「Amazon Web Services」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Weekly Memo:
“日本の”ITサービスベンダーをパートナーに選んで大丈夫?――NEC社長に聞いてみた
日本のITサービスベンダーをパートナーに選んで大丈夫か――DXに取り組み始めた企業から聞こえるこんな声にどう答えるか。NECの森田隆之社長兼CEOに聞いた。(2022/7/4)

JIG-SAWが「Safing AWS版」を提供開始 脆弱性対策と脅威検知が自動で可能に
JIG-SAWの「Safing AWS版」でクラウドセキュリティの脆弱性の自動対策や脅威検知が可能となる。専任のセキュリティエンジニアの考察や判断に時間をかけずに、プラットフォームのセキュリティ管理ができるというがその中身とは。(2022/7/4)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【後編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題は解消しない?
ECの独占禁止法に関する調査を受けたMicrosoftは、問題となったライセンス規約を変更すると発表した。だが専門家は同社の取り組みに懐疑的な見方を示す。それはなぜなのか。(2022/7/4)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【後編】
エンジニアの“コミュ力”不足が「クラウドストレージ」を危険にさらす?
クラウドストレージの安全な利用に取り組む際は、セキュリティ管理とコンプライアンスの2つを無視してはいけない。具体的にどうすればいいのか。(2022/7/1)

Rustの人気やDockerの普及が鮮明に:
最も愛される言語、最も報酬の高い技術が示す開発トレンドの不変と激変、Stack Overflow年次調査
Stack Overflowは2022年の年次ソフトウェア開発者調査の結果を発表した。よく使われている技術や愛されている技術、年収の高い技術、雇用や勤務形態などの最新動向が明らかになった。(2022/6/30)

クラウドニュースフラッシュ
IBMが「AWS」でSaaS提供の“謎” なぜ競合クラウドを使うのか?
競合サービスである「AWS」を使ってSaaSを提供するIBMの取り組みや、京都大学の「Microsoft Azure」導入事例など、クラウドの主要ニュースを6本紹介する。(2022/6/30)

「クラウドシフトにより確かに競争力を得られる」:
データ基盤のクラウド移行後半年で社内利用が16倍に――NTTドコモが挑んだモダナイゼーションと意識改革
NTTドコモが持つ大量のデータをいかにしてオンプレミス環境からクラウド移行したのか。「AWS Summit Online 2022」で行われた講演「NTTドコモが挑んだデータ基盤のモダナイゼーション 〜システムが足枷にならない意識改革と基盤〜」の様子をお届けする。(2022/6/30)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【後編】
開発者が「Microsoft Dev Box」を使わない理由を“クラウドIDEの苦悩”から探る
開発者向けのクラウドサービスは「Microsoft Dev Box」だけではない。「クラウドIDE」はその代表例だ。開発者がクラウドIDEを受け入れているかどうかを知ることは、Microsoft Dev Boxの成否を占う上で参考になる。(2022/6/30)

CIO Dive:
絶対強者のMSに並べ Googleはセキュリティ企業のリーダーになれるか?
昨今、深刻なソフトウェアサプライチェーン攻撃が続き、テクノロジー業界と政府がオープンソースソフトウェアの保護に関心を寄せている。Googleはこれを機にセキュリティ企業のリーダーとして名乗りを上げたいようだ。(2022/6/29)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第4回】
macOSが使いたいのに使えないDaaSユーザーが選ぶべき“2番目のOS”とは?
Appleのライセンス規約により、DaaSでは「macOS」を利用することが難しい。その代替策として使える、仮想デスクトップ利用に適したOSとは。(2022/6/29)

リモートアクセス2大手段「DaaS」「VPN」の違いを比較【第1回】
「DaaS」とは? リモートアクセス手段として使う“あのメリット”
リモートアクセスの代表的な手段に「DaaS」(Desktop as a Service)がある。DaaSの仕組みと利用方法、代表的なサービスを説明する。(2022/6/28)

TechTarget発 世界のITニュース
AWSのデータ保護がより安価になった「Clumio SecureVault」の軽量版とは?
Clumioはデータ保護サービス「Clumio SecureVault」の軽量版を提供開始する。Amazon EC2やAmazon EBSで利用できる。「エアギャップ」を使ったデータ保護ができるという同サービスには、どのような特徴があるのか。(2022/6/28)

