• 関連の記事

「販売台数」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「販売台数」に関する情報が集まったページです。

携帯市場「みんなのスマホ」における中古スマホの単月販売数が過去最高に 2021年12月度 手頃な中古iPhoneの影響か
携帯市場が、Web通販サイト「みんなのすまほ」における中古スマートフォンの販売台数が2021年12月度に過去最高を更新したことを発表した。前年同月比では約1.6倍の販売台数となり、2022年3月までに記録をさらに更新する可能性があるという。(2022/1/18)

中古スマホ販売数が過去最高に 安価で良品が後押し
中古スマートフォン市場が活況だ。MM総研によると、2020年度の販売台数は前年度比13.5%増の185万台と過去最高を記録。21年度はこれを10.3%上回る204万台になると予想されている。販売会社は流通機能や買い取りの強化に乗り出している。(2022/1/12)

軽自動車の部門:
2021年、軽自動車の新車販売台数ランキング 「タント」「スペーシア」を抑えた1位は?
2021年の1年間の車名別新車販売ランキングが発表された。軽自動車では3位にダイハツ「タント」、2位にスズキ「スペーシア」がランクインした。7年連続で1位を獲得したのは?(2022/1/11)

中古スマホ販売数が過去最高に 安価で良品が後押し
中古スマートフォン市場が活況だ。情報通信関連市場の調査などを手掛けるMM総研(東京都港区)によると、令和2年度の販売台数は前年度比13.5%増の185万台と過去最高を記録。3年度はこれを10.3%上回る204万台と、初の200万台突破が予想されている。市場は今後も拡大が見込まれていることから、販売会社は流通機能や買い取りの強化に乗り出している。(2022/1/11)

若者の車離れに一石:
日産が提案する次世代のEVとは? 5年間で2兆円を投資
トヨタ自動車がEVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。米テスラをはじめとして世界の自動車メーカーは一気に「EVシフト」を進めている。EVの先駆けである日産リーフを発売した日産自動車は、この潮流をどう見ているのかを取材した。(2022/1/6)

販売台数3年連続のベストセラー! カワサキ「Z900RS」が売れに売れている理由とは?
ビッグバイクとしては近年まれに見るヒット作になったカワサキ Z900RS。何がそんなにいいのでしょう? いま一度じっくり試乗してみました。(2021/12/31)

トヨタFCV「ミライ」快走 販売5600台
20年12月に初代から性能が向上した2代目を投入。14年に発売した初代の累計販売台数約1万1000台の半数を約1年で超える快走を見せた。(2021/12/27)

電気自動車:
EV戦略を発表から数カ月で上方修正、トヨタがアジャイルさ示す
トヨタ自動車は2021年12月14日、EV(電気自動車)の戦略説明会を開催した。2030年までに商用車と乗用車でEV30車種を展開し、全てのセグメントにEVを設定する。EVのグローバル販売台数は、同年に年間350万台を目指す。(2021/12/15)

ローソンストア100、「100円おせち」40種類を発売 累計販売数900万食を突破
ローソンストア100は、12月25日に全国の店舗で「100円おせち」を販売する。2012年の販売から累計販売数は900万食を突破。今年は昨年比130%となる約300万食の販売を目指す。(2021/12/14)

トヨタ、2030年までに30車種のバッテリーEVを投入 フルラインアップで提供
トヨタは12月14日、2030年までに30車種のバッテリーEV(BEV)を投入する計画を明らかにした。BEV専用プラットフォームを開発し、乗用、商用それぞれにおいて、フルラインアップで提供する。30年には、BEVのグローバル販売台数350万台を目指す。(2021/12/14)

ドローン:
安全安心な国産ドローンは蒼天を駆けるか、ACSLが「SOTEN」を発売
ACSLがNEDOの公募事業「安全安心なドローンの基盤技術開発」の下で開発を進めてきた小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」を発表。2021年12月7日からドローン本体とオプション品の受注を開始しており、2022年に国内外での販売を進めて1000台規模の販売台数を目標に置いている。(2021/12/8)

ファミマの「SPAMむすび」、販売累計1000万個を突破 期間限定でツナマヨ増量
ファミリーマートは「SPAMむすび」の累計販売個数が、8月の発売から約4カ月で累計販売1000万個を突破したと発表した。(2021/11/29)

