• 関連の記事

「ハノーバーメッセ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハノーバーメッセ」に関する情報が集まったページです。

日刊MONOist火曜版 編集後記:
生成AI活用のカギは、文章を作らせることではなく読ませることかも
「データがないからDXできない」を解決する切り札になるかもしれません。(2024/7/16)

工場スマート化の今:
スマートファクトリーとAI、ChatGPT-4oの衝撃と可能性
世界の産業界でIoT(モノのインターネット)やロボット、AI(人工知能)などを活用したスマートファクトリー化が進んでいる。その流れの中で何が起きているのか、Beckhoff Automation(日本法人) 代表取締役社長の川野俊充氏に話を聞いた。(2024/5/28)

ハノーバーメッセ2024特別企画:
PR:ハノーバーメッセ2024に見るモノづくりでの生成AIの活用方法
マイクロソフトは世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2024」に出展し、MRデバイスや生成AI機能などを活用した新たなモノづくりの姿を紹介した。先進デジタル技術によって製造業はどう変わるのだろうか。(2024/5/17)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
製造現場で使える生成AI、遠隔サポートやロボットコード生成など
どんどん使える形で進化しています。(2024/4/30)

ハノーバーメッセ 2024:
HoloLens 2と生成AIで現場作業者支援の新たな姿を見せたマイクロソフト
Microsoftは世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE) 2024」において、同社のMRデバイス「HoloLens 2」および「Dynamics 365 Guides」に生成AI機能である「Microsoft Copilot」を統合した新たなソリューションのデモを公開している。(2024/4/26)

ハノーバーメッセ2024:
ハノーバーメッセが開幕、AIや水素など「競争力ある持続可能な産業」の最新技術
世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ 2024」が開幕する。会期は2024年4月22〜26日までの5日間。AIや水素および、インテリジェントかつカーボンニュートラルな生産、エネルギーソリューションを中心とした最新技術が一堂に会する。(2024/4/22)

ハノーバーメッセ 2024:
「AIは競争力ある持続可能な産業の鍵」ハノーバーメッセ 2024の主催者が語る
ドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE) 2024」(2024年4月22〜26日)の開催を前に、主催のドイツメッセが2024年2月下旬、現地で記者説明会を開催した。ドイツメッセCEOのヨッヘン・コックラー氏は、同見本市の開催概要や見どころを語るなかで、生成AIをはじめとしたAI技術の急速な発展が産業界にもたらす可能性を強調していた。(2024/3/8)

MONOist 2024年展望:
脱炭素や品質などデータ共有の仕組みで主導権争い、取引条件が変化する2024年
製造業DXが進む中で、企業の枠を超えた形で自由なデータ流通を安心して行える「データ流通基盤」の重要性が高まっている。既に欧州などで動きは出ているが、2024年はその仕組み作りや主導権争いが進み、ある程度の形が定まってくる1年になる見込みだ。(2024/1/23)

HANNOVER MESSE 2024:
データ共有やAI、水素など最先端の産業トレンドが一堂に、ハノーバーメッセ2024
ドイツメッセは東京都内で記者会見を開き、ドイツのハノーバーで開催する世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE)2024」の概要や見どころを説明した。(2024/1/22)

FAメルマガ 編集後記:
2023年に印象に残った取材を振り返ってみた
読者の皆さまには2023年は大変お世話になりました。2024年もMONOistをよろしくお願いいたします。(2023/12/26)

FA 年間ランキング2023:
半導体製造装置関連や生成AI活用、自動化事例、工場閉鎖...2023年の人気記事
2023年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式(2023年1月1日~12月24日のPC閲覧数)で振り返ります。(2023/12/26)

電子ブックレット(FA):
世界最大級の産業展で見た潮流、ハノーバーメッセ2023レポート
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2023」の現地取材記事をまとめた「ハノーバーメッセ2023レポート」をお送りします。(2023/11/2)

FAニュース:
インダストリー5.0に向けた日本と欧州の産業トレンド、人間中心のデジタル化
「インダストリー5.0」に向けた日本および欧州の政策動向や産業トレンドに関するラウンドテーブルが東京都内で開かれ、製造業を巡る課題や今後求められる取り組みなどを識者が語った。(2023/11/2)

モノづくり現場の未来予想図(1):
ハノーバーメッセと「ライトハウス」、グローバルトレンドに見る製造業の未来
本連載では、Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏が、製造業で起きている大きな変化をグローバルな視点で紹介しながら、製造現場の将来像を考察する。第1回は欧州のスマート工場への取り組みと、近年注目される「ライトハウス」について取り上げる。(2023/11/13)

FAニュース:
CeMATをメルボルンとシンガポールで2024年に開催、最新マテハン情報を発信
Deutsche Messeは、イントラロジスティクスとマテリアルハンドリングの国際展示会「CeMAT」を、オーストラリアのメルボルンとシンガポールで2024年に開催する。(2023/9/28)

