「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

中小企業出身の方が高評価?:
「ミドル転職」で評価される専門スキル 3位「営業戦略」、2位「業務管理」、1位は?
ミドル人材の採用において、どのようなキャリア・スキルを持つ人が評価されるのか。エン・ジャパン(東京都新宿区)が運営する転職サイト「ミドルの転職」が調査を実施した。(2024/7/25)

エンジニア向けのクラウド認定資格【後編】
どんなクラウドでも役立つスキルを習得できる「認定資格」とは?
IT分野の資格として今後も根強い人気が続くと考えられるのが、クラウドコンピューティングに関連する認定資格だ。ベンダーが提供する認定資格の他に、ベンダーに依存しない認定資格がある。(2024/7/23)

AWS、生成AIへのプロンプトで業務アプリが作れる「AWS App Studio」プレビュー公開 開発スキルがなくてもOK
米Amazon Web Services(AWS)は、生成AIに自然言語で作りたい業務アプリを説明すると、自動的に業務アプリの開発が行われる新サービス「AWS App Studio」をプレビュー公開しました。(2024/7/16)

「サイバーセキュリティスキルギャップレポート 2024年版」を発表:
「セキュリティ侵害の責任を問われ、解雇された」という事例が増加 フォーティネットが調査結果を発表
フォーティネットは、「サイバーセキュリティスキルギャップレポート 2024年版」を発表した。企業は「セキュリティ侵害が発生する要素の一つにサイバースキルギャップがある」と考えていることが分かった。(2024/7/16)

MNTSQ株式会社提供Webキャスト
テクノロジーの進化で法務部門は二極化? コーポレート人材に必要なスキルとは
テクノロジーの進化によって企業の業務は変化を余儀なくされるが、今、その変化を主導しているのがAIだ。本動画では、コーポレート部門、特に法務部門が今後どう変わっていき、そこで働く人材はどうなっていくのかを掘り下げる。(2024/7/16)

Cybersecurity Dive:
セキュリティ人材にいま“本当に必要なスキル”とは何か?
ITやセキュリティの急速な技術の進展はスキルギャップを招き、結果として人材の慢性的な不足につながっている。企業はスキルギャップを解消するためにどのようなアプローチを取ればいいのか。また、今セキュリティ人材に求められるスキルとは。(2024/7/13)

環境整備、モデル整備など5つのフェーズ単位で例示:
IPAが「生成AI製品、サービスを開発する際の行動例」をDX推進人材向け資料に追加
IPAは、「デジタルスキル標準」のバージョン1.2を公開した。DXを推進する人材の役割および必要なスキルを定義した「DX推進スキル標準」に生成AIの特性や、生成AIを含む新技術への向き合い方、業務で生成AIを活用する例など“生成AIに関する補記”が追加された。(2024/7/12)

働き方の見取り図:
生成AIに業務委託 必須になる「任せ上手」のスキルとは?
生産性向上が叫ばれる中、AIのように進化したツールは心強い存在だ。一方で、使い方を間違えると波紋を呼ぶ怖さと表裏一体でもある。進化が著しい技術にどう向き合えばよいのか。(2024/7/10)

リスキリングで重視されるスキル 「クラウド活用」「データ活用」を抑えた1位は?
リスキリング施策の実施率は全体で約4割に上ったことが、パーソルイノベーション(東京都港区)による調査で明らかとなった。昨今、注目が集まっているリスキリングだが、どのようなスキルが重視されているのか。(2024/7/10)

エンジニア向けのクラウド認定資格【前編】
クラウドエンジニアが「資格取得」でスキルアップできる“賢い学習方法”とは
認定資格を取得したり講座を受講したりすることは、エンジニアが知識習得やキャリア形成を図るための一助となる。エンジニアが資格取得をする際の学習方法の選び方を紹介する。(2024/7/10)

現代の企業が求めるエンジニア像
「ITエンジニア35歳限界説」なんて気にしない――あのスキルがあれば
レイオフや大量退職など、IT業界の雇用市場は激動の時代に突入した。年齢を重ねても雇用市場で優位に立つために、エンジニアが手に入れるべきスキルとは。(2024/7/5)

【無料利用枠あり】何度でもトライ&エラーが可能:
PR:「AWS」なら生成AIアプリが1日で作れる――“中の人“が明かす、AWS初心者が現場で使えるスキルを学ぶ“近道”とは
ビジネス環境の変化に即応できる「生成AI」の活用ニーズが高まっている。このトレンドに応えるには、クラウドの利用が選択肢の一つだ。「AWS」なら、さまざまな基盤モデルを使って自社データをセキュアに連携できる生成AIアプリケーションを手間なく作れるという。AWSのスペシャリストソリューションアーキテクトに、AWSのスキルを学ぶ“近道“を教えてもらった。(2024/7/3)

