「業務改善」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務改善」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

現場管理:
スマホから工事情報や施工記録を登録できるサブスク「+Biz工事登録」発売 建設業の事務作業を効率化
建設ドットウェブは、建設業向けの業務改善サブスクリプションサービス「+Biz」シリーズの第3弾として、「+Biz工事登録」の販売を開始した。スマートフォンで住所や請負金額、工期といった工事情報を登録できる。(2024/5/14)

今さら聞けない要点整理2:
PR:何が違う? 「デジタルインボイス」と「電子インボイス」
インボイス制度が始まり、電子帳簿保存法の宥恕(ゆうじょ)期間も終了しました。本記事では、今注目されている「デジタルインボイス」と「電子インボイス」の違い、業務改善にどう影響するかを解説します。(2024/5/1)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】
SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選
従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。(2024/3/30)

在庫管理の基本のキ 7つの“できていてほしいこと”
効率的な在庫管理は小売業をはじめとする企業の業務改善に役立つ。需給の均衡を確保するのに役立つ、7つのベストプラクティスを紹介する。(2024/3/13)

「総務」から会社を変える:
その仕事、そもそも必要? 総務の「ムダ業務」改革の“3つの鉄則”
戦略総務を目指すのであれば、常に業務の時間短縮・疲労軽減・経費低減、そして常に提供価値の向上を目指したいものだ。業務改善の進め方には鉄則がある。(2024/1/23)

金融庁、SBI証券に一部業務停止命令 IPOの株価操作で
金融庁は、SBI証券に対し一部業務停止命令と業務改善命令の行政処分を行った。SBI証券が引受主幹事を務めた3銘柄の新規上場株式(IPO)において、初値を釣り上げるなど株価を操作したとされる。(2024/1/12)

BPOで経理部門の働き方改革:
PR:「経理部門の属人化排除と業務改善を同時に実現」 BPOは何ができるのか
「経理部門の属人化している業務をなくしたい」「月の変わり目の繁忙期を改善し、働き方を改革したい」という目標を実現するなら、BPOに挑戦するといいかもしれない。(2023/11/29)

ヤンマーが従業員による市民開発推進で成果 業務改善意欲を維持する秘訣は
有志頼みの業務改善の取り組みを全社に展開するには幾つかのハードルがある。ヤンマーホールディングスはどのように従業員全体のモチベーションを維持しながらスキル向上を推進しているのだろうか。(2023/10/11)

生成AIスタートアップの挑戦:
生成AIの”真のポテンシャル”とは 新興Spiral.AIが目指す「業務改善」以外の使い方
新連載「生成AIスタートアップの挑戦」第2回は、大規模言語モデル(LLM)開発に取り組むSpiral.AIを紹介する。(2023/9/22)

「一度使いにくいと思われると利用してもらえない」:
「機能不足のグループウェア」と「止められない紙運用」を学研ココファンはどう“ひっくり返した”のか
 少子高齢化が進む中、「介護や看護における人手不足や業務負担をどう解消するか」は大きな課題だ。この課題を解決するため、ローコード/ノーコード開発ツールを使った大規模な業務改善を行ったのが学研ココファングループだ。同社はどのように改革を進めたのか。(2023/9/14)

製造マネジメントニュース:
“島津タイマー”問題で、島津製作所子会社に熊本県から業務改善命令
島津製作所は、同社の子会社で医用機器製品の販売や保守業務を手掛ける島津メディカルシステムズの保守点検業務に関する不正行為に対し、熊本県から業務改善命令を受けたと発表した。(2023/8/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(168):
業務効率化の道具箱(15)ツールを作るより難しい「業務改善の進め方」
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第15回は、10人程度の小さな小売店で行った「自分でツールを作る」による業務効率化のケーススタディーを紹介する。(2023/8/17)

経理DXのラストスパート!:
電帳法とインボイス対応の近道は「ゼロからの再設計」 具体的な業務改善策をガイド
令和5年度の改正で、電子帳簿保存法(以下、電帳法)とインボイス制度は何が変わったのか? 電帳法の宥恕(ゆうじょ)期間終了まで半年、そしてインボイス制度のスタートまで2カ月を切った今、財務経理は改正内容を踏まえた業務改革のラストスパートをかけるべきタイミングにいる。その具体的なアクションのヒントとなるオンラインイベント開催!(2023/7/26)

