• 関連の記事

「ロボット開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
「ロボット」特集 ― MONOist

関連キーワード

IIFES 2024:
スーツケースが簡易ガイドレスAGVに、制御プログラムはラダー言語で組める
日立産機システムは、「IIFES 2024」の日立製作所ブースにおいて、レーザー測位システム「ICHIDAS Laser」を中核とした「ガイドレスAGV開発キット」を展示した。(2024/2/29)

スマホ注文は導入したのに、サイゼはなぜ「配膳ロボット」を導入しないのか
人手不足に悩むファミレス各社でさまざまな取り組みが進む。その中から、今回は“三種の神器”でDXを進めるすかいらーくHDと、注文方式の変更で話題になったサイゼリヤに焦点を当てていく。(2024/2/29)

ロボット開発クローズアップ:
かわいい顔してプロ並みの強さ、中国発AI囲碁ロボット「SenseRobot GO」の実力は
2024年2月1日。アマゾンで家庭用AI囲碁ロボット「SenseRobot GO」が発売された。今回、SenseRobot GOの開発担当者に話を伺う機会を得たので、AI囲碁ロボットの詳細をレポートする。(2024/2/29)

ロボット開発ニュース:
ドローンと配送ロボットを活用した国内物流市場は2030年度に198億円へ
矢野経済研究所は、ドローンおよび配送ロボットを活用した国内の物流市場に関する調査結果を発表した。同市場規模を2025年度に23億2000万円、2030年度に198億3000万円になると予測している。(2024/2/22)

リアルな猫型ロボット、セガトイズが発売 ぬくもりに心音、ゴロゴロ音まで再現
セガトイズは21日、外観や動きがリアルな猫型ペットロボット「KIMIT ラグドール」を発表した。(2024/2/21)

羽田卓生のロボットDX最前線(7):
AI家具移動ロボットが日常生活“カイゼン”、日々の数歩の削減で何が変わるか
本連載では「ロボット×DX」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する。第7回はPreferred Roboticsが開発した、家庭用自律移動ロボット「カチャカ(Kachaka)」について、同社で代表取締役 CEOを務める礒部達氏に取材した。(2024/2/13)

ロボット開発ニュース:
ゴム人工筋肉に想いを乗せて届け君の心に! ブリヂストンが渋谷で異色の展示
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズは2024年2月9〜14日の6日間、渋谷駅前にある体験型ストア「b8ta Tokyo Shibuya」において、同社のゴム人工筋肉(ラバーアクチュエータ)の新たな可能性を訴求する展示を行っている。(2024/2/10)

ロボット開発ニュース:
子守り支援ロボットが運転中に赤ちゃんをあやすことで安心できる車内環境を提供
赤ちゃん本舗は、日産自動車と共同開発した、運転中の子守り支援ロボット「INTELLIGENT PUPPET イルヨ」を発表した。ウェイクワードに対応する動きで赤ちゃんをあやすことで、安心できる車内環境づくりを支援する。(2024/2/9)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】「アイロボット」はどんなロボットを作る企業?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/2/9)

ロボット開発ニュース:
変形型月面ロボットの正常な動作を確認、月面の撮影とデータ送信に成功
JAXA、タカラトミー、ソニーグループ、同志社大学は、変形型月面ロボット「LEV-2」が、小型月着陸実証機「SLIM」の撮影とデータ送信に成功したと発表した。LEV-2がSLIMから放出された後に、収納状態の球体から月面で展開、駆動したことを確認した。(2024/2/1)

CADニュース:
CADデータに含まれるPMIの変換と活用機能を拡充、3Dデータ変換/活用基盤の最新版
エリジオンは、3Dデータ変換/活用プラットフォーム「3DxSUITE」の最新版として「EX10.0」を発表した。CADデータに含まれるPMIの変換と活用機能を拡充している。(2024/1/30)

FAインタビュー:
データの利活用で現場力を高める、オムロンが目指す工場のスマート化
人手不足、品質保証、エネルギー削減など、製造現場が抱える課題は複雑化している。そこで必要になってくるのが工場の自動化、スマート化だ。今後の事業展開の方向性などについて、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 本部長の大場恒俊氏に話を聞いた。(2024/1/29)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(後編):
ROS 2を用いたロボットの実機とシミュレーションによるデジタルツイン連動の実践
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。後編では、ROSのデジタルツイン活用の事例として、ROS 2を実装したロボットの実機とシミュレーションの連動について紹介する(2024/1/22)

