ニュース
» 2023年02月10日 11時00分 公開

現場の人手不足解消に貢献、光ファイバーリコーターと大口径光ファイバーカッターFAニュース

フジクラは、光部品の製造に使用される光ファイバーリコーター「FSR115」シリーズと、大口径光ファイバーカッター「CT115」シリーズを販売する。作業者の熟練度への依存を低減し、作業現場の人手不足を解消する。

[MONOist]

 フジクラは2023年1月19日、光部品の製造に使用される光ファイバーリコーター「FSR115」シリーズと、大口径光ファイバーカッター「CT115」シリーズを発表した。同月から販売を開始する。

 光ファイバーリコーターは、UV硬化樹脂により、被覆が除去された光ファイバーの融着接続部を再被覆する。リコート機能のみを有する「FSR115」、リコート機能および最大2kgfの引張試験機能を搭載した「FSR116」、リコート機能および最大10kgfの引張試験機能を搭載した「FSR117」の3機種をラインアップする。

光ファイバーリコーター「FSR115」など (左)光ファイバーリコーター「FSR115」シリーズ、(右)大口径光ファイバーカッター「CT115」シリーズ[クリックで拡大] 出所:フジクラ

 FSR115シリーズは、UV硬化樹脂の注入機構とガラスモールドを改良。作業時間を従来機に比べ約25%短縮し、リコート長の精度を向上している。

リコート作業の流れ リコート作業の流れ[クリックで拡大] 出所:フジクラ

 大口径光ファイバーカッターは、一般的な通信用光ファイバーよりも太い径の光ファイバーを切断する。クラッド径660μmまでを切断する「CT114」、1250μmまでを切断する「CT115」、CT115に切断端面での反射を軽減する斜め切断機能を搭載した「CT116」の3機種を用意する。

 CT115およびCT116には、バックストップの精密自動位置決め機構を搭載。これにより、従来機より切断品質が安定した。また、CT115シリーズ全機種に、刃が摩耗する前に自動で刃位置が移動する切断刃位置変更機構を搭載している。

切断時の拡大図 切断時の拡大図[クリックで拡大] 出所:フジクラ

 FSR115シリーズは、RFIDタグをガラスモールドに搭載。ガラスモールドをリコーター本体に取り付けると、リコート径に応じた条件プログラムが自動で選択される。

 CT115シリーズは、RFIDタグをファイバーホルダに搭載する。大口径光ファイバーを挟んだファイバーホルダを本体に取り付けると、クラッド径に応じた切断条件プログラムが自動で選択される。

RFIDタグを活用した作業イメージ RFIDタグを活用した作業イメージ[クリックで拡大] 出所:フジクラ

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.