「Amazon Web Services」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Amazon S3」の利用料金を節約するための基本の「き」【後編】
「Amazon S3」を安く使う賢い方法 「S3 Intelligent-Tiering」「Amazon S3 Storage Lens」を駆使
AWSが用意する機能やオプションなどをうまく使えば、「Amazon S3」の利用料金を抑制できる可能性がある。主な手段を3つ説明する。(2022/1/21)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

Webコンソールでビジュアルに設定:
Dellがマルチクラウドデータサービス、「クラウドベンダーロックインから解放」
Dell Technologiesが、主要クラウドに対応したデータサービス、「APEX Multi-Cloud Data Services」を発表した。クラウド間のデータ転送を回避し、クラウドベンダーロックインから解放するとしている。(2022/1/20)

クラウドを活用した行政デジタル化を支援:
NECが「官公庁向けDXソリューション」を提供開始
NECは、行政デジタル化を支援するための「官公庁向けDXソリューション」の提供を開始する。行政システムの安全かつ柔軟、短期間でのクラウド化を支援する。(2022/1/20)

AWSチートシート:
「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる方法を紹介する。(2022/1/20)

クラウド事例ウォッチ:
「見たいときに見られる経営データ」をクラウドで実現 ピエトロが20年来の業務システムをAWS移行したワケ
2019年に業務システムをAWSに移行した、ドレッシングの生産や販売を手掛けるピエトロ。20年にわたって利用してきた旧システムから乗り換えた理由とは。(2022/1/19)

AWSのストレージサービスが料金体系を刷新【後編】
「Amazon S3 Glacier」に加わった“ミリ秒でデータが取れるアーカイブ”とは?
AWSは「Amazon S3 Glacier」と「AWS IoT SiteWise」の新しいストレージクラスを提供開始した。これらのストレージクラスの特徴を説明する。(2022/1/19)

製造マネジメントニュース:
シーメンスとAWSがパートナーシップ拡大、クラウドでのDXを加速
シーメンスは、Amazon Web Servicesとのパートナーシップを拡大する。今後、「Xcelerator as a Service」の導入を進め、統合ポートフォリオ「Xcelerator」を利用しやすくする。(2022/1/18)

最大8km離れた数百台と接続:
LoRa利用したIoTネットワーク新製品を発表、Amazon
Amazonは、最新の「Sidewalk」製品を発表し、IoT(モノのインターネット)分野への進出を目指している。「Amazon Sidewalk Bridge Pro」は、LoRa(Long Range)プロトコルを使用して、屋内または屋外アンテナで最大8km離れた数百台の互換性のあるIoT デバイスを接続する堅牢なデバイスだ。(2022/1/21)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

「Amazon S3」の利用料金を節約するための基本の「き」【前編】
Amazon S3を安く使う「ストレージクラス」の賢い使い分け方
AWSのクラウドストレージサービス「Amazon S3」は複数の種類のストレージクラスを提供している。これらを使い分けることで、利用料金の抑制を見込める。それぞれの特徴を説明する。(2022/1/14)

製造マネジメントニュース:
インフォア、自動車業界向けクラウドERPなどをAWSインフラサービス上で構築
インフォアは、Amazon Web Services(AWS)の「AWS for Automotive」のサポートを発表した。自動車業界向けのクラウドERPなどを、AWSのインフラサービス上で構築することで、大幅なカスタマイズをせずに自動車業界向けの機能を利用可能になる。(2022/1/13)

2021年のエンタープライズIT市場、売り上げ1位はMicrosoft クラウド企業が成長
調査会社が2021年におけるエンタープライズIT市場の売り上げランキングを発表。売り上げ1位はMicrosoftで、他にもクラウドに注力している企業が成長を見せた。(2022/1/13)

Supply Chain Dive:
サプライチェーンのデータは「関係各社で共有」が当たり前になる? クラウドが生む新常識
低価格で高機能を備えたクラウド製品が増え、スムーズにデータを共有できるようになり、サプライチェーン基盤のクラウド化が進んでいる。専門家がその先に予想する“新常識”とは。(2022/1/13)

