• 関連の記事

「マツダ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マツダ」に関する情報が集まったページです。

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

安全システム:
コネクテッドサービスの無料期間を3年から10年に延長、マツダが安心安全機能で
マツダは2022年6月30日、2019年9月から提供しているコネクテッドサービスのうち、安心安全にかかわる機能の無料期間を従来の3年間から10年間に延長すると発表した。ユーザーからの声を受けて、延長を決めた。当初の無料期間である新車登録から3年間が経過した対象車種のユーザーも、新車登録から10年間まで引き続き無料で使用できる。(2022/6/30)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
わずか5日で売り切れ!「コペン20周年記念車」が示したスポーツカーの価値
ダイハツが発表したデビュー20周年記念の1000台限定のコペン特別仕様車。するとどうでしょう、あっという間に受注が1000台に達し、24日には受注終了となってしまいました。なんと発表から終了まで、たったの5日間。驚きの人気です。(2022/6/30)

自動車メーカー生産動向:
ホンダやマツダの生産が前年同月比で半減、2022年度の厳しいスタート
半導体不足や中国のロックダウンなどサプライチェーンの混乱が深刻化しており、日系乗用車メーカー8社が発表した2022年4月の生産台数では、ダイハツ工業とSUBARU(スバル)を除く6社が前年割れとなった。(2022/6/29)

駆け込み:
スポーツカーが売れている、背景に何が?
エンジンで動くスポーツカーの販売が伸びている。国内自動車各社は、脱炭素に向け電動化を推進中で、お目当てのスポーツカーがエンジン車タイプとして最後のモデルになる可能性があり、駆け込み購入が多いためだ。(2022/6/28)

「公道を走るレーシングカー」がテーマ 「ラブライブ!」ニジガク・優木せつ菜ロードスターがカッコイイ
中見も外見も最後まで貫き通したレーシングカー。(2022/6/26)

直列6気筒エンジン搭載のSUV:
マツダ「CX-60」9月に発売 価格は?
マツダは22日、大きなパワーを得られる直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載した新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-60」の予約受け付けを24日から開始すると発表した。9月に発売予定。CX-60は同社のSUVの中でも高価格帯で、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)など4種類を用意した。(2022/6/22)

電動化:
FRの直6ディーゼルエンジンが323万円、マツダ「CX-60」の予約受注がスタート
マツダは2022年6月22日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-60」の予約受注を同月24日から開始すると発表した。納車開始は、直列6気筒のディーゼルエンジンと電圧48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」が9月から、その他のパワートレインのモデルは12月からを予定している。(2022/6/22)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ステップワゴンが予告から半年も売らなかったワケ ホンダ、ロング・ティーザーの狙い
5月27日に、ホンダのミニバンである「ステップワゴン(STEP WGN)」が発売となりました。しかし正直なところ、「やれやれ、ようやく発売になったのか」というのが筆者的な感想です。それは新型登場の予告が半年も前に行われていたからです。(2022/6/21)

マジか〜! AT大型二輪免許の教習車に予想外の新型登場、何とDCTの「NC750L」 CB400SFはどうなる? 変わりゆく自動車教習所の教習車
MTもATもどっちもNC750かー。(2022/6/16)

FAニュース:
IVIつながるものづくりアワード2022発表、最優秀賞は冷間鍛造の金型異常検知に
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)は2022年6月9日、「IVIつながるものづくりアワード2022」の審査結果を発表し、「鍛造プレス機のインプロセス管理」が最優秀賞に選ばれた。(2022/6/15)

マツダ、新型「CX-60」に採用の新色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を発表 “ピュアな白さ”と“金属質感”を両立
ボディーカラーにもこだわり!(2022/6/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの顔つきは、どこまで売れ行きに影響するのか
デザインには、人の心を動かす力がある。それはクルマであっても同じで、これだけ自動車市場が充実して性能や品質が粒ぞろいの中にあっても、デザインは売れ行きを決める重要な要素であり続けている。(2022/6/13)

リモコン操作にも対応 「チョロQ」モータープルバックで進化 引いた回数で走り方が変化、走行パターンのプログラミングも
別売りのコントローラーで、リモートコントロールも可能。(2022/6/11)

バッドボーイズ佐田、かわいすぎる軽自動車「シャンテ」出会って3秒即購入!! 「ここで出会えるなんて運命だろ」「一生モノ!」
勢いすごいな!(2022/6/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
スクーター、子ども用のカート、ラジコンカー……小さな水素タンクを思い返す
さて、今週末は2022年スーパー耐久シリーズの第2戦となる富士24時間耐久レースが開催されます。バイオディーゼルエンジンや水素エンジンなどが市販車に近い状態で走るので、カーボンニュートラルに向けた各チームの試みが見どころの1つではないでしょうか。(2022/6/4)

男性が選ぶドライブデートで乗りたい車 3位「プリウス」、2位「クラウン」、1位は?
NEXERは、運営する「日本トレンドリサーチ」にて、グーネット中古車と共同で「ドライブデートで乗りたい車」に関するアンケートを実施した。男性が選ぶ「ドライブデートで乗りたい車」の1位は?(2022/6/4)

