• 関連の記事

「ベンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベンツ」に関する情報が集まったページです。

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
わずか5日で売り切れ!「コペン20周年記念車」が示したスポーツカーの価値
ダイハツが発表したデビュー20周年記念の1000台限定のコペン特別仕様車。するとどうでしょう、あっという間に受注が1000台に達し、24日には受注終了となってしまいました。なんと発表から終了まで、たったの5日間。驚きの人気です。(2022/6/30)

「空飛ぶクルマ」のテトラ・アビエーション、米で販売体制増強 整備拠点を新設、要員倍増へ
1人乗りの電動航空機を開発するテトラ・アビエーションの中井佑社長は27日、都内で記者会見し、来年春の機体の初納品に合わせて、販売市場と想定する米国に整備拠点を来年3月までに新設すると明らかにした。(2022/6/28)

丸っこいビートルが大変身 VW「Type 1」をカスタムした限定車「ボイトラー 1.2」が海外オークションに登場
価格は約1070万円となっています。(2022/6/16)

「やっぱ高級車なんやな」 ライセンス藤原、憧れの「ベンツ」購入 「ボコボコになったレクサスを下取りに出した」
一家大満足のクルマ選び、何かいいなー!(2022/6/8)

お尻丸出しで数百万円稼ぐ F1ドライバー、バルテリ・ボッタスが川で泳ぐプライベート写真が大反響
チャリティーカレンダーに使われ、コラ画像も作られる事態に。(2022/6/6)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(3):
自作の「金融商品自動売買ツール」をGo言語で作ってみる
「老後のための投資」について、どうも“着火”(やる気に火がつくこと)しません。だとしたら、私が大好きな趣味の世界に、このテーマを持ち込むしかありません。というわけで、私は、大好きなシミュレーションを利用できる、「金融商品自動売買ツール」の構築を目指すことにしました。(2022/5/31)

「マイノリティー・リポート」トム・クルーズが運転していた未来のクルマ レクサス「CS2054」海外オークションに
主演のトム・クルーズが運転していた未来のクルマ。(2022/5/30)

納車キターーーッ! 中川翔子、約900万円の真っ赤なベンツ「Cクラス」でテンション爆上がりドライブ
ウキウキが伝わってくる。(2022/5/29)

最新テクノロジーで「再定義」 英プロドライブ、スバル「インプレッサ22B」からインスピレーションを得た限定車「P25」を発表
生産数は25台のみ。(2022/5/27)

落札価格は182億円!? メルセデスが手掛けた伝説の名車「300 SLR ウーレンハウト」が海外オークションに
完全に美術品の域だ……。(2022/5/23)

長渕剛、愛車が眠る「秘密のガレージ」ドーンと公開 「これは貴重な映像」「アニキやっぱ格好良すぎ」
うぉぉ〜あの「♪オーマイジープ」が生まれたJEEPも!(2022/5/18)

動く“ガルウイングドア”も 木彫りで再現したメルセデス「300SL」ミニチュアがすごい
本物のような貫禄がするな……!(2022/5/18)

腕を広げるように開くドア メルセデス、人気ラッパーとコラボした「The Flip」を発表
同社の「AMG GT 4ドアクーペ」をベースにしています。(2022/5/15)

日産自の通期決算、3期ぶり黒字 純利益2155億円、売上高8.4兆円
日産自動車が2021年度通期決算を発表し、純利益が2155億円(前年は4487億円の赤字)となり、3期ぶりに黒字回復を果たした。米国市場での好調な業績などが、グローバル全体の業績をけん引した。売上高は8兆4246億円(前年比5620億円増)、販売台数は387万6000台(同17万6000台減)だった。(2022/5/12)

「めちゃくちゃイイ!」 千原ジュニア、ジャルジャル後藤の愛車シトロエンにウットリ「何から何までかわいい」
ずっと見ていられるかわいさです。(2022/5/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「年収1000万でも苦しい」……貯金100万円未満の「高所得貧乏」が“倍増”している理由
このところ「世帯年収が1000万円を超える高所得者の生活は、優雅なものではなくむしろ苦しい」という価値観が広がりを見せている。年収1000〜1200万円世帯における“高所得貧乏”の増加は顕著で、その伸び率は前年比で倍増している。(2022/5/6)

車載ソフトウェア:
AUTOSARの日本代表にデンソーの後藤正博氏が就任
欧州の車載ソフトウェア標準化団体であるAUTOSARは、日本の地域代表となるリージョナルスポークスパーソンにデンソーの後藤正博氏が就任したと発表した。(2022/5/6)