AWSのストレージサービスが料金体系を刷新【中編】
「AWS無料利用枠」を使って後悔しないための注意点
ユーザー企業がAWSの無料利用枠を使いこなすためには、その制約や注意点を十分に理解しておく必要がある。ITコンサルタントに主要な注意点を聞く。(2022/1/12)

Weekly Memo:
2022年、エンタープライズITの注目トレンドを読む――注目すべき3つとは
2022年のエンタープライズIT分野の注目トレンドは何か。筆者なりに3つの動きを挙げ、解説する。(2022/1/11)

Azure Arcで学ぶクラウドとKubernetesのガードレールづくり(2):
「人はスケールしない、仕組みが必要だ」 Kubernetes運用の現実
Kubernetesの利用が広がると、運用が大きな課題として浮上してくる。あるプロジェクトで経験を積み、知見を手に入れた人たちが出てきたとしても、社内の他のプロジェクトまで任せるのか。連載の第2回は、この問題を解決する方法を探る。(2022/1/11)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【後編】
仮想マシン(VM)用セキュリティソフト「AppDefense」「Sophos for Virtual Environments」「McAfee MOVE AntiVirus」の違い
仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。(2022/1/11)

MONOist 2022年展望:
製造業こそ「メタバース」に真剣に向き合うべき
2022年は「メタバース」に関するさまざまな技術やサービスが登場すると予想されます。単なるバズワードとして捉えている方も多いかと思いますが、ユースケースをひも解いてみると、モノづくりに携わる皆さんや設計者の方々にも深く関わっていることが見えてきます。一体どんな世界をもたらしてくれるのでしょうか。(2022/1/7)

MONOist 2022年展望:
現実解を模索する導入3年目のローカル5G、Wi-Fi 6Eはダークホースになり得るか
さまざまな事業主体が5Gを自営網として利用できるローカル5Gの国内導入が始まって2022年は3年目になる。4.6G〜4.9GHzの周波数帯を用いるサブ6とSA(Stand Alone)構成という組み合わせが現実解として主流になる中、導入コスト削減に向けた取り組みも進んでいる。一方、6GHz帯を用いるWi-Fi 6Eを国内で利用するための検討作業も進んでいる。(2022/1/6)

ユーブロックス AWS IoT ExpressLinkモジュール:
AWSと迅速かつセキュアに接続できるモジュール
ユーブロックスは、IoTデバイスとAWSのセキュアな通信を直ちに可能にする「AWS IoT ExpressLinkモジュール」として、Wi-Fi用とセルラー用2種類のモジュールを発表した。迅速なデザインインと市場投入に貢献する。(2022/1/6)

CIO Dive:
要件を満たすのはたった2社? ペンタゴンの大規模クラウド契約から見るIaaS市場の勢力事情
米国防総省のマルチクラウドベンダー契約「JWCC」の入札に複数のクラウドサービスプロバイダーが指名された。ただし同省が定めた全ての要件を満たすのはたった2社だけだという。(2022/1/6)

AWSのストレージサービスが料金体系を刷新【前編】
「AWS無料利用枠」が拡大 それでも「おいしい話」とは言えない理由
AWSはクラウドサービスの無料利用枠を一部拡大させた。ユーザー企業は無料利用枠でメリットが得られる半面、適切に理解しないまま利用すると、想定外のコストの発生につながる恐れがある。その理由とは。(2022/1/5)

オンプレミスとクラウド連携対応で業務自動化を実現:
PR:基幹システムのクラウド移行が進む中、ジョブ管理の負担増に対応するには
基幹システムをクラウドに移行することで柔軟性や拡張性が増す。しかし、基幹システムの安定稼働に必要なジョブの管理が難しくなり、運用担当者の負担が増すことがある。ジョブ管理の自動化や業務効率化を進めるにはどうすればよいだろうか。(2022/1/5)

目指すは「リアル版AWS」──トヨタの未来都市は何がすごいのか
「リアル版AWSを目指している」――これは、トヨタ自動車が静岡県に建設中の実証実験都市「Woven City」のメディア向けプレゼンで飛び出したワードだ。一体どういうことか。(2021/12/29)

クラウドニュースフラッシュ
セブン&アイが「AWS」にグループ各社のシステムを集約する“挑戦的な理由”
新システムのインフラにクラウドサービスを採用したJR九州とセブン&アイの事例や、AWSサービスの利用動向調査の結果など、クラウドの主要なニュースを6つ紹介する。(2021/12/29)

