• 関連の記事

「ROS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Innovative Tech:
“地球最強”クマムシが極限状態でも生き抜くメカニズムが判明 深い眠り「乾眠」を引き起こす仕組みとは
米ノースカロライナ大学チャペルヒル校と米マーシャル大学に所属する研究者らは、クマムシが過酷な環境下でも生き抜くメカニズムを解明した研究報告を発表した。(2024/1/25)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(後編):
ROS 2を用いたロボットの実機とシミュレーションによるデジタルツイン連動の実践
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。後編では、ROSのデジタルツイン活用の事例として、ROS 2を実装したロボットの実機とシミュレーションの連動について紹介する(2024/1/22)

ADLINKジャパン 代表取締役社長 眞鍋知晃氏:
PR:IPCベンダーからAI、ロボット、自動運転、5Gのソリューションベンダーへと飛躍するADLINK
産業用PC(IPC)の大手ベンダーであるADLINKの日本法人、ADLINKジャパンの社長に眞鍋知晃氏が2023年11月に就任した。ADLINKの日本での事業立ち上げから関わった同氏は「ADLINKは、IPCの提供にとどまらずシステムレベルの提案ができるソリューションベンダーに変貌した。日本国内での技術サポート体制をさらに強化してソリューションを幅広く提案し、事業成長を実現したい」と抱負を語る。(2024/1/11)

協働ロボット:
壁付けや天吊り設置が容易、ドイツ発の高機能ポリマー製軽量協働ロボット
イグスは、低コスト協働ロボット「ReBeL」の日本での本格販売を開始した。高機能ポリマー製で軽量のため、壁付けや天吊り設置ができる。日本での販売強化に際し、操作画面の日本語表示に対応した。(2024/1/9)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(前編):
進化を止めないROSは「ROS 2」への移行を加速、デジタルツイン対応も進む
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。前編では、ROSの最新動向とデジタルツインへの対応状況について紹介する。(2023/12/13)

2023国際ロボット展:
TwinCAT×ROSで何ができる? ベッコフのロボットモジュールが日本初上陸
Beckhoff Automation(ベッコフオートメーション)は「2023国際ロボット展」において、ロボットモジュール「ATRO」を日本初公開した。(2023/12/4)

Edge Tech+ 2023:
エッジデバイスをクラウドネイティブにするレッドハット、着々と事例も積み重ね
レッドハットは、「EdgeTech+ 2023」の出展に合わせて横浜市内で会見を開き、同年10月末に一般提供(GA)リリースを開始したエッジデバイス上でのコンテナ運用を可能にする「Red Hat Device Edge」のユーザーやパートナーの取り組みを紹介した。(2023/11/16)

車載ソフトウェア:
BlackBerryはQNXでSDVをつなぐ、非自動車分野の展開も強化
BlackBerry Japanは、組み込みシステム向けソフトウェアプラットフォーム「BlackBerry QNX」のプライベートイベント「BlackBerry QNX/TECHForum JAPAN 2023」を東京都内で開催。QNXの事業進捗や「BlackBerry IVY」の採用状況などについて説明した。(2023/11/8)

人工知能ニュース:
Jetson Orinの生成AI処理性能はXeonの1.7倍、NVIDIAが“史上最大”の機能拡張へ
NVIDIAは、組み込み機器向けのエッジAI開発プラットフォームである「Jetson」について、生成AIへの対応を含めた大幅な機能拡張を行うと発表した。(2023/10/19)

ノッチ、絶版車「ゼファーχ」カスタムでトラブル連発 友人が終盤に犯した大ミスへ激怒「今日乗って帰れない!」「何やってくれてんだ!?」
大変でしたね。(2023/10/11)

ロボット:
ロボットをゲームコントローラーで遠隔操作するUI「RemoteBase」、竹中工務店の施工現場に導入
センシンロボティクスが提供するロボットの遠隔操作ソリューション「RemoteBase」が、竹中工務店の施工現場で導入された。RemoteBaseは、さまざまなロボットを同一のインタフェースでゲームコントローラーにより操作できるシステム。(2023/9/6)

越智岳人の注目スタートアップ(9):
道なき道を走るパートナー、不整地走行のエキスパート集団「CuboRex」
不整地を走行するロボティクス技術を武器に成長を続けるハードウェアスタートアップのCuboRex。同社の創業から現在に至るまでの経緯と強みの源泉について、代表の嘉数正人氏に話を聞いた。(2023/8/1)

CAEニュース:
Unityを活用した協働用ロボットのデジタルツインとは
京セラは、東京都内で開催された「Unity産業DXカンファレンス」で、Unityで構築したデジタルツインにより協働用ロボットの開発を加速する手法について解説した。(2023/7/13)

