• 関連の記事

「製造ITニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の「製造ITニュース」最新記事一覧です。

製造ITニュース:
インフォアの強みは3つの製品原則 ESGレポート作成と生成AIの支援機能も搭載
インフォアは顧客の生産性向上を支援する生成AIを活用した機能「Infor GenAI」と、カーボンフットプリントのレポート作成を支援するESGレポート機能の提供に関する説明会を開催した。(2024/5/24)

製造ITニュース:
予知保全ソフトに生成AIを活用した作業指示作成機能を追加 ロックウェル
ロックウェル オートメーション ジャパンは、同社の予知保全ソフトウェア「Fiix Asset Risk Predictor」に、生成AIを活用して詳細な作業指示を作成できる機能を追加する。(2024/5/23)

製造ITニュース:
製薬企業向けの文章照合AIシステムをマクニカが開発へ
マクニカは、製薬企業向けの文章照合AIシステムの開発を進めている。同システムでは、AIが製品標準書や指図書などの文章から製造販売承認書の一節を自動で抽出して照合する。(2024/5/13)

製造ITニュース:
印刷工程全体の進捗をリアルタイムで可視化、コニカミノルタがアプリ開発
コニカミノルタは、印刷データの入稿から梱包、出荷に至るまでの工程全体の進捗状況をリアルタイムで可視化するWebアプリケーション「AccurioPro Dashboard JobManager」を発売した。印刷工程全体のコストをより正確に計算できるようになった。(2024/5/9)

製造ITニュース:
NTTが英国で約100km離れたデータセンター間を接続する実証実験に成功
NTTとNTTデータグループは、英国と米国の両国内で、遠距離のデータセンター間を接続する実証実験に成功した。英国では約100km離れたデータセンター間を光通信ネットワークで接続し、1ミリ秒以下の低遅延で通信した。(2024/5/7)

製造ITニュース:
ERPに格納したデータを効率的に活用できるデータ連携ソリューションを提供
ウイングアーク1stは、データ連携ソリューション「Data Activate Solution」の提供を開始した。データ連携を設計する際の負担を軽減しつつ、ERPに格納したデータを効率的に活用できる。(2024/5/2)

製造ITニュース:
AI搭載の新機能で製造/メンテンナンスの生産性を向上、オラクル
オラクルは、サプライチェーンマネジメントツール「Oracle Fusion Cloud SCM」の新機能「Oracle Smart Operations」を発表した。製造やメンテナンスにおける作業の簡素化や迅速な意思決定を支援することで、生産性や品質の向上に寄与する。(2024/4/25)

製造ITニュース:
AIとリアルタイムデータを活用し、フィールドサービスを効率化
Salesforceは、AIを活用してフィールドサービスの業務を効率化する「Einstein 1 Field Service Edition」パッケージを発表した。パッケージには生成AIアシスタント「Einstein Copilot」ベータ版も含まれている。(2024/4/22)

製造ITニュース:
見積もり時間をゼロに 部品の納期と金額を即時算定するミスミの新システム
ミスミグループ本社は2024年4月12日、部品調達における納期調整や見積もりの時間を短縮するシステム「D-JIT」を発表した。グローバルでのサプライヤー情報をネットワーク化することで、仕組みを構築した。(2024/4/16)

製造ITニュース:
国内エッジインフラ市場は2024年に1兆6000億円へ 2027年までに年平均12%成長
IDC Japanは、国内のエッジインフラ市場予測を発表した。2024年の同市場の支出額は1兆5779億円に達する見込みだ。2022年から2027年にかけてCAGR12.4%で成長し、2027年には2兆2559億円に達すると予測する。(2024/4/11)

製造ITニュース:
製造業も強い関心 NTTが独自LLM「tsuzumi」のソリューションサービス提供開始
NTTは2024年3月25日、独自開発した大規模言語モデル「tsuzumi」を活用した、生成AIのトータルソリューションサービスを提供開始した。(2024/4/2)

製造ITニュース:
複数媒体で通信可能な技術「Nessum」、国際規格IEEE 1901cとして承認
パナソニック ホールディングスは、同社が開発したWavelet OFDM方式をベースとする複数媒体で通信可能な技術「Nessum」が、国際規格IEEE 1901cとして承認されたと発表した。(2024/3/21)

