• 関連の記事

「PFU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ScanSnap Park:誠 Biz.ID

PFU、AI OCRソフト「DynaEye 11 Entry AI-OCR」最新版を提供開始
PFUは、同社製AI OCRソフト「DynaEye 11 Entry AI-OCR」のアップデートを発表した。(2024/6/4)

AmazonスマイルSALE:
コンパクトな「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」が2000円引き! 「押し活キャンペーン」にも応募可能!
Amazon.co.jpで始まった「AmazonスマイルSALE」では、PFUのコンパクトなキーボード「Happy Hacking Keybord(HHKB)」が通常価格から2000円引きで購入できる。入力のしやすさで定評のあるHHKBを、お得に手に入れるチャンスだ。(2024/5/31)

「自炊派、速い!」 PFUが“ScanSnapユーザーあるある”LINEスタンプ発売 売り上げは能登半島地震の義援金に
“ScanSnapあるある”を題材にしたスタンプなど、ScanSnapユーザーから募集したアイデアをもとに全32種類を取りそろえた。(2024/5/16)

AmazonスマイルSALE:
PFUのコンパクトキーボード「HHKB Professional HYBRID」が全品2000円オフのセール!
アマゾンジャパンがゴールデンウィーク前の「AmazonスマイルSALE」を開催している。PFUは高級キーボード「HHKB Professional HYBRID」全機種をセール対象品として出品しており、値引き額は2000円だ。(2024/4/20)

人工知能ニュース:
過酷な資源ごみのビン色選別を自動化、PFUがイメージスキャナー技術から新規事業
PFUは、廃棄物の分別を自動化する「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの第1弾として、ビンの色選別を自動化する「Raptor VISION BOTTLE」の提供を開始する。世界シェアトップのイメージスキャナー開発で培った独自アルゴリズムによる99.8%という高い認識精度が最大の特徴だ。(2024/4/11)

PFU、廃棄物の分別を自動化できる産業向けAIスキャナーエンジンを発表
PFUは、廃棄物の分別を自動化できる「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの発表を行った。(2024/4/10)

お得にHappy Hacking Keyboardを入手:
PFUのHHKB公式リファービッシュ品が新品価格の15%オフでセール中
PFUがHappy Hacking Keyboardのリファービッシュ品をセール価格で販売している。これまでも新品価格より10%オフの価格で販売していたが、今回はさらに割り引いた15%オフだ。公式メンテが入っている上に、新品と同等の付属品や1年保証も付いている。ちょうど試してみたかった人にお勧めだ。(2024/3/23)

IT企業デスクツアー:
PFUで働くみんなのデスク環境 「HHKB」や「ScanSnap」を支える机たち
IT業界でテレワークが一般化して数年。働き方が多様化し、オフィス・自宅を問わず、仕事で使うデバイスや家具も選択肢が増えた。本連載は、IT企業で働く人のデスク環境を紹介。今回は、HHKBやScanSnapでおなじみPFUを取り上げる。(2024/3/23)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(29):
初号機誕生から約30年 「自作キーボード界の黒船」HHKB Studioはなぜ生まれたか
高級キーボードの草分け的存在ともいわれるPFUの「Happy Hacking Keyboard」。その最新作が2023年10月に発売された、「HHKB Studio」だ。誕生の背景にある、積み重ねられたHHKBの歴史と、HHKB Studioに詰め込まれた設計思想などを伺った。(2024/3/18)

PFU、「HHKB Professional 雪モデル」を2000円引きで販売するホワイトデーキャンペーン
PFUは、同社製キーボード「HHKB Professional 雪モデル」を対象とした期間限定の割り引きキャンペーンを開始した。(2024/3/11)

PFUが「HHKB Studio」用の「無刻印キートップセット(墨)」を販売開始
PFUは、同社製コンパクトキーボード「HHKB Studio」用となる「無刻印キートップセット」の販売を開始する。(2024/3/5)

Amazon新生活SALE:
漆黒がイカす! 「HHKB Professional」墨モデルが全品お得!
3月1日にスタートしたAmazon新生活SALEでは、PFUも参戦している。今回のセール対象品は「Happy Hacking Keyboard(HHKB)Professional」の墨モデル全機種。「自分の城」を持つのなら、この機会にキーボードも新しくしたい。(2024/3/2)

