• 関連の記事

「マツダ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マツダ」に関する情報が集まったページです。

品質不正問題:
豊田自動織機の自動車用エンジンが出荷再開、ダイハツの登録車も
型式指定申請の不正行為で止まっていた出荷と生産が、再開に向けて進み始めた。(2024/2/29)

自動車メーカー生産動向:
日系メーカーの新車生産は本格的に回復、コロナ禍前に届かない企業も
半導体不足などサプライチェーンの混乱で長らく低迷していた自動車生産が本格的な回復を見せている。日系乗用車メーカー8社の2023年の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。半導体不足が緩和し、国内生産や北米生産の回復がけん引した。(2024/2/28)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
売れ続けるマツダ「ロードスター」 あえてフルモデルチェンジしない理由
売れ行きが好調なマツダ「ロードスター」。前回のフルモデルチェンジから約9年が経過する中、マツダがあえて商品改良したのには、ある理由がありました。(2024/2/21)

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

バッドボーイズ佐田、ヴィンテージものの“国産車”を死の淵から蘇生 男たちの激闘に感動の嵐「涙が出てきました」「最高の瞬間」
最高の復活劇!(2024/2/18)

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの再発防止策は「開発期間1.4倍」「試験や評価で増員」
ダイハツ工業は認証不正問題の再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。(2024/2/13)

ダイハツ 1カ月半ぶり生産再開 従業員「やっと始まった」「悪いところは正す」
ダイハツ工業は12日午前、認証不正発覚を受けて停止していた京都工場(京都府大山崎町)での自動車生産を約1カ月半ぶりに再開した。安全性が確認されたとして国土交通省が出荷停止指示を解除した2車種が対象で、昨年12月に国内の全工場の稼働を停止して以来、初の生産再開となる。(2024/2/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダ・ロードスターの大改変 減速で作動するアシンメトリックLSDの狙い
マツダのいうアシンメトリックLSDは、これまでのセオリーに反し、減速時の方をより強く拘束するというこれまでになかった発想のLSDである。なぜこのようなLSDを搭載したのか。歴代ロードスターが抱えてきたセッティング苦悩の背景から解説する。(2024/2/12)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

製造マネジメントニュース:
トヨタは2023年度の業績予想を上方修正、ダイハツなどの不正も織り込み済み
トヨタ自動車は2024年3月期第3四半期の決算を発表した。営業収益は前年同期比23.9%増の34兆227億円、営業利益は同102.1%増の4兆2402億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が同107.9%増の3兆9472億円だった。(2024/2/7)

「広島マツダ」会長、松本人志の報道巡り「私は圧倒的に味方」投稿に批判 「これはひどい」「吐きそうな内容でした」
ヒロマツHDに問い合わせました。(2024/2/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京オートサロン」はどこまで成長するのか クルマ好きをひき付ける魅力がある
今年も年明けに東京オートサロンが開催された。カスタムカーの祭典だが、自動車メーカーも積極的に出展し、クルマ好きの心をつかんでいる。環境に配慮した次世代モビリティの提案も増えた。自動車産業を支える一大イベントとして、どこまで成長できるのか。(2024/2/5)

マツダ、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70」初公開 今春北米に投入
マツダノースアメリカンオペレーションズが新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70」を初公開した。今春に米国・カナダで発売予定。(2024/2/2)

自動車メーカー生産動向:
新車生産がコロナ禍前を超える水準、6社が前年同期比2桁パーセント増
日系自動車メーカーの生産が力強い回復を見せている。乗用車メーカー8社の2023年11月の世界生産台数は、スズキとダイハツ工業を除く6社が前年実績を上回り、8社合計では10カ月連続で増加した。(2024/1/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
なぜ今、ロードスターがアップデート? そして990Sが消失したワケ
2015年のデビューなのでほぼ9年が経過したマツダ・ロードスターが大幅なアップデートを受けた。と聞いたら普通はいくつか疑問が出るだろう。(2024/1/29)

安東弘樹アナ、“日本車では2択”の貴重な車種に感嘆 「マニアック」「人生最初の車だったら」
「また永遠に運転していたくなりました」(2024/1/25)