ノーコードツールでITスキルを向上し、デジタル化の遅れを挽回:
PR:伴走型SI企業との連携で業務アプリ内製と社員スキル向上に成功 伊藤忠丸紅鉄鋼が取り組むBPR
DXの一環でシステムの内製化に取り組む企業が増えている。中でもノーコード/ローコードツール「kintone」を活用して業務改善と社員のスキル向上を両立しているのが伊藤忠丸紅鉄鋼だ。伴走型SI企業との連携で成果を挙げている同社の道のりを通じて、組織へのデジタルツール浸透のポイントを学ぶ。(2023/7/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
“人”をエンパワーメントするDXで不動産業務を革新、週休3日を実現した秘訣とは
創業53年、鳥取県でトップシェアを誇る不動産会社ウチダレック。週休3日を導入するなど、DXで業務改善を実行し営業利益を2倍にするという結果を出している。いかにして実現したのか。(2023/7/12)

グランデータに業務改善勧告 通知が不十分、委託先が紛らわしいサイトで勧誘
電力・ガス取引監視等委員会が新電力のグランデータに対し、業務改善勧告を行ったと発表した。(2023/6/30)

住信SBIが生成系AI活用へ 書類作成など検討
住信SBIネット銀行が、ChatGPTなどの大規模言語モデルを活用した業務改善の実証実験を始める。書類作成などを行う社内ボットへの応用を検討する。(2023/6/19)

英国医療機関の5G事例【後編】
精神医療機関が「5G」と「IoT」で進める“画期的な施策”とは
英国の精神医療機関は「プライベート5G」を導入し、実証実験を通じて病院の運営効率化に役立つシステムを共同開発した。病院職員の業務改善につながる5Gの活用法はどのようなものか。(2023/6/8)

IIJ、文書共有ツールを無償公開 「閲覧者ごとに表示内容変えたい」など現場エンジニアの希望を反映
インターネットイニシアティブは、現場エンジニアが業務改善のために開発した文書共有ツール「cats_dogs」をGitHubで無償公開した。文書内の文章ごとにアクセス権限を設定でき、見る人の権限に合わせて異なる文章を表示できる。(2023/5/26)

市内公立小中の全教員にkintoneアカウント配布 静岡県三島市が教育DXの一環で
静岡県三島市教育委員会が、市内の全公立小学校・中学校の教員に、ノーコード開発ツール「kintone」のアカウントを配布。同市は2021年からkintoneを使った教育現場の業務改善に取り組んでおり、一定の成果が出たことから、全教員にアカウントを提供するという。(2023/5/26)

信用調査会社が進めるクラウド利用【前編】
信用調査会社が優先パートナーAWSとのクラウド活用で期待する“3つの改善”
クラウド移行のパートナーとして、信用調査会社ExperianはAWSを指名した。ExperianはAWSのサービスに何を期待し、どのような業務改善を実現しようとしているのか。(2023/5/22)

教頭先生、GoPro装着! まる1日“学校DX”の課題探し 実際にやった教育委員会に話を聞いた
「教頭先生の頭に『GoPro』を装着して現場を観察するなど、結構斬新なことをやった」──静岡県三島市教育委員会による業務改善の裏側。キーパーソンに詳細を聞いた。(2023/4/24)

ChatGPTがもたらす新たなセキュリティ脅威 そのリスクとは
企業はChatGPTを業務改善に活用しようと考え、サイバー犯罪者は攻撃手段として利用しようと企んでいる。一方で、サイバーセキュリティ技術の強化にも役立っているとの見方もある。(2023/4/18)

ChatGPTで業務改善した社員に賞金 コロプラがAI活用加速、最大で月15万円
コロプラが、チャットAI「ChatGPT」を使って業務改善を実現した社員に賞金を支給する制度を導入。「業務改善を加速させ、ChatGPTの活用事例を早期に増やしていく」という。(2023/4/10)

「競争力強化につながるDXを実現する大企業は1割以下」:
「日本企業のDXは業務改善レベル」 ガートナーが“顧客応対プロセスの体系化”を強く勧める理由
ガートナージャパンは、アプリケーションに関する展望を発表した。同社は、現在日本企業が取り組んでいるDXの成果は、多くがコスト削減や作業の効率化/自動化の実現のような、業務改善レベルのものだと指摘する。(2023/3/2)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「労務管理の業務改善」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/2/15)

中小企業がクラウドを“フッ軽”導入 GCP&ノーコード活用し3カ月でシステム調達 受注3割増につながったワケ
中小企業がクラウドとノーコードを活用し、3カ月でシステムを調達。これまで課題だった業務改善を実現した。短期間でのクラウド導入が奏功した理由をキーパーソンに聞く。(2022/12/14)

