「資格」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!資格→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で資格関連の質問をチェック

西岡徳馬の娘婿・杉山裕右、“合格率14%弱”の難関国家資格に合格 家族のサポートに感謝し「これからは三刀流で」
ドローン操縦の国家資格合格に続いて……!(2024/2/21)

機密漏えい、罰則2段階 政府のセキュリティー・クリアランス制度 懲役10年か拘禁5年
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度の創設に向けた法案が、自民党の会合で示された。機密情報の重要度に応じ、漏洩した場合の罰則を2段階で設けるのが柱。(2024/2/8)

CIO Dive:
IT人材不足解消の切り札になるか? CompTIAがトレーニングや認定資格を刷新
CompTIAは技術トレーニングのラインアップを拡大し、サイバーセキュリティやデータサイエンス、フルスタックの資格を追加して既存の5つの認定プログラムを刷新する。(2024/2/2)

2024年に取得したい資格 2位「簿記」を上回る1位は?
学研ホールディングスのグループ会社、ベンド(東京都千代田区)の運営する資格Timesが「今現在取得したいと思っている資格」「転職・昇格に役立つと思う資格」について、調査を実施した。(2024/2/1)

Q&A 働き方のお悩み相談:
秘書検定にITパスポート……「資格沼」から抜け出せない、どうしたら?
キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング――この先どうすれば自分が納得できるキャリアを歩んでいけるのだろうか。多くのビジネスパーソンの働き方を見つめてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。(2024/1/30)

人を育てることでセキュアな組織に変わる
オンライン研修で情報処理安全確保支援士の取得と維持を支援
組織のセキュリティを高める方法の一つが専門人材の育成だ。情報処理安全確保支援士を組織内に抱えることで、セキュアな組織を作るにはどうすればよいのだろうか。名ばかり資格者を使える資格者に変える施策も必要だ。(2024/2/1)

学生がお金を稼ぐためにしたいこと 3位「難関資格の取得」、2位「副業」、1位は?
主に高校生を対象に「お金」をテーマに実施した調査結果が明らかになった。お金を稼ぐためにしたいことや、親と学費の相談をした時期などを調査した。(2024/1/28)

AWS認定試験が値上げ 円安を反映
AWS認定試験の料金が4月1日から値上がりする。為替レートの変動によるもので、日本円では4000円〜1万円高くなる。(2024/1/12)

GitHubエキスパートとしてのスキルをアピールできる:
GitHubの認定資格プログラム、誰でも参加可能に
GitHubは、これまで従業員とパートナーに限定して提供してきた「GitHub Certification」(GitHub認定資格)プログラムの一般提供を開始した。(2024/1/12)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【後編】
IT業界の人材問題は「義務教育」に原因? 女性管理職がみる問題の核心は
英国の卒業認定試験「GCSE」にコンピュータサイエンスが加わったのは2010年代だが、ITのさまざまな技術革新があったにもかかわらずカリキュラムの変更がないことを業界人は疑問視する。ある女性管理職の見解は。(2024/1/8)

元ミセス・山中綾華、“合格率6%”の難関国家資格に合格 ドラマーとの二刀流に「凄い!! 尊敬」「かっこ良すぎます」
本当にすごい。(2023/12/30)

「資格取得はゴールではない」:
PR:「AWS認定資格取得で仕事の幅が広がった」 エンジニアの体験を紹介
資格試験はともすると「取得すること」そのものが目的になりがちだ。しかし、習得した知識を業務に生かせなければ宝の持ち腐れとなる。実際の業務に確実に役立ち、エンジニアとしてのキャリアを大きく変え、仕事の幅を広げるのがAWS認定資格だ。(2023/12/27)

素材/化学メルマガ編集後記:
試験合格の目的化は甘いワナ、学ばせて課題解決で使わせる教育こそ人材育成の近道
使える教育方法についてつらつら語っています。(2023/12/25)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【前編】
英国の女子生徒がSTEM科目を敬遠する流れは、まだ続くのか
英国の卒業認定試験GCSEの結果によると、コンピュータサイエンスを受験する女子生徒の数は増加傾向を見せている。ただしIT業界に身を置く女性管理職は、女子生徒がSTEM分野を学ぶのを阻害する「壁」に課題を感じている。(2023/12/18)

参加資格は「日本国籍保有者」 自衛隊駐屯地で開催予定のスポーツ教室中止に 運営謝罪「人権上の配慮欠いた」
2024年2月に開催予定でした。(2023/12/15)

CIO Dive:
年収1000万超えを目指すなら取っておきたい"5つのIT資格"
変化の激しいIT業界でどうすれば年収を上げられるのか。高収入ランキングトップ5の資格とは。(2023/12/15)

アイ・オー、2ベイ小型筐体を採用した各種医療機関向けのオンライン資格確認端末
アイ・オー・データ機器は、医療機関および薬局/訪問看護ステーション向けとなるオンライン資格確認端末「APX2-MEDICAL/QCB」を発表した。(2023/12/13)

