• 関連の記事

「グラスファイバー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グラスファイバー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

材料技術:
0.3mmの厚さで射出成形できる超高強度炭素繊維強化コンパウンド
三菱マテリアルトレーディングは「新機能材料展」に出展し射出成形用の超高強度炭素繊維強化コンパウンド「KyronMAX」を披露した。(2024/2/28)

KDDIが語る「パケ止まり」対策 2024年度は5G本来の力を発揮、基地局数も大きな武器に
KDDIが2月15日、5Gエリア展開と通信品質向上に向けた取り組みを説明した。2023年度末までの5G普及期は、4Gの周波数を転用することでエリアを拡大してきた。2024年度以降は普及期と位置付け、5G本来の力を発揮する環境が整うという。(2024/2/16)

「Happy Hacking Keyboard」に“桜”はどうだ! HHKB カラーキートッププロジェクト第1弾「桜キートップ」を試す
PFUのコンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard Professional」シリーズ向けに、新カラーのキートップ「桜」が登場する。「HHKB カラーキートッププロジェクト」第1弾で限定2000台とのことならば、早速試してみるしかない。(2024/2/15)

「かに道楽」の看板のカニは何ガニ? 脚の動きも違いがある「動くかにの看板」の秘密
看板に使われているかにの種類も確認しました。(2024/2/3)

洗練されたデザインが魅力のベーシックモデル「Surface Laptop Go 3」を試す
(2024/1/26)

Wired, Weird:
電解コンデンサーの下にパターンを引いたらこうなる
今回は歯を削ったりする歯科用ハンドピースコントローラーの不具合調査を報告する。(2024/1/24)

3Dプリント材料、この10年程度の進化(1):
環デザインとマテリアルドリブン・リサーチ
本連載では活用事例が増えつつある3Dプリント材料の基礎や最新の動向と活用事例について紹介します。第1回では3Dプリントの活用が広がった流れや材料の変遷、著者が手掛けた3Dプリントの活用事例について説明します。(2024/1/22)

3Dプリンタニュース:
連続グラスファイバーでの造形が可能なデスクトップ型3Dプリンタ
APPLE TREEは、Markforgedの3Dプリンタ「Onyx Pro」の販売を開始した。ABSの10倍の強度を持つ連続グラスファイバーでの造形ができ、高耐久性が要求されるパーツ作成に対応する。(2024/1/15)

材料技術:
旭化成の素材戦略、次世代半導体のパッケージ材料や水電解システムに重点投資
旭化成は、東京都内とオンラインで説明会を開催し、マテリアル領域における事業ポートフォリオの転換、成長事業の取り組みについて紹介した。(2023/12/28)

“薄い、軽い、丈夫”の3拍子そろったディーフのiPhone 15 Pro向けケース「DURO」を使ってみた
アラミド繊維を使った人気の「DURO」ケースにiPhone 15 Pro向けシリーズが加わりました。端子やボタン周りの開口部を再設計し、アクセスしやすくしたほか、「Special Edition」ではカメラレンズ周りの保護機能が強化されていました。(2024/1/5)

材料技術:
クラレがCFRP成形品のボイドを減らすシートと熱膨張で隙間を埋めるシートを開発
クラレは、「SANPE Japan 先端材料技術展2023」で、開発品の酸無水物のエポキシ樹脂硬化剤と表面平滑性付与シート、熱膨張シートを披露した。(2023/12/7)

材料技術:
流動性や靭性が高いバイオプラと成形品質のばらつきを補正する新システム
日立ハイテクのマテリアルソリューション部は、「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)【第10回】」で、キャッサバ(タピオカ)デンプン添加のバイオプラスチックや高品質リサイクルプラスチックおよび品質制御成形ソリューション、粉末積層造形(3Dプリンタ)用ポリブチレンテレフタレート(PBT)-リサイクルCF粉末を披露した。(2023/12/6)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(17):
騒音低減技術の基本「遮音」と「吸音」を理解する 〜吸音について〜
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第17回では、騒音低減技術の基本である「遮音」と「吸音」のうち、吸音について詳しく取り上げる。(2023/10/23)

第23回 Photonix:
三菱電機が細穴加工特化のレーザー加工機、コンパクト設計で高い面積生産性
三菱電機は光やレーザー技術に関する展示会「第23回 Photonix」において、2023年10月2日に発売したレーザー細穴加工機「DZ600」を初めて披露した。(2023/10/6)

