• 関連の記事

「シニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!シニアライフ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でシニアライフ関連の質問をチェック
「シニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

楽天モバイルと日本郵便、愛媛県に「愛顔のスマホ相談窓口」を開設 デジタルデバイド対策事業として
楽天モバイルと日本郵便は8月19日、愛媛県と県内20市町で構成する愛媛県・市町DX推進会議が実施する、「オール愛媛」デジタルデバイド対策事業として、県内各地の郵便局に「愛顔のスマホ相談窓口」を8月23日に開設すると発表した。相談員は楽天シニアの専門スタッフが担当。相談料は無料だが、前日までの事前予約制となる。(2022/8/18)

センサーで睡眠・入浴見守る「自立型シニア向け住宅」 各住戸にセンサー設置、遠隔で見守る
遠距離介護の家族の不安を減らすような高齢者向け住宅が登場している。ICTやIoT技術によって見守り機能を補完した高齢者賃貸住宅「シニアアップデートマンション ライフケア吹田」もその一つだ。同マンションでは各住戸にセンサーを設置し、それを本部のスタッフが遠隔で見守る仕組みを確立。(2022/8/15)

安全システム:
高齢ドライバーの認知機能や体調から運転のアドバイス、ホンダやエーザイなど
ホンダとエーザイ、大分大学、臼杵市医師会は2022年8月12日、高齢ドライバーの認知機能や日常の体調変化、運転能力の関係性を検証する共同研究契約を締結したと発表した。2022年9月1日〜2023年3月31日の期間で、大分県臼杵市に住む65歳以上の高齢者100人を対象に実証実験を行う。(2022/8/15)

高機能の新DSCファミリーを投入:
PR:複雑化増すEV/ADASアプリケーション開発をより迅速&容易に、MicrochipのAUTOSAR対応デバイスとエコシステム
電気自動車(EV)および自律運転技術の発展に伴い車載アプリケーションは複雑さを増しており、AUTOSAR対応やISO26262準拠のソリューションへの要求は高まっている。Microchip Technologyは、幅広いAUTOSAR対応デバイスおよびエコシステムによってこうした要求に応えており、直近でも高機能の新DSC(デジタルシグナルコントローラー)ファミリーを投入するなど、市場での存在感を高めている。今回、同社の車載製品グループ シニアビジネス デベロップメント マネージャ、Yan Goh氏に同社の技術的優位性や市場の展望を聞いた。(2022/8/15)

飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
仲良くなれそうでよかった……!(2022/8/13)

コミックマーケット100開催中:
シニアにも広がる”推し活” 「推し」パターンで最も多かったのは?
シニア女性向け雑誌を発行しているハルメク(東京都新宿区)が運営するハルメク生きかた上手研究所は、「シニアの『推し』に関する実態調査」を実施した。現在「推し」がいると答えた人は35.2%だった。推しのパターンを尋ねたところ、「一目惚れ推し」(29.4%)が最多となった。(2022/8/13)

新規事業でチャレンジ:
気温35度でも「溶けにくいアイスクリーム」発売 開発のきっかけとなった“切実な事情”とは
業務用食品卸の会社が、溶けにくいアイスクリームを発売した。きっかけとなったのは、同社の社員が病院や高齢者施設で聞いたある悩み事だった。開発担当者に背景を聞いた。(2022/8/11)

医療技術ニュース:
ブレーキの踏み間違えはなぜ起こるのか、高齢者と大学生の神経活動を調査
名古屋大学は、信号の形や色に合わせて手や足で反応する実験を実施し、高齢者と大学生が踏み間違え数では同等の成績を示しても、高齢者は大学生に比べて反応の切り替えや抑制を担う前頭葉の活動を多く必要とすることを明らかにした。(2022/8/9)

シニア犬がリハビリにきたものの……「泳ぎたくないワン」 飼い主を無の表情で見つめる姿がかわいい 【米】
ずっと見つめてきます。(2022/8/7)