被災地支援に“ロボット犬” 陸上自衛隊が運用中 避難所への誘導支援などに活用
陸上自衛隊は日、令和6年能登半島地震の被災地に“ロボット犬”を導入していると発表した。被災者を2次避難所まで移送する誘導支援に活用したという。(2024/1/19)

あのネコ型配膳ロボの愛称が判明 「時給161円」でレンタルする“里親”募集中
ファミリーレストランなどでよく見かけるネコ型配膳ロボ「BellaBot」を3年間、特別価格でレンタルする「人手不足解消応援キャンペーン」がスタート。(2024/1/17)

ロボット開発ニュース:
量子アニーリングによる自動搬送ロボットの多台数同時制御の研究を開始
シャープは、東北大学と共同で、量子アニーリングを応用した自動搬送ロボットの多台数同時制御に関する研究を開始した。2024年度中に試作機による実証実験を行い、2025年度中の実用化を目指す。(2024/1/16)

ついに「Copilot」が提供開始に【後編】
Microsoftの「Copilot」は昔のBobやClippyとは全然違う? その訳とは
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、Copilot for Microsoft 365の新機能を発表した。Copilotは同社がこれまで提供してきた仮想アシスタントと何が違うのか。(2024/1/10)

協働ロボット:
壁付けや天吊り設置が容易、ドイツ発の高機能ポリマー製軽量協働ロボット
イグスは、低コスト協働ロボット「ReBeL」の日本での本格販売を開始した。高機能ポリマー製で軽量のため、壁付けや天吊り設置ができる。日本での販売強化に際し、操作画面の日本語表示に対応した。(2024/1/9)

ロボット開発ニュース:
重機の遠隔操作システムと自動運転機能の現場運用方法を検証
安藤ハザマとコベルコ建機は共同で、重機の遠隔操作システムと自動運転機能を現場検証し、作業現場での安全運用方法を検証した。現場から離れたコックピットから、現場の重機2台を遠隔操作と自動運転で切り替えながら同時稼働させた。(2024/1/5)

FM:
戸田建設とALSOK、警備/清掃ロボットとセキュリティ扉を連携 電気錠扉などを自律移動
戸田建設はALSOKと、ロボットとセキュリティ扉を連携させた実証実験を筑波技術研究所で実施した。(2023/12/27)

ヒット記事ダイジェスト:
「ダラダラ仕事」でも成長できる米小売業 “DX”に囚われる日本が見落としているのは?
2023年にITmedia ビジネスオンラインで反響の大きかったリテール関連の記事を3本紹介します。(2023/12/27)

「繁忙期も残業時間ゼロ」をどう達成した? 吹田徳洲会病院の業務自動化施策
2024年4月から開始される医師の時間外労働の上限規制など、医療業界における「働き方改革」が進みつつある。大阪府吹田市の吹田徳洲会病院はRPAツールを導入し、医事課業務の時間削減や繁忙期の定時退社を実現したという。(2023/12/23)

“家庭用囲碁ロボット”発売へ AI&ロボットアームが自力で打つ 価格は16万5000円
中国SenseRobotは、家庭向け囲碁ロボット「SenseRobot Go」を発表した。視覚と判断能力を備えたAIと、石を指せるロボットアームを備えており、ロボットと囲碁で対戦できる。2024年1月5日から高島屋などで発売予定で、価格は16万5000円。(2023/12/20)

2023国際ロボット展:
機能安全対応の無線非常停止やAGVのAMR化など、“痒い所”を突くパナソニックAD
パナソニック アドバンストテクノロジーは「2023国際ロボット展」のパナソニックグループブースにおいて、機能安全対応の無線非常停止デバイスや、自律移動ロボット(AMR)向けソフトウェアパッケージなど、ロボット開発において“痒い所に手が届く”技術や製品、サービスなどを出展した。(2023/12/20)

ロボット開発ニュース:
ローカル5Gと電波マップによる移動ロボット群の制御技術を開発
東芝と東芝インフラシステムズは、電波マップを用いてロボットの移動経路を制御する技術を開発し、ローカル5Gを活用して移動ロボット群をリアルタイムで制御することに成功した。(2023/12/15)