UGCの収集・分析から活用までワンストップで実現:
ブレインパッドとベルシステム24、SNS分析ツール「Brandwatch」を使ったUGC活用のBPOサービスを提供
社内のリソースやスキルなどの課題によりUGCを活用した新規顧客の獲得や購買行動の活発化が進まなかった企業を支援する。(2024/7/3)

給料を15%アップさせるのは「あのスキル」 AWS調査で判明
AWSが実施した調査によると、日本企業はあるスキルを身に付けた労働者に給与を15%高く支払う意向があることが明らかになった。ただし、雇用主と労働者の7割近くがそのスキルをどのように育成すべきか迷っているという。(2024/7/1)

オタフクが作った「“この味”に近いソース」を探すAI レシピ開発の属人化を解消
「お好みソース」を始め、液体調味料を開発・製造しているオタフクソース。実は、開発する商品のうち9割が特注品だが、この試作は社員の経験やスキルによって所要時間が大きく変化する分野だ。属人化の課題を解決しようと、(2024/6/27)

小寺信良のIT大作戦:
不足する「AI人材」 社会は変わる、学生はどうする?
AWSが、AIスキルの人材育成に対して新たなプログラムを発表した。同社は技術への投資はもちろん、人材育成として社会人への教育プログラムにも力を入れてきたが、それは当然これまでのAWSのビジネスに直結するクラウドスキルに関するものが多かった。その教育プログラムに、AIを学べるものが加わった格好だ。(2024/6/27)

新人時代に不足していたスキル 「論理思考」「ビジネスマナー」を抑えた1位は?
新入社員の時に「ビジネススキル・知識の習得で苦労した経験がある」とした人は5割に上った──。具体的にどのようなビジネススキル・知識が不足していたと思うのか、グロービズが調査を実施した。(2024/6/21)

若手メンバーが中心となって開発:
生成AIアプリを「1カ月の短納期、しかも実質1人で開発」は可能か 丸紅の挑戦
生成AIアプリケーション開発への注目が集まっている。ただ、開発に時間がかかりそう、スキル不足でどこから手を付ければいいか分からないという企業は多いだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、短期間、少人数で生成AIアプリケーションを開発した事例を紹介する。(2024/7/11)

なんでキッチンに自転車が!? “掃除の女王”がゴミ屋敷を大掃除する姿に「素晴らしいスキル」「心が温まる」の声
直視できないくらい汚い部屋が……!(2024/6/18)

「技術力のない新卒」のIT業界サバイバル術:
新社会人「なのちゃん」に、3人の女性エンジニアがアドバイスしたよ
入社1年目でやるべきことは? 技術力以外に必要なスキルは?――学部3年から界隈に飛び込んだ自信“なさなさ”女子大生に、実績由来の自信を持つ“つよつよ”先輩女性エンジニアたちが、よってたかってアドバイスした。(2024/6/26)

プレミアムコンテンツ:
転職で大事なのは「スキルだけ」の時代に “あれ”はもう誰も気にしていない?
IT人材の獲得競争が激化する中、企業が重視するのは「スキル」の高い人材の採用と定着だ。一方で“あるもの”の価値が、少なくとも採用時には失われつつあるという。採用市場で何が起きているのか。(2024/6/11)

調査対象企業のほとんどがAIを導入済み、または検討中:
生成AIは「セキュリティのスキルギャップ問題」を解消できるのか チェック・ポイントが調査結果を発表
チェック・ポイントは、サイバーセキュリティに対する生成AIの活用に関する調査結果を発表した。セキュリティにおけるスキルギャップが企業に深刻な影響を与えつつある中で、対策として生成AIへの期待が高まっていることが分かった。(2024/6/10)

