• 関連の記事

「ANSYS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ANSYS」に関する情報が集まったページです。

メカ設計メルマガ 編集後記:
エネルギー価格の高騰がCAE市場にもたらす影響
矢野経済研究所による「機械系CAE市場に関する調査」より。(2022/7/26)

CAEニュース:
Ansys、SoftInWayとの提携によりターボ機械の設計ワークフローを効率化
Ansysは、単段、多段、マルチモジュールターボ機械の設計ワークフローを効率化するため、SoftInWayと提携した。マルチフィジックス数値流体力学と有限要素法解析間のシームレスな設計転送が、容易に実行可能になる。(2022/7/22)

PR:まだ見ぬ“すごいテクノロジー”を社会に浸透させるために SB C&Sの挑戦
(2022/7/11)

電子ブックレット(メカ設計):
仮想空間とCAEの融合/AIで解析結果予測/5Gアンテナの解析自動化
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年1〜3月に公開したCAE関連のニュースをまとめた「CAEニュースまとめ(2022年1〜3月)」をお送りする。(2022/5/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
EVの急速充電、V2H、日本の電源構成……東京電力から自動車業界へのメッセージ
日曜日ですね。1週間おつかれさまでした。暑くなってきましたね。今週は「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」(2022年5月25〜27日、パシフィコ横浜)が開催されていたので、横浜に足を運んだ方も多いのでしょうか。(2022/5/29)

CAEニュース:
AnsysとBMWがADASや自動運転用のシミュレーションツールチェーンを共同開発
AnsysとBMWグループは、両社の協業を拡張し、先進運転支援システムと自動運転および自律走行機能の開発、検証を目指すと発表した。安全原則に基づいたエンドツーエンドのシミュレーションツールチェーンを共同開発する。(2022/5/27)

CADニュース:
優れた設計を短時間で、基本機能の拡張と先進技術の実装で強化された「Creo 9」
PTCは、3D CADソリューションの最新バージョンである「Creo 9」を発表した。ジェネレーティブデザイン、リアルタイムシミュレーションなど、イノベーションを促進し、設計者が優れたデザインを短時間で実現するための機能強化がなされている。(2022/5/20)

3D実装技術でサーバのパフォーマンスが飛躍的に向上:
PR:AMDが“夢のある技術”を載せたサーバCPUを提供開始、企業はこれをどう使いこなせるか
AMDがサーバCPU「EPYC(エピック)」シリーズで、開発コードネーム「Milan-X」と呼んでいた新たな製品の出荷を開始した。これまで先駆的な取り組みを続けてきたAMDは、今回も最先端の「夢のある技術」をEPYCシリーズで投入したという。Milan-XはどのようなCPUなのか。(2022/4/15)

CAEニュース:
Ansys、シミュレーションソリューションによってLGの持続可能性とDX推進を支援
AnsysとLG Electronicsは、今後5年間のエンタープライズライセンス契約を締結した。LGは製品開発の初期段階において、CAEに基づくバーチャルR&Dシミュレーションを組み込むことで、持続可能性とDXへの取り組みを強化する。(2022/3/17)

CAEニュース:
マルチフィジックス解析ソフトウェアの最新版「Ansys 2022 R1」を販売開始
サイバネットシステムは、マルチフィジックス解析ソフトウェアの最新バージョン「Ansys 2022 R1」の日本語版を販売開始する。より深い洞察を得るための機能改善やユーザビリティの向上など、さまざまな機能を強化した。(2022/3/16)

データセンター分野に向けて:
GFがシリコンフォトニクスプロセス「GF Fotonix」を発表
GlobalFoundries(GF)は2022年3月7日(米国時間)、次世代シリコンフォトニクスプラットフォームとして「GF Fotonix」を発表した。主にデータセンター向けソリューションを対象としたプロセスで、300GHz帯RF CMOSと光学コンポーネントを同一チップ上に集積する、300mmウエハー対応のモノリシックプラットフォームとなる。(2022/3/10)

ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 5000」が登場 Zen 3アーキテクチャを採用
AMDのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO」が、Zen 3アーキテクチャベースに移行する。最大で64コア128スレッド構成を用意しており、Lenovoの「ThinkStation P620」を皮切りに搭載製品が順次登場する見通しだ。(2022/3/8)

CAEニュース:
豊富な解析機能や最適化機能を備えた光学設計ソフトウェアを発売
サイバネットシステムは、Zemaxが開発する光学設計ソフトウェア「OpticStudio」の取り扱いを開始した。多様な光学系の性能評価に対応し、ユーザーが設定した条件や性能の目標を満たすため、形状と材質を最適化できる。(2022/3/4)