20〜40代対象にオンライン診療 3日から運用開始 大阪府
新型コロナウイルスの第7波に伴う医療逼迫を受け、大阪府が20〜49歳の軽症者を対象に、オンライン診療で陽性の確定診断や薬の処方を行う運用を開始する。医療機関の負担を軽減し、重症化リスクのある高齢者や妊婦らに優先的に診療を受けてもらう狙いだ。(2022/8/3)

プロジェクト:
渡邊倉庫が南大井で有料老人ホームと店舗から成る複合施設を開発
渡邊倉庫は、京都品川区南大井4丁目で、グループ会社で使用していた保有資産を活用し、有料老人ホームと店舗で構成される複合施設「(仮称)W南大井」の開発を進めている。(2022/8/2)

Q&A 総務・人事の相談所:
役職定年のシニア管理職、モチベーション低下が課題に 制度設計の3つのポイント
シニア社員の活用促進のために定年延長を実施することにしました。同時に役職定年制を導入することを検討しているものの、該当者のモチベーションダウンが心配という声もあります。どのように制度構築をすべきでしょうか?(2022/8/1)

「値上げを実感」中高年〜シニアの6割、世帯年収は?
カラダノートは、46〜80歳の中高年層からシニア層の男女を対象に「家計に関する意識調査」を実施した。その結果、全体の約6割が“日々の買い物で値上げを実感している“ことが分かった。(2022/8/1)

【人気動物YouTuberインタビュー】愛犬がシニアになって思うこと…… 13歳の柴犬のために飼い主が考えた「してあげられること」にじわりと胸があたたまる
ずっと仲良く、ずっと一緒に。(2022/7/31)

シニア犬850匹以上を保護した女性 ホスピス施設でワンコたちと暮らす姿に「泣いてしまった」と感動の声 【米】
愛にあふれた日々。(2022/7/29)

シニアも「eスポーツ」でバトル ねんりんピックで初採用
60歳以上を中心とする「全国健康福祉祭(ねんりんピック)」で、eスポーツがオリジナル種目として初めて採用される。場所や年齢を問わずオンラインでつながるパソコンゲームを通じ、高齢者の楽しみや生きがいづくりのきっかけにしたいとしている。(2022/7/28)

シニアは本当に扱いにくい?:
ノジマやYKKは定年撤廃 シニアの戦力化が企業にもたらす恩恵とは?
少子高齢化が進む日本社会で、企業のシニア層の就業促進は待ったなしの課題となっている。シニアは「扱いにくい」とのイメージがひも付いているが、経験豊かなシニア層の雇用は企業にメリットももたらす。(2022/7/28)

DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
おめでとうございます!(2022/7/27)

何年も鎖につながれていたシニア犬を保護→新しいお家へ! 人間を信じ続ける優しい姿に感動【フィンランド】
終始フレンドリーなワンコがかわいい。(2022/7/24)

妻の“初恋の人”のフリを続けるおじいさん、彼が神様に願うのは―― 夫婦の愛描く漫画に「ボロ泣きした」「うるっとしてしまった」
『アンテン様の腹の中』の一編。(2022/7/22)

老人ホーム内を車いすで大爆走するご老人、その理由を尋ねたら……ブラックジョークな切り返しが秀逸
長生きしてほしいですね。(2022/7/20)

ドコモが頭を悩ませる「シニアのd払い利用」 井伊社長が考える打開策は?
NTTドコモの井伊基之社長のインタビュー最終回では、スマートライフ事業に含まれる、dポイントクラブやd払いの戦略や課題についてうかがった。d払いやdポイントを使えないユーザーに対していかに訴求するかを課題としている。ドコモショップがそれを解決する場になるかもしれない。(2022/7/15)

「おだやかな時間」「いつまでも幸せに」 介護が必要なシニアインコの1日は飼い主と仲間たちの愛情にあふれてる
見ているだけで優しい気持ちになれるのです。(2022/7/9)

自治体と高齢者が防災アプリ開発 地域「共助」を支援 豪雨や地震に
風水害リスクが高まる夏を迎え、防災アプリの活用が進んでいる。アップリーチは、浦安市の自治会や高齢者団体と共同開発した安否確認アプリ「ミテルライフ」のサービスを開始した。町内会の住民同士が助け合える仕組みを実現した。(2022/7/6)

