ニュース
» 2022年02月22日 07時00分 公開

歯車加工の全プロセスを集約、小型で高精度のスカイビングギヤシェープセンタFAニュース

不二越は、歯車加工の全プロセスを1台に集約した、スカイビングギヤシェープセンタ「GMS100」を発売した。独自の精密同期制御を採用した、高精度、高能率の小型複合加工機となる。

[MONOist]

 不二越は2022年2月1日、歯車加工の全プロセスを1台に集約した、スカイビングギヤシェープセンタ「GMS100」を発売した。小型ながら高精度、高能率の複合加工機で、価格はオープン。

 GMS100は、独自の精密同期制御を採用する。スカイビングに加え、ホブ、旋削、穴開けなど、歯車部品加工の全プロセスを集約しており、ワンチャッキングでの加工に対応する。ワークのつかみ替え、搬送、段取り替え工程を削減するほか、熱処理後のハード加工も可能だ。

キャプション スカイビングギヤシェープセンタ「GMS100」 出所:不二越

 また、新たに開発した高トルクスピンドルを搭載。工具ホルダーには、複合加工機に適したCaptoを採用している。歯車精度は、JIS N5級以上を確保。送り軸の高速オシレーション制御により、旋削、穴あけ工程で高能率な加工を可能にした。

 全プロセスを集約したことから、旋盤、穴あけ加工機、歯切り加工機など複数の機械でラインを構成する場合に比べて、設置面積を54%削減する。高剛性の機体と多軸同時制御機能により、インペラ、タービンブレード、ねじローター、人工関節など自由曲面の高精度加工にも適用できる。

 自動工具交換装置の工具収納本数は、6本と22本を用意する。機械サイズは2425×3320×1650mm。対象ワークの外径はφ3〜100mm、対象モジュールはm0.25〜m1.10となる。電機や電子、EV、減速機、医療機器関連での利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.