「人工知能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人工知能」に関する情報が集まったページです。

2023年度の売上金額は100億円超え:
AIによる機能強化で注目「APM/オブザーバビリティ市場」の予測をITRが発表
ITRは、国内APM/オブザーバビリティ市場の規模推移と予測を発表した。それによると2024年度の売上金額は、対2023年度比で21.9%増加する見込みだ。(2024/7/22)

制御盤の電線に取り付けるだけ:
高調波センサー×AIで設備診断 振動を測れない装置にも
パナソニック インダストリーは「TECHNO-FRONTIER 2024」にて、AI(人工知能)設備診断ソリューションを紹介した。設備保全ソリューションでは一般的な振動センサーではなく、制御盤に取り付ける高調波センサーを用いたことで、制約のある現場でも利用できる。(2024/7/25)

スポーツ界に広がるAIの波 判定補助、トレーニング支援から運営まで
近年のスポーツ界では、人工知能(AI)を中心とした科学技術が急速に広がってきた。審判の判定補助から選手育成、運営面に至るまで、技術の進化がスポーツの現場を急速に変革している。(2024/7/25)

無人搬送車:
工場内物流を自動化、AMRとコンベヤーを組み合わせた工程間搬送ソリューション
ロボットバンクは、AMR産業向け自動化ソリューション「コンベヤーロボット」を発表した。生産ラインなどと接続することで物品搬送がスムーズになり、工場内の物流自動化に寄与する。(2024/7/25)

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2024:
そのねじ緩んでいます……緩み具合を遠隔検知で点検作業を大幅効率化
池田金属工業は「第50回 プラントメンテナンスショー」においてねじの緩みを遠隔で検知するシステムを発表した。(2024/7/25)

Maximの買収から3年が経過:
3社統合で「ユニークなパワー製品」の開発に勢い ADI
Linear Technology、Maxim Integratedの買収を経て、Analog Devices(ADI)はパワー関連事業を加速させている。同社のMulti-Market Power Business Unitでコーポレートバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるJen Lloyd氏が、3社が統合したことで強みを増したパワー関連の主力製品を紹介した。(2024/7/25)

Googleがシェア3位に浮上:
2023年の世界IaaS市場、AIの寄与をどう見るべきか? Gartner調査
Gartnerによると、2023年の世界のIaaS市場は約1400億ドル規模となり、2022年の約1200億ドルから16.2%成長した。(2024/7/25)

2028年にかけてクラウドインフラへの支出は年平均14.3%に:
世界の共有クラウドインフラ支出急増、前年比43.9%増に AI投資急増がけん引
IDCは、世界のクラウドインフラ支出に関する調査レポートを発表した。AI関連投資の爆発的な増加により、クラウドインフラストストラクチャ支出額が引き続き増大しているという。(2024/7/25)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】冷たいミネラル入りの浄水が蛇口から出る! このサービスの名称は?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/7/25)

AIに必要なネットワーク【前編】
AIインフラはGPUだけじゃない ネットワークに必要な「3つの要素」
さまざまな企業がAI技術を利用するようになった。プロセッサの性能が重要なのと同様に、ネットワークの性能もAI技術の処理に直結する。(2024/7/25)

押さえておきたいLLMの基礎【前編】
GAN、VAE、Transformerとは? 生成AIがよく分かる「深層学習モデル」5選
テキストや画像を識別し、生成できる「生成AI」は、深層学習モデルを基盤として成り立っている。生成AIを支える代表的な深層学習モデルを5つ解説する。(2024/7/25)

デバイスを監視する“ボスウェア”の全て【前編】
「従業員監視ソフトウェア」が招く効率化どころじゃない“仕事中毒”の弊害
「ボスウェア」は、雇用主が従業員のデバイスにインストールし、行動を監視するものだ。使い方によっては良い影響と悪い影響の両方をもたらす。知っておくべきボスウェアの影響とは。(2024/7/25)

安全システム:
ながら操作や指さし不足を検知、フォークリフト向けAI分析を開始
豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーと富士通はフォークリフトの安全運転を評価するサービス「運転動画AI解析」を開発した。(2024/7/24)

