• 関連の記事

「リードタイム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リードタイム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造IT導入事例:
溶接機メーカー、受注管理の迅速化に向けてクラウドERPとSCMを採用
日本オラクルの「Oracle Cloud ERP」「Oracle Cloud SCM」製品群を、小池酸素工業が採用した。ソリューション導入により、部門間にわたるデータが一元化され、処理が自動化したことで業務効率が向上した。(2022/1/20)

プロセスマイニングの基礎知識(2):
DX推進の前にBPR、BPIにどう取り組むか プロセスマイニング活用ポイントと改善施策の方向性
BPIやBPR、そしてDXと、さまざまな業務改善や改革に向けたIT施策において「プロセスマイニング」は科学的かつ効果的なアプローチを探る助けとなる。実践の中でどの機能をどう使えばよいか、実践のヒントを解説する。(2022/1/20)

Apex Microtechnology マーケティング HelenAnn Brown氏/事業開発 Jens Eltze氏:
PR:「ハイスピード・ハイパワーなアナログ」で際立つ存在感、高電圧/大電流アンプで日本市場に切り込むApex
アナログ半導体を手掛ける米Apex Microtechnologyは、ハイスピード・ハイパワーに特化しているという点で、他のアナログ半導体メーカーとは一線を画す存在だ。今後は、アナログ技術に対する高い専門知識と、主力製品であるハイスピード/高電圧/大電流出力のパワーオペアンプを武器に、日本市場でのビジネス拡大を狙う。戦略マーケティングマネジャーのHelenAnn Brown氏と事業開発ディレクターのJens Eltze氏に、同社の強みと日本でのビジネス拡大に対する意気込みを聞いた。(2022/1/13)

「自社で構築運用」のメリットはどこにあるのか:
セブン&アイHDが「ハイブリッドクラウド」を選択し、使い分ける理由
「クラウドファースト」の考え方は浸透しているが、クラウドの真のメリットを享受する活用方法とは何なのか。2021年11月25、26日に開催された「VMworld 2021 Japan」でセブン&アイ・ホールディングスの担当者が同社グループにおける事例を基にポイントを紹介した。(2022/1/7)

MONOist 2022年展望:
半導体や樹脂不足、サプライチェーン混乱への対応に迫られる2022年
ワクチン接種なども含め“Withコロナ”への動きが進んだ2021年。製造業においても復調が期待されたが、そこに水を差したのが半導体不足などを含むサプライチェーン混乱だ。2022年はこれらへの一時的対処が進む一方、今後も断続的に生まれるサプライチェーンの問題を抑制するような根本的な対応強化も進む見込みだ。(2022/1/5)

工場ニュース:
富士電機、システム事業拡大に向けてプラントシステム棟を新設
富士電機の東京工場に新設された「プラントシステム棟」が稼働を開始した。現地再現性を高めた検証システムを充実させており、プラントシステムの開発、生産体制を強化してシステム事業を拡大する。(2021/12/28)

PR:SAP ERPデータの“脱サイロ”をどう進める? 全世界の事例を知る専門家の答え
SAP ECC 6.0のサポート終了に伴う“2027年問題”に関連し、多くのユーザー企業が「蓄積したデータをどこに置き、どう生かすか」という問題を抱える。スムーズかつ外部データも併せた幅広い活用をかなえる現実解とは。(2021/12/22)

メタバースを活用した消費者行動調査サービス開始 消費者の「無意識」を可視化する技術とは
トビー・テクノロジーがメタバースを活用した消費者行動調査サービスを開始する。実際の店舗がなくても、時間とコストをかけずに調査環境を作れる。(2021/12/20)

物流のスマート化:
頭上を走り回る物流ロボット、大胆な配置にも応えるオートストアの柔軟性
釣り具製品などを展開するハヤブサは2021年12月3日、ロボットを用いた自動物流倉庫システム「オートストア」を導入した自社倉庫の見学会を開催した。レイアウトの柔軟性が高いオートストアの特徴を生かして、入出庫作業を大幅に効率化し、出荷スピードの向上を達成。(2021/12/17)

