• 関連の記事

「輸入車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「輸入車」に関する情報が集まったページです。

「ITツール、どう選んでいる?」:
PR:「ITツール、どう選んでいる?」 導入担当者に聞く、製品選定のリアル 積極的に目を通す“モノ”とは?
企業がITツールを新しく導入するとき製品を選ぶ基準は何か、導入担当者はどのようなことを考えているのか――自社製品をユーザー企業に届けるマーケターにとって、こうした情報はマーケティング戦略を考えるうえで重要な情報になります。(2024/5/15)

3代目バチェラー・友永真也、“注文から数年単位”の人気国産車を堂々ゲット 過去入手の“超高級外車”と比較し「また違った良さがあります」
妻・岩間恵さんとさっそくお出かけ。(2024/5/14)

コブクロ黒田、初披露した“30年モノの高級外車”に反響! 数千万円級な激レア車との共演風景に「道路で探してしまいそう」
コブクロファミリーの愛車紹介。(2024/5/14)

GACKT、「最上級グレードの外車」寄付も売り飛ばされ……“カスタムだけに3000万円”な元愛車の激安価格に「この値段なら買い戻すか」
「落札者が売りたくなったのならそれも個人の自由」とも。(2024/5/10)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラは日本で受け入れられるのか? オーナーズクラブ代表に聞く「これまでの10年」と「これから」
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、Tesla歴10年余のベテランユーザー安川洋氏に、日本におけるTeslaの歴史や今後の展望などについて話を聞きました。(2024/5/9)

小柳ルミ子、愛する“超一流外車”乗りこなす姿が「神々しい」の一言 ハンドル取ったレアショットに「運転うまそう」
2021年ごろから今の車に乗っているとのこと。(2024/5/8)

製造マネジメントニュース:
国産車の2023年度のリコール対象台数は合計762万台に
国土交通省は2023年度のリコール届け出件数と対象台数の速報値を発表した。(2024/4/30)

杉浦太陽、“一番運転しやすい国産車”をモザイクなしで初公開 最新モデルを購入も「外車じゃないの好感度アップ」
家族もお気に入りの一台。(2024/4/25)

また1台買ったの!? ROLAND、“超高級外車”の4代目ゲットで本音吐露 華やか内装披露し「現行嫌いだった」「買ったら買ったで愛おしい」
実はぞっこんですやん。(2024/4/16)

「見取り図」盛山、覇気感じる“夢の超高級外車”ゲットで大興奮 ドキドキ初対面で「圧倒的な力」「これオレの車かよ」
本当にうれしそう。(2024/4/9)

藤あや子、“憧れの高級外車”が1年越し納車 愛車に合わせたファッションで登場「かっこよすぎる!」「ワイルドですね!」
かっこいい!(2024/3/27)

また車買ってる! ヒロミ、750万円超えのフィアットを即決購入 ものの数十分で「売約済みって書いといて」
最初から買う気満々。(2024/3/13)

存在感スゴい! 槙野智章、“1700万の高級外車”をド派手カスタム「うわ〜! やってるわこれ!」
これは目立つ。(2024/3/7)

「3億で全身整形」のタレント、最終カスタムで“賭けみたいなオペ”を計画 「最悪死亡」「ずっと麻痺したまま」と恐ろしいリスク
怖すぎる。(2024/3/4)

消費者に「かわいい」と支持されている輸入車 男女別の結果は?
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、中古車販売を手掛けるグーネット中古車と共同で、かわいいと思う輸入車ランキングを発表した。男女ともに「ミニ(ミニ)」が2位に大差をつけて1位を獲得した。(2024/2/29)

竹原慎二、2200万円でゲットの“超高級車”と1年でサヨナラ お気に入りでのラストドライブに「出会いがあれば別れもある」
お別れを告げる小雨に「涙だね……」(2024/2/25)

「今はスローライフなんで」 藤川球児、現役最後の“超高級外車”を涙の売却 数千万円の希望額に届いてしまい「サヨナラ確定!」
引退後の愛車はハイエース!(2024/2/25)

“3億で全身整形”のヴァニラ、愛する限定300台の“外国車”を初公開 ピンク&キラキラの派手カスタムに「似合ってますね」「ピッタリ」
かわいい車!(2024/2/25)

やさしいデータ分析:
[データ分析]重回帰分析による予測(線形回帰、多項式回帰) 〜 年式、走行距離、排気量から中古車の価格を予測
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。(2024/2/22)

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

丸山桂里奈、こよなく愛する“ゴツめの外車”披露で「いい車乗ってるね〜」 夫・本並健治とは「財布も別だが車も別」
「車は友達以上恋人未満だね」(2024/2/14)

前澤友作、納車した“最高級の国産車”がレベチすぎ 数千万円かけた快適空間に「なんじゃこりゃぁ!」「車内というよりリビング!」
4億以上した1台から続けてゲット。(2024/2/13)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京オートサロン」はどこまで成長するのか クルマ好きをひき付ける魅力がある
今年も年明けに東京オートサロンが開催された。カスタムカーの祭典だが、自動車メーカーも積極的に出展し、クルマ好きの心をつかんでいる。環境に配慮した次世代モビリティの提案も増えた。自動車産業を支える一大イベントとして、どこまで成長できるのか。(2024/2/5)

角田信朗、5年乗った相棒から「国産高級車」へ乗り換え “似合ってる”と周囲が黄色い声も「セレモニーは恥ずかしかった」
“大袈裟”と受け取ったもようです。(2024/2/4)

関根麻里、約10年前に出会っていた“日本人アーティスト”がグラミー賞受賞 再会の相手は「とても嬉しかった」
「なんと! 9年前にお会いしていました!」(2024/2/4)