PFU、業務用スキャナー「fi」シリーズ専用ソフト「PaperStream Capture/Pro」をアップデート
PFUは、同社製業務用スキャナー「fi」シリーズ用ソフト「PaperStream Capture」「同 Pro」のアップデートを発表した。(2024/2/29)

「HHKB」がふるさと納税に登場 Type-Sが13万円の寄付で 「相模原市に製造工場があるため」
PFUは、小型キーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)シリーズが神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品に採用されたと発表した。(2024/2/20)

相模原市のふるさと納税返礼品に「HHKB Professional HYBRID Type-S」が採用
PFUは、同社製キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」が神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品として採用されたと発表した。(2024/2/20)

「Happy Hacking Keyboard」に“桜”はどうだ! HHKB カラーキートッププロジェクト第1弾「桜キートップ」を試す
PFUのコンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard Professional」シリーズ向けに、新カラーのキートップ「桜」が登場する。「HHKB カラーキートッププロジェクト」第1弾で限定2000台とのことならば、早速試してみるしかない。(2024/2/15)

3Dプリンタニュース:
PFUが「HHKB Studio」のキートップ3Dデータ公開
PFUは、同社が開発、販売しているキーボード「HHKB Studio」のキートップ3Dデータを公開した。オリジナルのキートップを作成したり、使用許諾条件に基づき販売したりすることも可能だ。(2024/2/2)

「HHKB Studio」のキートップの3Dデータ、PFUが公開 オリジナル品の作成&販売が可能に
PFUは、小型キーボード「HHKB Studio」のキートップの3Dデータを公開した。このデータを使うことで、オリジナルのキートップを作成できるという。(2024/2/1)

PFU、HHKB Studio用のキートップを作成できる3Dデータを公開
PFUは、同社製キーボード「HHKB Studio」で利用可能なキートップの3Dデータ公開を開始した。(2024/2/1)

Amazon特選タイムセール祭り:
HHKB Professional HYBRIDが全機種2000円オフ! 3万円未満で高級キーボードをゲットできる!
Amazon特選タイムセール祭りがスタートした。PFUは高級キーボードHHKB HYBRID全機種を2000円オフで出品している。通常価格が3万1900なので、セール価格は2万9900円。3万円未満で買える今がチャンスだ。(2024/2/1)

PFU、ScanSnap用モバイルアプリをアップデート 自動向き補正に対応
PFUは、同社提供のモバイル版「ScanSnap Home」のアップデートを発表した。(2024/1/30)

PFU、個人事業主向けの「確定申告モニターキャンペーン」 ScanSnap iX1600を5名に提供
PFUは、個人事業主を対象とした「確定申告モニターキャンペーン」を発表した。(2024/1/16)

PFU、大容量スキャンにも適したフラグシップ仕様の業務用A3スキャナー
PFUは、ADFを搭載した業務用A3スキャナー「RICOH fi-8820」「RICOH fi-8930」「RICOH fi-8950」を発表した。(2024/1/11)

PFUは「大きな被害なし」 能登半島地震の被災状況公表
PFUは1月4日、1日に発生した能登半島地震の影響を発表した。建屋や生産設備に大きな被害はないという。(2024/1/5)

Amazon初売りセール:
ホワイトな気持ちで迎える新年! PFUの雪モデルを含む白い「HHKB」をお得にゲット
2024年のAmazon初売りセールがスタートした。快適なタイピングで定評のあるPFUの「HHKB」がセールに出品されている。対象モデルはType-SとHYBRID、Classicで、白モデルのほか雪モデルも対象だ。全て2000円オフで購入できる。(2024/1/3)

PFU、学生向けのScanSnap無料レンタルキャンペーンを開始 50名限定
PFUは、ゲオおよびCLEARNOTEと共同して学生向けとなるScanSnapの無料レンタルキャンペーンを開始する。(2023/12/19)

