ニュース
» 2021年12月01日 06時00分 公開

三菱自動車の「ラリーアート」復活第1弾、トライトンとパジェロスポーツで車両デザイン

三菱自動車は2021年11月30日、ピックアップトラック「トライトン」とSUV「パジェロスポーツ」に特別仕様車「ラリーアート」を設定したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 三菱自動車は2021年11月30日、ピックアップトラック「トライトン」とSUV「パジェロスポーツ」に特別仕様車「ラリーアート」を設定したと発表した。ラリーアートブランドの復活第1弾となる。2021年12月12日までタイで開催される「第38回タイランド・インターナショナル・モーター・エキスポ2021」に特別仕様車を出展するとともに、同年12月1日から販売を開始する。

ピックアップトラック「トライトン」とSUV「パジェロスポーツ」に特別仕様車「ラリーアート」を設定した[クリックで拡大] 出所:三菱自動車

 同社のスポーツブランドであるラリーアートは、世界ラリー選手権やダカールラリーで活動してきたが、業績悪化を受けて2010年3月に業務を大幅に縮小。さまざまなサービスやイベントが廃止された。

 三菱自動車は2021年5月、決算会見において、中期経営計画の中で“三菱自動車らしさ”を打ち出す目的でラリーアートブランドを復活させることを発表した。モータースポーツで培ってきたブランドイメージを受け継ぎながら、まずはアクセサリー用品事業を展開する。決算会見では、モータースポーツへの参加も検討していくと言及している。

 今回発表した特別仕様車は、ラリーに参戦していたワークスカーをイメージしたレッド、シルバー、ブラックのストライプ調ボディーサイドデカールや、レッドのマッドフラップ、ラリーアートのロゴをあしらった内外装のアクセサリーを装備している。標準モデルとの差別化を図るため、フロントグリルやアルミホイールはブラックで統一した。

ラリーに参戦していたワークスカーをイメージしたレッド、シルバー、ブラックのストライプ調ボディーサイドデカール[クリックで拡大] 出所:三菱自動車
レッドのマッドフラップもポイントだ[クリックで拡大] 出所:三菱自動車

→その他の「車両デザイン」関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.