株式会社Timers提供ホワイトペーパー:
PR:初月4万円〜で専任アシスタントが業務支援、人材不足を解消するアプローチとは
人材不足が叫ばれる近年、事務作業の負担軽減や育休・産休の代替要員確保などの課題解決策として、外注を検討する企業が増えている。こうした需要を受けて登場したのが、初月4万円でマルチスキルのアシスタントを利用できるサービスだ。(2024/6/24)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
組織に必要な「キャプテン、リーダー、フォロワー」――バスケ強豪校を30年率いた名監督の「強いチームの作り方」
組織に必要な「キャプテン、リーダー、フォロワー」それぞれの素質とは? 女子バスケットの名門・東京成徳中学校・高等学校で30年以上指導者を勤めてきた遠香(おか)周平氏は、若くエネルギーにあふれる一方でスキルやメンタルが発展途上なチームをどのようにまとめ、成長に導いてきたのか。その極意を聞いた。(2024/6/10)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
ちぐはぐでも「目標はメンバーが立てる」 全国制覇多数、女子バスケ名門校を率いる敏腕コーチのマネジメント術
女子バスケットの名門・東京成徳中学校・高等学校で長年指導者を勤めてきた遠香(おか)周平氏。何度もチームを表彰台に送り出し、日本代表チームなどで活躍するプロ選手を育成してきた。メンタル面でもスキル面でも発展途中の選手たちを、どのようにチームとしてまとめ、鼓舞してきたのだろうか? そのマネジメントの極意に迫る。(2024/6/7)

“AI人材の獲得”を巡るベンダーの思惑
Google、IBMなどが「約1億人のリスキリング」を掲げる団体結成 その本当の狙い
AI技術の普及で生じた雇用喪失に対抗するため、CiscoやGoogleをはじめとしたIT大手9社がコンソーシアムを設立した。その内容は労働者のスキルアップに寄与するものだが、専門家は課題を指摘する。(2024/6/5)

役立つクラウド認定資格11選【第2回】
開発エンジニアなら挑戦したいGoogleとAWSの「クラウド認定資格」とは?
IT管理者が自身のITスキルを証明するための方法の一つが、クラウド認定資格を取得することだ。本稿はDevOpsやアプリケーション開発に関するクラウド管理中級者向けの資格を紹介する。(2024/6/5)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
Linuxのスキルを証明する“激推し”の認定資格はこれだ
「Linux」を扱っている人や、これからLinuxエキスパートを目指す人は、Linux認定資格の取得が視野に入る。どのような認定資格があり、何を証明してくれるのか。11個の主要な認定資格を紹介する。(2024/6/5)

「学習文化の醸成が不可欠」:
ITスキル不足が世界で約5.5兆ドルの損失を引き起こす IDC予測
IDCは北米のITリーダーを対象にした調査結果を発表した。従業員のITスキル不足は深刻化しており、企業はトレーニング、スキルアップ、リスキリングのための独創的な方法を見つける必要があるという。(2024/6/4)

半径300メートルのIT:
複数の事例から見えてきた セキュリティ業務での“生成AIの現在地”
生成AIはセキュリティ業務でどのように活用できるのでしょうか。複数の事例からその現在地と、今後のセキュリティ担当者に求められるスキルが見えてきました。(2024/6/4)

株式会社ビザスク提供ホワイトペーパー:
PR:【元外資系戦略コンサル監修】コンサルが実践するエキスパートインタビュー術
新規事業創出や研究開発、マーケティングなどで有識者へのインタビューは、重要な情報収集手段となる。ただ、有益な情報をヒアリングするにはスキルとノウハウも求められる。どのようにインタビューすれば、期待する情報を引き出せるのか。(2024/6/4)

エンタープライズアーキテクチャを理解する【前編】
フレームワーク「TOGAF」は何の役に立つ? 学習メリットを解説
エンタープライズアーキテクチャのフレームワークであり、認証プログラムも存在する「TOGAF」。学習を通して得られるスキルやメリットを解説する。(2024/6/4)

攻撃対処のプロフェッショナル【中編】
「インシデントレスポンス担当」として活躍するための“スキルと資格”はこれだ
さまざまな組織で求められている攻撃対処のプロフェッショナル「インシデントレスポンス担当」。この分野で他人と差をつけるためには、どのようなスキルや資格を持っているといいのか。(2024/6/4)

大多数の企業が複数のITインフラを使い分ける方針を採用:
62.5%が「メインフレームを継続利用する」と回答 IDCがITインフラ運用に関する調査結果を発表
IDC Japanは、ITインフラ運用に関する調査の結果を発表した。ITインフラの課題では、ITエンジニアのスキルや人数の不足などが上位に挙がった。(2024/6/3)

企業はAIツールを活用する非技術系人材に注目:
「AIスキルのない人材は採用しない」が6割 MicrosoftとLinkedInが共同レポートを公開
MicrosoftとLinkedInは、職場におけるAIの活用状況をまとめた共同レポート「2024 Work Trend Index Annual Report」を発表した。(2024/5/30)

“元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
応援したくなる。(2024/5/24)

