• 関連の記事

「病気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「病気」に関する情報が集まったページです。

山口達也「アルコールという存在とは戦いません」「1000%負けるので」 依存症への思いつづる「“病気”とは闘います」
「『あきらめてしまう事』は負けですから…」(2024/7/17)

まぶたの病気と闘う猫、手術後の“パッチリおめめ”に感涙の声 幸せあふれるビフォアフに「元気になってくれてよかった」「凛々しくなったね」
手術成功よかった!(2024/7/14)

志尊淳、芸能活動13周年にピースサイン「紆余曲折ありましたが」 2021年には病気で休養
2011年にテニミュでデビュー。(2024/7/8)

セキュリティソリューション:
アストラゼネカ、タニウムのXEMプラットフォームを導入してパッチ適用時間を大幅短縮
アストラゼネカはタニウムのXEMプラットフォームを導入し、125カ国で12万5000以上のエンドポイントを保護していると発表した。サイバー攻撃のリスクを最小限に抑え、患者ケアに集中するための効率性と可視性の向上に成功したという。(2024/7/6)

医療機器ニュース:
診療データとAIを用いて外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発
富士フイルムは、医療機関向け統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」内の診療データとAI技術を用いて、外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発した。(2024/7/3)

「病による悲しみ減らしたい」と孫正義氏 SBG、がん治療プラットフォームの米Tempusと合弁会社設立
ソフトバンクグループは6月27日、AI医療事業を手掛ける米Tempus AIと提携し、日本で新会社「SB TEMPUS」を設立すると発表した。TEMPUSは、AIを活用したがん治療診断プラットフォームを提供しており、すでに米国の2000以上の病院がサービスを導入。米国のがん患者の半数にあたる770万人がTEMPUSのプラットフォームを使った診断を受けているという。(2024/6/27)

英医療機関へのランサムウェア攻撃、交渉決裂で患者データがダークウェブに
英病理検査機関Synnovisがランサムウェア攻撃を受け、血液検査システムが使用不能になり、3000件以上の予約や手術が中断されている。身代金要求はSynnovisが回答を遅らせたため決裂し、人質の患者データがダークウェブで公開された。(2024/6/23)

AIで通院しやすさを改善
患者の「予約キャンセル」を3割削減 AIを使った“無駄を減らす病院運営”とは
英国の医療機関で、AIツールを使って診療予約のキャンセルを減らす施策が進んでいる。AIツールの開発や活用は、患者が予約をキャンセルする根本的な原因の特定と解消につながっている。その取り組みを紹介する。(2024/6/20)

医学生が患者の電子カルテ画像をSNS投稿 名大病院が謝罪
名古屋大学医学部附属病院は、医学系研究科の学生が2020年3月、SNSに同病院の患者2人の氏名などが入った電子カルテ画面の写真を投稿していたとして、謝罪文を公表した。(2024/6/17)

杏林大学、職員が詐欺サイトにアクセスして個人情報漏えい
杏林大学は、職員のPCが不正アクセスを受け、患者77人分の個人情報などが漏えいした可能性があると発表した。(2024/6/13)

医療技術ニュース:
血液バイオマーカーにより、超早期段階の脳アミロイドPET検査結果を予測
東京大学は、血液バイオマーカーを組み合わせることで、アルツハイマー病に特徴的な脳内アミロイドβの蓄積を検出するPET画像の結果を、超早期段階でも正確に予測できることを明らかにした。(2024/6/13)

遠藤章さん「世界で一番売れている薬」を開発 アルツハイマー病など広がる用途
5日に90歳で死去した東京農工大特別栄誉教授の遠藤章さんが開発した、血中のコレステロール濃度を下げる特効薬「スタチン」は、毎日4000万人以上が服用するとされ、「世界で一番売れている薬」の異名を持つ。(2024/6/12)

医療技術ニュース:
プロバイオティクスによる菌血症の発症を確認
大阪大学は、大阪大学医学部附属病院で発生した菌血症患者を後方視的に調査し、入院患者5例にプロバイオティクス由来のClostridium butyricumという細菌が存在していることを確認した。(2024/6/10)

パワーリフティング選手「私は皮と骨になった」 “風邪かと思った”珍しい病気でICUへ→20キロ失い歩けなくなってから復帰するまで
約1年間の努力が実を結び。(2024/6/6)

職員がインスタに患者のカルテ写真を投稿、約1カ月間外部から閲覧可能な状態に 仙台市立病院
仙台市立病院は、職員がInstagramに担当患者1人のカルテの写真を掲載し、個人情報の漏えいが発生したと発表した。全職員に対して改めて周知徹底するなど、再発防止を図るとしている。(2024/5/29)