開発陣に聞く「Xperia PRO-I」 1型センサーで“高速・高精度”のカメラを実現した秘密とは
ソニーのカメラ特化スマートフォン「Xperia PRO-I」は、「1型センサーを搭載したカメラ機能」が大きな特徴だ。撮影の現場をターゲットに、カメラとしても使える製品を目指した。一方で、1型センサーをフルに使わず、画素数をあえて1220万画素に抑えている。(2021/12/14)

セキュリティ強化から取り組む働き方改革:
PR:離れて働く社員をどうつなぐ? どう守る? 今知りたい「ハイブリッドワーク時代」のセキュリティレベルと生産性の高め方
アフターコロナに向け「働き方」を再構築する時期に差し掛かっている。リモートワークにおいては「継続」を望むビジネスパーソンの声が根強く、今後は社員の働く場所がオフィスと在宅に分かれても、セキュリティレベルも生産性も落とさない、むしろ“ハイブリッドだからこそ生まれるイノベーション”を追求する。そんな労働環境が理想になるだろう。では、そのために今どのような準備を進めるべきだろうか?(2021/12/14)

組み込み開発ニュース:
Wi-Fi 6とArmMCUが鍵に、ルネサスの産業オートメーションとモーター制御の戦略
ルネサス エレクトロニクスは「IIoT Growth Talk」と題したオンライン会見を開き、同社の産業・インフラ・IoT(IIoT)向け事業の中から産業オートメーションとモーター制御の分野にフォーカスして、市場の概況や同社ビジネスの成長ポテンシャルなどについて説明した。(2021/12/10)

第一弾は銀行向け:
業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コストでCDPを活用できる。(2021/12/8)

サンマルクカフェ MICRO:
サンマルクカフェ、関東初のテークアウト専門店 近隣店舗で製造し「できたて」を維持
サンマルクカフェは、関東初出店となるテークアウト専門店「サンマルクカフェ MICRO」を、JR大井町駅の中央口改札内にオープンする。(2021/12/8)

Windowsフロントライン:
Qualcommの最新SnapdragonからPC市場のトレンドを考える
QualcommがPCプラットフォーム向けの新SoCを発表した。そこから見える今後の「Windows on Arm」とPC市場を考える。(2021/12/7)

3Dプリンタニュース:
XYZプリンティング製3Dプリンタ向けに改良した鋳型製作用材料の利用を認定
XYZプリンティングジャパンは、太平洋セメントの鋳型製作用3Dプリンタ材料「TCaST」を、XYZプリンティング製3Dプリンタ「PartPro350xBC」専用に改良した「TCaST for XYZ」の利用について、純正材料と同じく保証対象として認定した。(2021/12/1)

部品の供給難の中:
Appleの2021年Q3売上高が過去最高に
Appleの2021年第3四半期(7〜9月期)における売上高が、過去最高を記録した。半導体供給不足が続く中、スマートフォン出荷台数が全体的に減少しているにもかかわらずだ。(2021/11/30)

製造マネジメント インタビュー:
統合効果で国内トップへ、高付加価値プリント配線板のOKIサーキットテクノロジー
OKIの子会社で、高付加価値プリント配線板(PCB)の設計と製造を行うOKIサーキットテクノロジーとOKIプリンテッドサーキットは2021年4月に統合し、新生OKIサーキットテクノロジー(以下、OTC)としてスタートを切った。OTC 代表取締役社長の森丘正彦氏に話を聞いた。(2021/11/25)

「20GBだけでは挑戦的ではない」 0円から使える「povo2.0」誕生の秘密を聞く
基本料を0円に設定し、トッピングである程度自由にデータ容量を買い足していける仕組みを採用したKDDIのpovo2.0が好調だ。買い物をするだけでデータ容量が付与される「ギガ活」も、povo2.0の特徴といえる。そんなpovo2.0を導入した経緯や、現状の使われ方、ギガ活の今後などをKDDI Digital Lifeの代表取締役社長、秋山敏郎氏に聞いた。(2021/11/22)