製造マネジメントニュース:
データ活用は「業務改善」レベルが約25%、DX人材などの実態調査結果
ウイングアーク1stは、DX人材とデータ活用に関する実態調査の結果を発表した。自社のデータ活用レベルが「業務改善、オペレーション効率化」とした企業は25.5%で、11.2%は「全く行っていない」と回答した。(2022/12/5)

関東財務局、FTX Japanに行政処分 ユーザーの資産保全求める
関東財務局は11月10日、仮想通貨取引所のFTX Japan(東京都千代田区)に対し、行政処分を行った。業務停止命令のほか、利用者の資産の保全や利用者保護を求める業務改善命令を行った。(2022/11/10)

業務改善/組織改革を実現したプラットフォーム「Qumu」:
PR:レガシー技術の伝承から先端テクノロジーの共有まで NTT東日本が実現した「現場主導」の映像DXとは
メタルや光の回線事業から、デジタル技術を活用した地域課題の解決に領域を広げるために、AI・IoTなど新技術の導入を模索するNTT東日本では、社員教育やベテランから若手への技術の伝承に課題を抱えていた。そんな同社が導入したのが、ブイキューブが提供する動画プラットフォーム「Qumu」だ。Qumuによって現場主導の業務改善、そして組織改革を実現できたというNTT東日本の事例を基に、映像DXがもたらす効果について解説していく。(2022/9/2)

RPAは「自動化ツール」にあらず!?:
PR:RPAは「ローコード開発環境」と捉えよ IT業務改善のプロに聞く、RPAを使いこなしてDXを推進するカギ
「RPAは自動化ツールではなく、ローコードの開発環境だ」――そう話すのが、RPA製品「AutoMate」を導入し、自社のワークフローサービスをアップデートしているケートリックの田付氏だ。果たして、その言葉の真意はどういったところにあるのか。そして、日本企業がRPAをこれまで以上に活用するためのカギとは。同社の事例から探る。(2022/7/28)

電子ブックレット(BUILT):
「工事進捗管理システム」を事務系社員が開発!鹿島の“シチズンデベロッパー”実践例
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットでは、鹿島建設が自社だけでなく、協力会社とともに、Microsoftのプラットフォームを活用して、業務改善を成功させた事例をご紹介します。(2022/7/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナ保険が感染拡大で“実質破たん”……行政処分の事例から考えたい「ミニ保険不要論」
保険とテクノロジーを掛け合わせた「インシュアテック」を推進するjustInCaseが、6月27日付で業務改善命令を受けることとなった。一部では「ミニ保険不要論」なども噴出している状況だ。では、ミニ保険不要論とはどのようなものか。一般的な保険と合わせて検討していきたい。(2022/7/1)

Excelできる人に業務集中? 残業多い傾向が明らかに
業務改善コンサルティングなどと手掛ける「すごい改善」は、20〜50代の社会人男女350人を対象に「バックオフィス業務とExcel(エクセル)」に関する調査を実施。その結果、Excelができる人ほど残業時間が増加する傾向が明らかになった。(2022/5/12)

SaaS導入で従業員の休みが増えた 人不足の地方中小がクラウド活用で変わった話
事業拡大の一方、人不足による業務の属人化と、情報共有の不備に課題を抱えていた中小企業。複数のSaaSを導入し業務改善を図ったところ、従業員の負荷を減らし、休みを増やすこともできたという。成功のカギはSaaSを使わざるを得ない仕組み作りにあった。(2022/4/28)

27.5%がバックオフィスの業務改善に否定的:
本音は「やり方を変えるのが面倒」? LegalForceがバックオフィス業務に関する調査結果発表
LegalForceは「コロナ禍3年目のバックオフィスDX実態調査」の結果を発表した。27.5%がバックオフィスの業務改善に否定的で、その理由として「これまでのやり方を変えるのが面倒」が挙がった。(2022/4/5)

電子ブックレット(BUILT):
「第7回 ウェアラブル EXPO」注目ブースまとめ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、建設と点検向けのウェアラブル端末や業務改善ソリューションが展示される専門展「第7回 ウェアラブル EXPO ウェアラブル 開発・活用展」で注目を集めたブースのまとめです。(2022/3/16)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
ニチガスはいかに「ごみ屋敷」を捨てたか? メタバースを活用したソリューション事業を支えるDX【後編】
2010年から基幹業務システムのフルクラウド化を開始するなど、ニチガスのDX推進のスピードはエネルギー業界で群を抜く。同社が早い時期からDXを進められた背景と、業務改善の先にある「DXの成果」に迫る。(2022/2/14)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
ニチガスはいかに「ごみ屋敷」を捨てたか? メタバースを活用したソリューション事業を支えるDX【前編、更新あり】
2010年から基幹業務システムのフルクラウド化を開始するなど、ニチガスのDX推進のスピードはエネルギー業界で群を抜く。同社が早い時期からDXを進められた背景と、業務改善の先にある「DXの成果」に迫る。(2022/2/9)