日本ものづくりワールド 2023:
中国製擬人ロボットハンドが人の手のように動く、6つのサーボアクチュエータで再現
中国のInspire Robotsは「日本ものづくりワールド 2023」において、ロボットのエンドエフェクタ向けの擬人ロボットハンドを披露した。(2023/6/27)

電子ブックレット(FA):
新入社員が知っておきたい「産業用ロボット」の基本と周辺環境
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、産業用ロボットの基本とその取り巻く環境要件などをまとめた「新入社員が知っておきたい『産業用ロボット』の基本と周辺環境」をお送りします。(2023/5/18)

ハノーバーメッセ2023:
人はドラフトをチェックするだけ、マイクロソフトはGPTやデジタルツイン活用の展示
Microsoftは「ハノーバーメッセ2023」において、デジタルツインやAI(人工知能)を活用したアプリケーションを紹介した。(2023/4/28)

働き方の「今」を知る:
平気で「眠らない」日本人が知らない、睡眠不足がもたらす残念な結果
日本人の睡眠時間は短すぎる。睡眠不足は、従業員と企業にどのような悪影響を及ぼすのか。なぜ、勤務間インターバルは浸透しないのか。睡眠と働き方を巡る現状を整理する。(2023/3/29)

ロボット:
KDDIがエレベーターメーカー5社とロボットプラットフォームの接続試験で合意、ロボットとEVを一元管理
KDDIとKDDI総合研究所は、独自に開発した多様なロボットの一元管理が可能なロボットプラットフォームと、大手エレベーターメーカー5社のエレベーター用クラウドとを接続する試験を行う。(2023/3/20)

ロボット開発ニュース:
建設ロボットの遠隔操作と管理ができるソリューションを共同開発
センシンロボティクスは、竹中工務店と共同で、さまざまな建設ロボットを遠隔操作、管理する「UGV遠隔操作ソリューション」を開発した。無人走行車両であるUGVを建設現場に導入することで、業界の人手不足への対策が期待できる。(2023/2/15)

3DEXPERIENCE World 2023:
見た目は1976年、中身は現代!? バーチャルツインでよみがえる「R2-D2」
「3DEXPERIENCE World 2023」の展示会場では、スターウォーズの「R2-D2」の開発を5カ年計画で進めている「OpenR2」プロジェクトが出展。ダッソー・システムズのソリューションを活用し、バーチャルツインによるモノづくりを推進するとともに、中身を現代風に進化させている。(2023/2/15)

MONOist 2023年展望:
組み込み機器の進化の鍵は「クラウドネイティブ」にあり
組み込み機器のエンジニアからは“対岸の火事”に見えていた「クラウドネイティブ」だが、自動車や産業機器の分野で積極的な取り込みが図られるなどその影響は無視できなくなっている。(2023/1/12)

組み込み開発 年間ランキング2022:
半導体不足にも光明が? 問題企業の立て直しを目指すおじさんに頑張ってほしい
2022年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、2021年も1位になった半導体不足の記事でしたが、問題解消に向けた光明も見えつつあります。(2022/12/28)

“浮気を絶対許さない”お岩さんが怖くて頼もしい 浮気者を成敗する漫画に「実在してほしい」
浮気をしたらどうなるか……。(2022/11/6)

Linuxの商用利用に求められるセキュリティと信頼性に応える:
PR:利用シーンが広がる「Ubuntu」 安心して活用するためのポイントとは
「CentOS」からの移行先、企業の基幹システムやAI、機械学習ソフトウェアの稼働環境として注目される「Ubuntu」。企業が安心してUbuntuを活用するために、セキュリティや運用面においてどういった対応が可能なのだろうか。(2022/11/2)

Japan Robot Week 2022:
“世界初”の階段昇降ロボット製品化目指す、ユニーク技術でニッチ市場に挑戦
ロボットベンチャーのクフウシヤは「Japan Robot Week 2022」で、開発中の階段昇降ロボットを展示した。2023年の製品化を目指しており、実現すれば世界初の階段昇降ロボットの製品化になるという。(2022/10/20)

NVIDIA Jetson Orin Nano:
エントリーレベルのエッジAI向け最新SoM
NVIDIAは、エントリーレベルのエッジAIやロボティクス向けに、新しいシステムオンモジュール「Jetson Orin Nano」を発表した。演算性能が最大40TOPSで、前世代の「Jetson Nano」と比べて最大80倍向上している。(2022/10/6)