ヤマダ、ロボット接客を導入へ 店員の接客スキルを学習した「接客AIサービス」開発に向け
ヤマダホールディングスは21日、ロボットスタートアップ・avatarinとの業務提携を発表した。遠隔操作ロボットを使った接客を行い、店員の接客スキルを学習した「接客AIサービス」の開発を目指す。(2024/5/21)

仕事に役立つ「AI」資格10選【後編】
「AIの基本から応用」までをマスターできる“学習コース”5選
AI技術関連の認定資格を持っておくと、今後のビジネス開発やキャリア形成に役立つ可能性がある。AI関連の知識とスキルを習得できる学習プログラムを5つ紹介する。(2024/5/21)

製造マネジメントニュース:
「AI専門組織」を持つ企業の割合、日本は外国の半分にとどまる
ガートナージャパンは、日本と外国企業のAIに対する組織的な取り組みに関する調査結果を発表した。特に日本の大企業で、AI開発に必要な人材とスキルが慢性的に不足していると感じていることが分かった。(2024/5/20)

エレガントなブラックドレスをはさみでチョキンッ→大胆にリメイクしたら…… 期待以上の激変ぶりに称賛の声【海外】
センスと裁縫スキルの両方を兼ね備えている。(2024/5/17)

開発者にお薦めのノウハウ【前編】
知識が深まり、スキルが上がる「ファインマンテクニック」とは?
新たな技術が次々に台頭する中で、開発者は学習を怠ることができない。より効果的に知識を習得したり、スキルを高めたりするための学習手法がある。どのようなものなのか。(2024/5/14)

仕事に役立つ「AI」資格10選【中編】
「AI」のエキスパートになるなら、どの知識とスキルを極めるべき?
ビジネスにおけるAI技術活用が進む中で、ますます重要になっているのがAI技術関連の知識やスキルだ。大学などの教育機関が提供する5つのAIコースを紹介する。(2024/5/14)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
求人票より低い給与提示はNG? 「やる気はあるがスキルが足りない人」を中途採用したいが……
「求人票に記載した給与よりも低い金額を提示するのは違法ですか?」──採用の過程で、やる気はあるがスキルがないという人からエントリーを受けることもある。給与を調整するのは問題なのか? 社労士が解説。(2024/5/13)

製造IT導入事例:
拠点横断で計画的な人材育成を 大手環境試験器メーカーがスキル管理システム導入
Skillnoteのクラウド型スキルマネジメントシステム「Skillnote」を、大手環境試験器メーカーのエスペックが導入した。拠点横断型の人材育成や教育課程の可視化に活用する。(2024/5/10)

電子ブックレット(製造マネジメント):
製造業のデータ活用実態調査 「予算確保」と「専門スキル」が利用拡大の課題に
製造DXにおいてデータ活用は非常に重要な意味を持ちます。MONOist編集部では、製造業におけるデータ活用の実態調査を行いました。本ブックレットでは、アンケート調査の結果を紹介します。(2024/5/9)

“謎解き演劇”盗用で公演中止 「スキルマーケットで提供受けた脚本の草案」に原因
人気ミステリー小説から盗用があるとSNSで指摘されていた演劇が中止。「外部スキルマーケットサービスを介して、脚本の草案を提供してもらった」過程で問題が起きたという。(2024/5/8)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ゼロから学ぶ! 製造業の「スキルマネジメント」
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業におけるデジタルを活用したスキル管理の手法や考え方を基礎から学ぶ「ゼロから学ぶ! 製造業の『スキルマネジメント』」をお送りします。(2024/5/8)

小寺信良のIT大作戦:
ChatGPT登場後に仕事急増も単価はダウン? 買いたたかれる「ビデオ編集」スキルの今後
ChatGPTをはじめとするAIの登場で、メディアではなくなる仕事・なくならない仕事といった特集が組まれた。だが昨今はこうした記事を見かけないのは、まだ具体的にAIの影響が観測できないからだろう。(2024/5/2)

「Linux」認定資格11選【後編】
「Linux」のエキスパートを名乗るならどの“認定資格”を取得すべき?
業務で「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)を扱うIT管理者が、自身のスキルをアピールするためには、ベンダーが提供する認定資格の取得を目指すのが有効だ。どのような選択肢があるのか。(2024/4/30)

グッドパッチとUXの話をしようか:
AI時代の「生き残りスキル」 子どもの教育にまで影響?
AI時代における「生き残りスキル」については、さまざまな分野で語られています。その影響は、小中学生の教育にまで及んでいるように感じます。一緒に考えてみましょう。(2024/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。