• 関連の記事

「自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!車→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で車関連の質問をチェック
「自動車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

製品動向:
ミルウォーキーツール、ツールボックスシリーズに5製品を追加
ミルウォーキーツール・ジャパンは、同社のツールボックス「PACKOUT」シリーズに新たに5製品を加え、直販チャネルにて販売を開始した。いずれも耐久性や防水性、防塵(じん)性に優れており、建設や自動車整備、アウトドア、DIYといった用途に適する。(2022/1/26)

「これ買えるの?」 武田真治、憧れのクラシックカーに大興奮 でもお値段は怖くて聞けない
ピュアなクルマ好き少年に戻っちゃっていました。(2022/1/25)

またがれるのか……? ホンダ「CBR1000F」にオデッセイの自動車用エンジンを移植した魔改造バイク爆誕
とにかくエンジンの存在感がすごい。(2022/1/25)

ちゃんと前を見ていれば ピックアップトラックが米高速道路で起こした複数のクルマを巻き込む事故のドラレコ映像
前方の状況把握は重要ですね……。(2022/1/25)

回遊性の向上目指す:
「鳥取砂丘」エリアで自動運転の実証実験 東西エリアを結ぶ
日ノ丸自動車、日本交通、WILLERなどが、鳥取砂丘周辺の公道で自動運転の実証実験を実施する。(2022/1/24)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
「身の丈以上の高級車」を買うときに役立つ、西川善司流「スポーツカーの買い方」指南
日産の最新スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」を購入した西川善司さん。一括ではなくローンでの支払いだ。(2022/1/24)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはソフトウェアアップデートでどう変わるの? 死角確認、性能アップ、クルマのダンス、ドッグモード
Teslaには従来のクルマでは考えられないような機能がソフトウェアアップデートで追加される。中にはメタルに合わせてクルマがダンスをする機能まであるのだ。(2022/1/22)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
断絶危機の純ガソリンスポーツカーにして人生最後のクルマ「GT-R nismo Special Edition」、ついに納車されました
2022年と2026年は多くの純ガソリンエンジン搭載スポーツカーが生産終了に追い込まれる。その理由を説明しよう。(2022/1/22)

製造マネジメントニュース:
成長分野の新製品開発に向け、高機能材製造会社がセラミック事業を取得
日揮ホールディングスの連結子会社である日本ファインセラミックスは、昭和電工マテリアルズのセラミック事業の譲受に関する契約を締結した。半導体や次世代自動車などでの新製品開発につなげる。(2022/1/21)

交通反則金などカード払いOKに 政府法案概要判明
交通反則金や旅券(パスポート)、自動車検査(車検)などの国の行政手数料の納付をクレジットカードなどでできるようにする行政キャッシュレス化法案の概要が20日、分かった。現在、印紙を購入して平日に窓口で行うなどの手間がかかる各手数料の納付が、クレカなどでいつでも自宅から可能になる。旅券と車検の手数料キャッシュレス化については令和4年度から実施する予定で、政府は法案を今通常国会に提出する。(2022/1/21)

材料技術:
太陽光を青色の光に変換して光触媒の効率アップ、東工大と日産が人工光合成
日産自動車は2022年1月20日、人工光合成での光エネルギーの利用効率を高める光の短波長化材料(固体フォトンアップコンバージョン材)を東京工業大学と開発したと発表した。(2022/1/21)

蓄電・発電機器:
人工光合成の効率化へ前進、日産と東工大が太陽光の波長を変える新材料
東京工業大学と日産自動車らの研究グループが、人工光合成用光触媒の効率化に寄与する高性能なフォトン・アップコンバージョン(UC)の固体材料を開発したと発表。高効率かつ超低閾値でありながら空気中で安定という前例のない固体UC材料であり、次世代の脱炭素技術として期待される人工光合成の効率化に貢献できるという。(2022/1/21)