「炎」「明け星」の収録きたぁ! LiSA、2年ぶり新アルバム「LANDER」を11.16リリース 先行曲「NEW ME」のMV公開も
劇場版SAOの「往け」も!(2022/9/13)

ロボットセキュリティ最前線(6):
ロボット特化のエンドポイントセキュリティ最適解、フレームワークや実現方法
ロボットの利用領域拡大が進む一方で、ネットワーク化が進むこれらのロボットのセキュリティ対策については十分に検討されているとはいえない状況だ。本連載ではこうしたロボットセキュリティの最前線を取り上げてきた。最終回となる今回はロボットセキュリティのフレームワークや実現方法について紹介する。(2022/9/5)

産業用ロボット:
早大発スタートアップが狭い場所でも作業できる研究開発者向けロボット販売
東京ロボティクスは狭い場所でも作業が可能な移動マニピュレーター「Tolon」の販売を開始したと発表した。(2022/8/23)

まるで妖精! “蝶の羽根”模様のドレスがゴージャスで息をのむ美しさ
着るだけでファンタジーな気分に。(2022/6/19)

「ルンバ」の動きをプログラミングで再現 教育用ロボット「Root」に新カリキュラム
ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」で知られるアイロボットが、6月8日の「ルンバの日」に合わせてプログラミングロボット「Root(ルート)」の新しい教育カリキュラムを発表した。合わせて、ルンバをベースに開発された新型ロボット「Create 3」を教育市場向けに販売することも明らかにした。(2022/6/9)

製造業IoT:
秒間2万点のデータを遅延なく可視化、アプトポッドは5G時代のIoT通信見据える
IoTデバイスを通じて動画や音声など多種多様な通信データをリアルタイムに取得したいというニーズの高まりとともに、データ通信量の大容量化も進んでいる。この中でリアルタイムなデータ通信を実現するIoT基盤を用意するかが課題になるが、アプトポッド 代表取締役は「当社は4G時代から備えてきた」と応える自信を見せる。(2022/6/9)

製造マネジメントニュース:
東芝が新経営方針を発表、非中核だった昇降機も照明も東芝テックもコア事業に
東芝が新たなグループ経営方針を発表。以前に非注力事業とされた昇降機事業や照明事業、東芝テックも含めた傘下の各事業をコア事業と定め、これらコア事業から得られるデータの活用が可能なプラットフォームの構築によるDXを進めた後、2030年以降に量子技術によって各プラットフォームが最適化されるQXを目指す。(2022/6/3)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
AIで人を画像認識して走ってくるロボット犬を作ってみよう
MobileNetV2-SSDモデルを使って「人」を物体検知して、その人が居る場所に向かって走って近づくロボット子犬を作成。ROS(ロボット用OS)を使用することで、非常に簡単に実現できる。(2022/5/30)

ロボットアプリの開発期間を短縮:
AMD、ロボティクス・スターターキットを発表
AMDは、ロボティクスやFAシステムに向けたロボティクス・スターターキット「Kria KR260」を発表した。既存の適応型SOMと組み合わせて用いれば、ロボットなどの開発効率を高めることができ、機器導入までの期間を従来に比べ最大9カ月も短縮することが可能になるという。(2022/5/19)

組み込み開発ニュース:
AMDがROS対応のロボット開発キットでNVIDIAに対抗、開発期間を約5分の1に短縮
AMDは、SOM製品「Kria」の新たなラインアップとして、オープンソースのロボット開発フレームワーク「ROS 2」をネイティブでサポートする「Kria KR260ロボティクス・スターターキット」を発表。NVIDIAの競合ソリューションと比較して、ソフトウェア開発期間が約5分の1、消費電力1W当たりの性能が8倍以上、レイテンシが3分の1以下になるという。(2022/5/18)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
自作できる小型ロボット「犬」に物体追跡AIを搭載してみよう
身近な現実問題にAIやデータサイエンスの適用を試してみる新連載。今回は「ミニぷぱ」というラズパイベースの小型ロボット犬を製作し、OAK-D-LITEカメラを搭載することで物体検知して自動的に目で追うようにしてみる。(2022/4/27)

Green Hills Softwareがデモ展示:
RTOS+ROSで3D LiDARを動作、セキュリティも保証
Green Hills Software(GHS)は「第25回 組込み/エッジ コンピューティング展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、同社の主力製品であるリアルタイムOS(RTOS)「INTEGRITY」や、マイコン用仮想化ソリューション「μ-visor」などのデモを展示した。(2022/4/13)