電子ブックレット(素材/化学):
注目リサイクルニュース8選(2023年6〜8月)
MONOistに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集しました。今回は、MONOistで2023年6月1日〜8月31日にかけて掲載したリサイクル関連のニュースの中から、注目の記事をお送りします。(2023/9/28)

ディーフ、iPhone 15シリーズ向けアラミド繊維製ケース「DURO」発売
ディーフは、iPhone 15シリーズ用のアラミド繊維製ケース「Ultra Slim & Light Case DURO for iPhone 15」シリーズを販売開始。Proモデルに採用されたアクションボタンも操作性を考慮したカットデザインになっている。(2023/9/20)

国際物流総合展2023:
手で組み立てられる自動倉庫、モジュール型で拡大縮小も自由自在
ラピュタロボティクスは「国際物流総合展2023 第3回 INNOVATION EXPO」において、自動倉庫「ラピュタASRS」を披露した。(2023/9/14)

Japan Drone 2023:
RCの鉄筋とコンクリートのように“樹脂に繊維を流し込む”3Dプリンタ アルミに匹敵する強度でUAVパーツ製作
日本3Dプリンターは、航空宇宙エンジニアのグレッグ・マーク氏が設立したMarkforgedの3Dプリンタ「Mark Two」で、ドローンのパーツ製作を内製化することを提案している。Mark Twoは、樹脂材料の中にカーボンファイバーをはじめとする繊維材料を、長繊維状態で流し込めるのが特徴だ。(2023/8/22)

光伝送技術を知る(22) 光伝送技術の新しい潮流と動向(3):
CXL/UCIeから考える光インターコネクト技術
「ChatGPT」などのAI技術に後押しされ、データセンターは拡張の一途をたどるとされている。その際、光技術はどうあるべきなのか。今回は、チップレット間のインターコネクト技術である「CXL」や「UCIe」に着目し、ここから求められるであろう光インターコネクトの姿を探る。(2023/8/7)

リサイクルニュース:
SABICがPCR含有量25%以上の高機能性樹脂を発売
SABICは、ポストコンシューマーリサイクル(PCR)を25%以上含有した、新しい「NORYL」ポートフォリオを発表した。第1弾として、PCR含有量30%の「NORYL NH5120RC3」を発売する。(2023/8/2)

材料技術:
炎天下の体感温度を10℃下げる素材、磁石と日傘のタイプを開発
SPACECOOLは、「第9回 東京 猛暑対策展」で、放射冷却素材「SPACECOOL」の新タイプであるマグネットタイプや同素材を用いて開発中の日傘を披露した。(2023/7/31)

SABIC WDF40RID、WDF40RI:
ADASレーダー吸収体向けコンパウンド
SABICは、ADASレーダー吸収体向けのコンパウンド「LNP STAT-KON」シリーズに、ガラス繊維強化グレードの「WDF40RID」「WDF40RI」を追加した。誘電正接に優れ、レーダー主信号の妨げとなるノイズを効率的に吸収して最小限に抑える。(2023/7/25)

90%以上の光透過率を達成:
東北大、完全表面結晶化ガラスファイバーを創製
東北大学は、光透過率が90%以上という透明多結晶性セラミックス「完全表面結晶化ガラスファイバー」を作り出すことに成功した。光ファイバー通信システムのさらなる大容量化が可能となる。(2023/7/20)

材料技術:
無色透明で液ダレしない高粘性液を作れる新CNFパウダー、体積は従来品の50分の1
大阪大学 産業科学研究所は、水に混ぜると無色透明で液ダレしない液体を作れるセルロースナノファイバーパウダー「TEMPO-CNF」を開発した。(2023/7/5)

日本ものづくりワールド 2023:
東レの3Dプリンタ用真球PA6の強みは「滑らかな表面」の実現! 最終製品のニーズも
東レは、「日本ものづくりワールド 2023」(2023年6月21〜23日、東京ビッグサイト)内の「第6回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、3Dプリンタ用真球ポリアミド6「トレパールPA6 ガラスファイバー強化グレード」を披露した。(2023/6/30)

リサイクルニュース:
東レが廃棄ガラス繊維強化PPS樹脂のリサイクルプロセスを欧州で構築
東レは、欧州で射出成形工程により廃棄されるガラス繊維強化PPS樹脂のリサイクルプロセスを確立した。バージン原料で製造した射出グレードに比べて90%以上の機械強度を確保したほか、カーボンフットプリントを約45%削減できる。(2023/6/15)

