• 関連の記事

「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

三菱UFJ銀行、万博レガシー創出へスタートアップ支援に30億円寄付 時価総額20兆円に
三菱UFJ銀行の早乙(そうと)女(め)実副頭取が産経新聞のインタビューに応じ、2025年大阪・関西万博のレガシー(遺産)としてのスタートアップ(新興企業)支援に向けて、大阪府に30億円の寄付を行うことを明らかにした。大阪市内に設置している同銀行系のスタートアップ支援拠点の事業を拡大する方針も示した。(2024/7/12)

生成AIで変わるコーディング【前編】
AIコーディングと「コード補完」「ローコード」「静的解析」の違いとは?
コーディング支援ツールはAI技術を活用することで、どのように進化してきたのか。「コード補完」「ローコード」「静的解析」などとの違いを踏まえて解説する。(2024/7/12)

脱炭素:
BIMデータを活用し、建築物のLCA評価を迅速化 前田建設工業が開発
前田建設工業は、BIMデータ活用により、建築物のLCA評価や比較検討を迅速化できる支援システムを開発した。(2024/7/11)

医療機器ニュース:
5Gワイドを用いた遠隔ロボット手術支援の実証実験に成功
神戸大学らは、「5Gワイド」を活用し、無線の混雑環境下で遠隔ロボット手術を支援する実証実験に国内で初めて成功した。(2024/7/11)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/10)

防災:
中国地方5県での連携を視野に、都道府県をまたいだ「総合防災情報システム」の構築支援
EYストラテジー・アンド・コンサルティングが、都道府県をまたいだ「総合防災情報システム」の構築を支援していると発表した。(2024/7/10)

「塩漬け」では立ち行かない基幹システム問題:
PR:安定稼働とデータ活用を見据えたSAPモダナイズはどうあるべきか
キンドリルがSAPシステムのモダナイズや運用支援を本格化させている。自らが約2年でモダナイズを成功させた経験を基に、日本企業固有の問題を含む移行の障壁の解消とモダンなアプリケーション運用を提案している。(2024/7/4)

AI:
ザクティの遠隔支援ソリューションにAIモザイク機能を追加
ザクティは、遠隔支援ソリューション内のアプリケーションサービス「Xacti Booster Package」に「AIモザイク機能」を追加した「顔モザイク」や「背景ぼかし」を備えている。(2024/7/9)

ワークプレース:
オフィス家具をIoT化、イトーキのオフィス運用コンサルを高度化へ RFルーカスに出資
イトーキは、RFIDのロケーションテック企業RFルーカスに出資した。RFルーカスが提供するRFID位置特定技術を活用してオフィス家具をIoT化するとともに、家具の所在を迅速に把握できるアプリケーション「Office Asset Finder(仮称)」を共同開発し、高度なアセットマネジメントを支援する新サービスの実現を目指す。(2024/7/9)

第5回「持続可能な航空燃料(SAF)の導入促進に向けた官民協議会」:
「持続可能な航空燃料(SAF)」の導入が義務化へ――新たな税制支援策も
航空分野の脱炭素化における主要施策として期待されている「持続可能な航空燃料(SAF)」の活用。日本国内における導入目標などの見通しや、普及に向けた施策の状況などについてまとめた。(2024/7/9)

セキュリティソリューション:
SASE導入に悩むパートナー企業を支援 Cato NetworksがCato MSASEの日本提供を開始
Cato Networksは日本のパートナー企業向けに「Cato MSASE パートナープラットフォーム」の提供を開始する。パートナー企業はこれを利用することで、Catoの支援を受けながらCato SASEクラウドや各種関連サービスを顧客に提供できるようになる。(2024/7/9)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/8)

小売業の人手不足問題に対応:
NTTドコモなど4社が生成AIを活用した店舗内サイネージ向け広告配信に関する実証実験 その効果は?
NTTドコモなど4社が、深刻な人手不足で売り場づくりに手が回らない小売業に向けて、生成AIを活用してコンテンツ作成を支援する仕組みを模索している。(2024/7/8)

Mobile Weekly Top10:
“完全0円”の格安SIMはサービスとしての「持続可能性」はあるのか?
BAKERUが、オプテージの支援のもと新しいMVNOサービス「みんギガ」のβ提供を開始しました。au回線が使えるeSIMで「月額0円」という料金設定が驚きなのですが、「月額0円」というとどうしても不安がつきまといます。(2024/7/6)

