• 関連の記事

「製造マネジメントニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の「製造マネジメントニュース」最新記事一覧です。

製造マネジメントニュース:
2024年の偏光板世界市場を前年比5.6%増の5億9580万mと予測
矢野経済研究所は、偏光板と部材フィルムの世界市場に関する2024年の調査結果を発表した。大型TV向け偏光板需要が市場を下支えし、2桁成長だった2023年に続き、堅調に推移すると見られている。(2024/6/21)

製造マネジメントニュース:
OKIが精密小型モーター事業をマブチモーターに譲渡
OKIは、同社グループの精密小型モーター事業を、マブチモーターに譲渡する契約を締結した。海外子会社が保有する製造関連資産も、マブチモーターの海外子会社に譲渡する。(2024/6/20)

製造マネジメントニュース:
三菱電機がセイノーHDに物流子会社の株式を譲渡、持ち株比率3分の1超は維持
セイノーホールディングス(セイノーHD)と三菱電機は、三菱電機の物流子会社である三菱電機ロジスティクスの普通株式の一部をセイノーHDが取得するための株式譲渡契約書を締結したと発表した。譲渡するのは議決権割合66.6%分で、譲渡金額は572億7600万円。(2024/6/19)

製造マネジメントニュース:
生成AIのビジネス利用拡大へ、SAPがGoogle Cloud、Metaなどと連携強化
SAPは、ビジネス用の生成AI活用拡大に向けて、Google Cloud、Meta、Mistral AI、NVIDIAとパートナーシップを強化する。(2024/6/18)

製造マネジメントニュース:
三菱商事らが北海道千歳エリアにおけるグリーン水素供給に向けた検討をスタート
三菱商事、高砂熱学工業、北海道電力、エア・ウォーター北海道の4社は、北海道千歳エリアにおけるグリーン水素供給に向けた共同検討に関する協定を締結した。(2024/6/18)

製造マネジメントニュース:
ケンタッキーがプラストローを使わず飲めるドリンキングリッドを全店舗に導入
日本ケンタッキー・フライド・チキンは、プラスチックストローを使わずに飲めるドリンキングリッドを導入する。2024年12月頃までに、国内のケンタッキーフライドチキン全店舗で順次提供する。(2024/6/17)

製造マネジメントニュース:
生成AIで熟練技術者の暗黙知を形式知化 ライオンがNTTデータと共同で開始
ライオンは、自社の熟練技術者の暗黙知となっている技術や知識を、生成AIにより形式知化する取り組みを、NTTデータと共同で開始する。(2024/6/17)

製造マネジメントニュース:
日立とMicrosoftが生成AI分野で協業へ 3年で数十億ドル規模
日立製作所とMicrosoftは、生成AI分野での協業に向けた戦略的提携を締結した。デジタルソリューション「Lumada」に、生成AIを用いたMicrosoftの各種サービスを組み込む。(2024/6/14)

製造マネジメントニュース:
新たな成長軌道を描く日立のCIセクター、DSSやGEMとの“クロスセクター”を重視
日立製作所がコネクティブインダストリーズ(CI)セクターにおける「2024中期経営計画(2024中計)」の進捗状況と次期中計に向けた新たな成長戦略などについて説明。2024年度以降は、半導体/バッテリー製造、バイオ関連などの高成長分野に投資を集中して新たな成長軌道を描いていく方針だ。(2024/6/12)

製造マネジメントニュース:
ソフトバンクがシャープ堺工場跡地に大規模AIデータセンター構築
ソフトバンクは、シャープ堺工場の土地と建物を活用した大規模なAIデータセンターを構築する。2024年秋に着工する計画で、2025年中の本格稼働を目指す。(2024/6/13)

製造マネジメントニュース:
システム障害のグリコで一部冷蔵品の出荷再開、プッチンプリンは含まれず
江崎グリコは、システム障害により現在出荷を停止している江崎グリコのチルド商品(冷蔵品)と、販売受託をしているキリンビバレッジのチルド商品の一部の出荷を2024年6月25日以降に順次再開する。(2024/6/12)

製造マネジメントニュース:
国内自動車メーカー7社の取引先は約6.3万社、中小企業が多数
東京商工リサーチは国内自動車メーカー7社の取引先調査の結果を発表した。1次、2次を含めた取引先の合計は、重複を除いて全国に6万9860社あることが分かったという。(2024/6/11)

