ニュース
» 2021年08月10日 11時00分 公開

異業種転職を希望するミドル層が増加、転職先は「IT、インターネット」キャリアニュース(2/2 ページ)

[MONOist]
前のページへ 1|2       

 また、異業種転職を成功させたミドル人材の職種は、「営業、マーケティング系」(52%)が最も多かった。2位が「経営、経営企画、事業企画系」(48%)で、3位が「管理部門系」(43%)、4位「技術系(IT、Web、通信)」(35%)、5位「コンサルタント系」(25%)と続いている。1位の「営業、マーケティング系」については、「ポジションが比較的多い」「B2BでもB2Cでも、営業を経験している人は対人スキルが高く、重宝される傾向がある」などのコメントが寄せられている。

キャプション 異業種へ転職したミドル人材の職種(クリックで拡大) 出典:ミドルの転職

 異業種転職を成功させたミドル人材の転職前の業種は、「メーカー」(64%)が1位。2〜5位は「流通、小売、サービス」(38%)、「IT、インターネット」(32%)、「商社」(23%)、「コンサルティング」(22%)となっている。1位の「メーカー」については、「早期退職制度を導入するケースが増えている」「中小企業に勤めている40代前半までは、将来を考えてIT業界を希望することが増えているように感じる」などのコメントがあった。

キャプション 異業種へ転職したミドル人材の転職前の業種(クリックで拡大) 出典:ミドルの転職

転職先の業種は「IT、インターネット」がトップ

 異業種へ転職したミドル人材の転職先についても尋ねた。トップ3業種は、1位「IT、インターネット」(60%)、2位「メーカー」(47%)、3位「コンサルティング」(36%)。4位は「流通、小売、サービス」(26%)、5位「商社」(17%)だった。「メーカー」「IT、インターネット」は、転職前の業種、転職先の業種として、どちらも多いことが分かる。

 1位「IT、インターネット」の回答理由には、「コロナ禍で業界として安定している企業群を志望する人が多い」「急成長企業があり、IPOの時期などで業種を問わず経験者を受け入れる素地がある」「経験してきた業界に外部から支援できることを知って転職する人が多い」などのコメントが寄せられている。

キャプション 異業種へ転職したミドル人材の転職先の業種(クリックで拡大) 出典:ミドルの転職

 最後に、回答者である転職コンサルタントに、ミドル層の異業種転職者に対して採用企業が期待するものを尋ねた。その結果、「経験職種での専門知識、専門スキル」(70%)が最も多かった。次いで「マネジメント力」(42%)、「新しい環境でも主体的に動ける行動力」(39%)、「経験業種での専門知識、専門スキル」(29%)、「経験業種でのスキル、ノウハウの転職先企業への汎用化」(26%)となっている。経験した職種や業種の知識、スキルとともに、それ以外のマネジメント力や行動力も求められているようだ。

キャプション ミドル層の異業種転職者に対して採用企業が期待するもの(クリックで拡大) 出典:ミドルの転職
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.