加速するデータ共有圏と日本へのインパクト(2):
製造業でデータ共有圏が広がる背景と、データ共有のインパクト
本連載では「加速するデータ共有圏(Data space):Catena-XやManufacturing-Xなどの最新動向と日本への産業へのインパクト」をテーマとして、データ共有圏の動向やインパクトを解説していく。今回はデータを共有することのインパクトを紹介する。(2023/9/4)

製造現場向けAI技術:
AIカメラではんだ不良を検出、エッジ処理でレイテンシーも低減
ソニーセミコンダクタソリューションズは「ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023」において、AIカメラを活用したはんだ付け不良の検出デモンストレーションを披露した。(2023/8/15)

製造現場向けAI技術:
製造業の生成AI活用に3つの道筋、製造現場などでの活用事例を探る
最も大きな注目を集めるワードの1つである「生成AI」。製造業ではどのように役立てられるのだろうか。活用事例を幾つか取り上げるとともに、製造現場などでの活用事例を探る。(2023/7/27)

製造ITニュース:
国内製造業のデータ利活用推進へ、AVEVAがインダストリアルデータ基盤を展開
AVEVAは、国内製造業のDX推進に必要なデータの利活用に貢献する同社の製品戦略について説明した。(2023/7/26)

加速するデータ共有圏と日本へのインパクト(1):
製造業の「データ共有圏」、2023年の最新動向と5つのポイント
本連載では、「加速するデータ共有圏(Data space):Catena-XやManufacturing-Xなどの最新動向と日本への産業へのインパクト」をテーマとして、データ共有圏の動向やインパクト、IDSA、GAIA-X、Catena-X、Manufacturing-Xなどの鍵となる取り組みを解説していく。(2023/7/11)

製造マネジメントニュース:
製造業DXを推進するシーメンス、バッテリーメーカー向けにデジタル基盤の提案強化
シーメンスは、記者懇談会を開催し、統合デジタルプラットフォーム「Xcelerator」を中心に日本の製造業のDXを積極的に支援していく他、特にバッテリーメーカー向けの支援を強化し、日本発のバッテリーメーカーのデジタル基盤を世界に発信していく考えを示した。(2023/6/7)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
生成AIと半導体業界
生成AIは半導体業界にどのような影響を与えているのでしょうか。(2023/6/5)

FAメルマガ 編集後記:
日本で新型コロナを患って思い返すタイの入院生活
健康が一番です。(2023/5/26)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
人生初の海外出張ハノーバーメッセはオーバーブッキングで幕を開け、○で閉じた
家に着くまでが出張です。(2023/5/18)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
規制して育てる、生成AI巡る議論の行方
国際的な議論が加速しています。(2023/5/16)

FAメルマガ 編集後記:
ChatGPTを使ってみたらなんかいい気分になった理由
物は試しですから(2023/5/12)

ハノーバーメッセ2023:
いずれは3億人超、人口ボーナス最中のインドネシア流DXを推進へ
パナソニックマニュファクチャリングインドネシアは「ハノーバーメッセ2023」において、同社で進めている生産高度化の取り組みなどを紹介した。(2023/5/11)

ハノーバーメッセ2023:
機運高まる高圧水素ステーション向けOリング、ハノーバーメッセ機に欧州で実績も
高石工業は「ハノーバーメッセ2023」において、高圧水素ステーション用Oリングを展示した。(2023/5/9)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
生成AIは製造現場でこうすれば使える、ハノーバーメッセ事例
いろいろと使い道がありそうです。(2023/5/8)

ハノーバーメッセ2023:
CO2吸収する藻類を高効率培養しバイオ燃料を製造、Festoが「モデル工場」を構築
ドイツのFestoは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」において、CO2を吸収する藻類の光合成を高効率、大規模に行い、バイオ燃料などのバイオマスを精製するコンセプト装置「BionicCellFactory」を展示した。(2023/5/10)

ハノーバーメッセ2023:
医療機器など向けに非磁性合金使用のLMガイドを展示、欧州での地産地消を強化へ
THKは「ハノーバーメッセ2023」において、非磁性の特殊合金を使用した新製品などを展示した。(2023/5/8)

ハノーバーメッセ2023:
「サイズ1000分の1、コスト50分の1」のNIR分光センサー、オランダ新興企業が開発
世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」において、オランダのMantiSpectraが開発した小型近赤外線(NIR)分光センサー「ChipSense」が、優れたスタートアップを表彰する「HERMES Startup AWARD 2023」を受賞した。(2023/5/9)

ハノーバーメッセ2023:
「ChatGPTに匹敵する」ドイツ新興の生成AI、HPEが製造業への導入例を披露
Hewlett Packard EnterpriseはHANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)において、ドイツのAIスタートアップAleph Alphaの生成AIを用い、自然言語での対話で産業用ロボットの操作をサポートするシステムのデモを行った。(2023/5/8)

ハノーバーメッセ2023:
人はドラフトをチェックするだけ、マイクロソフトはGPTやデジタルツイン活用の展示
Microsoftは「ハノーバーメッセ2023」において、デジタルツインやAI(人工知能)を活用したアプリケーションを紹介した。(2023/4/28)