AWS Direct Connect、400Gpbsの専用回線に対応 LLMのトレーニングや自動運転の高度支援システムなどにメリット
米Amazon Web Services(AWS)は、AWSのクラウドデータセンターに専用回線で直接接続できるサービス「AWS Direct Connect」において、400Gbpsの専用回線への対応を開始したと発表しました。(2024/7/5)

CAEニュース:
AIチャットbotや効率的な最適化アルゴリズムを搭載する最新版「Optimus」
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェアの最新版「Optimus 2024.1」を発売した。ChatGPTを組み込んだAIチャットbotや、効率的な最適化アルゴリズムを搭載している。(2024/7/5)

京都府警のセキュリティ支援サイトが不正アクセス被害か 「大失態で重く受け止め」
京都府警が事務局を務める中小企業向けの情報セキュリティー支援サイトが改竄(かいざん)され、アクセスしようとすると別のサイトに接続される状態になっていたことが分かった。(2024/7/4)

特典あり:
Maktar、最大45W充電機能付きのスマホバックアップデバイス「Qubii Power」をクラウドファンディング形式で販売 9999円から
Maktarは、1台3役の充電器「Qubii Power」をクラウドファンディング形式で販売する。9月10日まで「GREEN FUNDING」で取り扱う予定で、全支援者(購入者)にコンセントプラグの変換アダプターを贈呈する。(2024/7/4)

製造マネジメントニュース:
リコーが中小/中堅向けDX支援を全国展開、タナベコンサルティングと協業
リコージャパンとタナベコンサルティングは、中堅/中小企業を対象としたデジタルトランスフォーメーション支援の取り組みを全国規模で展開する。2026年度までの3年間で、合計1000社への導入を目指す。(2024/7/4)

キャリアニュース:
働き方改革による残業規制で「サービス残業が増えた」と23%が回答
就職支援サービス「ハタラクティブ」が「働き方改革の残業規制における残業の実態調査」の結果を発表した。残業規制により、23.3%が「サービス残業が増えた」、11.0%が「給与が下がった」と回答した。(2024/7/4)

製品動向:
AIが作業報告書の自動作成を支援、スマホ1台で写真撮影/整理から オプティム
オプティムは、AIを使用した報告書自動作成カメラアプリ「OPTiM Taglet」を開発した。スマートフォンでOPTiM Tagletを使用して写真を撮影し、写真の状況が分かるタグを付けることで、現場で報告書作成まで完了できる。(2024/7/3)

UGCの収集・分析から活用までワンストップで実現:
ブレインパッドとベルシステム24、SNS分析ツール「Brandwatch」を使ったUGC活用のBPOサービスを提供
社内のリソースやスキルなどの課題によりUGCを活用した新規顧客の獲得や購買行動の活発化が進まなかった企業を支援する。(2024/7/3)

人工知能ニュース:
モノづくりの知識を身に付けた生成AI、パナソニックHDが技術承継などで活用へ
パナソニック ホールディングス(パナソニックHD)とストックマークは、パナソニックグループ専用の大規模言語モデルの開発で協業する。パナソニックグループの社内データを追加事前学習させた「Panasonic-LLM-100b」を開発し、設計や製造などのモノづくり業務において、自然言語でのやりとりで業務支援を行えるような仕組み構築に取り組む。(2024/7/3)

「利用者のコーディング速度は55%向上」:
「『GitHub Copilot』は人を置き換えるのではなく、支援する存在」 GitHubが説明
生成AIの用途として、与えられたプロンプトに応じてソースコードを生成したり補完したりするAIコードアシスタントに注目が集まっている。GitHubは記者説明会を開き、日本のAIプロジェクトへの貢献状況や、「GitHub Copilot」の現状、グローバルでのAI法規制を巡る同社の貢献を説明した。(2024/7/4)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
「Apple Vision Pro」 を手にしたら、周囲の人に体験機会を提供しよう!
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/3)

医療機器ニュース:
診療データとAIを用いて外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発
富士フイルムは、医療機関向け統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」内の診療データとAI技術を用いて、外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発した。(2024/7/3)

エプソンダイレクト、Windows 10搭載PCからの移行を支援するキャンペーン2種を開始
エプソンダイレクトは、Windows 10搭載PCからの移行を想定した2種のキャンペーンを開始した。(2024/7/2)

