• 関連の記事

「たんぱく質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たんぱく質」に関する情報が集まったページです。

高タンパク・低カロリー:
ゴールドジムと筋肉食堂がコラボ 「バルクアップ」「ダイエット」宅配弁当を展開
「ゴールドジム」と「筋肉食堂」がオリジナル宅配食を期間限定で販売するコラボキャンペーンを実施する。(2022/1/18)

医療技術ニュース:
心不全で発現亢進する遺伝子の制御により、病態が改善するメカニズムを解明
京都大学は、転写抑制因子NRSFに制御され、心不全で発現亢進する遺伝子GNAO1を抑制することで、心不全の病態が改善することを明らかにした。反対に、その過剰発現は、心機能を低下させることを確認した。(2022/1/6)

「起業後進国」払拭 脱炭素関連、独自技術で存在感
事業活動を通じて社会課題の解決を目指す「社会貢献型ベンチャー企業が存在感を増している。社会課題に挑むことにやりがいを見いだす起業家が出てきたことに加え、その熱意に共感する支援企業が増えたことなどが大きい。(2022/1/5)

ECサイトで発売:
コオロギを使用した新ブランド 食用コオロギ国内生産量1位のグリラス
食用コオロギ関連事業を展開するグリラスは、国産フタホシコオロギを使用した食品原料を、新ブランド「C. TRIA Originals(シートリアオリジナル)」を立ち上げた。自社ECサイト「グリラスオンライン」で12月24日から発売している。(2021/12/29)

医療技術ニュース:
新型コロナ死亡者数の少ない理由、日本人に多い白血球の型が影響
理化学研究所は、季節性コロナウイルスに応答する記憶免疫キラーT細胞が、類似したウイルスにも反応する抗原部位を持つことを発見した。その部位が、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質領域にも、強く交差反応することが分かった。(2021/12/27)

サプリ市場、初の1兆円超え コロナ禍、健康志向追い風
新型コロナウイルスの感染拡大で消費者の健康志向や免疫への関心が高まったことを背景に、サプリメントの販売が好調だ。民間調査会社によると市場規模は今年初めて1兆円を超える見通しで、食品メーカーなどは拡大する需要の取り込みへ、商品開発やプロモーションに力を入れている。(2021/12/20)

医療技術ニュース:
デルタ株に特徴的な1つのアミノ酸変異がウイルスの病原性を増大させる
国内の研究コンソーシアム「G2P-Japan」は、新型コロナウイルス「デルタ株」が従来株と比べて病原性が高いことを確認し、デルタ株に特徴的な変異P681Rが病原性の高さと関与していることを明らかにした。(2021/12/20)

1本に約15グラムのタンパク質:
無印良品、「コオロギチョコ」を発売 昆虫食の第2弾
無印良品を展開する良品計画が、昆虫食の第2弾「コオロギチョコ」を発売する。(2021/12/14)

心筋梗塞 血液でリスク予測 糖尿病や脂肪の健康データ テレワークで急に悪化 心筋梗塞や脳卒中のリスクも
血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。(2021/12/9)

ふとんでのスマホいじりはもっての外! SNSの「イイネ」が「いい眠り」を阻害
日本人はおそらく世界一、眠っていない。寝不足は個人の健康や幸福感を下げるばかりか、日本経済にまで悪影響を及ぼす。「眠りたいのに眠れない悩み」を解消するにはどうすればよいのか。岩本麻奈先生に、今日から実践できるノウハウを聞いた。(2021/12/6)

医療技術ニュース:
光照射により、記憶が発生したシナプスのみ消去する技術を開発
京都大学は、シナプスのタンパク質を光照射により不活化することで、記憶を消去できる技術を開発した。また、脳の異なる部位に、学習直後やその後の睡眠中に記憶ができるシナプスがそれぞれ存在することを明らかにした。(2021/12/2)