製造マネジメントニュース:
DX銘柄2024決定、LIXILや三菱重工などグランプリに
経済産業省と情報処理推進機構は、デジタル技術によってビジネスモデルや経営の変革にチャレンジしている企業として「デジタルトランスフォーメーション銘柄」などを選定した。(2024/6/11)

製造マネジメントニュース:
パナソニック コネクトが進める事業の選択と集中 ブルーヨンダーは変革準備整う
パナソニックグループは事業戦略説明会を開催した。ここではパナソニック コネクトの説明パートを抜粋して紹介する。(2024/6/10)

製造マネジメントニュース:
RapidusとIBMが2nm世代半導体のチップレットパッケージ技術の確立で協業
RapidusとIBMは、2nm世代半導体のチップレットパッケージ量産技術確立に向けたパートナーシップを締結した。(2024/6/5)

製造マネジメントニュース:
KDDIらがシャープ堺工場跡地にアジア最大規模のAIデータセンター構築
KDDIは、Super Micro Computer、シャープ、データセクションと、アジア最大規模のAIデータセンター構築に向け協議を開始する。(2024/6/4)

製造マネジメントニュース:
自工会が適正取引に向けた自主行動計画を改訂、日産も調査結果を発表
日本自動車工業会は適正取引推進の方針に基づく「適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」とその実効性を高める「適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を改訂した。(2024/6/3)

製造マネジメントニュース:
セレンディピティなデジタル基盤「Serendie」が三菱電機のDX戦略をけん引する
三菱電機はオンラインで開催した経営戦略説明会「IR DAY 2024」において、2021〜2025年度の中期計画の進捗状況を説明するとともに、今後のDX戦略をけん引するデジタル基盤「Serendie」を発表した。(2024/5/30)

製造マネジメントニュース:
パナソニックがスタートアップとの新規事業創出を推進、事業目標に合わせて共創
パナソニックは、イノベーションの加速が期待できるスタートアップとの共創で新規事業創出に取り組む活動「Panasonic Kurashi Visionary Colab」を2025年3月期から開始する。(2024/5/30)

製造マネジメントニュース:
三菱重工はガスタービンと原子力と防衛で1兆円伸ばす、2026年度に売上高5.7兆円へ
三菱重工業は、2024〜2026年度の中期経営計画「2024事業計画(24事計)」について説明。24中計の最終年度となる2026年度の業績目標は、2023年度業績と比べて、売上高は20%増の5.7兆円、事業利益額は60%増の4500億円、ROEは1ポイント増の12%を掲げた。(2024/5/29)

製造マネジメントニュース:
ミスミがiCADとシステム開発で協業 3Dデータによる設計/調達の生産性向上へ
ミスミグループは2024年5月23日、iCADとの協業を開始すると発表した。(2024/5/28)

製造マネジメントニュース:
原価改善は「一緒に生産性や競争力を上げていくため」、適正取引を徹底
日本自動車工業会は適正取引に関する自工会方針と今後の取り組みを発表した。(2024/5/24)

製造マネジメントニュース:
経営目標未達でパナソニックHDは課題事業整理に本腰、主力の車載電池は国内強化
パナソニックホールディングスは、2025年3月期が最終年度となる中期戦略の目標で3項目中2項目が未達濃厚となったことから、重点領域のさらなる強化を進める一方で、事業売却や閉鎖などを含む事業ポートフォリオ管理を強める方針を示した。(2024/5/21)

製造マネジメントニュース:
横浜ゴムがリスク評価ツールで天然ゴムのトレーサビリティーを向上
横浜ゴムは、米国のソリューションプロバイダーであるRubberWayのリスク評価ツール「RubberWay Geo-Mapping」を導入し、天然ゴムのトレーサビリティーを向上している。(2024/5/21)

製造マネジメントニュース:
「AI専門組織」を持つ企業の割合、日本は外国の半分にとどまる
ガートナージャパンは、日本と外国企業のAIに対する組織的な取り組みに関する調査結果を発表した。特に日本の大企業で、AI開発に必要な人材とスキルが慢性的に不足していると感じていることが分かった。(2024/5/20)

製造マネジメントニュース:
欧州電池規制に対応、自動車/蓄電池の“日本版”サプライチェーンデータ連携始動
自動車メーカーや日本自動車部品工業会、電池サプライチェーン協議会などが設立した「自動車・蓄電池トレーサビリティ推進センター」は、自動車や蓄電池のサプライチェーン企業間でデータ連携を行えるサービス「トレーサビリティサービス」を開発し提供を開始するとともに、会員企業の募集を開始した。(2024/5/17)