2021年のデータ分析「3大ニーズ」とは?――Google Cloud調査
Google Cloudは2021年のデータ分析ニーズで顕著だった3つの要素を明らかにした。調査や開発、ビジネスモデルの構築など、幅広い用途を支えたそれらの中身とは。(2021/12/28)

金融機関ならではの要望に応えられる:
PR:地銀向け投信・保険販売システムを高セキュアにクラウド化、システム基盤選択の決め手は?
金融機関向けのサービスをクラウドで提供する場合、セキュリティの高さが非常に重要視される。さらに金融機関が必要なセキュリティは一般の企業とは異なる。加えてFinTech企業が開発しやすいプラットフォームであることが望ましい。金融機関向けサービスをクラウド化した企業の事例からは何が学べるだろうか。(2021/12/28)

2022年はどんなサービスが“日本政府の共通クラウド基盤”に? 2021年の「ガバメントクラウド」動向から考える
日本政府の共通クラウド基盤「ガバメントクラウド」。デジタル庁はAWSとGCPを採択したが、日本・海外を問わずさまざまなベンダーが今後の参入に向けて動いている。2022年は、どんなサービスが新たに加わる可能性があるのか。21年の動向を振り返りつつ考える。(2021/12/27)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

ゼロトラスト、SASEに対応するために:
PR:限界に達した従来型の広域ネットワーク、「コロナ禍で顕在化した変化」にどう対応する
企業ITで、今最も緊急を要する課題の一つに数えられるのがネットワークだ。これまでの広域ネットワークの構築、運用手法は限界に達した。では、企業は広域網を根本的に作り替えなければいけないのか。少しずつ新しい仕組みに移行していく術はないのか。(2021/12/23)

AWSで一時障害、原因はデータセンターの電力消失 SlackやTrelloにも影響か
AWSの北バージニアリージョンで、12月22日午後9時半(日本時間)ごろから障害が発生している。原因はデータセンターの電力消失。AWSの一部サービスでは23日午前10時半現在でも影響が続いている。(2021/12/23)

メカ設計ニュース:
工場など実環境システムのデジタルツインを短期間で構築する新サービス
Amazon Web Services(AWS)は、実環境システムのデジタルツインを短期間で構築できる新サービス「AWS IoT TwinMaker」を発表した。機器のセンサーやビデオカメラなどのソースに接続することで、デジタルツインの構築をすぐに開始できる。(2021/12/23)

医療機関のクラウド移行、リスク管理のヒント【第4回】
医療機関が解いておきたい「AWSやAzureを使えばセキュリティ対策は不要」の誤解
クラウドサービスを利用するあらゆる組織は、セキュリティをクラウドベンダー任せにしてはならない。セキュリティ対策を負担と捉えず、システムの品質を高める取り組みと捉えるために考えるべきことは。(2021/12/21)

さくらのクラウドやSlackが“政府認定クラウドサービス”に登録 各省庁の調達対象に
政府が「さくらのクラウド」や「Slack」など14サービスを、クラウドサービスの認定制度「ISMAP」のリストに登録。政府調達の対象として認定した。(2021/12/20)

Amazon SageMaker Studio Lab入門:
無料でPython/機械学習できるAmazon SageMaker Studio Labとは? Colabと比較
メールアドレスだけで無料で使えるStudio Labは、同種のColabとどう違うのか。Studio Labプロジェクトランタイムのスペック(CPU/GPUや、実行時間、メモリ、ディスクサイズなど)や機能(ランタイムの保存と再開など)について説明する。(2021/12/20)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(47):
ローカル5Gより速い! キャリア5Gによる事業所内ネットワークが稼働
企業には5Gを使って高速で安定した無線ネットワークを構築したいというニーズがある。「ローカル5G」を利用してもよいが、筆者は「キャリア5G」をお勧めする。その理由を最新の事例で説明しよう。(2021/12/20)

無修正SQL Serverアプリが動くかも
SQL ServerからクラウドDB「Amazon Aurora」に簡単に移行する方法
他データベースへの移行は容易ではない。AWSはSQL Server用アプリをMySQLおよびPostgreSQL互換データベースの「Amazon Aurora」でそのまま動かす機能でこれを解決した。(2021/12/20)