米モデルナ社も:
“ワクチン100日作戦”最恐変異株「オミクロン株」に対応 米ファイザー、早ければ来年2月にも供給
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」はどこまで怖いのか。感染力が高くワクチンや抗体薬が効きにくくなる可能性が指摘されており、米ファイザー社は100日以内に対応するワクチンを供給する方針を明らかにした。(2021/11/30)

ファーウェイがスマホと連携する体組成計を日本に投入 税込み4620円で12月6日に発売
ファーウェイ・ジャパンが、スマートフォンと連携する体組成計を国内向けに発売する。価格は4620円と比較的手頃で、11種類の体組成データを取得できる。ゲストモードも備えている。(2021/11/25)

医療技術ニュース:
光照射とがん免疫の相乗効果によるがん治療法の開発
名古屋大学は、さまざまな固形がんに幅広く発現している免疫チェックポイント分子PD-L1を標的として、がん免疫との相乗効果を示す近赤外光線免疫療法の応用開発に成功した。(2021/11/18)

京大、記憶が消える仕組みの一端を解明 光とイソギンチャク由来の成分でマウスの記憶を消去
京都大学の研究チームは、光を使ってマウスの記憶を消すことに成功し、記憶が消える仕組みの一端を解明したと発表した。イソギンチャク由来のタンパク質をマウスの脳に埋め込み、光を当てると記憶が消えていることを確認できたという。(2021/11/17)

医療技術ニュース:
高齢、肥満、糖尿病が新型コロナの重症化リスクである理由
大阪大学は、新型コロナウイルス感染症において、高齢、肥満、糖尿病が重症化のリスク因子となるメカニズムとして、脂肪組織とシャペロンタンパク質GRP78の関与を発表した。(2021/11/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安いだけじゃない 「トップバリュ」「みなさまのお墨付き」の隠れたヒット商品とは
イオンの「トップバリュ」や西友の「みなさまのお墨付き」といった低価格PB。単に安いだけではなく、独自商品が支持されヒットにつながっているケースもある。どのような商品が売れているのか。(2021/11/16)

3分インタビュー:
ジャンク×ヘルシーは成り立つのか? ドーナツやカレーが「健康食」認定される未来
「おいしいものは、脂肪と糖でできている。」という有名なコピーがある。カラフルでカロリーが高そうな食べ物は「健康」とは対極にある存在かと思われたが、ドーナツやアイス、カレーなどが「健康食」として食べられる未来が来るかもしれない。なぜ?(2021/11/16)

医療技術ニュース:
7種のアミノ酸が脳機能を維持、改善して認知症の進行を抑える
量子科学技術研究開発機構と味の素は、特定のアミノ酸の摂取が認知症の病態を抑止することを発見した。7種の必須アミノ酸を組み合わせた「Amino LP7」の摂取により、脳の炎症性変化を防ぎ、神経細胞死による脳萎縮を抑制する可能性が示された。(2021/11/11)

ジャンポケおたけ、9カ月ぶりのラーメンに舌鼓 8カ月で体重14キロ減も「もう4キロ増えました」
ストーリーズで豪快に麺をすする動画を公開。(2021/11/10)

Google親会社のAlphabet、AI創薬の新会社設立 DeepMind創業者がCEOに
米Googleの親会社であるAlphabetは、AIを使った創薬事業を手掛ける新会社「Isomorphic Labs」を設立すると発表。CEOは、タンパク質の立体構造解析AI「AlphaFold」などを開発した英DeepMindの創業者のデミス・ハサビス代表が兼務する。(2021/11/5)

タイムアウト東京のオススメ:
東京駅にサステナブルな食体験ができる野外フードコートが登場
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/11/2)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

キユーピーが調査:
好きな卵料理、「ゆで卵」や「チャーハン」を上回った1位は? 「たまご白書2021」
キユーピーが「たまご白書2021」を発表した。好きな卵料理や、卵に感じる魅力について調査した。(2021/10/31)