サーバレス活用に関する「3つの重要なテーマ」:
「サーバレスはクラウド活用で必要不可欠な要素になった」 Datadogがサーバレスの実態調査
Datadogは「サーバレスの実態調査」の結果を発表した。主要なクラウドベンダーで、サーバレス技術を利用している運用管理をしている割合は50%を超えていた。(2022/6/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(53):
「Amazon Connect」対「Genesys Cloud CX」――クラウド型コンタクトセンターの実力は?
コロナ禍で顧客からの問い合わせに対応するコンタクトセンターの重要度が増している。そこで活躍しているのが、パブリッククラウドを利用した新型のコンタクトセンターだ。素早く構築できるのか、料金はどうか、音声の品質に満足できるのか、他のクラウドサービスとの連携は容易なのか、テレワークに適しているのか。「Amazon Connect」や「Genesys Cloud CX」の導入事例を分析した。(2022/6/27)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【前編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題が緩和へ ただしAWSだと高いままの謎
Azure以外のクラウドサービスでMicrosoft製ソフトウェアを利用する際、料金が高くなる――。Microsoftはこのライセンス規約の緩和を進める。ただしAWSとGCPは緩和の対象外だという。その背景は。(2022/6/25)

AWS、プログラミングを機械学習で支援する「Amazon CodeWhisperer」プレビュー公開 コメントを書くとコードを提案
AWSが、機械学習を用いてプログラミングを支援する「Amazon CodeWhisperer」をプレビュー公開した、オープンソースリポジトリなどから数十億行のコードを基にした機械学習により、プログラマーが書き始めたコードの続きを提案してくれるサービスという。(2022/6/24)

Cloud Nativeチートシート(17):
コンテナ/Kubernetesの脆弱性、機密情報、設定間違いが分かるOSS「Trivy」徹底解説〜もうイメージスキャンだけとは言わせない
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、コンテナ/Kubernetesの脆弱性、機密情報、設定間違いを診断、検出するOSS「Trivy」を紹介する。(2022/6/24)

「PaaS」を解剖する【第3回】
“PaaSでクラウド破産”を防ぐ効果的な方法
PaaSには利用料金が高額になりやすいといった課題がある。こうした課題を解消しつつ、PaaSのメリットを得るにはどうすればよいのか。(2022/6/24)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第3回】
「macOSをDaaSで利用」が現実に それでも喜んではいけない理由
Appleは開発者に対して、「macOS」をDaaSで利用する選択肢を設け始めている。ただし、この動きが一般ユーザーまで広がるかどうかは不透明だ。その背景とは。(2022/6/22)

「内製化の道」も一歩から(3):
共創型SIerが解説 実例で学ぶ「ユーザー企業主体の内製化」の勘所
ユーザー企業とともに内製化を実現する「共創型SIer」であるBeeXの知見を基に、システム開発の内製化に必要なステップやエンジニアのスキルについて解説する本連載。第3回はBeeXの事例を基に「具体的な内製化の進め方」について解説する。(2022/6/22)

自動車業界向けAI活用入門(前編):
AI活用が進む自動車業界、その継続的な運用に必要な「MLOps」とは
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/6/21)

overflowが副業採用決定者数に関する調査結果を発表:
企業の「こんなスキルを持った副業人材が欲しい」 トップは「TypeScript」「React」「AWS」
overflowは、デジタル人材の副業採用決定者数に関する調査結果を発表した。2021年度の年間採用決定者数は2020年度の3倍。プログラミング言語別に見ると、上位から「TypeScript」「Python」「Go」「Ruby」の順だった。(2022/6/17)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(2):
ペットと家畜、KISSの原則、SREの導入――AWS上のシステムをクラウドネイティブ化する際に用いるべき原理原則
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。今回は、AWS上のシステムをクラウドネイティブ化する際に用いるべき原理原則について解説する。(2022/6/21)

Splunkがセキュリティとオブザーバビリティーの統合を強化 機能拡張「12のポイント」
Splunkは、同一のデータプラットフォーム上でセキュリティとオブザーバビリティーの統合を強化する新機能と機能拡張を発表した。今回の機能拡張について12のポイントを押さえる。(2022/6/16)