MCUとNPUを統合:
エッジに高度な音声認識をもたらすスパースAIマイコン
Femtosenseは、同社のNPU(ニューラルプロセッシングユニット)とABOV SemiconductorのMCUを統合した、スパースAI(人工知能) MCU「AI-ADAM-100」を開発した。クラウドに接続されていないデバイスでも、エッジに音声言語インタフェースを実装できるという。(2024/7/24)

製造マネジメントニュース:
ボッシュが日立の空調合弁会社を買収、清水事業所はなぜ日立グループに残るのか
日立子会社の日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)とジョンソン・コントロールズ・インターナショナル(JCI)は、両社が共同出資で設立した空調事業の合弁会社であるジョンソンコントロールズ日立空調の全株式をボッシュに譲渡する。(2024/7/24)

2030年までの中期戦略目標も発表:
ニデックの24年度Q1決算は過去最高、精密小型モータが好調
ニデックの2025年3月期第1四半期(2024年4〜6月)決算は、売上高、営業利益ともに四半期業績において過去最高を更新した。ニアライン用途のHDD用モータの需要増や、AI(人工知能)サーバ向け水冷モジュールの急激な需要拡大が成長をけん引した。(2024/7/24)

顧客はAIカスタマーサービスの何を懸念しているのか:
顧客の64%が「AIのカスタマーサービスを望まない」 Gartner
Gartnerは、顧客の64%が「AIのカスタマーサービスを望まない」とする調査結果を発表した。調査によると、顧客の53%は、カスタマーサービスにAIを使用する予定だと知った場合、競合他社に乗り換えることを検討するという。(2024/7/24)

ここでも生成AIがけん引:
2023年、世界のセキュリティ製品売上高、1位のベンダーは? 成長率1位のカテゴリーは? IDC調査
IDCの調査によると、2023年の世界セキュリティ製品市場は順調に拡大しており、6つの製品カテゴリー全てが前年比2桁成長を記録したという。(2024/7/24)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
サプライチェーン攻撃にも一定の効果がある「SCM」の基本機能と導入の注意点
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第22回は「SCM」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/7/24)

製造業の生成AI活用:
PR:生成AIをモノづくり業務にどう取り込むか ハノーバーメッセ2024に見る具体策
生成AIの活用が広がる中、製造業でもモノづくり業務の中にいかに生成AIを取り込むかに注目が集まっている。日本マイクロソフトは、ハノーバーメッセ2024での最新事例などから生成AIの活用方法などを訴えるセミナー「AIが加速させる インダストリー トランスフォーメーション」を開催した。(2024/7/24)

モジュール式プラットフォーム:
チップレット設計期間をどう短縮するのか 米新興が提案
チップレットへの注目度が高まるにつれて、チップレット設計における課題も出てきた。米国のスタートアップBaya Systemsは、そうした課題に応えるソリューションを明らかにした。(2024/7/23)

製造ITニュース:
中小企業でもIT投資拡大、国内市場は2028年に27.9兆円規模へ IDC調査
IDC Japanは、国内IT市場の産業分野別と従業員規模別最新予測データを発表した。2024年の国内IT市場規模は、前年比7.2%増の23兆4589億円、2028年には27兆8650億円の規模になるとの予測を示した。(2024/7/23)

「N2」開発も順調:
TSMC、売上高/純利益が過去最高に 通期予想を上方修正
TSMCは、2024年第2四半期(4〜6月)の決算を発表した。売上高は6735億1000万ニュー台湾ドル(約3兆2000億円/205億米ドル)、純利益は2478億5000万ニュー台湾ドル(約1兆1800億円/754億米ドル)と、どちらも過去最高額を更新した。(2024/7/23)

再生可能エネルギー自給率を最大化:
再エネ制御ソリューション、村田製作所が外販
村田製作所は、独自に開発した統合型再エネ制御ソリューション「efinnos(エフィノス)」の外販を始める。AI(人工知能)技術を活用し太陽光発電と蓄電池のシステムを適切に制御する。これにより、製造拠点などにおける再生可能エネルギー自給率の最大化が可能となる。(2024/7/23)

企業の「AIトランスフォーメーション」を実現:
生成AIの導入から、それを扱う人材の育成までをトータルに支援するサービス 日立製作所が提供開始
日立製作所は「生成AI活用プロフェッショナルサービス powered by Lumada」の提供を開始した。「生成AIで経営改革を推進したい顧客を支援する」としている。(2024/7/23)