CAEニュース:
シミュレーションソフトウェアで5G携帯電話用アンテナの解析を自動化
Ansysのシミュレーションソフトウェア「Ansys HFSS」を、Wistronが採用した。同ソフトは、FCC認証に必要な5G携帯電話用アンテナの自動解析と信号カバレッジの最適化を可能にし、検証コストと時間を低減する。(2022/2/21)

CAEニュース:
シミュレーションソリューションの最新版「Ansys 2022 R1」の注目ポイント
アンシス・ジャパンは、シミュレーションソリューションの最新バージョン「Ansys 2022 R1」のリリースに伴いオンライン記者説明会を開催。Ansysのビジネスアップデートと、Ansys 2022 R1の主要な新機能/機能強化ポイントについて説明した。(2022/2/16)

電子ブックレット(メカ設計):
CAEを強化するAI/スパコンで構造解析/室内換気対策
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年10〜12月に公開したCAE関連のニュースをぎゅっとまとめた「CAEニュースまとめ――2021年10〜12月」をお送りします。(2022/2/7)

材料技術:
接着接合部の設計改善を支援する材料モデリングトレーニングプログラム
Ansysと3Mは、接着接合部の設計改善を支援する、材料モデリングトレーニングプログラムを開設した。エンジニアがスキルを向上させることで、製品開発プロセスの改善、設計ステージの迅速化、材料廃棄の削減などを図る。(2022/2/2)

CAEニュース:
シミュレーションソリューション活用で、月面車のデジタルツイン開発費を削減
Ansysのシミュレーションソリューションを活用して、Spec Innovationsが月面車のデジタルツイン開発のコストを削減した。3Dモデリングソフトウェアと組み合わせ、月面車の設計、構築、テストをデジタルエンジニアリングで実施した。(2021/12/24)

CAE活用事例:
カシオが電子キーボードの鍵盤構造の変更にCAEを活用、その効果と展望
電子楽器開発で40年以上の歴史を誇るカシオ計算機は、グリッサンド奏法の操作性を維持するために採用してきた旧来の鍵盤構造を見直すべくCAEを活用。新たなヒンジ形状を導き出し、作りやすい鍵盤構造を実現することに成功した。その取り組み内容とCAE活用の展望について担当者に話を聞いた。(2021/12/22)

安全なサプライチェーンを目指す:
MicrosoftとQualcomm、米国防総省のチップ設計に参加
MicrosoftとQualcomm Technologiesは、技術サプライチェーンを確保するとともに、米国のマイクロエレクトロニクスの技術力を強化することを目的とした、米国防総省のチッププロジェクトの第2フェーズを主導することになった。(2021/12/10)

CAEニュース:
工場やオフィス、店舗などの効果的な換気対策を3D計測とリアルタイム解析で支援
サイバネットシステムは、エリジオンの協力の下、室内の空気の流れをシミュレーション/可視化し、効果的な換気対策の実現を支援する「3Dシミュレーションによる室内換気対策支援サービス」の提供を開始した。(2021/12/2)

CAEニュース:
インド企業と販売代理店契約を締結、マルチスケール解析ツールの販路を拡大
サイバネットシステムは、インドのDHIO RESEARCH&ENGINEERINGと販売代理店契約を締結した。DHIOはインド、バングラデシュ、スリランカへ、マルチスケール解析ツール「Multiscale.Sim」のグローバル販路を拡大する。(2021/11/30)

電子ブックレット(メカ設計):
ホンダ、フロントローディングの実践に向けリアルタイム解析活用
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車外装部品の性能検討における業務負荷の軽減を目的とした「Ansys Discovery Live」の活用事例を紹介した講演レポート「ホンダ、フロントローディングの実践に向けリアルタイム解析活用」をお送りします。(2021/11/22)

CAEニュース:
TSMCと協業し、マルチダイ設計に対する包括的な熱解析ソリューションを開発
Ansysは、TSMCと協業し、TSMC 3DFabricを用いたマルチダイ設計に対する包括的な熱解析ソリューションを開発した。綿密な熱解析により、オーバーヒートによるシステムの故障を防ぎ、使用期間中の信頼性を向上する。(2021/11/19)

HPCやビッグデータアプリに特化:
Xilinx、アクセラレーター「Alveo U55C」を発表
Xilinxは、HPCやビッグデータワークロードの用途で、優れたワット当たりの性能を可能にするアクセラレーターカード「Alveo U55C」を発表した。同時に発表したAPI駆動型クラスタリングソリューションを活用することで、FPGAの大規模運用が容易に可能となる。(2021/11/18)

CAEニュース:
スーパーコンピュータで動作する、CAE構造シミュレーションソフトウェア
Ansysは、富士通のスーパーコンピュータで動作する、CAE構造シミュレーションソフトウェア「Ansys LS-DYNA」を発表した。64ビットArmアーキテクチャベースの富士通スーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX1000」「PRIMEHPC FX700」上で動作する。(2021/11/12)