産業動向:
住宅事業の施工力確保へ、住友林業が協力施工店向け支援を強化
住友林業は住宅事業の施工力確保を目的に、「住友林業の家」の施工パートナーを対象とした「施工パートナー推進センター」を開設した。施工パートナーから事業承継や人員確保、相続など経営全般に関する相談を受け付ける他、住友林業の建築現場で働きたい新規業者や職方に、協力施工店を紹介する役割も担う。(2024/7/2)

Social Media Today:
GA4がAI新機能を搭載 Cookie廃止後のWeb解析はどう変わる?
GoogleがGoogleアナリティクス4にAI活用の新機能を導入する。マーケティング担当者の意思決定を支援する機能というが、新機能を使えば何ができるのか。(2024/7/2)

セキュリティニュースアラート:
Google翻訳の拡張機能を装った北朝鮮のサイバースパイ活動を確認
Zscalerは北朝鮮政府支援の脅威アクターKimsukyがChrome拡張機能「TRANSLATEXT」を使ってサイバースパイ活動を実行していると報告した。この拡張機能は短期間でGitHubにアップロードされすぐに削除されたが、すでに被害は発生している。(2024/7/2)

災害支援、にぎわい作り……自治体との提携も続々、コロナ禍を経たキッチンカーの「いま」を聞く
「コロナ禍で増えた」といわれるキッチンカー。しかし、災害対策の現場をはじめ、「数」以上にその活躍シーンは変化しつつあるようだ。キッチンカーと空きスペースのマッチング事業を展開するプラットフォームに話を聞いた。(2024/7/2)

施工管理:
大東建託が「電子施工管理システム」を外販、2025年から
大東建託は、建築工事の受発注や施工体制台帳をデジタル化する自社開発の「電子施工管理システム」を、2025年4月から建設会社向けに外販する。基本機能である「電子受発注機能」とオプション機能の「施工体制台帳作成機能」の2つの機能により、中小建設業の業務効率化や施工体制の強化を支援する。(2024/7/1)

工作機械:
ジェイテクトが工作機械の会員Webサービス開始、保全計画や設備更新など支援
ジェイテクトは、同社製工作機械のユーザー向け会員Webサービス「my JTEKT Machinery」を開設した。工作機械の導入から更新まで、顧客の多様化する「困りごと」へのスピーディーなアフターサービスを提供する。(2024/7/1)

SAPが強化した生成AIアシスタントJouleがクラウドERP導入につながるワケ
SAPは生成AIアシスタントのJouleをビジネスソリューション全体に組み込み、ERPの移行を企業に促している。JouleがクラウドERP導入を支援する理由とは。(2024/7/1)

スタートアップの突破口:
MUFG傘下入りでつかんだシナジーとは? フィンテックベンチャーに聞く
メガバンクの支援を受けて、さらなる成長を遂げようとするフィンテックスタートアップのカンム。M&Aの先にIPOという目標を持つことで、事業会社とスタートアップはどのような動きを見せるのか。(2024/7/1)

ドローン:
森林内を自律飛行するドローンを活用、鹿島建設が森林づくりをデジタル技術で支援
鹿島建設は、企業や自治体向けに、森林内の自律飛行が可能なドローンを活用して、森林づくりの計画提案から森林経営、活用支援までをトータルで支援するサービスの提供を開始した。(2024/6/28)

OpenAI、GPT-4のエラーを指摘するGPT-4ベースの「CriticGPT」リリース
OpenAIは、ChatGPTが生成するコードに潜むエラーを検出するモデル「CriticGPT」を発表した。人間がChatGPTの誤りを発見するのを支援する。(2024/6/28)

ものづくり ワールド[東京]2024:
ソニーのモノづくり力で機器の開発や生産を受託、コロナ禍以降で案件増加
ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズは「第2回 ものづくりODM/EMS展」に出展し、開発支援や設計支援、量産支援などのモノづくりサポートサービスのアピールを行った。(2024/6/28)

PR:迫るWindows 10のサポート終了 移行の負担を軽減する“具体策”とは
アプリケーションの互換性チェックやPCの展開作業など「Windows 11」への移行作業は多岐にわたり、それが移行を遅らせる原因でもある。Windowsのスムーズな移行を支援するために、SB C&Sは「Windowsマイグレーション相談センター」を開設。移行に関わる情報提供から移行支援にまで及ぶ包括的なサポートの詳細を聞いた。(2024/6/28)