PR:経験や勘に頼るデータ分析、AIに任せてみては? 化粧品の開発現場で進む効率化――人は“頭を使う仕事”に専念
AI活用をどうやって始めればいいのか――こうした疑問を解決するAI開発支援などをHACARUSが提供しています。今回は業務でのAI活用をイメージするヒントとして、化粧品開発の効率化事例などを紹介します。(2021/11/18)

装置小型化の新たな切り口を提案:
PR:電気部品メーカーが半導体製造装置の小型化を提案!? その新たな方法とは
半導体不足が深刻化する中で半導体の増産は喫緊の課題だ。各半導体メーカーは工場の生産能力を最大化するため、より省スペースで設置できる半導体製造装置を求めている。そうした中で、半導体製造装置の小型化を新たな視点で提案する電気部品メーカーが現れた。果たして電気部品メーカーの提案とはどのようなものなのだろうか――。(2021/11/24)

勘違いだらけのWebマーケティング【第3回】:
離脱につながるUI/UX そのカート追加導線が残念な理由
Webマーケティングでよくある勘違いを紹介し、理想と現実のギャップを埋めるための本連載。第3回は「カート追加導線」について。(2021/11/8)

Supply Chain Dive:
サプライチェーンとは何か? Googleのデータから見える意外な真実とマネジャーの役割
サプライチェーンマネジャーが考える「サプライチェーン」は実は実態のごく一部でしかない。競争力を高めるためにマネジャーに必要な3つの異なる視点とは。今後対応が求められる新たな課題を見ていく。(2021/11/2)

総務省、NTTグループ各社に定期的なサービス利用料金のデータ提出などを要請 会食問題に関連して
総務省が、NTTやNTTグループ各社に対して要請を行った。MNO各社との公正な競争を促すもので、継続的なデータ提出や規律の順守などを求めている。ドコモグループとして再編されることを受けて、各社が公正な競争を阻害しないことを求める条項も含まれている。(2021/11/1)

「営業サポート」も今は昔:
PR:間接部門からデータドリブンの拠点へ 企業と営業組織を強くする「オペレーション」の可能性
DX推進と顧客満足度向上という2つの課題へ対応するための注目キーワード「オペレーション」とは一体何か? かつて「営業のサポート」と目されることも多かった同領域が今、注目を集めている。そこで本記事では、HubSpot Japanが開催したイベント「Ops Day 2021」内のパネルディスカッションを通し、「可能性の宝庫」ともいえるオペレーションの実態や今後の展望について解説する。(2021/11/11)

PR:サプライチェーンのDXを阻む“落とし穴”を回避せよ カインズが取り組むマスターデータ戦略
蓄積したデータを「資産」としてビジネス戦略に生かしたい企業は多い。可否を決める要素の一つがデータの品質だ。カインズは誰でもデータを活用できるように、複数のシステムに分断されたり不足していたりした商品データの集約に取り組む。(2021/11/17)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
半導体“ビジネス”を清々しく感じられる日々はまだ遠く
ビジネスのところは、ドロドロ。(2021/10/26)

EV販売台数は500万台に:
電動化加速でさらに高まる半導体需要、EVメーカーの対応は
英国の市場調査会社IDTechEXは、EVのバッテリー駆動のパワートレインによって車両に搭載される半導体は2倍以上に増えることから、「2021年の半導体需要は74億米ドル増加する」と予想している。しかし、クラウドコンピューティングやスマートフォンなど、パンデミックによって需要の拡大した他の分野と競合するため、ほとんどの自動車メーカーは減産を余儀なくされている。(2021/10/15)

半導体製品のライフサイクルに関する考察(4):
半導体製品ライフサイクルの特長と有効な製造中止対策
半導体製品ライフサイクルの長さ(期間)について検討しつつ、有効な製造中止(EOL)対策について考察してみたい。(2021/10/8)