製造マネジメントニュース:
東芝が再興計画を発表、繰り返してきた計画未達の悪循環から抜け出せるのか
東芝が、2024〜2026年度の新規中期計画となる「東芝再興計画」を発表。同社の構造的課題の根本的な解決に向け、2024年度中に固定費の削減を中心とする損益分岐点の引き下げで収益力を強化し、2025〜2026年度に中長期的な成長に向けた道筋を付ける。(2024/5/17)

製造マネジメントニュース:
レゾナックの2024年12月期第1四半期は増収増益、半導体/電子材料事業がけん引
レゾナック・ホールディングスは2024年12月期第1四半期の売上高が前年同期比7.5%増の3214億円で営業利益は89億円となり、増収増益となったことを発表した。(2024/5/17)

製造マネジメントニュース:
シャープが構造改革でディスプレイ含むデバイス事業大幅縮小、2期連続の巨額赤字で
シャープは、2023年度決算と中期経営方針について発表。構造改革として大型液晶ディスプレイの生産を2024年9月までに停止する他、カメラモジュール事業や半導体事業も将来的に売却する。(2024/5/15)

製造マネジメントニュース:
デクセリアルズが“進化を実現する”2028中計を策定、2つの成長領域で事業を拡大
デクセリアルズは、2019〜2023年度の中期経営計画で課題として残った「事業ポートフォリオの拡大」と「環境変化への対応」を実現する2024〜2028年度の中期経営計画「中期経営計画2028『進化の実現』(2028中計)」を策定した。(2024/5/15)

製造マネジメントニュース:
2024年のセルロースナノファイバー世界生産量を132トンと予測
矢野経済研究所は2024年のセルロースナノファイバー世界市場に関する調査結果を発表した。本稿ではこの調査結果に基づき試作やサンプル供給分を含む2024年のセルロースナノファイバー世界生産量や市場動向などを紹介する。(2024/5/14)

製造マネジメントニュース:
有機薄膜太陽電池の材料となるフラーレンの事業を共同運営
三菱商事とデンカは、炭素の先端素材であるフラーレンに関する事業の合弁契約を締結した。デンカは三菱商事から、フラーレンの製造販売を担うフロンティアカーボンの株式50%を取得し、同事業の共同運営を開始する。(2024/5/13)

製造マネジメントニュース:
パナソニックHDは過去最高益更新も、車載電池など重点領域苦戦で中期目標未達に
パナソニック ホールディングスは、2023年度の連結業績を発表。米国IRA法による好影響やパナソニック液晶ディスプレイ解散に伴う一時益などもあり、純利益は過去最高を更新した。ただ、重点成長領域などで苦戦が目立ち、中期経営目標は未達が濃厚となった。(2024/5/10)

製造マネジメントニュース:
日本ゼオンが社内外の連携の拠点となる共創イノベーション施設を建設
日本ゼオンは、川崎工場および総合開発センターの敷地内に、共創イノベーション施設を建設する。同施設を社内外の連携の拠点とするほか、工場と研究施設が隣接する立地条件を生かして材料や製品の開発を進める。(2024/5/10)

製造マネジメントニュース:
トヨタの2024年度は足場固め、モビリティカンパニーに向けた投資加速
トヨタ自動車は2024年3月期通期の決算を発表した。(2024/5/9)

製造マネジメントニュース:
JFEスチールが鉄鋼業以外に向けソリューションビジネスを立ち上げ
JFEスチールは、鉄づくりを通し長年にわたり培った製造/運営技術を、鉄鋼業に限らず幅広い顧客の課題解決ソリューションとして提供するソリューションビジネス「JFE Resolus(レゾラス)」を立ち上げたと発表した。(2024/5/8)

製造マネジメントニュース:
2024年に国内のボトルtoボトル用リサイクルPET樹脂の供給能力が43.7万tに到達と予測
矢野経済研究所は、環境対応素材の国内メーカーの動向を調査し、ボトルtoボトル用リサイクルPET樹脂の国内供給能力予測を発表した。供給能力は2024年には43.7万tに増加するが、原料となる使用済みPETボトルの供給不足は継続する。(2024/5/2)

