連載
» 2015年02月06日 13時00分 公開

Hack&Makeが楽しめるオープンプラットフォームカメラ3Dプリンタの可能性を探る(5)(3/3 ページ)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

アイデア次第で形や使い方が変化!

 製品説明会の会場では、OLYMPUS AIR A01のタッチ&トライの他、同社社員による3Dデータ/3Dプリンタを活用したアクセサリーの試作品などが披露されていた。

 OPC Hack&Make Projectを通じてアイデアを集めるだけでなく、同社自らも“Make”に励んでいるという。ここでその一部を紹介しよう。


吸盤1吸盤2 画像7(左) 吸盤を搭載したアクセサリー/画像8(右) ガラスなどに張り付けて撮影できる ※画像クリックで拡大表示

パネル1パネル2 画像9(左) 3Dプリンタで作成したパネル状のアクセサリー/画像10(右) パネルを組み上げて電子顕微鏡風にすることも可能 ※画像クリックで拡大表示

 また、本体両サイドの六角ネジ部分を使ってのカスタマイズも可能。「ファインダーや手持ち用ホルダーを取り付けたり、他の装置・デバイスなどを取り付けたりして利用することができる」(展示説明員)。

本体両サイドの六角ネジ部分 画像11 本体両サイドの六角ネジ部分を使ってカスタムできる

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.