電気自動車:
アスクルが日野とEVトラックで実証実験、EVに合わせて業務を変える可能性も
アスクル、日野自動車と関西電力の共同出資会社CUBE-LINX、日野自動車の3社は2022年1月19日、小型トラックタイプのEV(電気自動車)を用いて運行管理とエネルギー利用を最適化するマネジメントの実証実験を開始したと発表した。(2022/1/20)

Payments Dive:
創業113年のGMから決済ベンチャーStripeへ CFOが語る「役割の見つけ方」
デジタル時代に事業が大きく変化した結果、自分の役割を見失ってしまった――。そんな悩みがビジネスパーソンに増えそうな中「応用できることはある」と語りかけるCFOがいる。自動車メーカーのGMからオンライン決済事業で成長中のStripeに移った同氏が明かす「役割の見つけ方」とは。(2022/1/20)

オートモーティブワールド2022:
村田製作所が量子乱数で車載セキュリティを高度化、量子コンピュータ時代に対応
村田製作所は「第14回国際カーエレクトロニクス技術展」において量子乱数ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を展示。量子コンピュータ時代に求められる耐量子計算機暗号(PQC)に利用可能な、偏りの少ない量子乱数を生成するHSMを外付け部品として自動車やドローンのシステムに組み込むことでより高度なセキュリティ対策を実現する。(2022/1/20)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
五輪目前の北京でオミクロン市中感染、トヨタ、VWなど自動車工場も停止続く
北京冬季五輪開幕が半月後に迫った1月17日、大会組織委員会は観戦チケットの一般販売を取りやめを発表。中国はコロナ禍初期から首都の北京防衛を最優先し、市民生活を極端に制限する「ゼロコロナ政策」で感染を食い止めていたが、変異型のオミクロン株を阻止するのは難しく、苦渋の決断を余儀なくされている。(2022/1/20)

インダストリー4.0を支える5G
ポルシェが製造ラインに導入したプライベート5Gの使い道とは?
自動車メーカーのポルシェがプライベート5Gのトライアルプロジェクトを開始した。ポルシェ マカンの製造ラインに導入されたプライベート5Gの役割とは何か。(2022/1/20)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
クルマの適正な価格とは? 上がって当然か、上げない努力があるべきか
どちらが正しいということでもなく。(2022/1/19)

車載ソフトウェア:
QNX技術をBMWにライセンス供与、次世代車載テクノロジーを共同開発へ
BlackBerryとBMWグループは、次世代自動車向け車載テクノロジーの共同開発における複数年契約を締結した。B(2022/1/19)

FAニュース:
買収起点に拡大続けるコニカミノルタのセンシング事業、今後はHSI技術に期待
コニカミノルタが新たな事業成長をけん引するインダストリー事業の一角をなすセンシング事業について説明。「光源色計測」「物体色計測」「外観計測」「HSI計測」の4領域で事業を展開しているが、今後は自動車業界向けを中心とする外観計測と、2020年に買収したSpecimのHSI計測により事業成長を果たしたい考えだ。(2022/1/19)

蓄電・発電機器:
ニチコンが住宅用蓄電池の新製品、容量の増設やEVの充放電制御も可能に
ニチコンが住宅用蓄電システムの新製品を発表。太陽電池、蓄電池、EV(電気自動車)搭載電池の3つの電池を統合制御し、エネルギーの効率的な自家消費を行える「トライブリッド蓄電システム」だ。(2022/1/19)

電気自動車:
アウディが「Q4 e-tron」を発表、「2025年に日本でEV1万台」に向けて一歩
アウディジャパンは2022年1月17日、東京都内で会見を開き、電気自動車(EV)の第3弾となるSUV「Q4 e-tron」を披露した。発売は2022年秋以降を予定している。税込み車両本体価格は599万〜716万円となる。(2022/1/18)

