ニュース
» 2022年04月06日 07時00分 公開

工作機械の自動扉に設置できる、小型セーフティエッジスイッチ発売FAニュース

IDECは、セーフティエッジスイッチ「E30BK1形」を発表した。小型のため、スペースが限られた工作機械の自動扉やAGVに設置できる。

[MONOist]

 IDECは2022年3月9日、工作機械などの自動扉に設置できる、小型のセーフティエッジスイッチ「E30BK1形」を発表した。同月10日から日本で先行発売する。

 E30BK1形は、同社の安全リレーモジュール「HR6S-AK形」と組み合わせることで、感圧装置規格「ISO13856-2」、制御システムの安全関連部に関する規格「ISO13849-1」に適合する。これにより、自動扉を閉めるスピードを通常よりも速くできる。拡張モジュール「HR6S-EP形」を使用すれば、安全出力を拡張できる。

キャプション セーフティエッジスイッチ「E30BK1形」 出所:IDEC
キャプション 組み合わせで安全規格に対応[クリックで拡大] 出所:IDEC

 サイズは22×20mmと小型のため、省スペースで設置できる。ゴム部には、耐油性のあるNBR素材を採用。オイルミストが飛散する環境にも対応する。最小曲げ半径はR80となっており、より小型のAGV(無人搬送車)にも設置可能だ。

キャプション 「E30BK1形」のサイズ 出所:IDEC

 アルミチャンネルを取り外し、先に工作機械などに固定してから、センサーユニットを設置できるため、設置や交換がしやすい構造になっている。組み上がった状態のエッジスイッチを直接機械に取り付けることもできる。

キャプション 設置、交換しやすい構造[クリックで拡大] 出所:IDEC

 設置場所に応じて、取り付けタイプを「標準」「スタッド」の2種から、配線タイプをAGV向けの「ハイキャップ」と自動扉向けの「ローキャップ」の2種から選択できる。端部連結接続パーツを用いれば、工作機械の自動扉の形状に合わせて、2連結接続にも対応。連結部も検出する。

キャプション 2連結接続に対応 出所:IDEC

 同社では今後、第3者認証機関にてEC型式認証を取得し、E30BK1形をグローバルでも展開していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.