テルえもんが見たデジタルモノづくり最前線(3):
3D CADと3Dプリンタを中心に「第36回 ものづくり ワールド[東京]」を振り返る
連載「テルえもんが見たデジタルモノづくり最前線」では、筆者が日々ウォッチしているニュースや見聞きした話題、企業リリース、実体験などを基に、コラム形式でデジタルモノづくりの魅力や可能性を発信していきます。連載第3回のテーマは3D CADと3Dプリンタを中心とした「第36回 ものづくり ワールド[東京]」の振り返りです。(2024/7/23)

AI PCの時代に備える【前編】
「AI PC」は何がすごい? PCユーザーなら誰もが喜ぶそのメリット
さまざまなベンダーが「AI PC」に関する戦略や製品を打ち出す中で、2024年は「AI PC元年」だと言える。AI PCの概念とは何か。企業にどのようなメリットをもたらし、業務をどう変えるのか。(2024/7/23)

LLMの「10大リスク」と対策【後編】
生成AIからデータが盗まれていることも……? LLMの10大脅威
大規模言語モデル(LLM)を狙う脅威が目立ってきている。LLMを安全に利用するにはどうすればいいのか。LLMの「10大脅威」と、適切な保護策とは。(2024/7/23)

インテルがAPACのAI成熟度を調査:
AI活用 日本はシンガポールに後れを取るも支出は最大
インテルは2024年6月、IDC Japanを通じて、アジア太平洋地域の8カ国/地域を対象に行ったAI(人工知能)利用の成熟度調査の結果を発表した。日本は、4段階評価で上から2番目となるステージ3「AIイノベーター」だった。さらに、今後はエッジAIの活用が増加し、2025年にはデータの75%がデータセンターやクラウド以外で生成されると予想した。(2024/7/22)

電動化:
ニデックから電動車向けシミュレーションツール、自動車以外にも対応
ニデックアドバンステクノロジーは電動車の設計と解析向けの統合的なシミュレーションツール「E-Transport Simulator」を開発した。(2024/7/22)

製造マネジメントニュース:
AIスタートアップのLeapMindが解散、12年の挑戦に幕
AIスタートアップのLeapMindは2024年7月31日付で解散する。同月19日配信の電子メールで同社CEOの松田総一氏が明らかにした。(2024/7/22)

パリ五輪を控え「テレビ」の新製品が相次ぐ、好調のモデルは?
パリ五輪開幕を控え、電機各社がテレビの新製品を相次いで投入している。五輪観戦を目的としたテレビ需要は以前より減っているが、今夏のボーナス商戦ではAIを搭載した高機能品などの販売が好調で、各社は五輪をきっかけに新たな魅力をアピールしようとしている。(2024/7/22)

製造IT導入事例:
配電制御システムメーカーがSAPのクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用
船舶用配電制御システム製品などの製造/販売を手掛ける寺崎電気産業は、基幹システムのリニューアルにあたって、SAPのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用した。(2024/7/22)

開発者が採用している新興技術、仕事への満足度は? 1万人以上が回答:
開発者の4人に1人が、正当な報酬を得ていると思っていない SlashData調査
調査会社SlashDataは、世界のソフトウェア開発者の現状調査レポート「State of the Developer Nation 26th Edition」のうち、開発者による新興技術の採用状況と、開発者の仕事への満足度についてそれぞれまとめた無料レポートの概要を公式ブログで紹介した。(2024/7/22)

プロンプトの基本を解説
生成AIの「プロンプト」とは何か? プロンプトを使いこなす方法は?
AIモデルに指示を出すときに使用するのがプロンプトだ。生成AIの出力結果は、プロンプトに左右される。プロンプトの基礎知識と、プロンプト作成のポイントを説明する。(2024/7/22)

人への投資は企業への投資
「有能なクラウドエンジニア」が育つ方法とは? やってはいけない育成方法も
人材への投資は企業への投資でもある。特に変化の激しいITの分野において、新技術を積極的に活用するには人材への投資が不可欠だ。どうすれば有能なクラウドエンジニアが育つのか。(2024/7/22)

ネットワークセキュリティの今
MPLSから「SASE」や「SD-WAN」への移行が止まらない理由
世界各国でハイブリッドワークが定着する中、ネットワークセキュリティはどう変わりつつあるのか。セキュリティベンダーの調査で、ネットワークセキュリティの事情が一変している状況が浮き彫りになった。(2024/7/22)

