• 関連の記事

「車両デザイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「車両デザイン」に関する情報が集まったページです。

ジャパンモビリティショー2023:
溶接せず組み立てられる車体フレーム、小型モビリティに参入しやすく
ユタカ技研は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、軽自動車未満の小型モビリティ向けの汎用フレームを展示した。(2023/11/8)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマ発が考える、二輪車の楽しさと四輪車の安定性のベストバランス
四輪車の開発を凍結したヤマハ発動機から、“複数のタイヤがあるモビリティ”のコンセプトが再び登場した。(2023/10/31)

MODSIM特別セッションレポート:
PR:ホンダも取り組む「MODSIM」による新たな製品開発アプローチ
ダッソー・システムズ主催の「SIMULIA Community Conference Japan 2023」においてMODSIM特別セッションが行われた。本稿ではMODSIMの概要紹介とともに本田技研工業の特別講演の模様をお届けする。(2023/10/27)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツは未来のオープンカー2台を出展、コペンは軽じゃなくなる
週末ですね。急に朝晩が少し肌寒くなってきました。昼間はカラッとして気持ちがいいですね。カラッとしているということは空気が乾燥しているので、風邪やインフルエンザには気を付けたいところです。(2023/10/7)

車両デザイン:
アイシンが新開発のリンク式パワードアシステム、センチュリーに搭載
アイシンはリンク式パワードアシステムを開発した。(2023/10/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
まだ面白さや魅力を知らない人に、それをどう伝えるか
今週ではなく先週の話題ですが、先日鈴鹿サーキットに行ってきたときのことを紹介します。(2023/9/30)

車両デザイン:
自動車のカラートレンドを予測、日本のキーカラーはライトグリーン
自動車向け塗料を扱うBASFジャパンは2023〜2024年における自動車のカラートレンド予測「ON VOLUDE(斬新)コレクション」を発表した。(2023/9/29)

車両デザイン:
新型アルファード/ヴェルファイアの意匠を実現した「体脂肪率ゼロ」
トヨタ自動車はフルモデルチェンジした「アルファード」「ヴェルファイア」を発売した。2015年以来8年ぶりの全面改良となる。(2023/6/22)

車両デザイン:
レクサスにBセグメントの小型SUV、日本では2023年秋以降発売
トヨタ自動車はレクサスブランドのBセグメントの新型車「LBX」を世界初公開した。(2023/6/6)

目的が多様化:
特急「成田エクスプレス」の車両刷新 先頭車両をシルバー基調に
JR東日本は4月以降、特急「成田エクスプレス」の車両デザインを順次リニューアルする。(2023/3/25)

CES2023:
ソニーホンダの新型車はエンタメ空間に、Epic Gamesと協業を発表
ソニーグループは2023年1月4日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2023」に合わせてプレスカンファレンスを行い、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティで販売する新型車などについて発表した。(2023/1/6)

三菱重工や日立が受注:
日本製車両採用の「ドーハメトロ」、サッカーW杯観客輸送で活躍中 記者が乗ってみた
サッカーW杯を開催中のカタールで日本企業が受注した、日本製の鉄道車両がW杯の観客輸送で活躍している。現地滞在中の記者が実際に乗車した感想もレポートする。(2022/11/26)

「え、ここを走るの?」 めっちゃレア! 神戸線を走っちゃう超特別ルートの「京とれいん雅洛」に乗ってきた
「スイッチバックするの!?!?」おひとり様な楽しい鉄旅を満喫しながら、阪急電車本気のおもてなしを見てきました!(2022/11/10)

中国におけるBEV普及・海外進出加速に示唆される日本自動車産業の未来
中国における国内新車販売台数は、2017年まで2桁の年平均成長率で成長し続けてきたが、 2017年以降は減少傾向に転じた。一方、NEV、BEVの販売台数は拡大を続けその傾向がより一層加速している。(2022/10/31)

車両デザイン:
タントにアウトドア向けの新モデル、スーパーハイトワゴンで多様なニーズ取り込む
ダイハツ工業は2022年10月3日、軽スーパーハイトワゴン「タント」シリーズにアウトドア向けの「タント ファンクロス」を追加して発売したと発表した。タント ファンクロスは使い勝手の良さを受け継ぎながら、アクティブさやタフさを表現したスタイルと専用装備でアウトドア志向のユーザーを取り込む。「タント カスタム」やタントの福祉車両版にも一部改良を実施した。(2022/10/4)

祝開業! 「西九州新幹線」ねとらぼ交通課の記事まとめ
2022年9月23日に開業した「西九州新幹線」に関する記事をまとめました。(2022/9/27)

車両デザイン:
スバル「クロストレック」が全面改良、動的質感にさらなる磨き
SUBARU(スバル)は2022年9月15日、全面改良する「クロストレック(CROSSTREK)」を世界初公開した。2023年以降に日本市場に導入し、順次各国に展開する。日本での受注は2022年秋以降を予定している。(2022/9/16)

キター! JR北海道、観光列車としても使える「H100形」を導入へ 線区ごとに異なるラッピングで登場
車内にはテーブルを設置するなど、通常のH100形から変更している点も。(2022/9/14)