Amazonホリデーセール:
在庫限りの「REALFORCE for Mac PFU Limited Edition」がなんと半額で買える!
Amazon.co.jpで12月18日まで開催されている「Amazonホリデーセール」におい、PFUは「REALFORCE for Mac『PFU Limited Edition』」を通常価格の半額で出品している。これが最後の購入チャンスになると思われるので、Macユーザーは早めにチェックしておこう。(2023/12/16)

PFU、不正接続防止ツール「iNetSec SF」をアップデート シャドーITデバイス検知機能を強化
PFUは、不正接続防止ツール「iNetSec SF」のアップデートを発表した。(2023/12/12)

製造ITニュース:
PFUが不正接続防止ツールに新機能を追加、自動車/医療業界から強い引き合い
PFUは、IT機器を検知/遮断/管理する不正接続防止ツール「iNetSec SF」に新機能を搭載すると発表した。USB型LANアダプターなどのシャドーITデバイスの検知に新たに対応するとともに、従来よりも幅広いセキュリティ製品と連携できるようになった。(2023/12/12)

PFU、在庫切れ中の「HHKB Studio」の販売再開を告知 入荷スケジュールを発表
PFUは、同社製キーボード「HHKB Studio」の販売再開と入荷スケジュールの告知を行った。(2023/11/30)

品切れだった「HHKB Studio」販売再開、今後は継続的に入荷へ
リコー傘下のPFUは、在庫切れになっていた小型キーボード新モデル「HHKB Studio」について、販売再開のめどが立ったと発表した。(2023/11/29)

Amazonブラックフライデー:
高級キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」が全品10%オフ!
年に一度の大型セール「Amazonブラックフライデー」が始まった。PFUは「HHKB Professional HYBRID Type-S」を全品10%オフで出品している他、東プレとのコラボモデル「REALFORCE for Mac『PFU Limited Edition』」を約1万円引きで販売している。この機会に最高級の入力体験を味わおう。(2023/11/24)

PFUが「HHKB Professional」用に“中央印字”仕様のキートップセットを追加
PFUは、同社製「HHKB Professional」シリーズ向けとなる「中央印字デザインキートップセット」を発売する。(2023/11/21)

PFU、自治体の給与支払報告書に特化したAI OCRソフト「DynaEye 給与支払報告書OCR V1.0」
PFUは、同社製AI OCRソフト「DynaEye」シリーズの新製品として、自治体の給与支払報告書向けのとなる「DynaEye 給与支払報告書OCR V1.0」を発表した。(2023/11/9)

「HHKB Studio」でPFUが狙う新しいユーザー層とは? あとポッチを赤くしてみた
正直、「HHKB Studio」はもっと賛否両論あるのではないかと思っていました。なにしろ、キースイッチの変更があり、これまでにない大きな要素が2つも追加されたからです。(2023/11/6)

PFU、同社製スキャナー向けモバイルアプリ「ScanSnap Home」をアップデート Chromebookにも正式対応
PFUは、同社スキャナー「ScanSnap」シリーズ向けアプリ「ScanSnap Home」モバイル版のアップデートを発表した。(2023/10/31)

「HHKB Studio」の登場でヒートアップ! 思わず落合陽一氏も乱入した「HHKBユーザーミートアップVol.7」を冷静に振り返る
新しいコンパクトキーボード「HHKB Studio」を発表したばかりのPFUが、10月25日に毎年恒例のイベント「HHKBユーザーミートアップ」を開催した。スペシャルゲストを招いての開発秘話や、便利な使い方についての特別講演、新製品のタッチ&トライなどが行われた模様をお届けする。(2023/10/30)

PFU「HHKB Studio」の誕生背景 企画開発に5年もかかったワケと米国で開発した理由
PFUが10月25日に「Happy Hacking Keyboard」の新モデルとして「HHKB Studio」を発売した。HHKB Studioはキーボード、マウス、ジェスチャーパッドが一体になったのが特徴だ。同日に行われた発表会では、どのような語られたのだろうか。(2023/10/27)

