「資格」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!資格→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で資格関連の質問をチェック

持っていると会話のネタになる資格 2位は「ねこ検定」、1位は?
レビューの運営する情報メディア「電気資格研究所JABO」が「持っていると会話のネタになる面白い資格」について、アンケート調査を実施しランキングを発表した。(2022/8/7)

挑戦すべきMicrosoftクラウド認定試験4選【第1回】
Microsoftが認定資格「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止 その“深い狙い”とは?
ベンダー各社が用意する認定資格は、IT担当者の知識獲得に役立つ。Microsoftは主要な認定資格だった「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止した。その背景には何があるのか。(2022/7/29)

国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」に82歳が合格 最年長記録を更新
セキュリティ知識に関する国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」に82歳の受験者が合格。これまでの最年長記録だった78歳を約3年ぶりに更新した。(2022/7/27)

経済状況が不安定になると:
私立大医学部+防衛医科大合格者数ランク ベスト3は?
経済状況が不安定になると、就職に有利な資格が取得できる学部の人気が高まる。そうした中、成績優秀層が選択するのが医学部だ。私立大医学部医学科+防衛医科大、合計32大学の合格者ランクを見てみると……。(2022/7/22)

育成はどうすべきか? 資格取得は?:
PR:セキュリティ人材が日本で4万人不足する今、「ビジネスに勝つ」ために欠かせない"高度セキュリティ人材”と“セキュリティアウェアネス”とは何か
ITmedia Security Week 2022夏の「"高度セキュリティ人材”と“セキュリティアウェアネス」ゾーンでは、(ISC)2とNECのサイバーセキュリティ戦略統括部のCISSP有資格者が登壇した。ビジネスを守り、拡大するための高度セキュリティ人材とその育成、情報漏えいやウイルス感染などの被害を出さない組織になるための“気付ける力”「セキュリティアウェアネス」について解説した。(2022/7/8)

スクラムマスターの5大認定資格【第5回】
“頼れるスクラムマスター”が取得する「コーチング」認定資格とは? 合格するには
スクラムにおいて多岐にわたる役割を担うスクラムマスター。各役割について自身が持つ知識やスキルを示すのに役立つ認定資格には何があるのか。(2022/7/12)

クラウド関連ソフトウェアエンジニアの平均年収は約2370万円、6割以上がフルリモートワーク 米国でO'Reillyが調査
米国でクラウドを活用したソフトウェアデベロッパーやアプリケーション開発者などの平均年収を米O'Reillyが調査。リモートワークの割合や、資格と給与の関係についても調査結果を出した。(2022/7/6)

スクラムマスターの5大認定資格【第4回】
アジャイルの体系「SAFe」(Scaled Agile Framework)の認定資格とは? 合格するには
「スクラムマスター」が持っておくと職務経歴書に書ける認定資格にはどのようなものがあるのか。「Scaled Agile Framework」(SAFe)に関する認定資格の有用性を解説する。(2022/6/28)

「応用情報技術者試験」で70歳が合格 10年ぶりに最年長記録を更新
情報処理推進機構(IPA)は、2022年度4月に開催した国家試験「応用情報技術者試験」で70歳の受験者が合格したと発表した。これまでの最年長記録であった69歳を10年ぶりに更新したという。(2022/6/24)

機密情報取り扱い資格を制度化へ 経済安保、改正案を来年提出
政府は、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス」の制度化に向け、2023年の通常国会に経済安保推進法改正案を提出する方針を固めた。(2022/6/21)

スクラムマスターの5大認定資格【第3回】
履歴書に書きたい「AWS Certified Cloud Practitioner」とは? 合格するには
スクラムを通じたクラウドネイティブアプリケーション開発において、スクラムマスターが備えるべき知識やスキルとは何か。実力の証明となる資格「AWS Certified Cloud Practitioner」を解説する。(2022/6/14)

多要素認証よりもCIEMを重視:
日本企業の84%が不正アクセスの被害に CyberArkがセキュリティに関する脅威意識を調査
CyberArk Softwareは「CyberArk2022年版 アイデンティティ セキュリティに関する脅威意識調査」の結果を発表した。日本では、セキュリティ対策として多要素認証よりも、クラウドインフラ資格管理を重視する企業が多いことが分かった。(2022/5/31)