工場ニュース:
中国武漢市に生産能力年12万台のEV専用新工場を建設、2024年稼働開始予定
本田技研工業は、中国において四輪自動車の製造と販売を手掛ける東風本田汽車が、EV専用の新工場を建設すると発表した。完成車の高効率な一貫生産や、再生可能エネルギーの活用が可能なスマート工場となる。(2022/1/18)

電気自動車:
EVを再エネ100%で充電するシステム、日産が福島県で実用化を検証
日産自動車は2022年1月12日、福島県浪江町において、電気自動車(EV)の充放電を自律的に行う制御システムを活用し、EVの充電電力を再生可能エネルギー100%にする、エネルギーマネジメントシステムの実用化検証を開始すると発表した。(2022/1/18)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマのホイールは大径化していくのか インチアップのメリットとホイールのミライ
振り返ればこれまでの30年間、全体的にクルマのホイール径はサイズアップされる傾向にあった。そのきっかけとなったのは、低扁平率なタイヤの登場だった。なぜタイヤは低扁平化し、ホイールは大径化するのだろうか?(2022/1/18)

新型「K-EV」初披露 「東京オートサロン2022」三菱自動車のブースレポ アウトドア志向のコンセプトカー多数
三菱自動車のブースレポです。(2022/1/17)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
“走るガジェット”化するEVに期待したい
次は、電気自動車(EV)を購入したいのです。(2022/1/17)

電子ブックレット(オートモーティブ):
EVとワイヤレス給電
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、EV(電気自動車)の充電方法として長年自動車業界が検討してきたワイヤレス給電(無線給電)についてまとめた「EVとワイヤレス給電」をお送りします。(2022/1/17)

グリーンモビリティの本質(1):
自動車「B2B時代」の本格到来、CASEの再定義が必要だ
本連載では、ここ数年自動車産業をけん引してきた「CASE」を将来型の「Beyond CASE」として再定義するとともに、近視眼的になりがちな脱ICE(内燃機関)やテクノロジー活用の本質をグリーンモビリティの観点から全12回で解説する。(2022/1/24)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

待ち時間を「価値ある時間」へ:
トヨタグループの「アイシン」が美容商品を手掛けた理由 都内有名サロン6店舗とコラボ
大手自動車部品メーカーのアイシンが、美容業界に身を乗り出そうとしている。同社は空気中の水分子を目に見えないほど小さな水粒子に変換し、髪の内部と地肌に届ける装置「Hydraid(ハイドレイド)」を開発した。都内有名サロン6店舗と協働し、実証実験を兼ねた施術体験機会を3月から用意する。(2022/1/17)

超小型BEV「ガチで自作」しちゃった! オートサロンに出展したスゴ腕YouTuberの必見ぶっとびやばすぎマシン
「自動車メーカーになる!」 ……ホントになれそうな自作BEVがマジSUGEEE。これ必見ですよ!(2022/1/14)

わくわくカスタム&魔改造、きれいなお姉さんたくさん! カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」開幕
2年ぶり実開催、わくわくなクルマがいっぱいですよぉぉ! 幕張メッセで1月16日まで。(2022/1/14)

安全システム:
ノア/ヴォクシーが全面改良、OTAや遠隔駐車、二輪検知の自動ブレーキを搭載
トヨタ自動車は2022年1月13日、「ノア」「ヴォクシー」をフルモデルチェンジして発売したと発表した。TNGA(Toyota New Global Architecture)の「GA-C」プラットフォームを採用し、車高の高さを感じさせない上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。また、パッケージングと使い勝手の良さを深化させるとともに、先進装備を採用して商品力を高めた。(2022/1/14)

LED内蔵で実物みたいに光る! 「信号機」を再現したミニチュアがカプセルトイで登場 自動車用と歩行者用をラインアップ
付属パーツの電線で連結も。(2022/1/14)