技術的主権の強化を目指す:
欧州が欧州半導体法「European Chips Act」の策定へ
欧州委員会委員長であるUrsula von der Leyen氏が2021年9月15日(現地時間)、一般教書演説の中で、「European Chips Act(欧州半導体法)」の策定に関する発表を行った。中国政府が半導体イノベーションに数十億米ドル規模の資金を投じていることや、米国議会が半導体の戦略的価値について合意に達したことなどを受け、EUは、主体的な最先端技術の実現を目指す法案を策定し、競争に参入していく考えを表明した。(2021/10/8)

Google CloudのCEOが描くインテリジェントオートメーションの姿
Google Cloudはどのようなオペレーションオートメーションの未来を描いているだろうか。同社が持つ技術、提携によって実現する機能を見ることで、Google流のインテリジェントオートメーションの未来像が見えてきた。(2021/10/6)

「電子教科書が使いにくい」「導入に時間がかかる」 NTT東西らが教育DXの新会社、解決したい3つの課題
NTT東日本、NTT西日本、大日本印刷が、教育のDXを手掛ける新会社「NTT EDX」を設立。大学や出版社を対象に、電子教科書の配信プラットフォームを提供する他、既存の教科書を電子化し流通させる支援事業を展開する。(2021/10/5)

FAメルマガ 編集後記:
「震えを感じたい」技能者の五感を満たすリモートの在り方
リモートでできること、できないことの見極めが重要です。(2021/10/1)

フラッシュメモリ価格とSSD、HDD【前編】
「SSD」を“慌てて買う”必要はない NAND型フラッシュ価格は緩やかに推移
今後NAND型フラッシュメモリの供給不足は解消に向かい、2022年にNAND型フラッシュメモリとSSDは値下がりに転じる可能性がある。市場の値動きを見るアナリストの見方は。(2021/10/1)

FAニュース:
設備設計や動作検証の時間を50%削減、設備の検証を行うシミュレーター
オムロンは2021年9月29日、設備全体をデジタルで再現し実機と同等の精度で動作を簡単に検証できるシミュレーションソフトウェア「Sysmac Studio 3Dシミュレーション」を同年10月4日にグローバルで発売すると発表した。(2021/9/30)

スマートファクトリー:
ダイキン工業が描く日本型デジタルファクトリー、グローバル地産地消で必要なもの
2021年9月8〜10日までオンラインで開催されたイベント「第1回 スマート工場 EXPO オンライン」で、ダイキン工業 役員待遇 空調生産本部 副本部長 兼 生産技術部長の長谷川功氏が基調講演に登壇。「グローバル展開のための日本型デジタルファクトリーの構築」をテーマに講演を行った。(2021/9/30)

製造現場向けAI技術:
横河電機が行き着いた、工場でAIが価値を出せる3つのポイント
スマート工場化が進む中、製造現場でのAI活用が広がりを見せている。その中で成果を出すポイントとして3つのポイントを挙げるのが横河電機だ。横河電機のプラント向けAIへの取り組みを紹介する。(2021/9/29)

DX時代のPLM/BOM導入(1):
製造業DXに欠かせないPLMとBOM、しっかり説明できますか?
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第1回は「PLM、BOMとは何か」をまずは説明する。(2021/9/28)

ものづくり白書2021を読み解く(3):
製造業DX推進のコツは、経営トップと現場に精通するリーダー社員の2段階で
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/9/27)

トップインタビュー:
PR:工場の生産性は切削工具から、MOLDINOが目指す工程改善への挑戦
グローバル競争が過酷化する一方で、人手不足や熟練技術者の引退問題などが押し寄せ製造現場のリソースは逼迫(ひっぱく)している。その中で「切削工具からの工程改善」というユニークな提案を進めているのが、MOLDINOである。新体制となり2年目を迎える中、MOLDINO代表取締役社長の鶴巻二三男氏に話を聞いた。(2021/9/27)