自動車業界の1週間を振り返る:
「トヨタが最下位」の気候対策ランキングは、脱SUV、脱マイカーも求めている!?
環境保護団体グリーンピースが発表した自動車メーカーの気候対策ランキングで、トヨタ自動車が最下位だったと話題ですね。ニュース配信サイトでは記事が短かったので、グリーンピースの発表を見てみました。(2021/11/6)

CAEニュース:
Fordが高機能予測型ヘッドライト開発にAnsysの光学シミュレーションを活用
Ansysは、Ford Motor(フォード)が高機能予測型ヘッドライトの開発に、自動車ヘッドライト開発向け光学シミュレーションソリューション「Ansys AVxcelerate Headlamp」を採用したことを発表した。(2021/11/1)

CADニュース:
「Fusion 360」に2つの製品設計機能を追加、2022年早期にリリース予定
Autodeskは、クラウドベースの統合設計開発プラットフォーム「Fusion 360」に、プロダクトデザインエクステンションとシミュレーションエクステンションの2つの製品設計機能を追加する。(2021/10/28)

CAEニュース:
金属プレスシミュレーションソフト「Ansys Forming」を2022年1月にリリース
Ansysは、オールインワンの金属プレスシミュレーションソフトウェア「Ansys Forming」を2022年1月にリリース予定。汎用非線形ソルバー「Ansys LS-DYNA」を使用した高い予測精度を実現し、シートメタル成形におけるデジタル設計からシミュレーション、検証まで、金属加工プロセス全体を通じた円滑なワークフローを提供する。(2021/10/26)

CAEニュース:
AnsysとAppleが協業し、MagSafeモジュール開発者向けソリューションを提供
AnsysはAppleと協業し、Made For iPhone(MFi)プログラムに基づきMagSafeモジュールを開発するサードパーティー向けに、クラウドベースのRF安全性試験シミュレーションソリューションを新たに開発した。(2021/10/20)

Autodesk University 2021:
オートデスクが「Forgeプラットフォーム」を軸にオープンスタンダードを主導
Autodesk主催のデジタルカンファレンス「Autodesk University 2021」のゼネラルセッションにおいて、同社 社長 兼 CEOのアンドリュー・アナグノスト氏は、クラウドベース開発プラットフォーム「Forge」のさらなる進化、活用の方向性とその価値について説明した。(2021/10/19)

CAEニュース:
「Fusion 360」のPCB機能拡張に向けてAnsysとAutodeskが協業
AnsysとAutodeskは、クラウドベースの統合設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」初となるサードパーティーによるPCB(プリント基板)機能拡張を、両社の協業によって実現したことを発表した。(2021/10/13)

技術者のための資料作成とプレゼン講座(4):
プレゼン資料の中に3Dモデルを取り込み“カタチ”を正しく伝える
どんなに素晴らしい内容の発表でも、それが読み手や聞き手にうまく伝わらなければ意味がない。本連載では、技術者の皆さんを対象に、相手に伝わる発表内容の構成や資料の表現方法などについて伝授する。第4回は、プレゼン資料の中で部品や製品の形状情報をどのように表現するかをテーマに解説する。(2021/10/11)

製造ITニュース:
シミュレーションベースのデジタルツイン実現、Ansysとロックウェル製品連携
Ansysは、同社の「Ansys Twin Builder」とRockwell Automationの「Studio 5000 Simulation Interface」が接続し、シミュレーションベースのデジタルツインを活用できるようになったと発表した。仮想空間での設計や試験が可能になる。(2021/10/4)

CYBERNET Solution Live 2021:
ブラザー工業が実践するボトムアップ型CAEによる経営貢献に向けた取り組み
サイバネットシステム主催「CYBERNET Solution Live 2021」の基調講演にブラザー工業 開発センター 技術革新部 岩田尚之氏が登壇し、「ブラザー工業のCAE これまでとこれから 〜経営に貢献する基盤技術を目指して〜」をテーマに、ボトムアップ型CAEによる経営貢献に向けた取り組みについて紹介した。(2021/10/5)

CAEニュース:
Ansys、光学イメージングシステムシミュレーションのZemaxを買収
Ansysは、Zemaxの正式買収契約を締結した。今回の買収により、複雑な光学、フォトニクスに対応した製品をシミュレーションする、包括的なエンドツーエンドのソリューション提供が可能になるという。(2021/9/24)

