、年240台の販売を見込む。

[MONOist] ()
工作機械:

開発に際しては「価格を削れ、品質は削るな」がキーワードだったそうです。

[MONOist] ()
工作機械:

ブラザー工業は、EV市場や変種変量生産用途に対応する工作機械「ユニバーサルコンパクトマシニングセンタ SPEEDIO U500Xd1」を発売した。「SPEEDIO」シリーズでは初めて傾斜ロータリーテーブルを搭載し、大型ワークの加工に対応する。

[MONOist] ()
工作機械:

ブラザー工業は、コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO」の新モデル5種を発売した。新たなNC装置の搭載や28本マガジン仕様の追加などにより、加工の多様化や生産性向上を図っている。

[MONOist] ()
工作機械:

ファナックのCNC累計生産台数が2022年2月に500万台を達成した。初号機の生産を1958年に開始し、シンプルな工作機械から複雑な構成の複合加工機、産業機械までカバーする。

[MONOist] ()
工作機械:

IDECは、セーフティエッジスイッチ「E30BK1形」を発表した。小型のため、スペースが限られた工作機械の自動扉やAGVに設置できる。

[MONOist] ()
工作機械:

ジェイテクトは、JTEKTブランドのCNC円筒研削盤第1弾として、「Basic」「Sports」「Racing」の3機種を発売する。変形、熱変位、振動を抑えた高精度な加工ができ、生産性の向上や電力削減に寄与する。

[MONOist] ()
工作機械:

ヤマザキマザックは、中厚板の高速かつ高品質な加工に対応する、2次元ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX 3015 NEO」の販売を開始した。ビームの径と形状を制御する独自機能や15kWの高出力発振器を搭載し、生産性を向上する。

[MONOist] ()
工作機械:

不二越は、歯車加工の全プロセスを1台に集約した、スカイビングギヤシェープセンタ「GMS100」を発売した。独自の精密同期制御を採用した、高精度、高能率の小型複合加工機となる。

[MONOist] ()