製造ITニュース:
ビジュアルワークスペース「Miro」のエンプラ向け高セキュリティアドオン製品
ミロ・ジャパンは、イノベーション創出のためのビジュアルワークスペース「Miro」のEnterpriseユーザー向けに提供される有料アドオン「Miro Enterprise Guard」の概要について説明した。(2024/3/19)

製造ITニュース:
2024年、サイバーセキュリティの6つのトレンドを発表 ガートナー
ガートナージャパンは、2024年のサイバーセキュリティのトップトレンドを発表した。生成AIやセキュリティ意識の低い従業員の行動、サードパーティーリスクなど6つを挙げた。(2024/3/13)

製造ITニュース:
ローカル5G市場は2030年度に558億円まで成長 矢野経済研究所が予測
矢野経済研究所は、2030年度のローカル5Gソリューション市場ついて、事業者売上高ベースでに558億円に達するとの予測を発表した。(2024/3/12)

製造ITニュース:
富士通が描くAI事業戦略 「Fujitsu Kozuchi」の持つ強みとは
富士通は2024年2月14日、富士通のAI基盤である「Fujitsu Kozuchi」や生成AIの研究開発に関する同社のAI戦略について説明会を開催した。(2024/3/7)

製造ITニュース:
ドコモとNTT、6G実証実験の協力体制を拡大 海外企業2社が新たに参加
NTTドコモは、NTTと進める第6世代移動通信方式に関する実証実験の協力体制を拡大する。新たに、海外オペレーターのSKテレコム、高周波用高性能測定器メーカーのローデ&シュワルツと、実証実験の協力で合意した。(2024/3/4)

製造ITニュース:
「製造現場にちょうどいいデジタルを」、山善が10のサービスで複合型SaaS展開
山善は2024年2月21日にモノづくり企業向け複合型SaaSプラットフォーム「ゲンバト」のサービスを開始した。(2024/2/29)

製造ITニュース:
見積もり情報の資産化で調達業務を改革 キャディが「CADDi Quote」発表
キャディは見積もり業務を効率化するクラウドアプリケーション「CADDi Quote」を発表した。図面管理プラットフォーム「CADDi Drawer」の図面データと連携して、見積もり依頼や案件情報の一元化を実現する。(2024/2/29)

製造ITニュース:
NEC、AIで製造現場の現場状況を可視化/分析する新サービスを開発
NECは、製造工場や物流倉庫、建設現場など向けに、AIを用いた「NEC デジタルツインソリューション 現場可視化・分析サービス」の販売を開始する。NECのAI技術である行動解析技術、人物照合技術を映像処理用ハードウェアに組み込んだ。(2024/2/27)

製造ITニュース:
2029年、ITコンサル委託業務の3割がAIで代替可能に ガートナーが予測
ガートナージャパンは、企業がITコンサルティングやベンダーへ委託している業務の30%が、2029年までにAIで代替可能になるとの見解を発表した。(2024/2/26)

製造ITニュース:
量販店の本部業務全般をサポートするクラウドシステムを開発
東芝テックは、量販店の本部業務全般をサポートするクラウドシステム「KX-1」を開発した。2024年4月に発売する。(2024/2/21)

製造ITニュース:
電力機器の監視/運用最適化支援をSaaSで提供、東芝エネルギーシステムズ
東芝エネルギーシステムズは、電力機器の状態監視や運用保守を支援するサービス「TOSHIBA SPINEX for Energy」のSaaS版の提供を開始した。(2024/2/15)

製造ITニュース:
ヤマハ、映像や照明データもWAV形式に統一して記録/再生
ヤマハは、音声や映像、照明の制御信号などファイル形式の異なるデータを、オーディオデータ形式に統一して記録、再生するシステム「GPAP」を開発した。また、会場規模に合わせてサイズを変更できるパネル型スクリーンを発表した。(2024/2/14)

製造ITニュース:
AIでユーザーの声を分析し、顧客接点を改善 TOPPANが新サービスを開始
TOPPANは、AIを使用してVOCを分析するサービス「コンタクトログマネジメント」の提供を開始した。AIによるタグ付けでVOCを要望や困りごとなどに分類、構造化して集計し、分析や改善策の提案まで行う。(2024/2/2)