スクラムマスターの5大認定資格【第2回】
“優秀なスクラムマスター”が外さないAtlassian「Jira」認定資格とは? 合格するには
スクラムを監督するスクラムマスターが、自身の知識やスキルを証明するのに役立つのが認定資格だ。本稿は「Jira Software」に関する認定資格が問う知識や有用な場面を解説する。(2022/5/31)

「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
誠意ある対応がなかったとしています。(2022/5/21)

スクラムマスターの5大認定資格【第1回】
スクラムマスター認定資格「PSM」(Professional Scrum Master)とは? 合格するには
スクラムマスターの認定資格には幾つかの選択肢がある。そのうち「Scrum.org」が提供する「Professional Scrum Master」にはどのような特徴があるのか。(2022/5/17)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(11):
3Dモノづくりに役立つ資格を取得したいが、どう取り組めばよいか分からない……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第11回のテーマは「“3Dモノづくり”に役立つ主な資格試験の概要と具体的な取り組み方」だ。(2022/5/16)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(98):
取った資格は俺のもの、もらったお金も俺のもの
会社から資格取得支援金をもらって、CCNPとOracle Masterを取得したエンジニア。退職時に支援金の返却を求められたが、応じるべきなのだろうか――。(2022/5/9)

ウーバーや串カツ:
飲食で相次ぐ不法就労、背景に何が
就労資格のないスリランカ人たちを働かせていた疑いで大阪市西成区の老舗料亭「鯛よし百番」の運営会社が書類送検された事件。飲食業界では近年、外国人の不法就労で摘発されるケースが相次いでいる。背景にあるのは、慢性的な人手不足と都市部を中心にした在留外国人の増加だ。(2022/4/26)

ITパスポート試験に7歳の小学1年生が合格、最年少記録を更新 12歳以下の合格者は累計61人に
情報処理推進機構は、2022年3月度に開催した国家資格「ITパスポート」の試験に、小学1年生の7歳の受験者が合格したと発表した。これまでの最年少記録である8歳を1年5カ月ぶりに更新したという。(2022/4/14)

AWSジャパン、デジタル人材育成で企業を個別に支援する「AWS Skills Guild」を国内発表
AWSジャパンが、企業のデジタル人材育成を個別に支援する包括的なサービス、「AWS Skills Guild」の国内提供を正式発表した。既存のトレーニングコースや認定資格を超え、組織としての人材育成への取り組みを支援できるという。(2022/4/12)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

ソフトバンク、次はAI人材に懸ける 携帯は頭打ち 社内講習や資格奨励金開設
ソフトバンクが社内でのAI関連教育を強化している。2022年1月からAI講習を始めた他、資格取得に向けた奨励金制度も開設。頭打ちとなっている携帯電話事業から、AIやIoTなどへ事業の多角化を進めようと、AIの基礎知識の取得につなげる狙いだ。(2022/3/25)

業界動向:
「現場監督の仕事の実情と将来」を調査、6割以上が将来に不安を感じている
AS IT ISは、現場監督として働く1級または2級施工管理技士資格保有者を対象に「現場監督の仕事の実情と将来」に関する調査を実施した。IT化によって現場監督の作業内容には変化があり、6割以上の回答者が仕事の将来に不安を感じていることがわかった。(2022/3/18)

元NHKキャスター・小島亜輝子、子育て&学業両立させ国家試験に合格 「自分が医師になるのだなと実感」
2011年までNHKキャスターや気象予報士として活動。(2022/3/17)

KADOKAWA、従業員の資格取得に最大100万円の報奨金 情報処理や語学などが対象
KADOKAWAが、従業員の資格取得に報奨金を支給する制度を3月1日に導入した。情報処理推進機構の「ITストラテジスト試験」などを取得した従業員に、難易度などに応じて1万円から100万円を支給する。(2022/3/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(87):
51歳で「パワポが得意」と、初めて知った元エンジニアの話
「将来、このまま大丈夫かな?」と思ったとき、「新たな資格を取ろう」と思うこともあるでしょう。でも、資格だけではなかなか仕事につながらないもの。それよりも、あなたの「強み」を生かせる場所は、案外「身近」にあるのかもしれません。(2022/3/16)