開発の背景:
15万台突破のライト一体型プロジェクター! 新製品「据え置き型」の狙いは?
天井に取り付けるシーリングライトに、プロジェクターとスピーカーを搭載した「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」シリーズが、コロナ禍でヒットしている。同製品を開発したのは、東大発ベンチャーとして、2008年に誕生したpopIn。商品開発の背景などを中国出身の程 涛(テイ・トウ)社長に聞いた。(2021/11/28)

シャープ プラズマクラスター搭載商品1億台突破 衛生意識高まり受け
シャープの「プラズマクラスター」を搭載した商品の世界累計出荷台数が1億台を達成した。新型コロナウイルスの感染拡大による衛生意識の高まりを受けて、国内外での需要を伸ばした。同社は2030年度までに出荷台数2億台を目指すとしている。(2021/11/26)

シャープ プラズマクラスター搭載商品1億台突破 衛生意識高まり受け
シャープは25日、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載した商品の世界累計出荷台数が1億台を達成したと発表した。主力の空気清浄機が、新型コロナウイルスの感染拡大による衛生意識の高まりを受けて、国内外での需要を伸ばした。同社は令和12年度までに出荷台数2億台を目指すとしている。(2021/11/25)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Nintendo Switchの販売台数がいよいよWii超えへ 21世紀のゲーム機の歴史に名を刻む2大名機の歩みを振り返る
成長し続けて5年が経過、ついにWiiの販売台数を超える見込みだが……。(2021/11/15)

マツダ、CX-5を大幅改良 全販売台数の3分の1を占める基幹車種
マツダはSUV「CX-5」を大幅改良し、11月8日から予約を開始した。CX-5は、全世界での販売台数の3分の1を占める、マツダの基幹車種。12月上旬から発売する。価格は267万8500円から407万5500円。(2021/11/8)

トヨタ、ホンダが中国販売減 10月も半導体不足の影響続く
【北京=三塚聖平】トヨタ自動車が3日発表した中国市場における10月の新車販売台数は、前年同月比19.2%減の14万2000台だった。ホンダも17.9%減の14万8377台。世界的な半導体不足による影響を受け、2桁のマイナスが続いている。(2021/11/4)

ファミチキ超えも:
売れすぎて販売中止になったファミマの「クリスピーチキン」再販 3日で500万食突破
ファミマは「クリスピーチキン(ハバネロホット)」の単品累計販売数が再販3日で500万食を突破したと発表した。2021年3月の発売初週ではハバネロホット・プレーンの販売個数がファミチキを超える結果にもなったという。広報に商品の特徴や売れ行きを聞いた。(2021/11/2)

キーワードは“爽快”:
シリーズ累計30億本超 「クラフトボス」誕生のきっかけとなった予想外な“若者の本音”
サントリー食品インターナショナルが発売する「クラフトボス」のシリーズ累計販売本数が30億本を突破した。(2021/10/29)

EV販売、3年ぶりに上昇 補助金増額後押し
電気自動車の販売が盛り返している。EVの販売台数は2019年から2年連続で減少していたが、21年に入ってから9月までの9カ月間で20年1年間を上回った。補助金の増額に加え、カーボンニュートラルを意識する消費者が増えた可能性がある。(2021/10/14)

半導体不足が日系自動車大手の中国販売直撃 9月はトヨタ、ホンダ、日産軒並みマイナス
【北京=三塚聖平】トヨタ自動車が11日に発表した中国市場における9月の新車販売台数は、前年同月比35.9%減の11万5千台だった。主に世界的な半導体不足による影響を受けた。同日に発表したホンダと日産自動車も前年実績を大きく下回った。好調が続いてきた中国自動車市場の変調が鮮明になっている。(2021/10/12)

スマートウォッチの国内販売台数が200万台を突破、シェアはAppleがトップ
MM総研は、スマートウォッチの国内販売台数の推移/予測とその利用実態に関する調査結果を発表。2020年度の国内販売台数は229.4万台(前年度比19.9%増)で、メーカー別シェアのトップはApple(54.5%)となった。(2021/9/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか
Appleが「iPhone 13」シリーズを発表。販売台数でいえば、メインはProではない無印の「iPhone 13」だが、注目はやはり「iPhone 13 Pro」におけるカメラ機能の大幅進化だ。今回のモデルチェンジで大型のプロ用カメラにどこまで近づけたのだろうか。(2021/9/15)

10月下旬より販売:
日産、「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表
日産自動車は「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表した。販売は10月下旬から。また、特別仕様車も発表。販売台数は100台限定だという。(2021/9/14)