本田技研「生成AIを活用しない方がビジネス上のリスク」──日本MSはAzure導入“4倍増”で法人向け生成AIに手応え
日本マイクロソフトは12月13日、イベント「Microsoft Ignite Japan」を大阪で開催した。米国ワシントンで11月に行われたイベント「Microsoft Ignite」(以下、Ignite)の日本版で、Igniteで発表された生成AI関連の話題を日本向けにアレンジした内容となっていた。(2023/12/14)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(前編):
進化を止めないROSは「ROS 2」への移行を加速、デジタルツイン対応も進む
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。前編では、ROSの最新動向とデジタルツインへの対応状況について紹介する。(2023/12/13)

生成AI時代の価値創造:
収益が指数関数的に急上昇する「AIぐるぐるモデル」とは?
AI時代の価値創造の方法では、収益は逓増する。規模が大きくなればなるほど、指数関数的にもうかるようになる。その仕組みとは?(2023/12/12)

ロボット開発ニュース:
無人惑星探査車のシャシー形状の変化からスリップ状態を検知可能に
芝浦工業大学は、無人惑星探査車のシャシー形状の変化からスリップ状態を検知するシステムを開発した。人間の筋肉から着想を得たシステムで、より精度の高いスリップ検知を可能にする。(2023/12/12)

2023国際ロボット展:
協調する人と機械が柔軟に役割変更、オムロンの次世代コンセプトライン
オムロンは「2023国際ロボット展」において、「i-Automation!」を具体化した2つの次世代生産コンセプトラインを展示した。(2023/12/11)

2023国際ロボット展:
“脱力”でロボットは剛柔自在? 人機一体が共同開発技術を一堂に
人機一体は、「2023国際ロボット展」において、建設現場などでの重作業や危険作業を遠隔操縦のロボットによって代替する「人機プラットフォーム」で開発中の技術やシステムを披露した。(2023/12/8)

抱きしめて“頭をなでなで”してくれるロボット 犬っぽいけど実はクマ 国際電気通信基礎技術研究所が開発
人を抱きしめて頭をなでるロボットを開発した──情報通信分野の研究を行う国際電気通信基礎技術研究所は、そんな発表をした。同社はこれを使って、人とロボットの触れ合いについての実験を行った。(2023/12/6)

ロボット開発ニュース:
繊細な力制御ができる次世代電動作業機のプロトタイプを開発
ヤンマーホールディングスは、繊細な作業の力制御が可能な大型アクチュエーターSEAおよび次世代電動作業機のプロトタイプを開発した。土木や建設現場での資材設置作業の省人化に貢献する。(2023/12/6)

2023国際ロボット展:
ロボットハンドだけじゃない、「umaru」から生まれる新たなソフトロボティクス
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズは、「2023国際ロボット展」において、「ソフトロボティクス」の新たなコンセプトイメージとなる体験型展示「umaru」を披露した。(2023/12/4)

ロボット開発ニュース:
アイリスオーヤマが自社製造の清掃ロボットを発売へ
アイリスオーヤマは、同社初となる自社製造のDX清掃ロボット「BROIT」を発売する。製造場所は中国の大連工場で、2024年半ばの発売を予定。清掃業務における作業者の負担軽減や人手不足に対応する。(2023/11/27)

CFO Dive:
ロボットが人の仕事を奪う未来がすぐそこに? Amazonが試験運用を開始
Amazonは以前から業務におけるテクノロジーの活用を強化しており、現在では75万台以上のロボットを保有している。ロボットによって人間の雇用は奪われるのだろうか。(2023/11/23)

Automation Fair 2023:
米の無人フォークリフトとAMRが重量物搬送デモ、MESとの連携も披露
Rockwell Automation(ロックウェル・オートメーション)は年次イベント「Automation Fair 2023」において、AMRやAGF(無人自動フォークリフト)を活用したデモンストレーションを披露した。(2023/11/17)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
住重アテックスの毎秒176ミリで壁面点検するロボ、壁面から天井も体をひねって移動
住友重機械工業のグループ企業である住重アテックスは、コア事業の1つ「検査診断事業」で、ドローン、3Dレーザースキャナー、フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法、自動走行スキャンの4タイプの検査診断ソリューションと、新たに鉄鋼壁面を点検するロボット開発にも注力している。(2023/11/16)