気仙沼線BRTで「自動運転」実用化! 12月から一部区間で運転開始
位置情報は「磁気」で把握!(2022/9/9)

車両デザイン:
シエンタが全面改良で2列目の居住性を向上、OTAやリスク先読みの先進装備も
トヨタ自動車は2022年8月23日、ミニバン「シエンタ」をフルモデルチェンジして発売した。コンパクトカーの運転しやすさとミニバンの利便性を深化させた。また、ディーラーオプションを活用して好みにアレンジできるようにした。子育てや介護などユーザーのライフステージに寄り添う。(2022/8/24)

自動車業界の1週間を振り返る:
中国車もEVも最新エンジンのHEVも、みんな違ってみんないい
週末ですね。月曜日の祝日を満喫した方も、月曜日からフル稼働だった方も、1週間お疲れさまでした。今週も電動車に関する話題が多かったですね。(2022/7/23)

車両デザイン:
自動車技術を応用したエアモビリティの軽量キャビン、国際航空ショーで披露
Hyundai Motor(現代自動車、ヒョンデ)グループのSupernalは2022年7月18日、英国のファーンボロー国際航空ショーにおいて電動垂直離着陸機(eVTOL)のキャビンのコンセプトを発表した。(2022/7/19)

車両デザイン:
「コペンは何としても作り続ける」、20周年を迎えてダイハツが意気込む
ダイハツ工業は2022年6月19日、軽オープンスポーツカー「コペン」の20周年に合わせた取り組みを発表した。同社は2002年6月にコペンの初代モデルを発売。2014年6月にフルモデルチェンジし、「ローブ」「エクスプレイ」「セロ」といったモデルを追加した。着せ替え可能なドレスパーツも展開している。2019年10月には、トヨタ自動車と協力して、コペンのGR SPORTモデルも発売した。(2022/6/20)

JR九州、豪雨で被災の日田彦山線を「BRTひこぼしライン」として復活 2023年夏に開業予定
「日田“彦”山線の“星”」になるようにとの思いを込めて命名。(2022/6/4)

豊穏の彩(ほうおんのいろどり):
JR西、岡山・備後エリアに新型車両 シンボルカラーにピンク
JR西日本は、2023年以降に岡山・備後エリアに導入を予定する新型車両(227系近郊形直流電車)のデザインを発表した。(2022/5/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
九州と北海道 2つの高級クルーズ列車は、リピーターを獲得できるのか
高級クルーズトレインの先駆者「ななつ星in九州」と北海道を巡る「THE ROYAL EXPRESS 〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」に新コースが設定された。どちらも国内観光需要の盛り上がりに向けた対応だ。しかし定員を減らして三密を避けつつ、運行とサービスを維持するには顧客単価を上げる必要がある。(2022/4/16)

車両デザイン:
「フォーミュラドリフト」に参戦するGRカローラ発表、日本発売は2022年後半
トヨタ自動車は2022年4月1日、米国で新型車「GRカローラ」を世界初披露した。(2022/4/4)

月刊乗り鉄話題(2022年3月版):
順に並べて分かった意外な事実 新型車両「315系」デビュー記念! まとめてみましたJR東海「20年ぶりの新車」と仲間たち
意外と“へぇ〜!” 2022年春のダイヤ改正はちょっと寂しい話題が多かったので……「JR東海の現行車両カタログ」をどうぞ。(2022/3/29)

車両デザイン:
三菱自動車の「ラリーアート」復活第1弾、トライトンとパジェロスポーツで
三菱自動車は2021年11月30日、ピックアップトラック「トライトン」とSUV「パジェロスポーツ」に特別仕様車「ラリーアート」を設定したと発表した。(2021/12/1)

自動車業界の1週間を振り返る:
日米独仏中が参加しなかった、「2040年までに全てゼロエミッション車」の宣言
さて、今週で「COP26」(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が終わりました。自動車に直接関係のある話題としては、パリ協定の目標達成に向けてゼロエミッション車への移行を加速する宣言と、2022年の行動計画があります。(2021/11/13)

2023年導入予定:
東武鉄道、特急スペーシアに新型車両 日光・鬼怒川エリアの観光需要を喚起
東武鉄道は、2023年に特急スペーシアの後継モデルとなる新型車両を導入すると発表した。(2021/11/11)

車両デザイン:
2021年日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー、電動車やスポーツカーが選出
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2021年11月5日、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む10台「10ベストカー」を発表した。最終選考の結果は同年12月10日に発表される。(2021/11/8)

JR九州の新観光列車「ふたつ星4047」2022年秋デビューへ 運行ルートや車両は? 気になるポイントをチェック
西九州新幹線の開業にあわせて長崎に新しい観光列車が登場!(2021/11/2)

京王ライナーの自販機、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターに登場 車内の電子警笛音も流れるぞ
この自販機、喋るぞ……!(2021/10/17)

自動車業界の1週間を振り返る:
指紋認証は盗難で狙われやすいクルマを救う?
1週間お疲れさまでした。10月なのに暑い暑いと思っていたら、朝晩はずいぶんと冷えるようになりましたね。空気の乾燥も進んでいるように感じます。布団、暖房、スキンケアなど冬支度が必要ですね。(2021/10/16)