太陽光:
太陽光パネルの廃棄が課題に、急がれる再エネ設備の廃棄・リサイクル制度設計
太陽光発電を中心に国内に導入が広がった再エネ発電設備。将来の課題として指摘されている、設備の適切な廃棄・リサイクルの仕組みづくりに向けて、政府が検討会を立ち上げた。本稿では第1回検討会の内容を紹介する。(2023/5/11)

半導体製造への再投資を進めるも:
ぜい弱なPCB業界の再建に向け苦悩する米国
半導体製造への再投資を加速する米国。だが、専門家たちは米国のエレクトロニクスサプライチェーンのぜい弱性を指摘する。その一つがPCB(プリント配線板)だ。(2023/5/2)

材料技術:
高耐熱性と難燃性を兼ね備えたEVバッテリー向け新規液晶ポリマーを開発
Solvayは、ザイダー液晶ポリマーの新グレードとして、高耐熱性と難燃性を兼ね備えた「ザイダー LCP G-330 HH」を開発した。高電圧システムで動作するEVバッテリーの断熱材用途に対応する。(2023/4/4)

「アデリアレトロ×est??」コラボの傘がBleu Bleuetに登場 レトロかわいい4種の柄を取り扱い
「アリス」「野ばな」「風船」「フェンス」の4種の柄が並びます。(2023/3/9)

3Dプリンタニュース:
350℃まで対応可能な独自プリントヘッド搭載のFDM方式3Dプリンタ
Nexusは、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、Mixware製FDM方式3Dプリンタ「HYPER-S」の販売を開始した。優れたプリントヘッド設計により、安定した正確なプリントが可能だ。独自技術のプリントヘッドは350℃まで対応する。(2023/3/1)

リサイクルニュース:
産総研がPEEKのモノマー単位への分解に成功、回収モノマーは高分子の合成に使用可能
産業技術総合研究所は、高機能熱可塑性ポリマーのポリエーテルエーテルケトンを選択的に切断し、モノマー単位へ分解する解重合法を開発した。プラスチックの熱分解温度を下回る150℃で行え、19時間以内に解重合中間体を生成できた。(2023/2/8)

3Dプリンタニュース:
FDM方式3Dプリンタ2モデルを発売、簡単操作で高品質パーツを出力
Bruleは、Ultimaker製FDM方式3Dプリンタのフラグシップモデル「S7」と、6つの材料スロットを搭載した「S7 Pro Bundle」の販売を開始した。堅牢で信頼性が高い設計となっており、簡単な操作で高品質のパーツを出力できる。(2023/2/6)

新建材:
大和ハウス、放射熱8割以上抑制で室内熱中症を防ぐ「低放射折板屋根」
大和ハウス工業は、室内の暑さの原因となる屋根の放射熱を一般的な折板屋根と比較して80%以上抑制する「低放射折板屋根」を開発した。2023年1月からは、36都府県で本格運用を開始した。(2023/2/1)

オートモーティブワールド2023:
出光興産が透明なGF強化PC樹脂を開発、比強度はガラスの2倍
出光興産は、「第13回クルマの軽量化技術展」において、透明性の高いGF強化PC樹脂を披露した。透明樹脂として知られるPC樹脂はGF強化すると不透明になることが課題だった。(2023/1/30)

アラミド繊維のiPhone 14 Pro/14 Pro Max用ケース「DURO Special Edition」発売
ディーフは、10月28日にiPhone 14 Pro/14 Pro Max専用アラミド繊維製ケース「Ultra「DURO Special Edition」を発売。フルカバーのカメラ部分から四隅のスリットを廃止し、より一体感を高めている。(2022/10/28)

3Dプリンタニュース:
ペレット/フィラメントによる造形と切削加工を可能にした産業用大型3Dプリンタ
スリーディー・システムズ・ジャパンは、産業用大型3DプリンタメーカーのTitan Roboticsを買収し、3D SystemsのポリマーAMソリューションに、Titan Robotics独自の押出成形技術を追加したことを発表した。併せて、「TITAN Atlasシリーズ」の日本市場での販売も開始する。(2022/10/27)

リアルな「天使の羽」700枚を作る狂気の工作が話題に 製作者「5日で出来ました。すべてはやる気と根性と根気」
羽を作るのも貼り付けるのも大仕事。(2022/10/25)