5年間の戦略的提携を締結
大学がストレージをNetAppからPanasasに乗り換えた“コストだけじゃない理由”
University of Wollongongの研究所Molecular Horizonsが、これまで使ってきたNetApp 製ストレージからPanasas製ストレージへの移行を決断した。その理由とは。(2021/10/28)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスを防御する、スパイクタンパク質の改変形式を開発
大阪大学は、新型コロナウイルスのタンパク質を改変して免疫することで、SARS-CoV-2や他のSARS類縁ウイルスにも有効なワクチンとして働くことを見出した。将来、発生の可能性がある、SARS類縁ウイルスに有効なワクチン開発が期待される。(2021/10/28)

“MAX体重102キロ”の餅田コシヒカリ、糖質制限で10キロ減 大幅縮小したウエストにも満足「引き締まった感じ」
目標も「年内80キロを切る」に変更。(2021/10/22)

組み込み開発ニュース:
半導体センサーで新型コロナウイルスの感染性を定量検出、3大学とデンソーが開発
東海大学、豊橋技術科学大学、中部大学、デンソーが新型コロナウイルスの感染性を高感度かつ迅速に定量検出できるバイオセンサーを開発。半導体センサーとアプタマー(人工的に合成した核酸分子で、特定の物質に結合する性質がある)を組み合わせる手法を用いており、同手法で新型コロナウイルスを高感度に検出できるのは「世界初」だという。(2021/10/22)

半導体センサーで新型コロナウイルス検出 デンソーなど開発
デンソーとなどは、半導体センサーを使って新型コロナウイルスの検出に成功したと発表した。(2021/10/21)

医療技術ニュース:
アトピー性皮膚炎の尿中バイオマーカーとなり得る、脂質代謝産物を発見
東京大学は、アトピー性皮膚炎のモデルマウスやアトピー性皮膚炎患者の尿中に、脂質の代謝産物が多く排せつされていることを確認した。採血を必要としないバイオマーカーの開発につながることが期待される。(2021/10/20)

約1万人が回答:
健康のために「摂取を心掛けている成分」調査 上位に並んだのは?
マイボイスコムは、「健康によい成分」に関する調査を行った。健康のために摂取を心掛けている成分で最も多かったのは「乳酸菌」だった。その成分に期待する効果、摂取するきっかけとなったことなどを聞いた。(2021/10/19)

開発体制を見直すべき:
コロナワクチン生産過程で「ヤマサ」が“隠し味” mRNA合成に重要な核酸を製造
新型コロナウイルスの感染抑制に大きく貢献しているのが「メッセンジャーRNA(mRNA)」ワクチンだ。ワクチンは米国など海外メーカー製だが、生産過程で日本の消費者におなじみの企業なども重要な役割を果たしている。(2021/10/18)

ジャンポケおたけ、8カ月で体重14キロ減&体脂肪率15.8%減 「まわりに別人と言われるまでになりました 笑」
フィジークの大会のため肉体改造していたおたけさん。(2021/10/18)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 1位は、3500億円超のPreferred Networks
フォースタートアップスは2021年10月時点での「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。1位は評価額3500億円超のPreferred Networks。1〜4位は9月と変動なかったものの、atama plusが新たにランクインした。(2021/10/14)

医療機器ニュース:
空気中の新型コロナウイルスを高速で検知するセンサーの共同開発が進行中
ボールウェーブ、東北大学、豊田合成は、空気中の新型コロナウイルスを直接検出する高速のウイルスセンサー開発を目的とした「ボールSAWウイルスセンサーの原理検証に関する研究」を共同で進めている。(2021/10/12)

医療技術ニュース:
低分子化合物を収着しづらい肝臓チップで代謝試験、毒性試験が可能に
京都大学 iPS細胞研究所CiRAは、低分子化合物を収着しづらいフッ素系エラストマー製のマイクロ流体デバイスを用いて肝臓チップを作製し、薬物収着の影響を最小限にした薬物代謝、毒性試験が可能であることを示した。(2021/10/6)

岸本忠三氏ら:
コロナ禍のノーベル賞発表 「有力日本人候補」目白押し
来週からノーベル賞ウイークが始まる。自然科学分野で日本人研究者への期待は大きい。コロナ禍で重要な役割を果たした研究もあり、いつ受賞してもおかしくない研究者も多いようだ。(2021/10/4)