FAメルマガ 編集後記:
「なんかいい」ハノーバーメッセ初心者の感想
まるっとまとめると、見るもの全てが新鮮でとてもいい経験になりました。(2023/4/28)

ハノーバーメッセ2023:
「自動化とデジタル化の黄金時代」とシーメンス、半固体電池メーカーとの協業も
「今まさに、自動化とデジタル化の黄金時代が到来している」――。ドイツのSiemens(シーメンス)は世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2023年4月17〜21日)で最新の自動化、デジタル化技術を紹介し、現在の社会課題を背景に、産業界での導入が加速していると強調した。(2023/4/27)

ハノーバーメッセ2023:
ベッコフが制御盤をモジュール構造化、EtherCAT P対応カメラシステムも投入へ
ドイツのベッコフオートメーションは「ハノーバーメッセ 2023」において、制御盤をモジュール構造にした「MX-System」やなどを参考出展した。(2023/4/25)

ハノーバーメッセ2023:
『産業界のオスカー』受賞は、産業ロボットに「人の触覚与える」補正ユニット
世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」において、Bosch Rexrothによる産業ロボット用の6-DOF計測ユニット搭載エンドエフェクターが、産業用技術の賞「HERMES AWARD 2023」を受賞した。(2023/4/25)

ハノーバーメッセ2023:
創設100周年のフエニックス・コンタクト、ハノーバーでPush-X式新製品など展示
フエニックス・コンタクトは「ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023」において、Push-X式端子台の新製品などを展示した。(2023/4/24)

ハノーバーメッセ2023:
長野パビリオンで県内中小企業の独自技術アピール、欧州市場開拓を支援
長野県産業振興機構は「ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023」に長野県パビリオンを設置し、県内の中小企業4社を出展した。(2023/4/21)

ハノーバーメッセ2023:
ベッコフが編み出したロボットモジュール、既製品では困難な自動化領域に対応
ベッコフオートメーションは「ハノーバーメッセ2023」において、ロボットモジュール「ATRO」をはじめとする製品群を展示した。ATROは2024年以降の市場投入を予定している。(2023/4/19)

ハノーバーメッセ2023:
自動車業界10社の合弁会社「Cofinity-X」、Catena-Xの普及を促進
自動車業界の10社が設立した共同出資会社Cofinity-Xが、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」に出展。「Catena-X」の普及を促進する同社サービスのユースケースを紹介している。(2023/4/18)

ハノーバーメッセ2023:
金属3Dプリンタの活用進む欧州で探る機会、微細加工技術との組み合わせで強み発揮
東レ・プレシジョンは「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2023」(2023年4月17〜21日:ドイツ時間、ハノーバーメッセ)において金属3Dプリンタを活用したワークを多数展示した。(2023/4/18)

ハノーバーメッセ2023:
ハノーバーメッセが開幕、脱炭素/水素やAIなどテーマに
2023年4月17日(ドイツ時間)、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」が開幕する。会期は同月21日までの5日間。世界各国から4000以上が出展し、最新技術を展示する。(2023/4/17)

FAメルマガ 編集後記:
タイの選挙に関してあれやこれや聞いて
まもなく投票日です。(2023/4/14)

FAニュース:
脱炭素、データスペース、デジタルツイン実装に注目、ハノーバーメッセ2023
世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」の主催者であるドイツメッセは、2023年4月17〜23日にドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される「ハノーバーメッセ 2023」の概要について紹介し、日本からの出展と来場を訴えた。(2023/1/19)

FA 年間ランキング2022:
半導体やカーボンニュートラルに自動化、2022年の人気記事から読み取る製造業の課題とは
2022年に公開したFAフォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2022年1月1日〜12月22日)をご紹介します。(2022/12/27)

インダストリー5.0と製造業プラットフォーム戦略(2):
グローバルで進むインダストリー5.0、その意味とインパクトとは?
インダストリー4.0に象徴されるデジタル技術を基盤としたデータによる変革は、製造業に大きな変化をもたらしつつある。本連載では、これらを土台とした「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と取りうる戦略について解説する。第2回は、グローバルで進むインダストリー5.0(第5次産業革命)のインパクトについて解説する。(2022/11/21)

IMTS 2022:
「実用段階」目指す積層造形技術の出展数が2倍に、IMTS 2022速報レポート
世界3大工作機械展示会の1つとされる「IMTS 2022」が2022年9月12日(現地時間)、米国シカゴで開幕しました。同展示会の速報レポートをお送りします。(2022/9/15)

FAインタビュー:
FA領域に高度な相互運用性を、新たな理想像を模索するシュナイダーエレクトリック
Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)はスマート工場化の動きに合わせ、産業用IoT基盤「EcoStruxure(エコストラクチャ)」などを中心に“新たな制御”の実現を推進する。国内で産業領域を担当する、シュナイダーエレクトリック インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏に、同社のFA領域での取り組みと、国内での展開について話を聞いた。(2022/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。