カーボンニュートラル:
水素燃料電池を現場の電源として活用する実証実験を渋谷で開始、東急建設と帝人
東急建設は、東京都渋谷区で計画を進める渋谷駅周辺開発の工事現場で、帝人とともに、水素燃料電池を現場の電源として活用する実証実験を2023年4月にスタートする。今後は、CO2排出量削減などの環境負荷低減に向けて建設工事現場での水素燃料活用を進め、脱炭素社会の実現を目指すとともに、SDGsの目標達成に貢献する。(2022/10/25)

太陽フレアを表現:
G-SHOCK誕生40周年の記念モデルが登場、第一弾の特徴は?
カシオ計算機は、G-SHOCKの新製品「Flare Red」を11月5日に発売する。2023年4月のG-SHOCK誕生40周年を記念した第1弾モデル。2モデル展開で、希望小売価格はMTG-B3000FRが16万5000円、GWG-2040FRが14万3000円。(2022/10/20)

「G-SHOCK」誕生40周年記念モデル第一弾「Flare Red」登場 積層マーブルベゼルで太陽フレアを表現
カシオ計算機は、「G−SHOCK」誕生40周年記念の第一弾として、力強く輝く太陽フレアを表現した記念モデル「Flare Red」(フレアレッド)を発売する。(2022/10/20)

ディーフ、軽量のアラミド繊維を使用したXperia 5 IV用ケース「DURO」発売
ディーフは、10月下旬にXperia 5 IV向けアラミド繊維製ケース「Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for Xperia 5 IV」を発売。カメラ部もフラットに保護し、ボタン部には周囲を囲むようにフルガード処理としている。(2022/10/18)

組み込み開発ニュース:
「ThinkPad」が世界に発信する日本のモノづくり力、折り畳みノートPCもさらに進化
レノボ・ジャパンがオンラインで会見を開き、初代モデルの発売から30周年を迎えるビジネスノートPC「ThinkPad」の歴史を振り返った。また、ThinkPadの先進技術を実現する上で重要な役割を果たしてきた協業パートナーである東レ、シャープディスプレイテクノロジー、クラレが登壇し採用技術を紹介した。(2022/10/6)

オートレーサー森且行、SHOEIのヘルメット工場へ潜入 できたてほやほや「森モデル」に大感動
こうやってできるのかー!(2022/9/18)

WORKMAN Shoesを中心に展開:
ワークマン、新防寒シューズ発表 アウトドアから部屋用まで7アイテム展開
ワークマンが、防寒シューズ・ブーツの新製品と、2022年新モデル7種を発表した。(2022/8/26)

「バケットシート」はこうやって作る! 名門「BRIDE」の製造工場へ潜入、鮮やか職人技まじスゴイ
皆さんも「つつまれ」ましょう。(2022/8/22)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
そろそろスポーツカーライフについて語ろうか(その1) クルマの美観を保つためのボディーカバー選び
GT-R nismo Special Editionを購入した西川善司さんの連載。今回はスポーツカーオーナーに贈る、美しく保つための方法について。(2022/8/19)

プロジェクト:
大手町ビルの大規模リノベーション工事が完了、屋上に延べ4000m2のワークエリアを設置
三菱地所は、東京都千代田区大手町で1958年に竣工したオフィスビル「大手町ビル」で、テナントが入居する環境で段階的に進めていた大規模リノベーション工事が完了したことを公表した。2022年5月26日には、今回のリノベーション工事で新設した屋上の空間「大手町ビルスカイラボ」をオープンした。(2022/8/12)

光スペクトラムアナライザーの基礎知識(3):
光スペクトラムアナライザーの利用事例と校正
光ファイバー通信分野の開発では必須の測定器となっている光スペクトラムアナライザーについて解説する連載最終回。今回は光スペクトラムアナライザーの「利用事例」と「校正」について説明する。(2022/7/21)

金属加工技術:
ダイヘンが樹脂と金属の異材接合技術開発、EV車体の軽量化に対応
ダイヘンは、電気自動車の車体軽量化ニーズに対応する、樹脂と金属の異材接合技術を開発した。レーザーを用いる同技術は高強度の接合が可能で、従来の接合法で必要な乾燥工程や専用の部材が不要なため、コストや工程時間を削減できる。(2022/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。