2020年度の中古スマホ販売台数は185万台に増加、SIMロック禁止も追い風に
MM総研が9月14日に、中古スマートフォンの国内市場についての調査結果を発表した。「2025年に中古スマホの取引市場は268万台に拡大する」と予測している一方で、アンケートでは約40%が直前に利用した端末を家に保管すると答え、下取りサービスの利用が約80%、中古ショップへの売却も7%程度にとどまった。(2021/9/14)

携帯市場、9月初週の中古iPhoneの売り上げが前年比2.7倍と発表 「SE 2」「XR」が上位に浮上
スマートフォンの中古販売を手掛ける携帯市場は、2021年9月1日から7日までの中古スマホの売り上げが前年同期比の約2.7倍、販売台数は約1.6倍になったと発表。(2021/9/10)

携帯市場の中古iPhone、販売台数が前年から約1.6倍に 新旧iPhone SEが人気
携帯市場は、2021年9月1日〜7日の中古iPhone販売数ランキングを発表した。1位は「iPhone 8(64GB)」で、発売から1年半ほどのため状態のいい端末が多い「iPhone SE(第2世代)」も人気を集めている。(2021/9/10)

「カップヌードル」ブランドが、世界累計販売500億食を達成 発売50年目
日清食品は、「カップヌードル」ブランドの世界累計販売食数が、500億食を達成したと発表した。(2021/8/25)

AOKI「パジャマスーツ」累計販売着数3万着を突破
 紳士服大手のAOKIは8月20日、2020年11月より展開している「パジャマスーツ」の累計販売着数が3万着を突破したと発表した。ラインアップはシーズンに合わせて順次拡大予定とし、前年比約10倍に拡充し全国の店舗および公式オンラインショップにて販売していく。(2021/8/23)

コロナ禍で3.7倍に:
完全栄養食「BASE FOOD」、シリーズ累計販売数は1000万食を突破
完全栄養食「BASE FOOD」のシリーズ累計販売数が1000万食を突破した。完全栄養食とは1食分で1日に必要な栄養素の約3分の1が摂れる食品を指す。市場規模など今後の成長性を見てみよう。(2021/8/19)

3分インタビュー:
じゃりじゃり、ふわふわ、とろとろ 「食感」から家庭用かき氷機のトレンドを読み解く
夏の風物詩といえば「かき氷」ではないだろうか。かき氷はお店で食べる贅沢スイーツというイメージが定着しつつあるが、実は家庭用かき氷機も「進化」しているようだ。家庭用かき氷機のトレンドとは? 累計販売台数70万台を突破した家庭用かき氷機「とろ雪」を開発したドウシシャに話を聞いてみた。(2021/8/18)

7カ月連続で最高販売数を更新:
”おじさん上層部”の反対を押し切って発売 約2年で44万個売れた「プリントグラス」のヒットの理由とは?
創業200年の老舗ガラスメーカーが復刻させた、昭和レトロなデザインのプリントグラスが爆発的に売れている。累計販売数は2019年10月の発売から約2年で44万個を突破した。昨年の1月からは7カ月連続で月次の最高販売数を更新しているという。なぜ今、復刻商品が売れているのか? その秘密に迫る。(2021/8/13)

ハウス食品や富国生命ともコラボ:
累計販売数15万セット 捨てる野菜から生まれた「おやさいクレヨン」が売れ続けるワケ
捨てられてしまう野菜や果物を生かした「おやさいクレヨン」が売れている。累計販売数は15万セット。価格は2200円と安くはないのに、なぜ売れているのだろうか?おやさいクレヨンを作るmizuiroの木村尚子社長に話を聞いた。(2021/8/6)

製造マネジメントニュース:
トヨタの営業利益率はコロナ禍でも12.6%、ホンダは販売減を体質強化でカバー
トヨタ自動車とホンダは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の連結業績を発表した。トヨタ自動車は販売台数がコロナ禍前の2019年4〜6月期の水準まで回復。営業利益は4〜6月期としては過去最高を達成した。ホンダも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた前年から販売、業績ともに回復を見せた。(2021/8/5)

販売が好調:
トヨタ、4〜6月の連結決算発表 純利益は8978億円
トヨタ自動車が4〜6月の連結決算を発表した。販売台数が伸びたため、好調な結果となった。(2021/8/4)

製造マネジメントニュース:
スバルが2021年度の生産販売台数を下方修正、下期の挽回を前提に4万台減
SUBARU(スバル)は2021年8月3日、2021年度(2022年3月期)第1四半期(4〜6月期)の連結業績を発表した。(2021/8/4)