AWS、Azure、Google Cloudの対抗馬となるか? Web3時代の新クラウド「Dfinity」とは
巨大IT企業が提供するクラウドサービスは今や企業にとって欠かせない。一方で未来に向けてWeb3の強みを生かしたクラウドサービスも登場する。新たなクラウドサービス「Dfinity」はどのように社会を創造するのか。(2022/6/16)

ビックカメラ、SalesforceとAWSを全面採用 自社のOMO戦略を3社で推進
ビックカメラは、OMO推進に向けて「DX宣言」を発表した。SalesforceとAWSを採用し、社内システム開発などを経て高度に融合されたOMOの実現を目指す。(2022/6/15)

製造ITニュース:
ローコード開発で16年の実績を持つMendixが語る、DXがうまくいかない3つの理由
ローコードアプリケーション開発プラットフォームを展開するオランダのMendixは2022年6月9日、記者説明会を開催し、ローコード開発の現状と日本でのビジネス展開をについて紹介した。(2022/6/14)

スクラムマスターの5大認定資格【第3回】
履歴書に書きたい「AWS Certified Cloud Practitioner」とは? 合格するには
スクラムを通じたクラウドネイティブアプリケーション開発において、スクラムマスターが備えるべき知識やスキルとは何か。実力の証明となる資格「AWS Certified Cloud Practitioner」を解説する。(2022/6/14)

データ増大とCO2排出の対策【前編】
「使わないけど消せないデータ」を保存する“あのストレージ”とは?
保有データ量が増大する問題は、コストの面でもCO2排出の面でも企業を悩ませる可能性がある。今後、ストレージのデータをどう保管すればいいのか。まず考えた方がよいのは「使わないデータ」の扱い方だ。(2022/6/14)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第3回】
セキュリティ専門家が「GCP」の正規APIに示した“重大な懸念”とは?
クラウドセキュリティベンダーのMitiga Securityは、「Google Cloud Platform」(GCP)の正規APIに“ある懸念”があると指摘する。それは何なのか。(2022/6/14)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【後編】
「AzureじゃないクラウドだとOfficeが高くなる」ライセンス規約は違法なのか?
Microsoftは同社のライセンス規約により、欧州の独占禁止法違反の疑いで欧州委員会から調査を受けている。一方で米国の独占禁止法に違反しているかどうかの判断は、より難しくなるという。その背景は。(2022/6/13)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(4):
「Amazon Virtual Private Cloud」(VPC)間の接続、IaaS(VPC)〜PaaS/SaaS間の接続はどうすべきか
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、「Amazon Virtual Private Cloud」(VPC)間の接続、IaaS(VPC)〜PaaS/SaaS間の接続について解説する。(2022/6/10)

マルチクラウドの勘所とは:
PR:KDDI、マイネット、NRIセキュアのエンジニアが語った、マルチクラウドを選択する理由
パブリッククラウドの利用が進展する一方、複数のパブリッククラウドを使い分ける企業も増えてきている。いわゆる「マルチクラウド」を推進する企業では、メリットやデメリット、使い分けをどう考えているのか。マルチクラウドを推進するKDDI、マイネット、NRIセキュアテクノロジーズの担当者に話を聞いた。(2022/6/10)

製造業IoT:
IoT機器とクラウド間のセキュア接続を可能にするレファレンス実装を発表
STMicroelectronicsとAmazon Web Servicesは、IoT機器とAWSクラウド間を完全かつ安全に接続するため、「Arm TF-M」ベースの新しいレファレンス実装を開発した。IoT機器開発キットとして提供する。(2022/6/9)

CIO Dive:
クラウド市場戦国時代 AWSに吹く逆風はMS、Googleの追い風になるか?
AWSはクラウド市場シェア全体の約3割を占め、引き続きトップを維持しているが、幾つかの逆風に見舞われている。これを機にMicrosoftとGoogleは市場シェアを拡大できるか。米国アナリストが分析した。(2022/6/9)

AWS IAMが「WebAuthn」に対応 多要素認証の要素として利用可能に
AWSへのログインと権限などを管理する「AWS IAM」がWeb認証技術「WebAuthn」に対応。AWSへのログインに利用できる。(2022/6/8)