製造マネジメントニュース:
静岡県磐田市に新社屋を開設、次世代社会構想を推進
ソミックマネージメントホールディングスは、静岡県磐田市の磐田駅前に開設した新社屋に移転した。磐田市と「連携と協力に関する協定」締結式を開催しており、地域活性に寄与する取り組みを進める。(2024/5/1)

製造マネジメントニュース:
日立がロボットSI事業強化に向けドイツ企業を買収、JRオートメーションと連携
日立製作所は、欧州を中心にロボットSI事業を展開するドイツのMA micro automationを買収すると発表した。買収金額は7150万ユーロ(約119億円)で、2024年後半の買収完了を予定している。(2024/5/1)

製造マネジメントニュース:
国内DX関連市場、30年度に8兆350億円規模へ スマート工場への投資も増
富士キメラ総研は、DX関連の国内市場調査結果を発表した。同市場は2030年度に8兆350億円まで拡大する見込みだ。特に、製造や物流、交通、金融、医療、介護などの業種で伸びが注目される。(2024/5/1)

製造マネジメントニュース:
サステナブル素材の再生プラスチック国内市場、2035年に3594億円予測
富士経済は、サステナブル素材として注目される再生プラスチックの国内市場を調査し、「2024年 循環型プラスチック・素材市場の新展望」を発表した。2035年の同市場は、2023年比2.1倍の3594億円を見込む。(2024/5/1)

製造マネジメントニュース:
国産車の2023年度のリコール対象台数は合計762万台に
国土交通省は2023年度のリコール届け出件数と対象台数の速報値を発表した。(2024/4/30)

製造マネジメントニュース:
日立が次期中計へ1兆円の成長投資、生成AIや半導体/バッテリーの製造などで
日立製作所が2023年度連結業績とともに「2024中期経営計画(2024中計)」の進捗状況について説明。2025〜2027年度の次期中計でのさらなる成長に向けて、2024年度内に総計1兆円の成長投資を行う方針を示した。(2024/4/30)

製造マネジメントニュース:
リコー、独AI企業買収 書類の自動認識技術で成長領域の「ミッシングピース」補う
リコーは2024年4月22日、ドイツのAIスタートアップであるnatif.aiを買収し、子会社化したと発表した。「インテリジェントキャプチャー」に強みを持つ企業で、リコーが注力領域と定めるプロセスオートメーションの成長につなげる狙いだ。(2024/4/30)

製造マネジメントニュース:
中小製造業向けDXコンサルを開始、生産計画自動立案SaaSの導入支援
スカイディスクとプロジェクトカンパニーは、中小製造業向けのDXコンサルティングサービスを立ち上げた。両社は連携し、スカイディスクの製造業向け生産計画自動立案SaaS「最適ワークス」の導入を支援する。(2024/4/30)

製造マネジメントニュース:
ランクセスの2023年通期業績は在庫調整の影響で減収減益、2024年通期は回復見込み
ランクセスは、東京都内で記者会見を開き、2023年通期業績および2024年の事業活動や業績見通しを説明した。(2024/4/22)

製造マネジメントニュース:
1台で2台分の輸送力、25mダブル連結トラックを関東−関西間で運行へ
鴻池運輸はNEXT Logistics Japanと共同で、全長25mのダブル連結トラックを運行する。ドライバー1人で大型トラック2台分の輸送力を確保できることから、ドライバー不足解消やCO2排出量削減につながると期待されている。(2024/4/19)

製造マネジメントニュース:
LiB主要四部材の世界市場は成長鈍化、2023年は前年比100.8%の伸長
矢野経済研究所は、リチウムイオン電池の主要四部材の世界市場に関する調査結果を発表した。2023年の同市場は886億2661万9000ドルで、部材メーカーは今後、時間軸と対象エリアの視点を広げた最適戦略の構築が求められる。(2024/4/19)

製造マネジメントニュース:
トヨタ「プリウス」のドアハンドルに不具合、13万台がリコール
トヨタ自動車は国土交通省に「プリウス」のリコールを届け出た。対象となるのは、2022年11月24日〜2024年4月3日に生産された13万5305台だ。(2024/4/18)

製造マネジメントニュース:
国内ITサービス市場、2028年に8兆1500億円規模へ IDC調査
IDC Japanは、国内ITサービス市場予測を発表した。2023年の同市場は前年比6.0%増の6兆4608億円で、2023〜2028年の年間平均成長率4.8%に拡大。2028年には8兆1495億円規模になると予測する。(2024/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。