ZEB:
熊本県荒尾市の老人ホームの建て替えで「ZEB Ready」を実現、NECファシリティーズ
NECファシリティーズは、杏風会から、熊本県荒尾市にある老人ホーム「白寿園」の建て替え工事プロジェクトを受注し、建て替えを完了して、2022年4月末に引き渡しを完了した。建て替え後の白寿園は、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギー収支をゼロにすることを目指し、「ZEB(Net Zero Energy Building)」シリーズ4分類のうち「ZEB Ready」に該当する。(2022/7/5)

「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
十何年か前に似たような話題を見た。(2022/6/26)

昔々、あるところにおじいさんがいたれけど…… 特に何も始まらない漫画「存在論(オントロジぃ)さん」が深くていい話
ちょっと笑えて、じんわり来る話。(2022/6/21)

お店にやってきたおじいさん、褒めるときの口調があの「国民的キャラ」にそっくりで思わず大爆笑
これは野生の……?(2022/6/18)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
今はさらばと言わせないでくれ インターネット・エクスプローラー、IEの戦士たち
インターネット老人会向け話題とあって、ヤマーとマツ、ひさびさの登場で、Webブラウザの歴史をゆるく語ります。(2022/6/17)

空席でも座れない? 札幌市営地下鉄が「優先席」ではなく「専用席」を設けた理由
札幌市営地下鉄の駅のホームで、自衛官が高校生を暴行した容疑で逮捕されたニュースがネット上で波紋を広げている。読売新聞などによると、高齢者や体の不自由な人が座る「専用席」に座っていた同僚の女性自衛官を高校生が注意したことに、自衛官が腹を立てたという。この「専用席」とは何なのか。(2022/5/27)

リノベ:
病院のリノベによる有料老人ホームが京都で竣工、三菱地所レジデンス初の取り組み
三菱地所レジデンスは、京都府京都市中京区で病院をリノベーションし開発を進めていた有料老人ホーム「プレザングラン京都円街」が2022年4月1日に開業することを公表した。病院を有料老人ホームにリノベーションする事業は、三菱地所レジデンス発足以来、初の取り組みになるという。(2022/5/23)

安全システム:
高齢ドライバー向け認知機能検査をタブレットで、DeNAと日本テクトシステムズ
ディー・エヌ・エー(DeNA)と日本テクトシステムズは2022年5月13日、高齢者認知機能検査の法改正に準拠した、タブレット式の認知機能検査システム「MENKYO」の提供を開始したと発表した。同日から、富山県の警察本部や教習所などで運用が始まった。2022年度中に19府県で運用を開始し、警視庁でも実証実験を開始する予定だ。(2022/5/16)

製品動向:
パナソニック ハウジングソリューションズが建材ショールームをリニューアルオープン
パナソニック ハウジングソリューションズは、東京都港区東新橋一丁目のパナソニック東京汐留ビル内に配置していた介護施設向け製品のショールーム「シニアライフ・プロスタジオ」を改修し、福祉施設や医療施設、教育施設をメインターゲットにした「ライフケア・ハウジング プロスタジオ」として2022年4月6日にリニューアルオープンした。(2022/5/16)

コンセプトは「好きなものだけ、ちょっとずつ。」:
ローソン、小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売 食のパーソナライズ化に対応
ローソンは小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売する。2021年に一部店舗で先行販売し、女性やシニア世代に好評だった。彩り豊かなサラダを中心に展開。(2022/5/12)

シニアスマホ所有のきっかけは家族――ドコモ「モバイル社会研究所」調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所は5月9日、シニアがスマートフォンを所有するきっかけについての調査結果を発表した。調査対象は関東1都6県の60〜79歳の男女で、有効回答数は709件。「家族のすすめ」「周囲にスマホを持っている人が増えた」「使いたい機能・アプリがあった」が上位となった。(2022/5/9)

近所のスーパーに「姫とじいや」がやってきた? 買い物中のおじいさんと孫娘の見せたやりとりにほっこり
小さな女の子はお姫様に憧れるものですからね。(2022/5/5)