トヨタ自動車 21年上半期の世界販売台数は過去最高の546万台
トヨタ自動車が、グループ全体の2021年上半期の販売実績を発表した。グローバル販売実績は、前年同期比31.3%増となる546万7218台で、過去最高を更新した。(2021/7/29)

PS5、歴代最速1000万台突破も販売ペースは大幅ダウン 「在庫水準の改善が最優先」
SIEはPlayStation 5が全世界で累計1000万台売れたと発表した。しかし販売ペースは1〜3月の半分近くまで下がっているようだ。(2021/7/29)

7月20日から:
1本のハンコで描く新感覚「ハンコアート」キット発売 夏休みの自由研究需要を狙う
ハンコメーカーが誰でもハンコアートが楽しめるキットの販売を開始した。人気アニメや動物イラストを用いたメハンコを販売しており、累計販売本数は12万本以上に上るという。そんな同社が発売するハンコアートとは?(2021/7/20)

家電メーカー進化論:
ニトリも認める老舗メーカー 新社長が挑む「脱・大ヒット」と「全員野球」の哲学
2009年スタートの「ルルド」は、シリーズ累計の販売台数1100万台を突破するほどの人気ブランド。ルルドを手掛けるのは、もともと折りたたみベッドなどの健康器具メーカーで、1992年創業のアテックスだ。約10年前にスタートした健康家電事業の軌跡と、今後の展望について、社長の深野道宏氏に話を聞いた。(2021/7/20)

「iPhone 12」シリーズ、7カ月で1億台突破 先代より2カ月早く
Appleが2020年に発売した「iPhone 12」シリーズの販売台数は、7カ月で1億台を超えたとCounterpoint Reserachが発表した。「iPhone 11」シリーズより2カ月早い。(2021/7/1)

「泡で消す」モリタの消防車「Miracle CAFS Car」、納入2000台突破 国内74%以上の消防本部で活躍
Miracle CAFS搭載車両の無料巡回・点検サービスを開始。はたらくクルマの機能美・信頼です。(2021/6/15)

年々増加:
キャンピングカーの販売総額は過去最高の582億円 保有台数は12万台を突破
日本RV協会が発行する「キャンピングカー白書2021」によると、国内のキャンピングカー保有台数は対前年比で106.7%となる約12万7400台にのぼることが分かった。(2021/6/7)

Switch、国内販売台数が累計2000万台を突破 ソフトは「あつ森」がトップ
任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の国内販売台数が累計2000万台を超えた。「ファミ通」が2日に発表した。(2021/6/2)

電気自動車:
日産と三菱自のNMKVが10周年、軽EVで引き続き連携
日産自動車と三菱自動車は2021年6月1日、共同出資会社のNMKVが設立10周年を迎えたと発表した。両ブランドによる販売台数は10年間で累計152万台を達成。現在、NMKVと日産、三菱は電気自動車(EV)のプロジェクトを推進中で、三菱自動車はこれに合わせて新型軽EVの生産に向けて水島製作所に80億円を投資する。(2021/6/2)

トヨタ、4月の販売台数過去最高の85.9万台 前年から倍増
トヨタ自動車は5月28日、4月の販売および生産実績を発表した。グローバルの販売台数は85万9448台となり過去最高。コロナ禍で大きく販売が落ち込んだ2020年4月との比較では倍増となった。ダイハツと日野も入れたグループでも、93万2872台と過去最高だった。(2021/5/28)

レクサス、電動車の全世界累計販売台数が200万台を突破 22年には新しいBEV専用車の導入も計画
レクサスは5月18日、電動車の全世界累計販売台数が200万台を突破したと発表した。(2021/5/18)

PS5の品不足は2022年も続くとCFO──Bloomberg報道
ソニーの十時CFOが、PlayStation 5(PS5)の需要は続いており、「来年も供給が追いつかないだろう」と語ったとBloombergが報じた。11月発売のPS5の2020年度の販売台数は780万台だった。(2021/5/11)

Switchシリーズ、年間販売台数で「Wii」超え 任天堂の据え置き型ゲーム機として過去最高に
任天堂が家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」シリーズの2020年度(20年4月〜21年3月)における年間販売台数が2883万台となり、同社の据え置き型ゲーム機の過去最高を更新したと発表した。これまでは08年度における「Wii」の2595万台が過去最高だった。(2021/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。