医療機器ニュース:
自然な動きが可能になるリハビリ用ロボットの基盤技術を開発
電気通信大学は、リハビリテーションロボットのアシスト中の機械的な透明性を高める革新的な手法を開発した。患者はリハビリ中にロボットの機械的特性に制約されることなく、自然な動作ができる。(2024/5/28)

難病ALS闘病中のニャンちゅう声優、病状進行で「ほとんど体か動かなくなっちゃいました」「ここからがこの病気の本番」
2023年12月には気管切除により「声は失いました」と公表。(2024/5/27)

医療技術ニュース:
嗅覚センサーとMLを組み合わせ、肺がんの有無を呼気で予測する技術を開発
物質・材料研究機構は、嗅覚センサーとMLを組み合わせ、肺がん患者の術前と術後の呼気を高精度に識別する可能性を実証した。正解率80%以上の高い精度で、肺がんの有無を予測できる可能性が示された。(2024/5/27)

群馬大学の附属病院で個人情報漏えいか YouTube動画に電子カルテ画面が映り込む
群馬大学は22日、同学医学部附属病院の入院患者42人の個人情報が一時公開状態になっていたと発表した。YouTubeに掲載された動画に電子カルテの入院患者一覧画面が映り込んでいた。(2024/5/22)

医療機器ニュース:
周術期のパラメーターを測定できる、医療用ポータブル体成分分析装置を発売
テルモは、周術期の患者の管理に重要なパラメーターを測定できる、医療用ポータブル体成分分析装置「ラチェッタ」を発売した。本体重量は310gと小型かつ軽量で、15秒という短時間で測定できる。(2024/5/22)

「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
絶対にマネしてはいけません!(※一部流血シーンがあります)(2024/5/19)

芸能ニュースからサポート詐欺ひっかかり──患者情報2003人分漏えいの疑い 近大病院医師、私物PCに無断保存
近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)は5月13日、産婦人科を受診した患者2003人分の氏名や診察情報などの個人情報が漏えいした可能性があると発表した。非常勤医師だった40代男性が無断で私物PCに保存し、ウイルス感染を装う「サポート詐欺」の被害に遭ったという。(2024/5/13)

Cocco、25歳息子の悪性リンパ腫を公表 この1年は「入退院と通院をくりかえした」「病気と戦った息子本人が1番大変だったはず」
現在は寛解といえる状態まで回復。(2024/5/13)

日本糖尿病学会、「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起
「指先穿刺や皮下センサー留置のための皮膚穿刺をすることなく、血糖値やグルコース値を測定できる医療機器はありません」(2024/4/24)

穴が開いたブロッコリーの茎は食べられる? 生産者の解説に「知らなかった」「ホッとした」の声
病気ではないそうです。(2024/4/18)

医療技術 インタビュー:
オリンパスの新CMOが担う「MSA」の役割とは、内向きではなく患者と向き合う
オリンパスは、同社 CMO(Chief Medical Officer)のジョン・デ・チェペル氏の合同取材に応じた。チェペル氏は「オリンパスに何が求められているかを把握し、日本の優秀な技術開発部門や製造部門に伝えることで、その力をグローバルに広げていくことに貢献したい」と語る。(2024/4/17)

【獣医師監修】猫が首をかしげる7つの気持ち 知っておきたい病気の可能性も徹底解説
猫が首をかしげる7つの理由と病気の可能性について獣医師が解説します。(2024/4/12)

豪在住の日本人看護師が驚愕!! 日本ではありえない外来患者、自ずと退院していく前の光景に「ちょっと衝撃」「かなしいような、すごいような…」
元気になって良かったね!(2024/4/11)

【獣医師監修】猫の鼻が乾燥しているけど大丈夫? 知っておきたい考えられる原因と病気を獣医師が徹底解説
猫の鼻が乾燥している原因と病気について獣医師が解説します。(2024/4/11)

デジタル変革の旗手たち:
AI活用で世界の内視鏡医療の向上に貢献したい――AIメディカルサービス 多田智裕CEO
内視鏡の画像診断を支援するAIが世界を変えようとしている。日本でこそ内視鏡で早期発見が可能な消化管がんだが、世界では多くの患者が命を落としているのが実情だ。内視鏡AI検査でがんの見逃しゼロを目指す医療ベンチャー、AIメディカルサービスの取り組みについて、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/4/9)

療養中の渡邊渚アナ、桜と納まる最新ショット公開 心境吐露&病気で“失ったもの”つづる「諦めた先にあった未来は意外と悪くなかった」
渡邊アナ「悲しいことも苦しいことも嬉しいことも、全てを受け入れられるようになり、心に余裕が出てきました」(2024/4/8)