つるの剛士、短大卒業式でビシッとスーツ姿 保育士資格取得に近づき「泣きそう」
つるのさん「今日は卒業式 子どもではなく、僕の」(2022/3/12)

ドローンの操縦ライセンス、男性の29.4%が「取得したい」
 NEXERの運営する日本トレンドリサーチは、ドローン(無人飛行機)の操縦ライセンスが国家資格になることに伴い、「ドローンの活用に関するアンケート」を実施した。その結果、男性の29.4%がドローン免許を取得したいと回答した。(2022/3/2)

「LINEキャンパス」開講 公式アカウント・広告の運用法をレクチャー 公認資格の取得も可能
LINEが、LINE公式アカウントやLINE広告などの運用に必要な知識を学べるオンライン講座を無料公開した。「認定資格コース」では公式アカウントや広告に関する独自資格も取得できる。(2022/2/24)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【後編】
Google認定の機械学習資格「Professional Machine Learning Engineer」とは? 合格するには
機械学習開発の最先端を走るGoogle。同社認定の機械学習認定資格「Professional Machine Learning Engineer」を取得すれば、キャリアアップにつながる可能性がある。取得するには、どうすればいいのか。(2022/2/16)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【中編】
初心者歓迎の機械学習資格「Azure Data Scientist Associate」とは? 合格するには
IT分野でのキャリアパスを広げるには、機械学習認定資格の取得が役立つ。実は機械学習の初心者でも挑戦できる資格がある。「Azure Data Scientist Associate」がそれだ。どのような知識があれば合格できるのか。(2022/2/9)

個人資格のデジタル証明サービス「クラウドライセンス」、4月開始 ブロックチェーン技術を活用
 アウロンパートナーズ(東京都港区)は2月8日、ブロックチェーン技術を使ったクラウド型の個人資格のデジタル証明サービス「クラウドライセンス」を、4月より開始すると発表した。(2022/2/8)

どうなる? 「週休3日制」(3):
「週休3日制」をうらやむ前に、知っておきたいメリット・デメリット
導入を検討する企業が増えている「選択的週休3日制」は、育児や介護を担う人や、副業や資格取得をしたい人にとって便利でメリットの大きい制度だ。しかし、選択には思わぬデメリットもある。本記事では、「週休3日制」をうらやむ前に、知っておきたいメリット・デメリットを解説する。(2022/2/3)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【前編】
“機械学習のプロ”を認める「AWS Certified Machine Learning - Specialty」とは? 合格するには
大手クラウドベンダー3社は、キャリアアップに役立つ機械学習認定資格を用意している。AWSの機械学習資格「AWS Certified Machine Learning - Specialty」を取得するためのお役立ち情報をお届けする。(2022/2/2)

保護者に聞いた:
子どもが資格・検定試験を受ける目的 中高生は「入試に役立てるため」が最多、小学生は?
栄光は、小学1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者に、「小中高生の資格・検定に関する調査」を行った。これまでに資格・検定試験を受検したことがある子どもは、小学生で61.9%、中高生で91.6%にも上ることが分かった。(2022/1/22)

30〜40代が「20代を振り返って後悔していること」 2位は「資格取得」、1位は?
UOCCは、30〜49歳の男女を対象に「20代を振り返って後悔していること」を聞いた。20代のころにやっておくべきだったと後悔していること3位は「いろいろなところへ旅行する」、2位は「資格取得」という結果に。また、20代の公開を30代以降で取り組んだかも調査した。(2022/1/15)

ビズリーチ調べ:
年収1000万円以上の人が新しく挑戦したこと 3位は「資格取得」、2位と1位は?
転職サイトを運営するビズリーチ(東京都渋谷区)は、「ビズリーチ」会員を対象に、「職務経歴書の更新とキャリア観に関するアンケート」を実施した。年収1000万円以上の人が新たに挑戦したことは?(2021/12/17)