マルチクラウドに潜む4つの落とし穴【後編】
ずさんな「マルチクラウド管理」が生む“無駄コスト”の正体と、その解消法
用途に合わせて利用するクラウドサービスを変えるなど、「マルチクラウド」を取り入れる企業がある。ただし使い方によっては利便性が高まる一方で、逆効果を生むこともある。企業が陥りがちなわなとは。(2022/1/14)

NTTデータとAWSが協業強化 デジタル人材育成とR&D推進
NTTデータはAWSとクラウドを活用したデジタルビジネス推進を目的とした戦略的協業を2022年1月1日に開始する。顧客のDX推進体制の強化や、AWSを活用した新サービスの開発、人材育成や研究開発に取り組む。(2021/12/17)

クラウドの利用状況調査結果で判明
マルチクラウドを9割の大企業が採用、それでも「クラウド」を嫌う企業の言い分
企業のマルチクラウドの採用が進みつつあると同時に、クラウドサービスを利用するときの課題も明らかになりつつある。その課題とは。調査結果から探る。(2021/12/17)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(1):
ネットワークなんて触ったことないから分からない――クラウド世代のための「IPネットワーク」超入門
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。初回は、基本的なIPネットワークの概念を解説し、Amazon VPCの操作手順を示す。(2021/12/9)

AWSチートシート:
「AWS Lambda」の基礎中の基礎、「Amazon S3」にアップロードした画像の自動補正――Lambda関数を「AWS Cloud9」で実装する
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Cloud9」で「AWS Lambda」のイベント駆動処理の基本を紹介する。(2021/12/16)

導入すべきか「ホワイトボックスネットワーク」【後編】
「5G」はなぜホワイトボックスネットワーク普及の起爆剤になり得るのか?
大半の企業はホワイトボックスネットワークの導入に消極的だ。その理由をおさらいしながら、導入を加速化させるために必要なことを紹介する。(2021/12/16)

データウェアハウスの終わり【後編】
従来型データウェアハウスでは分析できない、次世代ツールの「分析対象」
データウェアハウスもデータレイクも限界が見えた今、各社は「次世代型データウェアハウス」で市場をリードしようとしている。最後に生き残るアーキテクチャとは?(2021/12/16)

「この形の銀行システム運用は初のチャレンジ」:
みんなの銀行CIOが語る、クラウド基盤の選び方とその運用
2021年にサービスを開始したみんなの銀行は、クラウドネイティブな開発、運用を実践している。同行CIOの宮本昌明氏が語る、新時代の銀行システムとは。(2021/12/16)

皿から10億件の情報収集 スシローが「データ活用すし屋」になっていた
回転すしチェーン「スシロー」が、すしの皿から年間約10億件もの情報を集める「データ活用すし屋」になっている。店舗でのデータ取集の方法や、集めた情報の使い道とは。(2021/12/14)

世界のWebサーバの3分の1に影響? Javaライブラリ「Log4j」の脆弱性、JPCERTらが仕組みと対策を解説
JavaライブラリApache Log4jで見つかった脆弱性について、JPCERT/CCが攻撃の仕組みと対策方法を公開し注意を促した。(2021/12/13)

AWS、12月7日の大規模障害について説明 ステータスページの改善を約束
AWSで12月7日に発生した大規模障害について、同社が説明した。顧客が状況を把握しやすくするため、来年初頭にもステータスページを改善する計画。この障害ではDisney+や日本の任天堂などの他、Amazonの配送も影響を受けた。(2021/12/13)

今いる場所、そこが仕事場になる:
PR:VMware Anywhere Workspaceを実現するVMware SASE
以前から働き方改革の重要性が叫ばれてきたが、コロナ禍以降は特にテレワークが急速に拡大し、物理的な場所に依存しない働き方が当たり前になりつつある。こうした分散化した環境で一人一人が持てる能力をフルに発揮できるようにするためにVMwareが掲げているのが「VMware Anywhere Workspace」というビジョンである。そしてこれを実現するための重要な基盤となるのがVMware SASEだ。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。