産業用ロボット:
17のメーカーに対応、産業用ロボット向け次世代オフラインティーチングソフト
ゼネテックは、産業用ロボット向けのロボットオフラインティーチングソフト「VISUAL COMPONENTS Robotics OLP」の販売を開始した。現場作業を止めずにティーチングができ、ソフトウェア上で現場を高精度に再現する。(2023/11/15)

クマ対策にも──害獣対策ロボット「雷鳥3号」、テムザックが開発
テムザックは13日、害獣対策ロボット「雷鳥3号」を宮崎県延岡市内の水田に設置し、稼働を始めたと発表した。話題になった野生のクマ対策にも応用できる可能性があるという。(2023/11/13)

ロボット開発ニュース:
1人のオペレーターで複数の配送ロボットを遠隔操作する実証実験を開始
京セラコミュニケーションシステムとNEDOは、1人のオペレーターで複数の自動配送ロボットの遠隔監視、操作を行える配送サービスの実証実験を開始した。(2023/11/8)

「EdgeTech+ 2023」事前情報:
エッジデバイスの設計を支援する製品やデモを披露、アヴネット
エレクトロニクス商社のアヴネットは「EdgeTech+ 2023」に初出展する。「Edgeデバイスのスマートな開発設計をサポート」というテーマのもと、AMDやNXP Semiconductors、onsemi、ローム、STMicroelectronicsといった主要サプライヤーの製品ポートフォリオや事例を含むソリューションを展示する。(2023/11/7)

Delivering the Future:
Amazon、2足歩行ロボット導入や新型ドローンなど配送関連の多数のイノベーションを披露
Amazonは、配送関連の年次イベントで、フルフィルメントセンターを効率化するロボットシステム「Sequoia」や人間と共存し、センター内で荷物を運ぶ2足歩行ロボット「Digit」、新型ドローンなどを発表した。(2023/10/19)

人工知能ニュース:
Jetson Orinの生成AI処理性能はXeonの1.7倍、NVIDIAが“史上最大”の機能拡張へ
NVIDIAは、組み込み機器向けのエッジAI開発プラットフォームである「Jetson」について、生成AIへの対応を含めた大幅な機能拡張を行うと発表した。(2023/10/19)

HP Imagine 2023:
これからのPCは「パーソナルコンパニオン」だ! HPが投入予定の「AI PC」やプリンティングロボを見てきた
HPが米パロアルトで開催した「HP Imagine 2023」では、発表された新製品の実機やデモンストレーションが行われた。その模様を写真と動画を交えて紹介する。(2023/10/13)

組み込み開発ニュース:
海中光技術を音波や電磁波と融合し社会実装へ、ALANコンソーシアムが新方針
ALANコンソーシアムが、同コンソーシアム発ベンチャーのアクアジャストの発足や、技術実装を推進するワーキンググループ(WG)の設立、中核企業のトリマティスが開発した水中フュージョンセンサーなどについて説明した。(2023/10/10)

電子ブックレット(FA):
大手メーカーから新興、海外勢まで参入、無人搬送車関連ニュースまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、AGIV(無人搬送車)やAMR(自律型搬送ロボット)などに関する直近の記事をまとめた「無人搬送車関連ニュースまとめ」をお送りします。(2023/10/10)

羽田卓生のロボットDX最前線(6):
「手先のイノベーション」を起こせ、産業用ロボットの可能性開く赤外線型の近接覚センサー
本連載では「ロボット×DX」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する。第6回は近接覚センサーを開発するThinkerを取材した。(2023/10/19)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Xiaomiが“スマホの先”に見据えるもの ロボット開発でIoT家電の覇権を握れるか
Xiaomiはロボット事業にも参入しており、2023年8月には犬型のスマートロボット「CyberDog 2」を発表した。Xiaomiがロボットを手掛ける背景には、スマートフォンの次の見据えた動きがある。Xiaomiはスマートフォンに並ぶ柱の事業として10年以上前からIoT製品の開発も進めている。(2023/10/3)

雇用戦略と人材育成:
PR:才能を引き付けるのは“情熱” 現代のグローバルリーダーに必要な人材育成の考え方
テュフズードジャパンは創立30周年を記念したイベントで「人材育成の先にある成功」と題したパネルディスカッションを開催。企業の成長に寄与する人材育成において経営陣が果たすべき責務と意識改革について、登壇者が熱く語り合った。(2023/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。