ワークステーション検証レポート:
PR:デジタルツインは夢物語ではない! パフォーマンス検証から見えてきたLenovoワークステーションの有用性
Lenovoのワークステーションが設計・製造の現場にどのようなメリットをもたらすのか、そして急務となっている「デジタルツイン」の実現をどのように支援できるのか。CADistの協力の下、Lenovoの高性能ワークステーション「ThinkStation P5」と「ThinkStation P3 Ultra」のパフォーマンス検証を行った。(2024/6/28)

PFUの“輪島塗”キーボードが復活 能登半島地震で被害を受けた「大徹八井漆器工房」を応援金で支援
PFUは、輪島塗工房の復興を目的とした「Re:japanプロジェクト」の開始を発表した。(2024/6/27)

Figma、生成AI「Figma AI」の無料βリリース デザインタスク自動化など
デザインコラボレーションツールのFigmaは年次イベント「Config」で、生成AI機能「Figma AI」を発表した。検索やプロトタイプ生成、レイヤー名の自動変更など多数の機能をAIが支援する。(2024/6/27)

製造マネジメント インタビュー:
技能継承は「一回やれば終わり」じゃない 定着化に必要なデータ活用の仕組み
国内製造業にとって喫緊の課題の1つが「技能継承」だ。これを支援するデジタルサービス、ツールも多く登場しているが、必要なのは長期的視点で技能継承の活動を続けられるか、という視点だ。デジタル技術を活用しつつ、技能継承を長期にわたるプロジェクトとして走らせる上で必要な取り組みを聞いた。(2024/6/27)

Microsoft Buildの発表内容を分析:
ターゲットは「生成AI導入が停滞している企業」 アップデートから読み解くMicrosoftのAI戦略
TechTargetは「AI開発者向けのMicrosoftの製品アップデート」に関する記事を公開した。Microsoftが発表したのは、生成AIの実験段階で行き詰まっている企業を支援するアップデートだ。(2024/6/27)

中小企業だけのものじゃない:
「Kairos3」に高機能版 セキュリティ対策やデータ活用支援で高度なマーケティング・営業活動の実現へ
カイロスマーケティングは、マーケティングや営業活動のためのCRM製品群「Kairos3」に高機能版として「Kairos3 プロプラン」をリリースしたと発表した。(2024/6/26)

青山商事、社員の奨学金返還支援を導入 人材の確保と定着化を意図
青山商事(広島県福山市)は6月25日、新卒採用の社員を対象とした「奨学金返還支援制度」を2025年4月から導入する。奨学金返済の負担が、新社会人にとって結婚や出産といった将来への不安につながっている状況を受けてのものという。(2024/6/26)

脱炭素:
建物の脱炭素化をライフサイクル全体で支援、鹿島建設が「K-ZeX」開発
鹿島建設は、建物の脱炭素化をライフサイクル全体で総合的に支援するシステムを構築した。基本計画から運用まで、各段階におけるCO2排出量削減をより体系的に推進する。(2024/6/25)

脱炭素:
再生材活用支援システムの有効性を確認、2025年に日立ハイテクが事業化へ
日立ハイテクは、再生材の活用を支援する「再生材マーケットプレイスシステム」のプロトタイプ版を用いた実証実験を実施した。システムの有用性を確認できたことから、2025年中の事業化を目指す。(2024/7/3)

「安全な市民開発環境の構築を支援する」:
気になる「ローコード/ノーコード開発のセキュリティ」 NRIセキュアがガイドライン策定サービスを提供開始
NRIセキュアは「市民開発セキュリティガイドライン策定支援サービス」の提供を開始した。市民開発の際に考慮すべきセキュリティ要件を整備し、安全な市民開発環境の構築を支援する。(2024/6/25)

全国初の「認知症チャットボット」導入へ、京丹後市が2025年度に
京都府京丹後市が来年度から、認知症のある人や家族の支援ツールとして生成人工知能(AI)を活用した自動会話(チャットボット)を導入する。認知症に関する相談に特化したチャットボットの導入は全国初という。市の担当者は「相談しやすい環境を整備することで、早い段階で適切な対応につなげることが可能になり、認知症の改善や進行防止などが期待できる」としている。(2024/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。