「HHKB Studio」が、静電容量無接点スイッチを採用しなかったワケ 担当者に聞いた
HHKBといえば、エンジニアにとって必要かつ最小限のキー配列と同じぐらい、東プレ製の静電容量無接点スイッチを採用していることが大きな特徴となっている。新作「HHKB Studio」では、スイッチが変更されたことでSNSでは残念がる声も多く見られたが、なぜPFUは静電容量式ではなくリニアタイプのメカニカルスイッチを採用したのだろうか。(2023/10/25)

HHKBにもう1つの選択肢! メカニカルキースイッチ+スティックのキーボード「HHKB Studio」を試す
PFUの高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズに、満を持してフラッグシップモデルとなる「HHKB Studio」が加わった。その明らかになった全貌を伝えるべく、早速実機をレビューしよう。(2023/10/25)

マウス操作できる「HHKB Studio」新登場 キースイッチは交換可能、ジェスチャーパッドもある
リコー傘下のPFUは、小型キーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)の新モデル「HHKB Studio」を発表した。同シリーズで初めて、ポインティングデバイスやスワップ可能なメカニカルキースイッチ、ジェスチャーパッドを採用している。(2023/10/25)

PFUが「HHKB Studio」を発表! ポインティングスティック+ジェスチャー操作も使える“オールインワン”仕様の新モデル
PFUは、同社製コンパクトキーボード「HHKB」シリーズにポインティングスティック搭載の新モデル「HHKB Studio」を追加した。(2023/10/25)

気になるAll-in-Oneの文字:
次の新製品はキーボード? PFUが「HHKB新モデル」に関するティーザーサイトを開設
PFUが公式Webサイト上に新製品のティーザーサイトを開設した。180度開く画面ヒンジを備えることから、完全に新しい設計のモデルが今後投入されるものと思われる。(2023/10/18)

Amazonプレミアム感謝祭:
大人気のHHKB「雪モデル」が全機種2000円オフ! REALFORCEコラボモデルやアクセサリーも
10月14日から15日まで開催されている「Amazonプライム感謝祭」において、PFUはHappy Hacking Keyboard(HHKB)やキーボードアクセサリーを特価販売している。特に「HHKB Type-S」の雪/白は、全モデルがセール対象となっているので要チェックだ。(2023/10/14)

PFU、AI搭載OCRソフト「DynaEye 11」に低価格で導入できるLite版とSaaSベンダー向けライセンスを追加
PFUは、同社製OCRソフト「DynaEye 11」のラインアップに「Lite版ライセンス」「SaaS組み込み向けライセンス」を追加した。(2023/9/5)

Amazon季節先取りSALE:
ちょっと早いけど秋の夜長に漆黒の「墨」モデルはいかが? PFU「HHKB」が墨モデル全機種をSALE出品! 「REALFORCE for Mac」もお得
9月1日から4日にかけて、Amazonは「季節先取りSALE」を開催中だ。PFUは人気のHHKBシリーズの墨モデルを全モデルSALE対象としている。「REALFORCE for Mac」の単品、セット品も出品中。売り切れる前にチェックしよう。(2023/9/1)

PFU、ScanSnap用モバイルアプリをリニューアル
PFUは、同社スキャナー「ScanSnap」用となる新しいモバイルアプリ「ScanSnap Home」を発表した。(2023/8/7)

「電帳法スキャナ保存」導入で9割が業務効率化を実現 PFUがアンケート調査結果を発表
PFUは、同社製スキャナー「ScanSnap」を利用している企業/個人事業主を対象としたスキャナー活用実態についてのアンケートの調査結果を発表した。(2023/8/1)

製造業IoT:
PFUが工場の「ネットワーク見える化装置」を機能強化、より“やさしく”
PFUは、工場におけるネットワーク接続機器の見える化やネットワークの状態把握を簡単に行える装置「iNetSec FC」の機能強化版の提供を開始する。ネットワークの見える化を、より“やさしく”行えるようにしたことが最大の特徴となる。(2023/7/27)

家族の絆を写真で深めよう PFUと生前整理普及協会が「写真で語ろうプロジェクト」を開始
PFUは、一般社団法人生前整理普及協会と共同で「写真で語ろうプロジェクト」を開始する。(2023/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。