バッドボーイズ佐田、蘇生後の“50年モノ国産車”で感動ドライブ 自ら1年半のエンジン修理で「快調ぶりヤバい!」「令和に走ってるのがステキ」
シャンテおめでとう!(2024/1/25)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの稼働停止期間は2月16日まで延長、再開はめど立たず
ダイハツ工業は2024年2月以降の稼働予定を発表した。(2024/1/24)

品質不正問題:
ダイハツの型式不正、まずは5車種の出荷停止解除へ
国土交通省はダイハツ工業の型式指定申請で不正行為のあった46車種のうち、5車種の出荷停止を解除した。(2024/1/22)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
品質問題で「それ、あなたの感想ですよね?」と言われないために
「誰がどう見ても正しいモノづくりであることを証明する」ということが重要になってきます。(2024/1/18)

品質不正問題:
ダイハツの認証不正、特に悪質な3車種が型式指定取り消しへ
国土交通省はダイハツ工業に対する立ち入り検査の結果を発表するとともに、不正行為が悪質な3車種の型式指定を取り消す手続きを開始したと発表した。(2024/1/17)

バッドボーイズ佐田、“50年モノ国産”愛車の蘇生で感動の渦 1年半ぶりの鼓動に「エンジン音聞いたら泣けてきました」
とうとう復活!(2024/1/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツの軽商用EVが販売延期、トヨタやマツダはエンジン開発に注力
2024年も話題が盛りだくさんになりそうですね。(2024/1/13)

車載電子部品:
オールジャパンでチップレット技術、2030年以降に量産車で搭載目指す
自動車メーカーなど12社は自動車用先端SoC技術研究組合を設立した。チップレット技術を適用した車載用SoCを研究開発し、2030年以降に量産車に搭載することを目指す。(2024/1/5)

高根英幸 「クルマのミライ」:
マツダの「MX-30 ロータリーEV」 現時点で“EVの最適解”と言えるワケ
マツダがロータリーエンジンを復活させたことで注目される「MX-30 ロータリーEV」。ロータリーエンジンを発電に使うこのクルマは、MX-30のEVモデルとは別物の乗り味だが、日常で使いやすい仕様になっている。今後のEV普及に向けて、現時点で「最適解」と言えそうだ。(2024/1/3)

データに隠された真実:
「年収700万円」の人が住んでいるところ データを分析して分かってきた
「年収700万円」ファミリーは、どんなところに住んでいるのでしょうか。データを分析してみました。(2024/1/2)

マツダの「EV」に試乗希望殺到、“眠れる獅子”ロータリーエンジンが咆哮
マツダは令和5年11月、同社の象徴ともいえるロータリーエンジンを搭載し、発電機として使用するプラグインハイブリッド車「MX−30 ロータリーEV」を発売した。(2023/12/31)

コミケに行きたくて自分で託児所を作ったママの実録奮闘記に共感&感動 大人気エッセイのコミカライズ版が登場
勇気が出るかも。(2023/12/29)

2030年モデルへの搭載を目指す:
トヨタやルネサスなど12社、車載用SoC開発に向け新組織「ASRA」を設立
トヨタ自動車やデンソー、ルネサス エレクトロニクスなど自動車メーカー、電装部品メーカー、半導体関連企業12社が、「自動車用先端SoC技術研究組合(Advanced SoC Research for Automotive/ASRA)」を2023年12月1日付で設立した。チップレット技術を適用した車載用SoC(System on Chip)の研究開発を行う組織で、2030年以降の量産車に搭載すべく、研究開発を進める。(2023/12/28)

川崎麻世、“住居事情”で国産新車を買い替え 自分へのプレゼントは黒光りする1台「以前と同じ色を選びました」
これまでと引き続き黒ボディのマツダ車に。(2023/12/28)

オートモーティブ 年間ランキング2023:
電池のSOCやSOHとは? eAxleを巡る状況は? 2023年に読まれた自動車の記事
「そうそう、これは今年の話題だよなあ」なんて2023年の記事を振り返っていただきたく、毎年恒例の年間ランキングをお届けします。2022年より前のランキングも意外と面白いですよ。(2023/12/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田社長の“あの時の話”を詳しく明かそう 2023年に読まれた記事
筆者が毎回サーキットに行くのは、普段はなかなかないほど長い取材時間が与えられるからだ。サーキットに行くと時間をたっぷり使って、かなり踏み込んだ話ができることがある。ましてや海外のサーキットとなれば、帰りの時間もない。その時、豊田社長が衝撃的な発言をしたことを、かなり思い切って記事にしたものが、今年の1位の記事だ。(2023/12/25)