体系的な知識が「自信」と「キャリアアップ」につながる:
PR:非エンジニアがAWS認定資格を取るべき「2つのワケ」は?
「AWS認定資格はエンジニアのためのもの」という認識は古くなりつつある。「DX」と「SX」によりワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーであるTOPPANホールディングスでは全社的に同資格の取得を推進している。AWS認定資格取得で得られる「全社的なIT知識の底上げ」が個々の従業員のキャリアアップと事業にもたらすメリットとは。(2023/12/25)

2023年のSNS流行語ランキング 2位「アイドル・推しの子」、1位は?
SNSマネージャー有資格者への調査に基づいた、2023年のSNS流行語ランキングが発表された。(2023/12/8)

25年卒に聞いた:
成長できそうな企業の特徴 「資格支援制度あり」「研修が充実」を超えた1位は?
就職活動を控える2025年卒の学生は、仕事における「自身の成長」をどのように捉えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/8)

Cybersecurity Dive:
「人は足りないが初心者はいらない」 セキュリティ業界が直面する深刻な人材不足
ISC2の調査によると、サイバーセキュリティ業界の専門家は世界で550万人に増加しているが、増加するデジタル分野の脅威から身を守るためには、依然として数百万人の有資格者が必要であることが明らかになった。(2023/12/2)

DX運用のためのITIL 4(4):
5つのステップでうまくいく! 関係者の価値を最大化する方法(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第4回は、前回に引き続きITIL 4の資格体系の一つ、カスタマージャーニーに関する7つのポイントを取り上げ、それがどのように顧客や関係者の体験を向上させるかについて解説した資格体系の一つ「DSV(Drive Stakeholder Value:利害関係者との価値の創造)」を取り上げる。(2023/11/21)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【後編】
エンジニア目指すなら「ネットワーク」「ソフトウェア」のどっち 年収の差は?
同じエンジニアでも、ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアは求められるスキルセットが変わってくる。勤務時間や収入、資格も違う。(2023/11/21)

令和版「ミニモニ。」で話題の現役ハロプロメンバー、16歳で渋めの資格に合格! 「アイドルと両立大変なのに凄い」
1級マグロ解体師もいるアンジュルム。(2023/11/8)

11種類の認定資格を取得可能:
無料で「Oracle Cloudの資格」が取得できるプログラムを提供開始 日本オラクル
日本オラクルは、OCIとデータ管理に関するトレーニングや認定試験を無償で受けられる「無償資格取得プログラム」を提供すると発表した。さまざまなカリキュラムや認定試験を無料で受けられる。(2023/11/1)

吉田沙保里、兄の体罰報道を受け謝罪「いかなる理由があっても許されるものではなく」 2年間の指導員資格停止も「当然のこと」
沙保里さんへの応援の声も。(2023/10/31)

DX運用のためのITIL 4(3):
関係者の価値を最大化する――ITIL 4でカスタマージャーニーを描くには?(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第3回は、ITIL 4の資格体系の一つ、カスタマージャーニーに関する7つのポイントを取り上げ、それがどのように顧客や関係者の体験を向上させるかについて解説した資格体系の一つ「DSV(Drive Stakeholder Value:利害関係者との価値の創造)」を取り上げる。(2023/10/30)

IDおよびアクセス管理の手引き【中編】
「IDおよびアクセス管理」(IAM)を成功させるには? OktaやIBMに聞く
IAMツールは資格情報を保護し、IDとアクセス権限を管理する上で有用だ。経営層や従業員にIAMの重要さを理解してもらい、スムーズにIAMツールを導入するには。(2023/10/19)

Q&A 45歳からのIT転職:
ミドル・シニアのIT転職「取るべき資格」は? プロが解説
近年需要が高まるIT人材。ミドル層以上の転職に関する疑問を、Q&A形式で回答します。(2023/10/4)

工作機械:
5軸加工技術普及と人材育成へDMG森精機が検定提供、2030年に公的資格を目指す
DMG森精機は2024年1月より、技術の普及と技術者の地位向上を目的とする「5軸加工技術検定」の提供を開始する。切削加工、割出し5軸加工の基礎の学習者を対象にWeb試験を実施し、技術水準を4段階で評価する。(2023/9/21)

freeCodeCampと提携:
Microsoft、「基礎C#認定資格」を公開 無料でC#が学べる35時間分のトレーニングコースも
Microsoftは、freeCodeCampと提携してC#の認定資格である「Foundational C# Certification」を公開した。C#プログラミングの基礎を包括的に学べる35時間のコースも含まれている。(2023/9/12)

「AI」時代のキャリアとは【第5回】
AI系キャリアを志すための「スキル」と「学習方法」 資格は必要?
需要の高まるAI人材としてのキャリアを歩む上で、周りとの差別化を図るためにはどのようなスキルが役に立つのか。スキルを身に付けるために効果的な手法とは。(2023/9/5)

君は解けるか? ITパスポート試験に新登場する“生成AI”のサンプル問題、IPAが公開
国家資格「ITパスポート」の出題範囲に生成AIに関する問題を加えると予告した情報処理推進機構(IPA)。同機構は8月31日に、生成AIに関する問題のサンプルを公開した。全3問の例題を出題趣旨とともに公開している。(2023/8/31)