食のユニバーサル化:
ANA、特別機内食メニュー4種をリニューアル 機内食で「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す
ANAは国際線の低糖質、低脂肪、低カロリー、低塩の食事4種類についてリニューアルを実施した。全ての乗客に多くの選択肢から食事を選べるように推進している“食のユニバーサル化”を通して、「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す。(2021/10/4)

医療技術ニュース:
高分子を効率良く細胞内へ届ける、細胞治療向けの細胞内物質導入機器を開発
早稲田大学は、導電性高分子で被膜した金属製ナノチューブシートを用いて、安全かつ効率良く細胞内に物質を導入する細胞用電動ナノ注射器「複合ナノチューブ電気浸透流ポンプ」を開発した。(2021/9/30)

あらゆる病気の治療薬をAIで発見? 九大などが査読前論文を発表 「タンパク質の立体構造を使わず高速に探せる」
九州大学などの研究チームは、疾病の原因であるタンパク質のアミノ酸配列から治療薬を見つけ出すAI「LIGHTHOUSE」を開発したと発表。実験では、新たな抗がん剤や抗菌薬を見つけられたという。(2021/9/27)

医療技術ニュース:
1滴の血液から新型コロナウイルス抗体の種類と量を測定できるシステム
理化学研究所は、新型コロナウイルスに対する抗体の種類と量を1滴の血液から30分で測定できる「ウイルス・マイクロアレイ検出システム」を開発した。簡易検査の免疫クロマトグラフィーに比べ、約500倍の感度を持つ。(2021/9/22)

山崎ケイ「プロフィール詐欺じゃなくなった!」 10カ月で4.2キロのダイエット、ウエストは1週間で-4.5センチ
ゆっくりでも着実に痩せていった山崎さん。(2021/9/19)

川崎麻世、“餃子ダイエット”で10キロ減に成功 58歳の目標達成に称賛の声「素晴らしい!」
餃子の素晴らしさを熱弁していた川崎さん。(2021/9/16)

Innovative Tech:
マスクに貼れるシールで、新型コロナを簡易検査 米カリフォルニア大が開発
使い捨てマスクを使ってコロナ感染を簡易検査する手法。(2021/9/13)

ずん飯尾、乙女ゲーで4種類のイケメンに イケボで囁く演出も「俺とTANPACTだけ見てろよ…」
「壁ずん」「頭ずんずん」「肩ずん」「シークレット」の4種類。(2021/9/10)

期間限定で販売:
やよい軒、3種類の「筋肉定食」を発売 健康志向にアプローチ
やよい軒は「筋肉定食」を発売すると発表した。健康志向にアプローチし、ごはんをキャベツに変えることもできる。メニューは3種類。どのような特徴があるのか?(2021/9/9)

やよい軒が「筋肉定食」を9月17日発売 ご飯を“茶碗サラダ”に変更可、メインは鶏もも肉ステーキ
熱量415キロカロリー・タンパク質45.1グラム。(2021/9/9)

藤あや子、猫の腎臓病治療薬のため“222万2222円”を東京大学に寄付 「1日も早く完成することを願います」
チャリティー企画の収益を東大に寄付。(2021/9/8)

さらなる進化:
「世界一おいしい」選手村ギョーザに新商品 羽生結弦の一言が開発のきっかけに
東京五輪に出場していた海外選手から「世界一おいしい」と絶賛された選手村の餃子が、さらなる進化を遂げた。(2021/9/5)

僕たちのKaggle挑戦記:
Kaggle初心者のためのコンペガイド ― Titanicの先へ
Kaggle初心者がKaggleに挑戦した過程や得られた知見などを記事化していく新連載。初回である今回は、準備編として初心者向けにコンペを簡単に紹介します。また、連載目的やKaggleを始めて「これが良かったよ」という筆者の体験を共有します。(2021/8/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。