ニュース
» 2021年11月08日 06時00分 公開

2021年日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー、電動車やスポーツカーが選出車両デザイン

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2021年11月5日、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む10台「10ベストカー」を発表した。最終選考の結果は同年12月10日に発表される。

[齊藤由希,MONOist]

 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2021年11月5日、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む10台「10ベストカー」を発表した。最終選考の結果は同年12月10日に発表される。

 10ベストカーは次の通り。2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売され、ノミネートした乗用車29車種から選ばれている。

 前回の「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、スバルの「レヴォーグ」が受賞した。審査員からは、「スバルグローバルプラットフォーム」とフルインナーフレーム構造の組み合わせで操縦性と快適性を高次元で両立した点、排気量1.8l(リットル)の直噴ターボエンジンでリーン燃焼に新たに挑戦した点、大型センターインフォメーションディスプレイやフル液晶メーターで構成したデジタルコックピットが高い評価を受けた。新開発のアイサイトXの搭載モデルが317万円からという価格も評価された。

→その他の「車両デザイン」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.