製造ITニュース:
日本産食品の価値を守る、新たな原産地証明サービスを開始
日本流通管理支援機構は、微量元素/同位体分析を活用して、農産物などの原産地を証明するサービス「産地の証印」の提供を開始した。同サービスにより産地偽装品の流通を防止することで、日本ブランドの食品の価値を守る。(2024/1/30)

製造ITニュース:
産業機器向けアプリのライセンスをスマホで認証 新クラウドサービス発売
東京エレクトロン デバイスは、スマートフォンから産業機器向けアプリケーションのライセンス管理や認証ができるクラウドサービス「FalconGuardian」を発売した。(2024/1/29)

製造ITニュース:
2024年、企業がセキュリティ対応で押さえるべき10の重要論点とは
ガートナージャパンは、セキュリティに関して2024年に日本企業が押さえておくべき10の重要論点を発表した。セキュリティ/リスクマネジメントのリーダーは、セキュリティとプライバシーの領域を俯瞰し、自社の取り組みを見つめ直す機会を持つべきだとしている。(2024/1/23)

製造ITニュース:
生成AI利用時のプライバシー保護を強化 マイナンバーや住所にも対応
マクニカは、Private AIと販売代理店契約を締結し、生成AIや大規模言語モデルを利用する際のプライバシー保護を強化するサービス「Private AI」の取り扱いを開始した。(2024/1/10)

製造ITニュース:
「2023年はITモダナイゼーションの潮目に」、国内企業が迎えるDX推進の分岐点
PwCコンサルティングが「2023年DX意識調査−ITモダナイゼーション編」の結果について説明。今回の調査では、ITモダナイゼーション成熟度結果における「準先進」の比率が前回比25ポイント増の54%となるなど大幅な進歩が見られた。(2023/12/22)

製造ITニュース:
激増するOSSのセキュリティ対策を、SBOMと脆弱性情報の管理基盤を提供開始
日立ソリューションズはSBOM情報やソフトウェアの脆弱性情報を一元管理する「SBOM管理サービス」を提供開始した。(2023/12/20)

製造ITニュース:
製造業の顧客接点をデジタル化し集約、AIで営業やサポートを効率化
オプティムは、製造業向けに顧客接点をデジタル化して集約するサービス「OPTiM Hardware My Portal」を発表した。製品サポートや営業支援に関する情報をポータル上で公開することで、顧客満足度の向上や営業効率化を図る。(2023/12/19)

製造ITニュース:
PFUが不正接続防止ツールに新機能を追加、自動車/医療業界から強い引き合い
PFUは、IT機器を検知/遮断/管理する不正接続防止ツール「iNetSec SF」に新機能を搭載すると発表した。USB型LANアダプターなどのシャドーITデバイスの検知に新たに対応するとともに、従来よりも幅広いセキュリティ製品と連携できるようになった。(2023/12/12)

製造ITニュース:
「S/4HANA」のデータ活用した生成AI開発にも対応、SAPが新ツール提供開始
SAPジャパンは2023年11月28日、生成AI(人工知能)アプリケーションの開発者を支援するツールなどを新たに発表した。アプリケーションの統合開発環境に、生成AIアシスタントによるアプリケーションの開発支援機能を搭載するなどした。(2023/12/11)

製造ITニュース:
スーパーコンピュータ「富岳」の世界ランキング結果を発表
富士通は、スーパーコンピュータ「富岳」が、スーパーコンピュータの世界ランキング「HPCG」「Graph500」で8期連続の世界第1位を獲得したと発表した。(2023/12/7)

製造ITニュース:
OKI、エッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリの開発ツールを提供
OKIは、ロボットやさまざまなエッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリケーションの開発ツール「ROMBOX SDK」を提供する。同社のリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」と連携して活用できる。(2023/12/7)

製造ITニュース:
NVIDIAのGPUインフラが生成AI開発でも優位性を発揮できる理由とは
本稿ではNVIDIAが開催したオンラインイベント「NVIDIA 生成AI Day 2023 Fall」での講演、「生成AIの開発と運用を支えるエヌビディアの最新インフラ」の内容を紹介する。(2023/12/7)