「かっこよすぎです」 矢沢永吉、自慢の豪華「矢沢のヨット」をドーンと披露 ポルシェ駆ってマリーナへ
「あれが“ビビ”っと動いたらガーっとなるんだよ」って、しかもすごく詳しい!(2022/5/1)

夏樹陽子さんの愛車がすごい! 「フェラーリ F355」をさっそうと乗りこなす姿に「超かっこいい」「こんなに似合うってすごい」の声
めっちゃかっこいい〜!(2022/4/17)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ホンダ、中国でアキュラ生産中止 EV化に乗れず衰退する日系メーカーの象徴との声も
ホンダの中国合弁会社・広汽本田汽車が今月8日、高級車ブランド「アキュラ」の生産を年内で終了すると発表した。ホンダは2030年以降、中国での新型車は全て電動車とする方針で、その一環。しかし中国の消費者からは、日本車メーカーの衰退を象徴する“撤退”とも受け取られている。(2022/4/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ高級車はFRレイアウトなのか? その独特の乗り味とは
マツダがFRの新しいラージ群プラットフォームを採用したSUV、CX-60を発表した。「時代に逆行している」という意見と共に、登場を歓迎するコメントも少なくなく、セダンに対する期待も溢れている。では、今回のポイントの1つであるFRとはいったい何なのだろうか?(2022/4/12)

愛犬の浮気現場をヤキモチ焼きなパパが目撃!→すると…… スネてしまったパパを慰める姿が200万回再生を突破!
表情がたまらん。(2022/4/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダのラージPF、CX-60プロトタイプに乗る
長らく話題になってきたマツダのラージプラットフォームの頭出しとして、CX-60が発表になった。さらに、それに先駆けて、山口県美祢のマツダのテストコースで、プロトタイプモデルの試乗会が行われた。諸般の都合で、大事なことをいろいろ置き去りにしつつ、まずはインプレッションから書き始めなければならない。(2022/4/11)

トム・ハンクスが乗っていた珍車「ポルスキ・フィアット 126P」が約1000万円で落札【米国】
な、何これー。かわいすぎるデザイン。(2022/4/6)

「電動オープンでかっこうぃーね!」 オリラジ藤森、夢のポルシェついに買う 「だははは! いいでしょー」
この笑顔分かるー! 「つられて笑顔になる〜」の声多数です。(2022/3/31)

メルセデス、インド工場に野生のヒョウが侵入 生産ラインが一時停止する珍事
従業員に怪我はなく、ヒョウは無事に保護されました。(2022/3/31)

モビリティ社会に求められるソフトウェア技術者像に迫る:
PR:大手自動車部品メーカーのデンソーがいまソフトウェア改革を推進する理由、それを支える技術者支援とは
長年にわたりクルマの信頼性を高め、社会に安心を届けるために車載分野のものづくりにこだわり続けてきたデンソー。自動車業界だけでなく、社会全体のエコシステムが大きく変わろうとする中、「環境」「安心」「共感」につながる新たなモビリティ社会の実現に向け、同社が推進しているソフトウェア改革、ソフトウェア技術者のキャリア開発支援とはどのようなものか。(2022/3/30)

ロンブー亮、昭和の愛車スタタボより古いクルマ「5台見るまで帰れません」に撃沈 「……全然いません」
いっぱい走ってるだろーと思いきや……。(2022/3/27)

モータースポーツ超入門(13):
F1の2022年シーズンが開幕、技術規則の大幅改定で空力性能が変わる
2022年シーズンから技術規則(テクニカルレギュレーション)が大幅に改訂され、車体底面の空気の流れを利用してダウンフォースを生み出す「グラウンドエフェクト」が復活する。同時に、ホイールサイズが大径化、バイオ燃料も採用されるなど、かつてない大きな変更が加えられる。(2022/3/22)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
クルマにあふれかえるスイッチ問題。最新メルセデスはどう対処した?
機能が増加するたびに、それを操るためのスイッチが必要になります。数は多く、その理解と操作は煩雑で困難になる一方。そんな操作系の試行錯誤が続く中、「近頃、乗った中で、最も洗練されている」と感じたのがメルセデス・ベンツの最新モデル、「Cクラス」です。(2022/3/21)

中川翔子、真っ赤なベンツ「Cクラス」新車買っちゃった! デビュー20周年「自分へのご褒美!」
お値段約900万円、買っちゃった!(2022/3/19)

総額いくらなんだ? 岩城滉一の「ガチ」ハーレーがやばすぎる 「俺に“完成”の二文字はない」
強烈「ワニ革」仕様SUGEEE!(2022/3/15)