将来の不安についても調査:
取得すべき資格、Z世代の1位は「TOEIC」 ゆとり世代と就職氷河期世代は?
ユーキャンは、Z世代・ゆとり世代・就職氷河期世代の10〜50代の男女に、「仕事や資格に対する意識調査」を実施した。自分たちが取得すべきと考えている資格は何か聞いたところ、Z世代の1位は「TOEIC®テスト」だった。ゆとり世代と就職氷河期世代はどんな資格を挙げたのか? そのほか、将来の不安についても調査した。(2021/12/13)

約500人に聞いた:
2022年に取りたい資格、3位は「宅地建物取引士」、2位と1位は?
メディアエクシードは、資格の取得を目指している20〜50代の男女に、「2022年に取りたい資格」について調査を行った。2022年に取りたい資格、1位は「日商簿記検定」だった。(2021/12/9)

200人強に聞いた:
フリーターからの就職に役立った資格 1位は「簿記」、2位以下は?
ビズヒッツは、フリーターから資格を生かして就職した人に「就職活動で役立った資格に関する意識調査」を行った。フリーターからの就職に役立った資格1位は「簿記」だった。(2021/12/6)

東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
いよいよお別れのときが……。(2021/12/3)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【後編】
「成功するBCP・DR管理職」になる鍵は何? 面接でアピールすべきスキルは?
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職を目指すには、そのためのスキルや認定資格が要る。採用面接の想定質問に沿って、身に付けるべき「武器」を紹介する。(2021/11/25)

JAXA、13年ぶりの宇宙飛行士の募集を12月から開始 月面での活躍も想定
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、新たな宇宙飛行士の候補者を募集に向けて、募集要項などを発表。採用人数は若干名で、応募資格は3年以上の実務経験と、視力などの条件を定めており、学歴や専門分野は問わない。(2021/11/19)

施工:
“酸化被膜”を防ぎ分厚いサビを取る「CoolLaser」新型機、レーザー施工はインフラ老朽化の活路となるか?
橋や鉄塔など全国で老朽化が進む、インフラ構造物の維持修繕工事は、膨大な数に対して人手が圧倒的に不足しているため、社会課題となっている。そうした状況下で、新たな施工法として注目を集めているのが、トヨコーが実用化したレーザー技術を用いてサビや塗膜、塩害のもとになる塩分を除去する「CoolLaser」だ。今般、従来モデルではできなかった厚みのあるサビも除去する高出力の新型機をリリース。同社が設立に関わった産官学も参画する「レーザー施工研究会」では、ルール整備や資格制度の運用も2021年から始まっており、レーザー施工技術はインフラ老朽化が抱える諸問題の解決策となり得るのかを新機種の発表会で探った。(2021/11/19)

「人生で一番高い買い物」 ジャンポケ斉藤、国産車1台分の“競走馬”を購入 ファンも「デビュー戦が待ち遠しい」
馬主資格も現在申請中とのこと。(2021/10/27)

880人に聞いた:
女性がこれから取りたい資格 2位は「TOEIC/TOEFL」、1位は?
キャリアデザインセンターは、女性を対象に「資格」についての調査を行った。今後取りたい資格は何か、新型コロナウイルスの拡大が資格取得の意向度に影響したかなどを聞いた。(2021/10/26)

Tech TIPS:
認証や資格情報のエラーでリモートデスクトップに接続できない【テレワークトラブル対策】
リモートデスクトップで、正しいはずのパスワードを何回入力しても、資格情報や認証のエラーが表示されて接続できない……。 こうしたトラブルの原因とその対策をいくつかピックアップして解説する。(2021/10/20)

安田美沙子、ランニングアドバイザーの資格を取得 目標はランニングクラブ開設とフル3時間半切り
サブ3.5応援しています!(2021/10/12)

独学で取得するには:
独学で取得した資格 「FP」や「宅建」を抑え1位となったのは?
独学でも取りやすい資格にはどのようなものがあるだろうか。ビズヒッツが、独学で資格を取得したことがある男女500人に調査した。(2021/10/9)

AI人材を効率的に育成 日本数学検定協会が新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」を開始
日本数学検定協会は、データサイエンスの基盤となる数学のスキルとコンサルティング力を兼ね備えた専門家の育成に向けて「データサイエンス数学ストラテジスト」の資格試験を開始する。(2021/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。