製造ITニュース:
低遅延な工場リモート化をIOWNで実現する、通信網管理の省力化に貢献するデモ展示
NTTは同社の技術研究の成果などを紹介する「NTT R&Dフォーラム2023」は、IOWNの「APNサービス」を活用した、工場のデジタル化やリモート化に関するデモ展示を行った。(2023/12/5)

製造ITニュース:
リコーが建設業の360度画像活用支援、カメラとデバイス管理機能などをパッケージ化
リコーは、360度カメラ「RICOH THETA」本体に、専用三脚やデバイスマネジメント、メディアマネジメントをセットにした「RICOH360 プレミアムパッケージ」を提供開始する。(2023/12/1)

製造ITニュース:
帝人がグループ社員向けに独自の生成AIサービスを導入
帝人は、グループ社員向けに独自の生成AIサービスを導入した。文章の作成や翻訳、要約、データの分析などに使用し、業務の効率化を目指す。2024年1月以降に本格運用を開始する予定だ。(2023/11/29)

製造ITニュース:
現場の異常、生成AIがチャットで報告 自然言語の指示でデータ集計もできる
MODEは、生成AIを活用して会話形式で作業現場の状況報告や確認ができる「BizStack Assistant」β版の提供を開始する。一般的なチャットツールに対応しているため、日頃から使い慣れたツールで操作できる。(2023/11/24)

製造ITニュース:
狙った位置に自然な不良を、外観検査向けAIデータ生成基盤に新機能
データグリッドは、同社の外観検査向けAIデータ生成基盤「Anomaly Generator」に、狙った位置に不良を生成する機能などを追加した。(2023/11/10)

製造ITニュース:
シャープがローカル5Gシステムを提供、設計から保守までワンストップで対応
シャープは、システム設計から基地局設置、メンテナンスまでワンストップで対応する、ローカル5Gシステムを提供する。(2023/11/8)

製造ITニュース:
OKI、モバイル端末を活用した映像による遠隔作業支援システムを開発
OKIはモバイル端末を活用し、映像などを通じて作業現場を支援する「遠隔作業支援システム」を開発した。2025年度の商品化を目指し、有効性検証のためのβサービスを2023年10月から無償で提供する。(2023/11/6)

製造ITニュース:
デザイン思考を活用した製造業向けダッシュボード作成支援サービス提供
日立ソリューションズ西日本は、デザイン思考を活用して設備データの収集と可視化を支援する「Hi-PerBT IoTモニタリングサービス」の提供を開始した。アジャイル方式を採用して最短3カ月の短期で構築が可能だ。(2023/11/1)

製造ITニュース:
サイバー攻撃発生時の対応をメタバース上で学習する演習プログラムを開発
大日本印刷は、サイバー攻撃などを受けた場合の緊急対応と組織間連携を、メタバース上で効率良く学習できる「組織連携コース_メタバース演習」を開発した。(2023/10/25)

製造ITニュース:
マイクロソフトのAIは人作業の“副操縦士”に、世界に先立つ事例創出を目指す
日本マイクロソフトは、生成AIを含むAIに関する国内での展開について発表した。(2023/10/24)

製造ITニュース:
「富岳」の活用に踏み切れない民間企業のために、手続きの支援サービス提供開始
JSOLと理研数理は、スーパーコンピュータ「富岳」の民間利用を支援する「『富岳』利活用コンシェルジュ」の提供を開始した。課題の選定や申請、必要書類の準備、利用報告書の提出といった手続きを支援、代行する。(2023/10/24)

製造ITニュース:
JFEスチール、IBM Watsonを活用した故障復旧支援システムの販売を開始
JFEスチールは、自社向けに開発した故障復旧支援システム「J-mAIster」を、日本IBMと共同で販売する。設備故障が発生した際に、過去の故障履歴やマニュアルなどから、復旧に必要な情報を提供する。(2023/10/11)

製造ITニュース:
独力じゃDXできない中堅製造業を支援、自走型DXへと導くB-EN-Gの新サービス
ビジネスエンジニアリングは、中堅製造業がDXを自走的に推進できるように支援する「DX推進のためのデータ利活用アドバイザリーサービス」を本格展開することを発表した。また、エレクトロニクス商社の東和電気が同サービスの最初のユーザーとなったことを明らかにした。(2023/10/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。