医療機器ニュース:
アルツハイマー病など神経疾患領域での提携を拡大、検査試薬開発へ
富士レビオグループのFujirebio Diagnostics ABは、Beckman Coulterとの神経疾患領域における提携を拡大した。Beckman Coulterの高感度全自動化学発光酵素免疫測定装置「DxI 9000 Access Immunoassay Analyzer」向けに、検査試薬を開発する。(2024/4/1)

「ギャンブル依存症」の現実や対処法を描く漫画に注目 借金をし親にはウソを、そして盗みにまで手を染めて
依存症という「病気」に、周囲の人間はどう対応するべきか? 作者の三森みささんに詳しい話を聞きました。(2024/3/27)

「ご安心ください」 “紅麹ショック”でDHCとファンケルが声明…… サプリ販売は継続中 小林製薬では死亡患者がサプリ摂取
競合他社は安全性を伝えています。(2024/3/26)

ミュージカル『カム フロム アウェイ』、観客に「麻しん」感染の注意喚起 患者が国内で相次ぐ
ホリプロステージと日生劇場が報告している。(2024/3/14)

iPS心筋球移植 1年で心不全に顕著な効果 来年にも実用化 慶大発ベンチャー
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を球状に加工した「心筋球」を、重い心不全患者の心臓に移植する世界初の治験で、移植後1年間の経過観察により長期間の顕著な症状改善効果が確認されたことが3月8日、分かった。実施した慶応大発の医療ベンチャー、ハートシード(東京都新宿区)は「来年にも実用化したい」としている。(2024/3/8)

【ドッグトレーナー解説】犬が“後ろ足で蹴る”行動、問題ないことが多いけれど例外も……? 病気の可能性や注意点
犬が後ろ足で蹴る意味や注意点について、ドッグトレーナーが解説します。(2024/3/8)

ロッテ「1歳から飲めるクーリッシュ」に大反響 「病気で食べ物がのどを通らないときに良い」「虫歯が心配」の声
乳幼児向けに甘さを抑え、カルシウムや鉄分が加えられたクーリッシュ。(2024/3/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
万能薬は存在しない。マーケティングの「こんなはずじゃなかった」を撲滅するには
この世に「どんな病気も治せる万能薬」がないように、「あらゆるマーケティング課題を一発で解決してくれる万能施策」もない。これらは、自身の病気に合った薬を飲んでいないことに原因がある。(2024/2/29)

【ドッグトレーナー解説】犬がお尻を上げる“プレイバウ”の意味を知っていますか? 威嚇との違いや病気の可能性を解説
犬のプレイバウの意味について、ドッグトレーナーが解説します。(2024/2/26)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
19日に最終回を迎えました。(2024/2/21)

厚労省が「飲酒に関するガイドライン」を発表 1日500ミリのビール1本で発症リスクが高まる病気も
酒に含まれるアルコール量を算出した「純アルコール量」で飲酒量を把握するよう呼び掛け。(2024/2/20)

“死にますよ”と医師警告の33歳タレント、白血病で絶望のふちに「自分の人生終了した」 “親友”モデルの激励受け「また有吉反省会でたいす」
医師の警告後真っ先に泣きながら病気を伝えたといいます。(2024/2/9)

体重105キロの吉本芸人、“基準値オーバー”だらけの健診結果さらし「この世に未練ない」 前回より大幅悪化に「病気のデパート」「生きて」
まずは痩せよう。(2024/2/9)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

浜田翔子、第2子男児の出産報告 元気な泣き声に「涙が止まらない」 妊娠糖尿病、高血圧などのトラブル乗り越え
夫のカブキンさんと第2子との3ショットを公開しています。(2024/1/30)

ZOZOSUITで“むくみ”測定 がん術後の「リンパ浮腫」評価システムを検証
「ZOZOSUIT」と、専用に開発したスマートフォンアプリを使い、がん術後の二次性リンパ浮腫患者の手足の周囲を測定する検証。(2024/1/29)

FM:
行動認識AIで患者見守りの実証実験を開始 戸田建設とアジラ
戸田建設とアジラは、行動認識AIを搭載した「asilla」を精神科病院に導入し、患者見守りなどの実証実験を行う。(2024/1/25)

医療機器ニュース:
リストバンド型生体センサーを用いて脳内アミロイドベータの蓄積を予測
エーザイと大分大学は、リストバンド型生体センサーから取得した生体データを活用し、アルツハイマー病の病理である脳内アミロイドベータの蓄積を予測する機械学習モデルを開発した。(2024/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。