車両デザイン:
魅力度と品質の両立が強みに、J.D.パワーの商品魅力度調査はレクサスが1位
J.D.パワージャパンは2021年10月13日、2021年の「日本自動車商品魅力度調査」の結果を発表した。商品の魅力に対する高い満足度はブランドへのロイヤリティー(忠誠心)の強化に有効であることが示された。(2021/10/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマのよりよい作り方を追求できる」という強み
土曜日ですね。1週間お疲れさまでした。季節外れの暑さだったり、夜遅くの大きな地震だったり、ぐったりしてしまいます。皆さまご無事でしょうか。(2021/10/9)

車両デザイン:
マツダのラージ商品群は2022年から投入、多様な電動パワートレインを一斉に展開
マツダは2021年10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUVの商品計画を発表した。2022年から2023年にかけて新型車5車種を各国で投入する。(2021/10/8)

車両デザイン:
カローラシリーズに”クラストップ”のSUV、カローラ クロスを販売開始
トヨタ自動車は2021年9月14日、「カローラ」シリーズで初となるSUV「カローラ クロス」を発売したと発表した。ガソリンエンジン車とハイブリッド車(HEV)を用意しており、HEVでは電気式4WDシステム「E-Four」を選択できる。ガソリンエンジン車は2WDのみ。WLTCモード燃費は2WDのHEVで26.2km/l(リットル)で、「クラストップレベル」(トヨタ自動車)だという。(2021/9/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
「夏には半導体不足解消」の予想は実現せず、不透明な中でもしこりを残さないで
さて、今週も引き続き、半導体不足の影響が話題となりました。「半導体が足りない!」と自動車業界がザワザワし始めたのは、2020年末から2021年の初めにかけてだったように思います。(2021/9/4)

車両デザイン:
日立アステモとアイシンが共同開発、新型「ランクル」の減衰力調整式アブソーバー
日立Astemoは2021年8月30日、トヨタ自動車の「ランドクルーザー」の新モデルに減衰力調整式アブソーバーが採用されたと発表した。アイシンと共同開発した。(2021/9/1)

月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(3):
ところで西九州新幹線って「開業区間が中途半端」じゃないですか?
開業区間が「ちょっと中途半端」な気がする……。フリーゲージトレインはどこ行った……?。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめ、3回目です。(2021/8/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
売れ筋車種の生産ラインも稼働調整/義務化まであと1年の規制、「対応完了」は2割
土曜日ですね。1週間、お疲れさまでした。大雨に見舞われている西日本の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。日々の暮らしはもちろんお仕事の面でも、少しでも早く落ち着いた日常に戻れますように。(2021/8/21)

月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(2):
西九州新幹線の最高速度、開通後の時短効果は? もしかして料金が高くなってしまうのでは……?
開通でどのくらい時短効果がありそう? 料金は高くなってしまうのでは……?。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめ、2回目です。(2021/8/21)

月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(1):
なぜ「西九州新幹線」なの? 長崎新幹線じゃダメだった理由
長崎新幹線という名前じゃなかったの……? っていうか開業区間が中途半端じゃないですか……? などなど。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめをお届けします。(2021/8/20)

車両デザイン:
新型フェアレディZは米国で2022年春発売へ、240台の限定生産モデルも
日産自動車は2021年8月18日、米国市場で2022年春に発売する「Z」(日本名フェアレディZ)を披露した。これまで、プロトタイプを通して内外装のデザインやエンジン、車両サイズ、タイヤサイズについてのみ公表されていたが、グレードやトランスミッションなどの詳細についても発表した。日本市場向けの新型フェアレディZは2021年冬に発表を予定している。(2021/8/19)

車両デザイン:
JAXAが空飛ぶクルマの開発に協力、日本最大の風洞設備も
“空飛ぶクルマ”を開発するSkyDriveは2021年8月10日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力を受けてローターの空力特性の研究を開始したと発表した。(2021/8/13)

車両デザイン:
新型シビックは9月発売、「乗る人全員が爽快になるクルマ」に
ホンダは2021年8月5日、全面改良した「シビック」の新モデルを同年9月3日に発売すると発表した。新型シビックは、2021年度下期の販売のけん引役としてホンダが期待をかけている。新型シビックの月間販売計画台数は1000台で、税込みメーカー希望小売価格は319万〜353万9800円とした。(2021/8/6)

車両デザイン:
新型ランクルにもモータースポーツの知見、専用装備の「GR SPORT」を設定
トヨタ自動車は2021年8月2日、全面改良した「ランドクルーザー」を発売したと発表した。メーカー希望小売価格は510万〜800万円。(2021/8/3)

車両デザイン:
“空飛ぶクルマ”の最新機「Mk-5」を米国で初公開、予約販売も開始
テトラ・アビエーションは、米国の航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展し、日本で開発した“空飛ぶクルマ”、eVTOL(電動垂直離着陸機)の最新機「Mk-5」を一般向けに初公開し、予約販売を開始した。(2021/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。