「SNS上での交友関係が豊かでも、現実世界でそうとは限らない」 中高年を対象にした調査で明らかに
Facebookの友人数をもとに調査。(2022/5/4)

バスや個室:
第3次サウナブーム過熱、なぜ?
新型コロナウイルス禍を背景に、サウナへの注目が集まっている。サウナを題材にした漫画やドラマが人気を博し、中高年から若者まで全国のサウナーがユニークなサウナに熱を上げている。(2022/5/3)

政府の「デジタル推進委員」制度案判明 任期は1年、給与はなし 高齢者ら支援
高齢者らデジタルに不慣れな人向けに講座を開くなどして支援する政府の「デジタル推進委員」の制度の概要が分かった。無休で任期は原則1年で5月下旬から募集を開始。専門家による研修を経てデジタル庁が認定する。(2022/4/27)

都市圏でも増加傾向の買い物難民:
軽トラが買い物難民を救う? コンビニとしのぎを削る移動販売「とくし丸」の挑戦
免許返納などで移動の足がなくなり、買い物難民と化す高齢者が増えている。そうした市場を突き成長を続けるのが移動販売型のスーパー「とくし丸」だ。(2022/4/27)

デジタル支援員、22年度中に1万人 構想骨子案判明
政府は「デジタル田園都市国家構想実現会議」の基本方針案に、高齢者らデジタル機器の取り扱いが不慣れな人たちを支援する「デジタル推進委員」を2022年度中に全国で1万人以上配置することや、23年度までに5G人口カバー率95%を達成することを盛り込んだ。(2022/4/26)

環境省の事業が始動:
月額2000円でエアコンのサブスク、埼玉県戸田市がモデル事業を実施
埼玉県戸田市は、エアコンを月額2000〜3700円で利用できるサブスクリプション事業を開始すると発表した。高齢者世帯と子育て世帯を対象に、4月25日〜5月13日の期間に募集する。(2022/4/22)

「生娘をシャブ漬け戦略」が生まれた背景は:
吉野家元常務の舌禍事件から考える マーケティング業界の病巣とシニア権力を持ち続けるリスク
「生娘をシャブ漬け戦略」という破廉恥ワードはなぜ生まれたのか。背景にはマーケティング業界の問題と、シニア世代の価値観があると筆者は指摘する。(2022/4/22)

プロジェクト:
渋谷区渋谷4丁目でペット持ち込み可能フロアを備えた老人ホームが竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区渋谷4丁目で開発を進めていた老人ホーム「ホスピタルメント青山」が2022年3月に竣工したことを公表した。(2022/4/22)

動き出したエアコンのサブスク 戸田市は富士通ゼネラルの最上位機種で月額2000円から
高齢者世帯の熱中症対策を主な目的としたエアコンのサブスクリプション事業が動き出した。戸田市の場合は月額2000円(税込)から。(2022/4/21)

約7割が「働くことに対する不安が増えた」と回答:
「案件獲得にとても苦労している」 Miraieがシニアフリーランスエンジニアの実態調査結果を発表
Miraieは、「シニアエンジニアの将来への不安」に関する調査結果を発表した。以前と比べてフリーランスとして働くことに対する不安が「増えた」と回答した割合は71.8%となっており、シニア層(40〜60歳代)のフリーランスエンジニアが案件の獲得に苦労していることが分かった。(2022/4/13)

「1人だけジブリみたい」って言われた―― 古風なキャンパーが想像以上にラピュタのポムじいさん
小鬼じゃ、小鬼がおる。(2022/3/26)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
「人生100年時代」といわれ、元気に外出したいと考える高齢者が増える一方、市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。(2022/3/25)

「変な老人とガスマスク女が食事してた…」 街中に突如現れた2人組が話題、謎の正体を探った
どういうことなの……?(2022/3/24)

海外と比較:
「ネットを全く利用していない」66歳以上の33%、理由は?
ウイルス対策ソフトを提供するアバストは、「シニア層のインターネットの利用頻度に関する調査」を実施。その結果、国内の66歳以上の3人に1人がネットを全く利用していないことが分かった。(2022/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。