「猫って時間覚えるの…?」自動給餌器の前で待機する姿に飼い主驚き 猫飼いから「うちの子も」の声続々
猫の腹時計、にゃめんにゃよ。(2022/6/4)

スポーツDXと3つのIT 上林功・追手門学院大准教授
スポーツにおけるDXは、新たなビジネス創出やコンテンツの充実に不可欠だ。4月にはスポーツエコシステム推進協議会が設立され「スポーツDXファクトブック」が公開された。新しいスポーツの興行や環境整備について触れられている。(2022/5/30)

モータースポーツ超入門(14):
次世代燃料、バイオ素材……国内モータースポーツで加速する脱炭素
国内で行われている3つの最高峰レースカテゴリー「スーパーフォーミュラ」「スーパーGT」「スーパー耐久」において、カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みが活発になっている。合成燃料や環境配慮素材の採用、次世代パワートレインの先行投入など、将来に渡って持続可能なレースシリーズの構築をめざす動きが急速に進んでいる。(2022/5/30)

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカー好業績の裏で、伸び悩んだ生産台数
2021年度の自動車産業は、半導体不足や部品供給網の混乱などに振り回された1年だった。日系乗用車メーカーの2021年度の業績はおしなべて好決算だったものの、円安の追い風による部分が大きく、生産台数は伸び悩んだメーカーも少なくない。(2022/5/27)

来ました自動車税の季節 日本の重課税(13年/18年)と欧米のクラシックカー優遇を比べてみると…… 多事走論 from Nom
もうすぐ期限(原則5月31日)……毎年気が重い「自動車税納付」の季節。そういえば、日本ってなぜ「旧車」だと重課税されてしまうのでしょう。(2022/5/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ミニが6年連続の輸入車種ナンバー1に その人気の理由とカラクリ
BMWのMINI(ミニ)が6年連続の新車販売ナンバー1を獲得しました。そこには、いくつかの理由が考えられます。そして、その前提としてBMWミニが上位につけるカラクリが存在します。(2022/5/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
営業利益11倍に マツダ地獄からの脱出、最終章
2010年以来マツダが取り組んできたことをひも解いてみる。それは一度マツダ車に乗るとマツダ車から抜け出せない、俗に「マツダ地獄」と揶揄(やゆ)されてきた状況からの脱出だ。(2022/5/23)

レイトレーシングが変えるゲームグラフィックス(第2回):
ゲームの中で「レイトレーシング」はどう使われる? 実例を見てみよう
最新ゲーム機が対応したことで注目を集めている「レイトレーシング」という言葉。前回の記事ではその技術的概要を紹介したが、RT(リアルタイムレイトレーシング)の黎明(れいめい)期に登場したデモプログラムや現在のゲームを通して、この記事ではレイトレーシングがゲームのグラフィックスにどのように使われているのかチェックしていく。(2022/5/23)

中日・根尾昂外野手がついに投手デビュー! マツダスタジアム全体からざわめきが起こる
8回裏を打者4人に対して1安打15球無失点。9回表には「4番・投手」として打席に立ちました。(2022/5/21)

太陽光:
太陽光100%でEVをシェアリング、可搬型バッテリーも活用する中国電力の新実証
中国電力が2022年4月から「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始。太陽光パネル搭載のカーポートを活用し、再生可能エネルギーのみでシェアリングEVを運用するという新たな取り組みだ。実証の背景や詳しい概要を取材した。(2022/5/19)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
いまだに新車でボディーコーティングしてるの!? 現場のプロに聞くペイントプロテクションフィルム最新動向
西川善司さんによる国産高級スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」連載、今回は前回に続き、車体の保護について。(2022/5/18)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ディーゼルはオワコンなのか? 輸入車の現状とハイブリッドとの戦い
電動化が注目されるほどに存在感が薄くなっていくものがあります。それがディーゼル・エンジンです。「ディーゼル・エンジンは消えてなくなる」……と思いきや、世の中は単純ではなかったようです。(2022/5/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
体質改善を進める自動車メーカーの前に、資材価格のかつてない高騰が立ちはだかる
土曜日ですね。1週間おつかれさまでした。昨日(5月13日)から、高齢ドライバー向けの実車試験の運用がスタートしました。運転免許を更新する75歳以上の人で、直近の3年間に信号無視や速度超過など一定の違反があった人に、実車試験が義務付けられます。免許の有効期間が終わるまでの6カ月の間に、実車試験を受けなければなりません。(2022/5/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
全固体電池やLiDAR……自動車メーカーがコストよりも「足りない性能」に言及するとき
土曜日ですね。昨日からお休みの方、5月8日まで休みで10連休だという方、「みんなが休みのときこそ仕事」という方、皆さまおつかれさまです。連休直前や連休明けに稼働停止という自動車メーカーがあり、気をもんでいる方も多いかもしれません。(2022/4/30)