下咽頭がんステージ4の見栄晴、“盟友”中山秀征が入院先での近影公開 「お元気そうな笑顔でホッとします」
「DAISUKI!」で共演していた笑顔の2人。(2024/2/4)

再び現役引退の馬淵優佳、“海外へ移住”告白し「娘たちとの生活を大切にしよう」 夫・瀬戸大也には言及ナシ
ブログは継続するそうです。(2024/2/4)

脱退続出&“急逝発表”のアイドルグループが3カ月で解散へ……運営が謝罪「亡くなってしまうのは2回目」「脅しの連絡をしてしまったり」
5人組で発足したグループは最終的にメンバー1名となっていました。(2024/2/4)

還暦の野沢直子、バイト先で披露した“血まみれ”タトゥーで客の心わしづかみ 手ごたえ感じるも「逆にドン引きしたんじゃ」
「たくさんの借金」でバイト生活に。(2024/2/4)

長渕剛、“卑劣なマスコミ”の報道に「事実と真実は違う」 深く傷ついた過去明かし「悲しいってより悔しい」「そんなこと言われる筋合いはねぇ」
報道に深く傷ついた際には「死のうと思います」(2024/2/4)

「ママの息抜きはどこにあるんだ」 紺野あさ美、長期ワンオペ育児で湧き出る“ママの愚痴”に共感の嵐「代弁してくれてありがとう」
尊敬しかない。(2024/2/4)

「すーちゃん食ってました」 北斗晶、節分参加の孫が見事“初の鬼退治” 相手がやられる姿に「鬼嫁の遺伝子強し!!」「直接体当たりで立派」
さすが!(2024/2/4)

ROLAND、“武器保管庫”で拳銃を握りしめる姿に「すぐ影響されるヤツ」 こだわりのミリタリーコーデも披露
映画「エクペンダブルズ」シリーズ最新作を鑑賞。(2024/2/3)

清原翔、31歳バースデーで1年ぶりにインスタ更新「僕は元気です」 2020年6月に脳出血で倒れ3度の手術
現在、療養中の清原さん。(2024/2/3)

不倫妻役の篠田麻里子、“37歳の制服ツインテール”にファン衝撃 AKB48に再加入できそうな姿に「まだまだJKいけるじゃん!」
すごいドラマだ。(2024/2/3)

アレクサンダー、白血病を患った“弟みたいな存在”へエール「一緒におじいちゃんになろうぜ!!」
アレク&川崎希ファミリーとも親密な人物。(2024/2/3)

土屋太鳳、母になって初のバースデーに喜び「29歳になることが出来ました!」 夫は片寄涼太、2023年8月に出産報告
ママになって初めての誕生日を迎えた土屋さん。(2024/2/3)

住谷杏奈&レイザーラモンHG、12歳娘が1日10時間の猛勉強で志望中学に合格「娘、号泣。私も号泣」 受験勉強開始は2カ月前
4教科受験は失敗も、2教科で合格を勝ち取りました。(2024/2/3)

「ロッキー」ライバル役のカール・ウェザース、76歳で死去 スタローン、シュワルツェネッガーが追悼
「ロッキー」ではライバルのアポロ・クリード役を演じていました。(2024/2/3)

成田童夢、1歳次男が初スノボで才能開花 遺伝感じさせるセンスに「えっ天才」「バランス感覚すご!!」
完全にオリンピック選手の血。(2024/2/3)

伊藤英明、『海猿』原作者に感謝伝える「記事を読みました」 当時もらった原画も「『海猿』は僕にとって一生の財産」
原作漫画家の佐藤秀峰さんは原作改変に憤りを示しました。(2024/2/3)

すみれ、新米ママ時代に夫から投げかけられた“キツい一言”に涙 「一番いわれたくない言葉」「泣いちゃいましたね」
新米ママとして慣れない時期にキツい一言。(2024/2/3)

狩野英孝、わずか10分の生配信で“伝説”を生み出してしまう テンション乱高下の展開に「本物の笑いの神」「笑いすぎて涙出た」
天才エイコーちゃん。(2024/2/3)

滝沢眞規子、結婚記念日の夫婦ラブラブショットが尊すぎ 穏やかな空気伝わる1枚に「ほんと素敵」「美男美女で目の保養」
しっかり花束も用意して記念日をお祝い。(2024/2/2)

元あいのり・桃、“めちゃ気に入った”高級外車の初購入で「ぎゃーー!」 オラオラしてない1台に「テンション上がってます笑」
安全性能の高さにも定評。(2024/2/2)

エルモ、生放送で“暴行”される 被害後の対応がさすがと話題に「エルモは立派だなぁ」「危うく大事件になるところ」
「みんな元気?」投稿が話題になっているタイミングで。(2024/2/2)

若手ロックバンド、ネット史に残る“前代未聞のミス”で注目浴びる イベント予約の告知のはずが……「歴史的アホ」「笑いの神に愛されすぎ」
原因知りたい。(2024/2/2)

MAKIDAI、USAの47歳バースデーに息子たちを抱っこした“Wパパ姿” 青春時代のレア写真も公開で「ベビネしか勝たん」
10代のころにダンスチーム「BABY NAIL」を結成していた2人。(2024/2/2)

川口春奈、“同じ日生まれ”の仲良し俳優と合同お誕生日会 29歳になる2人に「ビックリです!」「奇跡の1995年」
2人とも楽しそう。(2024/2/2)

「セクシー田中さん」原作者・芦原妃名子さんの死去、出演者の生見愛瑠にコメント殺到「黙ってるだけ?」……数日後に当人「心の整理がつかず」
派遣OLの倉橋朱里役で出演していた生見さん。(2024/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。