社員9人で米ナスダック上場 日本のベンチャーWarranteeが進める“無料保険”とは何か
東京証券取引所を飛び越して、2月に米ナスダック市場に上場申請を行った日本企業がある。庄野裕介氏がCEOを務めるWarranteeだ。社員はわずか9人。フリーインシュアランス、つまり無料保険について国際特許を申請しており、ナスダック上場の知名度を武器に、世界展開を進める。(2022/3/15)

中川翔子、「原付ライダー」になる!? 「ピンクのバイク買っちゃうよ」教習所でドキドキライダー初体験
「バイクって、補助輪ないんですか?」……えぇ?(2022/2/16)

1700万円の札束ドン! マギー、“日本に50台”のメルセデスAMG「CLS53」を現金一括購入
キャッシュでドン!(2022/2/12)

車種は「SUV」が人気:
一度は乗ってみたい憧れのクルマ、1位は?
ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」を運営するパーク24は、同会員を対象に憧れのカーブランドを調査した。1位に選ばれたのは?(2022/2/9)

【新連載】「自動運転未満」なクルマとドライバーの関係:
クルマのUXはキケンな過渡期 最近のクルマはコクピットドリルで説明しきれない問題
自動車という工業製品のUI/UXについて語る新連載です。(2022/2/1)

「テスラ一強」も今のうち?:
ソニーも参入を発表した群雄割拠のEV市場 勝つのは古豪か、新参者か、よそ者か
CESでEV市場への本格参入を発表したソニー。同市場には「古豪」の自動車メーカー、「新参者」のEV専業メーカー、そして「よそ者」とも呼べるIT企業が入り乱れ、昨今の「テスラ一強」もそう長くは続かない可能性がある。果たして勝つのはどこなのか(2022/1/31)

伝説のドライバー、シューマッハが運転した「C63 AMG」がオークションに メルセデス在籍時に使用
シューマッハが手放した後は、スイスに渡っていました。(2022/1/30)

「これ買えるの?」 武田真治、憧れのクラシックカーに大興奮 でもお値段は怖くて聞けない
ピュアなクルマ好き少年に戻っちゃっていました。(2022/1/25)

木で作られたカメラの模型がカッコイイ! 本当に写真が撮れそうなほどリアル
レンズの取り外しも可能。(2022/1/22)

消費電力削減と航続距離延長の実現:
Mercedes、EVにニューロモーフィックSoCを採用
Mercedes-Benzが、“史上最も効率的なMercedes-Benz”と謳うコンセプトカー「Mercedes VISION EQXX」は、消費電力の削減と航続距離の延長を促進するニューロモーフィックコンピューティングを採用している。VISION EQXXに搭載されたBrainChipのニューロモルフィックチップ「Akida」は、既存のAI(人工知能)ベースのキーワード検出システムよりも電力効率の高い方法として、車内でのキーワードスポッティングを実現して高効率化をサポートしている。(2022/1/25)

今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合
車名「軽ニッヒ」「逆襲の車アー」だとぉ、こりゃなんだぁぁ!(2022/1/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

グリーンモビリティの本質(1):
自動車「B2B時代」の本格到来、CASEの再定義が必要だ
本連載では、ここ数年自動車産業をけん引してきた「CASE」を将来型の「Beyond CASE」として再定義するとともに、近視眼的になりがちな脱ICE(内燃機関)やテクノロジー活用の本質をグリーンモビリティの観点から全12回で解説する。(2022/1/24)

麻雀卓の真ん中に猫がいる……! スリルしかない年越し麻雀に「ハードモードw」「監視役?」の声
年越しニャージャン。(2022/1/15)

これはお宝の山……! 英国の森の中で古びた納屋を発見 中にはポルシェやジャガーなどクラシックカーがぎっしり
状態は非常に悪いですが、好きな人にはお宝の山。(2022/1/7)

価格は1億円以上!? 前澤友作が所有するメルセデス「マイバッハ G650」お披露目 生産数はわずか99台のみの限定車
お値段から車体まで何もかもデカい!(2022/1/6)

千原ジュニア、所さんから「ランブレッタ」もらう 「こんなピカピカなスクーター初めて見た」「これはカワイイ!」
「ジュニアくんにあげるよ」。まさかプレゼントにびっくり!(2022/1/1)

この「賭ケグルイ」ハイエース、何百万円かかってんだ!? 大阪「EXPO痛車天国2021」現地で見かけた個性派痛車まとめ デコトラ風「アズレン」など
大型トラックも痛車に(2021/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。