「企業風土を変革」「安定稼働に必要な人材の配置」 みずほ、業務改善計画を公開
みずほフィナンシャルグループとみずほ銀行が、多発するシステム障害を巡る業務改善計画を金融庁に提出した。計画書の中では「障害対応力の向上」「経営管理面での対応強化」「人材と組織の持続的強化」などの項目について改善策を示した。(2022/1/17)

プロセスマイニングの基礎知識(2):
DX推進の前にBPR、BPIにどう取り組むか プロセスマイニング活用ポイントと改善施策の方向性
BPIやBPR、そしてDXと、さまざまな業務改善や改革に向けたIT施策において「プロセスマイニング」は科学的かつ効果的なアプローチを探る助けとなる。実践の中でどの機能をどう使えばよいか、実践のヒントを解説する。(2022/1/20)

モノづくり最前線レポート:
中小製造業のIoT活用に5つのキーポイントと3つの壁、星野物産の取り組み
ソラコムのオンラインセミナー「製造現場の業務改善に役立つDX/IoTの始め方」に、業務用/家庭用の小麦粉製品を手掛ける星野物産が登壇。小麦粉製品製造装置のIoT化で直面した課題と、それらの改善活動で重視した「5つのキーポイント」について解説した。(2021/12/14)

金融庁、みずほFGに行政処分 計8回のシステム障害で 坂井社長と藤原頭取は辞任
2月から9月にかけて計8回発生したシステム障害を巡り、金融庁はみずほフィナンシャルグループ(FG)とみずほ銀行に対し、業務改善命令を下した。同庁は「短期間に複数のシステム障害を発生させ、日本の決済システムに対する信頼性を損ねた」としている。(2021/11/26)

金融庁、みずほ銀行に行政処分 「リスク、IT現場を軽視」「言われたことしかしない」「信頼感損ねた」
金融庁は、みずほ銀行とみずほフィナンシャルグループが2月から9月にかけて計8回の障害を起こした件について業務改善命令を出した。(2021/11/26)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
今変わるべき霞が関──「雑務」が日本を滅ぼす前に
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAXなど──とにかく雑務が多い日本。政府が「働き方改革」「DX」を掲げているにもかかわらず、霞が関内部にはガラパゴス化した理不尽な働き方がはびこっている。霞が関は変わることができるのだろうか? 具体的には、何から取り組むべきなのだろうか? 多くの企業や自治体、官公庁で業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/5)

新連載:沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
日本から「雑務」がなくならないのはなぜ? 震源地は“東京のど真ん中”
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAX、出頭、PPAP、印紙、注文請書……。日本から無数の“雑務”がなくならないのはなぜなのか。その原因はどこにあるのか? 多くの企業や自治体、官公庁などで業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/4)

アフターコロナの時代に求められる、データドリブンアプローチによる業務改革(2):
業務改善で役立つ、「ワークログ」にあって「業務報告書」にないもの
長時間労働の是正で止まっている「働き方改革」をもう一歩進め、「業務変革」を実現する。その手法を紹介する本連載。第2回は「データドリブンアプローチを加速させるワークログ」と題し、課題や改善施策の効果を可視化するワークログの特徴を解説する。(2021/10/18)

金融庁、みずほ銀行に業務改善命令 8カ月間で7回のシステム障害
金融庁は、みずほ銀行とみずほフィナンシャルグループに対し、業務改善命令を発出した。10月29日までに適切な管理態勢を確保するための計画案などを提出するように求める。みずほ銀行では、2021年2月から9月の間に合計7回のシステム障害が発生していた。(2021/9/22)

管理職と人事担当に調査:
管理職が日々困っていること 2位は「業務改善」、1位は?
リクルートマネジメントソリューションズ(東京都品川区)が、企業の人事担当と管理職300人を対象に実施した「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査2021」の結果を発表した。管理職は日々どのようなことに困っているのか。(2021/8/24)

「仕事のための仕事」をなくす:
PR:kintoneのファイル管理を「無料」でもっと便利に! 中小企業向け、Dropbox活用のススメ
サイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」は、現場主導でシステムを作れることから中小企業でも導入が進む。一方で、「ファイル管理」の面で課題を抱えることも多いという。そんな悩みをDropboxと連携して解消できるのが、無料プラグイン「Dropbox for kintone」だ。(2021/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。