製造DXの未来とデータ活用の可能性(後編):
データ活用プロセス自体にも効率化の観点を 製造業の生産性を上げるためのDX
製造業でのデータ活用の重要性は各所で指摘されています。ただ、こうした活用で実際に生産性を高めていくには、データ活用それ自体の効率性向上も図っていかなければなりません。今回はこの点を解説していきます。(2024/7/22)

「GPT-4」がベース、取り組みの成果や課題を明らかに:
生成AIの誤りを生成AIが見抜く、OpenAIの「CriticGPT」 その実力とは
OpenAIは同社の「ChatGPT」における応答の誤りを発見する「CriticGPT」を発表した。生成AIが生成AIの誤りを見抜く意義や、構築方法を解説した。(2024/7/20)

「Copilot+ PC」は市場を動かすか【前編】
失敗から学んだMicrosoftは「Copilot+ PC」で市場の覇権を握れるか?
Microsoftは新たなAI PCとして「Copilot+ PC」を打ち出した。Copilot+ PCの登場で市場はどう動くとみられるのか。Arm版Windowsに関する同社の過去の施策も踏まえて、その影響を探る。(2024/7/20)

組み込み開発ニュース:
AMR専用設計の組み込みシステムを発売
アドバンテックは、AMR向け専用システム「AFE-R770」を発売する。動作温度範囲や電圧範囲の広さ、筐体サイズなどAMRへの組み込みを想定した設計で、AMRに必須となるデバイスとシームレスに統合できる。(2024/7/19)

自動運転技術:
ティアフォーと日本交通が自動運転AIの開発用データの収集で協力
ティアフォーは自動運転のAI開発でのデータ共有のため日本交通と協業を開始した。(2024/7/19)

生成AI需要の後押しで前年比7.5%増になると予測:
「ソフトウェア企業にとって生成AIは、税金にそっくり」2024年の世界IT支出に関してGartnerが分析
Gartnerの最新の予測によると、2024年の世界IT支出は前年比で7.5%増加し、5兆2600億ドルに達する見通しだ。(2024/7/19)

生成AIで変わるコーディング【後編】
AIコーディング3大ツール「GitHub Copilot」「IntelliCode」「Amazon Q Developer」の違いは?
AI技術を使用したコーディングツールに、開発現場からの期待が集まっている。GitHub、Microsoft、AWSが提供する代表的なAIコーディングツールの機能を解説する。(2024/7/19)

「ChatGPTプラグイン」のリスクと保護対策【前編】
ChatGPTは“安全”とは言い難い? 「プラグイン」がもたらす“3大リスク”とは
ChatGPTをさまざまなサービスと連携できるプラグインは便利だが、リスクももたらすことに注意が必要だ。利用に当たり、何に注意しなければならないのか。3大リスクを紹介する。(2024/7/19)

3Dプリンタニュース:
Webブラウザで3Dプリントモデルを簡単に作成できるツールのβ版公開
fumeは、Webブラウザベースの3Dプリントモデル作成ツール「ParamaCraft」のβ版を公開した。基本テンプレートを選び、寸法や形状などのパラメーターを入力するだけで、オリジナルの3Dモデルを簡単に作成できる。(2024/7/19)

macOSの脅威と保護方法【後編】
Macを守るならどれ? macOS向け「アンチマルウェア」6選
「macOS」を狙った攻撃に備えるためにマルウェア対策ツールが必要だが、何を選べばいいか分からない――。そんな組織のために、マルウェア対策ツール6製品を選んだ。(2024/7/19)

「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
AIメイクが流行る……時がくるかもしれない!(2024/7/21)

協働ロボット:
チリやホコリなどの汚れのリスクがある現場でも活用できる近接覚センサー
Thinkerは、近接覚センサー「TK-01」に防塵(じん)機能を追加した「TK-01G」を開発した。チリやホコリなどの汚れのリスクがある現場でも、ロボットによる多様で柔軟なハンドリングを可能にする。(2024/7/18)

モビリティサービス:
地域の移動手段を守れ! 国交省が「交通空白」解消本部を設置
国土交通省はタクシーなどを利用できない状態の解消に取り組む「交通空白」解消本部を設置した。(2024/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。