「bZ4X」プロトタイプを試乗して分かったトヨタの本気度
2022年5月に発売するトヨタの電動シリーズ「bZ」第一弾SUV。千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイで乗り味をチェックしてきました!(2022/4/29)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(3)
いったいマツダは新たなFRシャシーで何をしようとしたのだろうか? 存在を感じない道具を作るのはそれはそれでもの凄く大変なことで、それこそ値千金なのは理屈としてよく分かる。正しいのか正しくないのかといえば正しい。間違い無く正しいのだが、大衆に理解されるかは何ともいえない。(2022/4/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(2)
前回はCX-60を題材にマツダのラージプラットフォーム戦略の内、6気筒FRというレイアウトの狙いと、多種多様に及ぶ車種群をどうやってフレキシブルかつ、効率的に生産するのかについて解説した。今回はそのシステムの発展性について解説するところから始めよう。(2022/4/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
フィアットの新型EV「500e」 が有望な理由 デザインにポイント
フィアット初のEVである「500e(チンクエチェント・イー)」が6月25日より日本で発売となります。確信しました。これはヒットすると。なぜ、そう思ったのか。それはデザインがいいから。(2022/4/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(1)
前回の予告通り、今回からはCX-60の詳細な解説に入っていく。まずはマツダはなぜラージプラットフォームを開発したのか。その狙いはどこにあるのかが最初のテーマである。(2022/4/25)

創業から現在、そして未来へ 歴史がぎっしり詰まった「マツダミュージアム」5月23日から一般公開
オンラインマツダミュージアムも開設。ドローンの迫力ある映像などが見どころ。(2022/4/22)

マツダ本社内:
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始 全面リニューアルでブランド発信拠点としての機能を強化
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始する。施設全体の空間デザインや展示内容を刷新し、ブランド発信拠点としての機能を強化する。歴史とマツダのコンセプトを体感できる、ストーリー性のある展示にした。(2022/4/21)

電気自動車:
次世代高容量高入出力リチウムイオン電池の開発へ、マツダがNEDO事業で
マツダは2022年4月19日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募する「グリーンイノベーション基金事業/次世代蓄電池・次世代モーターの開発」で、マツダが提案した「次世代高容量高入出力リチウムイオン電池の開発」が採択されたと発表した。(2022/4/20)

インフルエンサーパワーランキング、新規開設1位はダントツで「ガーシーch」 総再生数1位は?
45万人以上のインフルエンサーデータを保有する独自の分析ツールのデータに基づき、各ランキングを作成した。(2022/4/19)

マッスル顔でキマってる! 4ローター1200馬力仕様FD マツダ「RX-7」カスタムカーがかっこよすぎる
アメ車っぽいフロントいいなぁ。(2022/4/19)

工場ニュース:
マツダが4月下旬に4日間の操業停止、中国での新型コロナ拡大で
マツダは2022年4月15日、広島本社工場(広島市南区)と防府工場(山口県防府市)の操業停止予定を発表した。(2022/4/18)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
アリアで知った、日産の走り味とは
先日、日産の新型EVである「アリア」のメディア向け試乗会に参加しました。試乗の後には、アリアの開発者の話を聞く機会も得ました。そこで気づいた「日産の走り」を紹介します。(2022/4/18)

千葉で見本市:
ランボルギーニや初代シビック スーパーカーブームを牽引した名車が集結
往年の名車を中心にした自動車の見本市「オートモービル カウンシル2022」が17日までの3日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。(2022/4/17)

うぉぉ、700万円(!)の「NAロードスター」にびっくり まさかロードスターにもこんな値が付く日が来るとはー!
もちろん理由を聞けば納得、一見の価値大ありの感動モノです。(2022/4/15)

希少な名車が幕張に集結! ヘリテージカーの祭典「オートモビル カウンシル2022」が開幕、F1マシンや最新EVも登場
学生さんは大幅割引の当日券もありますよ〜!(2022/4/15)

熱いぜ! あの「マツダスピード」再来か 「スピードを楽しむ」新ブランド、マツダが開始
また、マツダスピードアクセラみたいなクルマ出してほしいなー♪ 謎の「マツダ製スポーツ自転車」も爆誕、な、何これー!(2022/4/15)

太陽光:
太陽光だけで稼働するEVステーション、「カーポート+蓄電池」で実現へ
中国電力は太陽光発電のみの電力で運用する「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。太陽光発電の電力のみで運用するEV(電気自動車)の充電ステーションに、カーシェアリングサービスを組み合わせた世界初の取り組みになるという。(2022/4/15)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ高級車はFRレイアウトなのか? その独特の乗り味とは
マツダがFRの新しいラージ群プラットフォームを採用したSUV、CX-60を発表した。「時代に逆行している」という意見と共に、登場を歓迎するコメントも少なくなく、セダンに対する期待も溢れている。では、今回のポイントの1つであるFRとはいったい何なのだろうか?(2022/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。