7割が「スキルがなくて困った……」と感じた経験あり 取得した資格は?
大阪商工会議所が「社会人の必須スキル」に関する調査を実施した。(2023/8/29)

ITパスポートの出題範囲に“生成AI”追加 2024年4月の試験から
情報処理推進機構(IPA)は、国家資格「ITパスポート」の出題範囲に生成AIに関する問題を追加すると発表した。(2023/8/7)

「取ってよかった資格」ランキング TOEIC800点台やMBAを上回る1位は?
リスキリング施策を準備する企業や、個人の学び直しに興味を示すビジネスパーソンが増えている。資格取得にも注目が集まるが、実際に取得して役立つのは、どのような資格なのだろうか。(2023/8/5)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(39):
情報処理技術者試験合格で証明できるもの
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第39列車は「情報処理技術者試験」です。※このマンガはフィクションです。(2023/8/2)

Cybersecurity Dive:
MicrosoftとRubrikの提携から探る 「生成AIはセキュリティ部門の仕事をどう変えるか?」
生成AIをビジネスに活用する試みはサイバーセキュリティ分野でも広がっている。脅威は増すばかりなのに有資格者不足は深刻という悪条件に苦しむセキュリティ部門の人々の仕事を生成AIはどのように変えるのか。(2023/7/23)

資格やコミュニティーを提供:
「安全な生成AI」の社会実装に向け本格始動、GUGA
2023年5月に発足した「生成AI活用普及協会(GUGA)」が記者説明会を実施し、同協会の概要や設立背景をあらためて語った。資格試験「生成AIパスポート」やコミュニティーの提供を通じて、生成AIの公正かつ安全な普及/社会実装を目指している。(2023/7/20)

DX運用のためのITIL 4(2):
ITIL 4でサービス管理業務のフローを決めよう 運用業務設計者必見のCDSを解説
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第2回は、ITIL 4のITIL 4の資格体系の一つ、運用業務設計者としてシニアレベルに達するための必須知識をカバーするCDSについて解説する。(2023/7/18)

YouTube、クリエイターの収益化プログラム参加の敷居下げ(日本はまだだが)
YouTubeは、クリエイター向け収益化プログラム「YPP」の資格要件を低くする。これまでサブスク数1000人以上だったところが500人以上になるなどだ。ただし、まずは米英など(日本以外の)一部の地域が対象。(2023/6/14)

生成AIの検定試験、日本ディープラーニング協会が開催 note深津さんら監修 試験時間15分、受験費2200円
日本ディープラーニング協会は、生成AIの検定試験「JDLA Generative AI Test 2023」を開催すると発表した。(2023/6/9)

NECがAWSとの協業を拡大 印西DCでAWSと直接接続の強みも生かす
NECは、AWSとの戦略的協業を拡大する。これまでの協業を通じて得られた知見を基に顧客のDX支援を強化し、AWS Direct Connect接続拠点の活用やAWSを活用したソリューションの提供、AWS認定資格保有者の育成などに取り組む。(2023/6/1)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第5回】
初心者でも就活で“無双”するための「エンジニアが取るべき認定資格」はこれだ
初心者がソフトウェアエンジニアとしての成功を目指すには、まずはソフトウェアエンジニアとして勤務することが大切だ。就職活動で自身のスキルをアピールするために、何をすればよいのか。やるべきことは2つある。(2023/5/29)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
マーケターのキャリアアップに必要な資格は? 「Bing AI」のお薦めは意外にも……
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「マーケター向けの資格」です。(2023/5/27)

その資格はいらない:
学生時代に取っておくべき資格 3位「TOEIC」、2位「簿記」、1位は?
学生時代に取っておくべき資格は、なんだろうか。全国の男女に聞いたところ、1位は……。(2023/5/26)

資格試験“生成AIパスポート”誕生? 一般社団法人「生成AI活用普及協会」が開発中
生成AIの社会実装を推進する一般社団法人「生成AI活用普及協会」は、資格試験「生成AIパスポート」を開発していることを明らかにした。(2023/5/22)

中小企業の経営者・人事1003人に調査:
企業側が中途採用で重視するポイント 3位「資格」、2位「同業界の経験」、1位は?
企業側が中途採用で重視しているポイント1位は「同業種の経験者」。そんな結果が、中小企業診断士合格講座を運営するレボ(東京都港区)が実施した調査で分かった。(2023/5/19)

Cybersecurity Dive:
IAMの脅威に対抗するために組織が取るべき5つのステップ
多くの組織が資格情報管理や認証のためにアイデンティティーアクセスマネジメントツールを使っている。しかし、これらのツールを完全に信用するのは危険だ。(2023/5/13)

Googleアカウント、「パスキー」でのログインをサポート
Googleは「世界パスワードの日」に向けてGoogleアカウントへのログインで「パスキー(passkey)」を利用可能にした。パスキーはAppleとMicrosoftとともに昨年5月に発表したマルチデバイス対応の資格情報だ。当面はパスワードと二要素認証によるログインもサポートする。(2023/5/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。