メカ設計ニュース:
生産設備検証の完全実機レスシミュレーションを可能にする新オプション
ラティス・テクノロジーは、設備開発用3D制御シミュレーターソフト「XVL Vmech Simulator」の新オプション「MELSEC GX Works Sim for Vmech」の提供を開始した。三菱電機のPLCと直接連携し、完全実機レスシミュレーションが可能になる。(2021/9/21)

「開発のスピード」だけでは、ビジネスは成立しない:
PR:インフラエンジニアの役割と、存在価値を高める手段とは
およそ全てのビジネスをITが支え、経営環境変化も激しい中、システム開発・提供の「スピード」がビジネス差別化の一大要件だといわれている。しかし昨今は、システムの「品質」にまつわる事件・事故も目立つ。改めて問う「インフラエンジニアの役割」とは。(2021/9/17)

「電子契約サービス市場は今後も堅調に成長」:
2025年度には売上金額は440億円に ITRが国内電子契約サービス市場を予測
ITRは、国内電子契約サービス市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比72.7%増の100億7000万円。2021年度は同75.0%増の176億2000万円の見込み。2025年度には440億円に達すると予測する。(2021/9/13)

服飾デザインに“バーチャルヒューマン”活用 KDDIがアパレル業界のDX支援 スマートグラスでファッションショーも
KDDIとKDDI総合研究所がアパレル業界のDX支援を始める。バーチャルヒューマンやスマートグラスを使い、商品企画やデザイン時のサンプル制作を効率化。資源を最小に抑えたモノづくりに貢献するという。(2021/9/10)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(8):
厳格な「棚卸し」は経営改善につながり、工程管理に現場監督者の活躍は欠かせない
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第8回は、まず「棚卸し」についての説明を行った後、連載の締めくくりとして、工程管理における現場監督者の役割と活躍の重要性について解説する。(2021/9/9)

電気自動車:
実車で走って分かった全固体電池の課題は「寿命の短さ」、EVよりもHEV向き?
トヨタ自動車は2021年9月7日、オンラインで説明会を開き、電動車の普及に向けた投資などの戦略を発表した。(2021/9/8)

開発、インフラエンジニアに求められる役割:
PR:「コンテナ」「Kubernetes」導入で成功する企業と失敗する企業の違いとは
「DX(デジタルトランスフォーメーション)」や「クラウドネイティブ」が注目される中、それらをうたう「ソリューション」に飛びついて肝心のビジネスに失敗するケースがあるという。システム開発、運用を担うエンジニアは今、何に取り組むべきなのか。(2021/9/6)

十数年ぶりに刷新!:
PR:進化し続ける“強い”汎用パワーMOSFET、価格性能比を徹底追及した新世代の「StrongIRFET」が登場
パワーMOSFETを十数年手掛けるインフィニオン テクノロジーズ。汎用パワーMOSFET「StrongIRFET」と、より用途に特化したパワーMOSFET「OptiMOS」を合わせると、耐圧20〜300Vの製品だけで2000種を超える。2021年3月には第2世代となるStrongIRFETが登場した。汎用パワーMOSFETとしての使い勝手の良さはそのままに、価格性能比を徹底的に追及。第1世代のStrongIRFETと高性能のOptiMOSのギャップを埋める、強力な汎用パワーMOSFETが、インフィニオンの製品群に加わった。(2021/9/6)

CASE時代の開発力:
PR:「自動車100年に1度の変革期」で枯渇する開発リソースをいかに補うのか
自動車業界に「100年に1度」の変革期が訪れる中、クルマやモビリティの概念が大きく変化しようとしている。こうした中で自動車関連メーカーには、多岐にわたる技術開発が求められ、これら全てを自社内で開発するのが難しくなりつつある。この変革期に求められる開発体制をどのように構築していくべきだろうか。(2021/9/1)

プロジェクト:
延べ5.4万m2の物流施設が埼玉県北本市で竣工し満床で稼働、日本GLP
日本GLPは、埼玉県北本市で開発を進めていた物流施設「GLP 北本」が竣工したことを公表した。入居企業は、山善、カインズ、日本ロジステックのサブリース先であるアドビュートで、竣工前に満床となった。(2021/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。