ニュース
» 2022年09月13日 11時00分 公開

処理能力従来比4倍の最新制御装置の複合加工機、ブラザーが専用搬送装置と同時発売工作機械

ブラザー工業は、マシニングセンタ「SPEEDIO」から、最新の制御装置「CNC-D00」を搭載した小型複合加工機「M200Xd1」「M200Xd1-5AX」と、SPEEDIO専用ローディングシステム「BV7-870Ad」を発売した。

[MONOist]

 ブラザー工業は2022年9月1日、マシニングセンタ「SPEEDIO」から、最新の制御装置「CNC-D00」を搭載した小型複合加工機「M200Xd1」「M200Xd1-5AX」と、SPEEDIO専用ローディングシステム「BV7-870Ad」を発売した。価格(税込み)は、M200Xd1が1257万円、M200Xd1-5AXが1402万円、BV7-870Adが348万円となる。

 「M200X3」の後継機となるM200Xd1は、CPU能力を強化し、従来の4倍となる処理能力を備えた制御装置CNC-D00を搭載する。ラインアップには、22本だった工具を最大28本搭載できる仕様を追加。工具交換の手間を削減し、省人化に対応する。

キャプション 小型複合加工機「M200Xd1」 出所:ブラザー工業

 制御装置のCNC-D00は、タッチパネル式の15インチ液晶を搭載し、直感的に操作できる。また、全操作の起点となるホーム画面を新設し、インタフェースの利便性を高めた。使用頻度の高い情報を集約化し、消費電力や稼働率などの生産に関係する情報を見える化するサポートアプリも搭載する。

 従来の画面構成を引き継いでおり、以前と変わらない操作にも対応する。電卓機能や、取扱説明書などのPDFファイルを参照するファイルビュワーなど、便利ツールにより作業効率を向上できる。

キャプションキャプション ,制御装置「CNC-D00」の外観(左)と、タッチパネルを採用(右) 出所:ブラザー工業

 複合加工と同時5軸加工制御に対応したM200Xd1-5AXは、工具に対して、ワークの加工表面が最適な向きになるよう、5軸を同時に作動して加工できる。

 オプション装置となるBV7-870Adは、自動で加工部品の搬入と搬出ができる。SPEEDIO専用の垂直多関節型ローディングシステム「BV7-870」の後継機で、CNC-D00に対応。「S300Xd1」「S500Xd1」、M200Xd1の3機種に搭載できる。

キャプション SPEEDIO専用ローディングシステム「BV7-870Ad」 出所:ブラザー工業
キャプション 「M200Xd1」に「BV7-870Ad」を装着 出所:ブラザー工業

 SPEEDIO専用の設計で、4軸の構造を採用。ローディングシステムはSPEEDIO本体側面に架台を直結しており、水平方向にアーム本体を動作させる駆動機構「TR軸」、2つのアームを回転させる駆動機構「J1軸」「J2軸」、アーム先端に取り付けたハンドを回転させる駆動機構「J3軸」の計4軸で構成される。

 アームの中にモーターや配線、配管などを収め、省スペース化した。工場設備のレイアウトに合わせ、機械側面の右手、左手のどちらにも取り付けできる。加工部品の着脱は側面から可能だ。制御コントローラーをSPEEDIO本体背面の制御盤内に内蔵するため、機械前面がフリーエリアとなって従来通りのオペレーションができる。

キャプション コンパクトで場所を取らない装置 出所:ブラザー工業

 BV7-870AdをM200Xd1に取り付けると、一度の作業で旋削加工とマシニング加工に対応でき、立ち上げ工数を削減する。機械側面に設置できるため、省スペース化につながる。

キャプション 小型複合加工機「M」シリーズにローディングシステムを搭載した「工程集約+省人化の例」[クリックで拡大] 出所:ブラザー工業

⇒その他の「工作機械」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.