デライトデザイン入門(7):
1DCAEの考え方によるカップのデライトデザイン
「デライトデザイン」について解説する連載。連載第7回では、リバース1DCAE⇒1DCAEのカップのデライトデザインへの適用手順を紹介。これにのっとって構造マップの作成、機能マップの考察を実施し、これらを受けて価値を抽出して、価値からアイデアを創出する。さらに、出てきたアイデアの1つについて具現化の方法を考える。(2021/9/22)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第1回:
PR:重要性が増すCAE解析業務を効率化するには? HPCを活用するという選択肢
複雑化が進む製品開発において、CAEを活用した解析業務の果たす役割はますます大きくなっている。CAEの利用頻度が上がるだけでなく、解析処理のさらなる高速化や大規模モデルへの対応、よりメッシュ数の多い高精細な解析など、その要求も高まっていくことが予想される。また、ニューノーマル時代に向けてリモートワークに対応した環境整備も求められる。果たして、現在の解析環境のままで業務のさらなる効率化・高度化を実現できるだろうか。あらためて、HPCという選択肢について考えたい。(2021/10/5)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021:
実験をCAEに置き換える、ホンダが外装部品の性能検討にリアルタイム解析を活用
「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021」の事例講演において、「Ansys Discovery Liveを活用した外装部品の開発事例」をテーマに、ホンダ 四輪事業本部 ものづくりセンター 完成車開発統括部 車両開発二部の下田雄太郎氏らが登壇。自動車外装部品の性能検討における業務負荷の軽減を目的とした「Ansys Discovery Live」の活用事例を紹介した。(2021/9/15)

CAEニュース:
構造解析や流体解析ソフトウェアなどのCAEソフトウェアの取り扱いを開始
SB C&Sは、ANSYSとValue Added Distributer契約を締結し、構造解析や流体解析ソフトウェアなどのCAEソフトウェアの取り扱いを開始する。ライセンス提供をはじめ、保守サービスの提供も予定している。(2021/9/13)

製品動向:
構造解析や流体解析の“ANSYS”シミュレーションツールをSB C&Sが国内で提供開始
SB C&Sは、ANSYS(アンシス)の構造解析や流体解析など、建築・土木向けにも活用が見込める各種シミュレーションソフトウェアの取り扱いを開始した。(2021/9/9)

CAEニュース:
Ansys、シミュレーションベースのデジタルツインの実現を提案
アンシス・ジャパンは、オンライン記者説明会を開催し、同社のビジネス概況と日本の製造業におけるデジタルツイン普及への取り組みについて説明。併せて、シミュレーションをベースとする同社のデジタルツインを展開する戦略的パートナーとして、SB C&Sとの協業に関する説明も行われた。(2021/9/8)

CAEニュース:
シミュレーションソリューションの最新版「Ansys 2021 R2」発表
Ansysは、シミュレーションソリューションの最新版「Ansys 2021 R2」を発表した。エンジニアはAnsys Cloudでほぼ無制限の計算能力を利用でき、設計調査、コラボレーション、自動化を加速できる。(2021/8/16)

材料技術:
実測とシミュレーションを組み合わせた材料情報のトータルソリューションを提供
サイバネットシステムは、材料データに関するトータルソリューションの提供を目指し、キグチテクニクスと業務提携した。業務提携の第1段階として、金属、複合材料の高品質な材料物性データを作成し、高精度にシミュレーションするためのサービスを提供する。(2021/6/3)

CAEニュース:
粒子運動の設計課題を解決する高機能な粒子モデリングワークフロー
Ansysは、ESSSと協業して提供する高機能な粒子モデリングワークフローの新製品「Ansys Rocky」を発表した。3次元形状、2次元シェル、フレキシブルファイバーを含む任意の粒子形状を正確にモデル化し、粒子運動の設計課題を解決する。(2021/4/23)

注目度が高まった「テレワーク」「サプライチェーン」
コロナ禍でCEOが注目した技術トップ5は? 決算報告書のキーワード分析で見る
新型コロナウイルス感染症のパンデミック下で、CEOが注目した技術とは何か。各社のIT戦略の変化とは。米国上場企業約3000社の決算報告書に書かれたキーワードが、パンデミック前後でどう変化したかを基に考察する。(2021/6/22)

CAEニュース:
シミュレーション技術により、高性能F1カーの迅速な開発を支援
Ansysは、Red Bull Racingが同社のシミュレーションソリューションと材料データ管理システムを用いて、F1用レースカーの開発を進めていると発表した。エンジニアによる高性能なレースカー設計と開発期間の短縮を支援する。(2021/3/4)

CAEニュース:
スケール感の異なるモデルが混在してもシステム全体で安定したメッシュ生成/電磁界解析を実現
アンシス・ジャパンはオンライン記者説明会を開催し、高周波3次元電磁界解析ソフトウェア「Ansys HFSS」の最新バージョン「Ansys HFSS 2021 R1」に搭載された新技術「Ansys HFSS Mesh Fusion」の詳細について説明した。(2021/2/22)

CAEニュース:
次世代製品の設計に役立つシミュレーションソリューションの最新版を発表
Ansysは、シミュレーションソリューションの最新版「Ansys 2021 R1」を発表した。安全で信頼性が高く、画期的なパフォーマンスを発揮する次世代製品の設計に役立つ。(2021/2/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。