2023年に最も注目された中古車 同率2位は「コペン」「タント」、1位は?
2023年に中古車として注目が高かったクルマは何か。カーセンサーが調査結果を発表した。(2023/12/19)

自動車メーカー生産動向:
5カ月ぶりに2桁パーセント増、乗用車メーカーのグローバル生産
半導体の供給改善により日系メーカーの自動車生産は回復基調が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年10月の世界生産台数は、ダイハツ工業を除く7社が前年実績を上回り、8社合計では9カ月連続で増加した。(2023/12/18)

脱炭素:
マツダは2030年度に国内拠点のCO2排出を7割削減、省エネや再エネで
マツダは2030年度に国内拠点でのCO2排出量を2013年度比で69%削減する。(2023/12/15)

製造マネジメントニュース:
デンソーが燃料ポンプの大規模リコールでコメント、調査は現在も続く
デンソーは大規模リコールに発展している燃料ポンプの不具合に対するコメントを発表した。(2023/12/14)

「こんな思想の強いローソン初めて」 甲子園近くの「タイガースローソン」が話題 独自カラー店舗は広島にも
広島や北海道など、各地のコラボローソン報告も続々。(2023/12/14)

峠道に響き渡るエンジン音…… 郡サイで撮影された初代「ロードスター」のドリフトパフォーマンスがすごい
迫力満点の映像です。(2023/12/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男会長退任の舞台裏 自工会はどうやって生まれ変わったのか
日本自動車工業会(JAMA)は定例記者会見を開催し、年明けからの役員交代を発表した。会長職は、これまでの豊田章男トヨタ自動車会長から、片山正則いすゞ自動車会長へと交代する。そこからJAMAの生まれ変わりストーリーをたどってみよう。(2023/12/11)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
せっかくの晴れ舞台でなぜ? 新生モーターショーで“紹介されなかった”クルマたち
11月5日まで東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。メーカー各社は気合いの入った出品車を披露しました。その一方で登場しなかった、もしくは華々しく紹介されなかったクルマたちも存在します。(2023/12/8)

「GLAY」HISASHI、溺愛の“激シブ国産旧車”が街中で注目の的 「文句なしのカッコ良さ」「後世に残してほしい車」
RX-7を2台持ちのHISASHIさん。(2023/11/30)

ガチの車好きな安東弘樹アナ、“11年ぶり復活”のエンジン積む新車に「感動はありませんが『健気』」
シングルローターのユニットを発電機として搭載。(2023/11/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの凄さと嫌われる理由
トヨタ車は、信頼性が高く実用的で、社会適合性が高く、かつオーナーの欲望がむき出しにならないクルマだ。だから役に立たないスポーツカー選びではなく、現実に取材のアシとして、あるいは別の趣味としての自転車を積んで出かけようという話になった場合、トヨタの製品は俄然候補に上がってくるわけだ。(2023/11/27)

フット岩尾、購入の“上品な高級外国車”にドキドキ止まらず 「おしゃれ!」「運命の人と対面するみたい」
これまではマツダ車に乗っていました。(2023/11/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
教習所のクルマが旧態依然としているワケ 教習車ならではの事情
運転免許取得のために通う自動車教習所で使われるクルマには、EPB(電動パーキングブレーキ)などの先端装備は搭載されていない。教習内容を厳格に定められている教習所ならではの事情があるからだ。教習車に求められている要素とは?(2023/11/26)

自動車メーカー生産動向:
23年度上期の新車生産は3年連続で前年超え、コロナ禍前からは8.5%減
長らく半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷していた自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年度上期の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。(2023/11/24)

汚すぎる名車をリストアしたら…… 「復活!レストア大作戦」が日本初放送、ガチ勢によるビフォーアフターがすごい
初代ロードスターなども登場。(2023/11/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
スズキと「リン酸鉄系」リチウムイオン電池
今週は興味深いニュースがありました。スズキがリチウムイオン電池のメーカーと業務資本提携を結んだ件です。(2023/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。