AWS Summit Japan 2022基調講演レポート:
政府、金融、MaaSスタートアップ……AWS Summit Japanに見るそれぞれのクラウドの生かし方
クラウドファーストが当たり前となった今、あらゆる事業を推進するにはクラウドの機能や性能を理解したIT戦略が必要になる。政府、金融、スタートアップそれぞれのクラウドの生かし方を見る。(2022/6/8)

銀行は本当に3億行のCOBOLコードと縁を切れるのか 脱メインフレームの動向
問題なく稼働するプログラムに触れてはいけない。変えようとしてはならない。メインフレームシステム運用のセオリーは万国共通だったようだ。しかし、銀行のコア機能もいよいよクラウドを意識せざるを得ない時期が来たようだ。米国の銀行業界のトレンドを調査から追う。(2022/6/8)

Alibabaが3位に食い込む:
2021年の「世界IaaS市場」、規模が41.4%増の909億ドルに
Gartnerによると、世界のIaaS市場規模は2021年に909億ドルとなり、2020年の643億ドルから41.4%成長した。(2022/6/7)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第2回】
GCPの設定ミスが原因? 正規APIを悪用してVMを乗っ取る“驚きの手口”
Googleの「GCP」には、「設定ミス」が原因で悪用されてしまう恐れのある2つのAPIがある。どのような手口なのか。なぜ攻撃が可能になるのか。(2022/6/7)

「量子超越性」を持つ光量子コンピュータ、AWSで利用可能に スパコン富岳で9000年かかる計算を36マイクロ秒で
カナダの量子ベンチャーXanadu(ザナドゥ)は、特定のタスクで世界最高性能のスーパーコンピュータの計算速度を上回るとする光量子コンピュータ「Borealis」をAmazon Web Services(AWS)上で提供すると発表した。(2022/6/3)

マルチクラウドアクセスを想定、CIEMも提供:
MicrosoftがIDガバナンスを強化へ セキュリティ新ブランド「Microsoft Entra」発表
Microsoftは、ID管理とアクセス管理の新たな製品群「Microsoft Entra」を発表した。既存のAzureADに、新たにCIEMや分散型ID管理を加え、IDガバナンスソリューションとして統合する。(2022/6/3)

既存Gravitonインスタンスより高いコンピューティング性能:
AWS、Graviton3プロセッサを搭載した「Amazon EC2 C7g」インスタンスの一般提供を開始
AWSは、自社開発の「Graviton3」プロセッサを採用した新世代の「Amazon EC2」インスタンス「Amazon EC2 C7g」の一般提供を開始した。(2022/6/3)

SD-WANとクラウドネットワーキングの進化(1):
あらためてSD-WANを基礎から知り、その本質を考える
日本に入ってきてから8年近くになるSD-WAN。クラウド利用が本格化するいま、どのような意味を持つのでしょうか。あらためて基礎から解説し、その本質を探ります。(2022/6/3)

AWSチートシート:
「AWS Lambda」とPython Boto3を使ってEC2インスタンスを操作する「AWS SDK」入門
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Lambda」とPython Boto3を使ってEC2インスタンスを操作する方法を紹介する。(2022/6/2)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【後編】
オープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の違いとは?
オープンソースPaaS製品を利用すれば、ベンダーロックインを避けつつ、クラウドインフラの構築や管理を効率化できる可能性がある。2つのオープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の特徴を説明する。(2022/6/1)

「クラウドの費用がいつの間にか膨大に」の防ぎ方 3大クラウドのコスト管理サービスを比較
いつの間にか利用料がかさみやすいパブリッククラウドのコスト管理機能を把握。“3大クラウド”を対象に、それぞれの特徴を整理する。(2022/5/31)

Cloud Nativeチートシート(15):
かゆいところに手が届く実践「Prometheus」「Grafana」――PromQL、スクレイプ、Exporter、運用のためのポイント
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Observabilityのシグナル「メトリクス」について紹介し、「Prometheus」「Grafana」を使う上でのポイントを解説します。(2022/5/31)

クラウドニュースフラッシュ
Googleがクラウドで奇策 「AWSやAzureと“戦わずに勝つ”」戦略とは?
Googleが進める「Google Cloud Platform」の拡充戦略や、NTTドコモの新しい仮想マシンサービスの発表など、クラウドに関するニュースを取り上げる。(2022/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。