「言い訳ばかりのクズ野郎に言葉の刺青ぶち込んでやる」 “正義の亡霊”、お岩さんのクズ男絶許漫画が話題に
このお岩さんは強い。(2022/3/27)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
大胆なマウント変更で躍進 キヤノン、一眼レフの歴史
「EOS SYSTEM」が35周年を迎えたのである。今まで何かきっかけがあると、そのメーカーの歴史的なカメラを振り返ったりしてたので、今回はキヤノンである。(2022/3/21)

FAメルマガ 編集後記:
ロボットに見るデジタル化時代の新たなモノづくりの姿
フィジカルからデジタルへの一方通行の動きではありません。(2022/3/18)

AMDによる買収が完了:
XilinxはロボットとFAに注力、TSNと5Gの接続技術も
2022年2月14日(米国時間)、AMDがXilinxの買収を完了した。XilinxはAMDの「Adaptive Embedded Computing Group(AECG)」となり、FPGAなどのプログラマブルデバイスを引き続き手掛ける。XilinxのCEOであったVictor Peng氏は、AECGのプレジデントとなる。(2022/3/1)

産業用ロボット:
教示レスで弁当配膳などにロボット活用、音声認識やARで調整時間を10分の1に
三菱電機は2022年2月28日、高精度な音声認識技術や多関節ロボットの最適化によりティーチング(教示)の負荷を大きく低減した形で動作プログラミングを自動生成する複合技術「ティーチングレスロボットシステム技術」の開発を発表した。ロボット活用のハードルを下げることで、従来ロボットが使われてこなかった食品工場などでの用途拡大を狙う。(2022/3/1)

「実機」に近いソリューションは目の前に:
PR:MaaS/SDV実用化を加速する、高速かつ緻密な“データさばき”で支えるNXP
100年に一度といわれる自動車業界の変革期において、MaaS(Mobility as a Service)への注目度が高まる中、NXP Semiconductorsは、MaaSの中核を担うゲートウェイに向けた包括的なソリューションの提供を強化している。大量のデータの処理に適した高性能プロセッサの他、アマゾン ウェブ サービス(AWS)との連携により構築したデモなど、具体的なユースケースを見据えた実用的なソリューションを展開することで、MaaS/SDV(Software Defined Vehicle)実現に向けた開発の加速に貢献する。(2022/3/1)

組み込み開発ニュース:
AMDの組み込み部門となったザイリンクス、工場の無線化で5GとTSNをつなぐ
ザイリンクスが産業機器向けを中心とした同社の事業展開について説明。2021年4月に発表したAIカメラ向けSOM製品「Kria」が高い評価を得ており、新パッケージの採用で大幅な小型化を果たした「UltraScale+」製品群の展開も好調だ。ローカル5Gなどの活用で進みつつある工場の無線化に向けて、5GとTSNをつなぐIPの開発も進めているという。(2022/2/21)

組み込み開発 年間ランキング2021:
半導体不足はソフトの力で解決!? 2021年の気になるおじさんは再登板のあの人
2021年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、読者の皆さまが関わる事業の進捗に問題を来すであろう、アレが不足する記事でした。(2021/12/28)

お姫様じゃなくて「普通の女子高生になりたい」 いじめられながら高校で働く清掃員シンデレラの漫画
現代風シンデレラが求める結末はどんな形になるのでしょうか(2021/12/19)

組み込み開発 インタビュー:
ロボット分野に注力するパナソニック子会社、AGVや自動ピッキングの開発を容易に
パナソニックの組み込みソフトウェア設計子会社であるパナソニック アドバンストテクノロジー(PAD)がロボット分野向けの事業展開に注力している。2021年9月にはオンライン開催の展示会「ロボデックス」に単独で出展し、自律移動ロボット向けコントローラーパッケージや、機能安全に対応する無線非常停止パッケージなどを披露した。(2021/11/8)

ロボット開発ニュース:
NVIDIAが「Isaac ROS」を発表、ROSロボットへのAI認識機能の実装を容易に
NVIDIAは、オープンソースソフトウェアのロボット開発プラットフォーム「ROS」の開発者向けに、同社のロボット開発プラットフォーム「NVIDIA Isaac」と連携することでAI(人工知能)による認識機能を容易に実装できるようにする「NVIDIA Isaac ROS」を発表した。(2021/10/25)

日本語サポートも提供へ:
PR:「これからUbuntuの利用が日本企業で加速する」と言えるこれだけの理由
CentOS 8のサポート終了が迫る中、利用していた企業は移行先のOSを検討し実行に移すべき段階だが、まだ検討中の企業が多いのも事実だ。そうした中で注目されているLinuxディストリビューションの一つが「Ubuntu」だ。Ubuntuの優位性、利用のメリットはどこにあるのか。(2021/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。