これには被害者も大喜び トラックを煽ったクルマ、通りすがりの白バイに一部始終を見られて逮捕 フランスの高速道路で起きた珍事
トラックのドライバーも大喜びです。(2022/1/13)

フルモデルチェンジ:
トヨタ、新型「ノア」「ヴォクシー」を発売 1月13日から
トヨタ自動車は「ノア」「ヴォクシー」をフルモデルチェンジし、1月13日から販売を始める。両クルマとも今回が4代目となる。(2022/1/13)

製造マネジメントニュース:
インフォア、自動車業界向けクラウドERPなどをAWSインフラサービス上で構築
インフォアは、Amazon Web Services(AWS)の「AWS for Automotive」のサポートを発表した。自動車業界向けのクラウドERPなどを、AWSのインフラサービス上で構築することで、大幅なカスタマイズをせずに自動車業界向けの機能を利用可能になる。(2022/1/13)

FedEx、Wabtec、Walmartとの提携なども:
GMがCESで明かした、EV/自動運転車戦略
General Motors(以下、GM)は、「CES 2022」(2022年1月5〜8日、米国ネバダ州ラスベガス)で実施したバーチャル基調講演で、電気自動車(EV)技術の進歩に向けたビジョンの概要を発表した。この中で、「Ultium」EVプラットフォームの革新性を強調し、新型EVのラインアップを紹介した。また、同社の配送用EV部門であるBrightDrop事業部と連携し、FedExおよびWalmartとパートナーシップを結んだことも発表した。(2022/1/13)

組み込み開発ニュース:
東芝がリチウムイオン電池「SCiB」の内部抵抗4割削減、入出力性能と容量を両立
東芝は、同社独自のリチウムイオン二次電池「SCiB」の新製品として、高入出力性能と高エネルギー密度を両立したセル「20Ah-HPセル」を新たに追加した。カーボンニュートラルの実現に求められる電動化の需要を捉え、EV(電気自動車)などの車載用途に加えて、製造・物流システム、港湾・建築、船舶、都市交通、定置用などでの採用を目指す。(2022/1/13)

コレは一体何だぁぁ! スバル、東京オートサロン2022で謎のスポーツカー「STI E-RA CONCEPT」世界初公開
「STI」エンブレムがキラリ! あれ、謎のクルマは「2台」あるようですね!【更新】(2022/1/14)

イータス 社長兼アジアパシフィックバイスプレジデント 横山崇幸氏:
PR:SDV時代に向けた、新発想の開発プラットフォームを本格的に展開
自動車業界は、「自動運転車」や「電動車」「コネクテッドカー」などが登場するなど、大きな変革期を迎えている。こうした環境の変化を支えるのが、進化を続ける「車載ソフトウェア」である。ETAS(イータス)は、SDV(Software Defined Vehicle)を啓蒙(けいもう)するため、包括的な開発環境を用意してきた。そして2022年より、未来に向けた新発想の開発プラットフォームビジネスを本格的に展開する。それは「クラウドベースのツールチェーン」である。イータスの日本法人社長でイータスグループ アジアパシフィックバイスプレジデントを兼務する横山崇幸氏に、2022年の事業戦略などを聞いた。(2022/1/13)

武田真治は愛車もマッスル 中尾明慶と「マッスルなアメ車」ドカンと披露 「豪快だー」
うなるV8エンジンの車内で、なぜか「若者のクルマ離れどう思う?」を話し合う!(2022/1/12)

新世代レクサスの第2弾:
レクサス、新型「LX」を発売 多様なライフスタイルに応える次世代モデル
トヨタ自動車は1月12日、レクサスの次世代モデルとする新型「LX」を発売した。(2022/1/12)

節約のためにやっていることは?:
クルマの維持費は月額1万〜1万5000円 「負担だなぁ」と感じることの1位は?
パーク24が、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した「クルマの維持費」に関するアンケート結果を発表した。(2022/1/12)

ノベルクリスタルテクノロジー:
アンペア級で耐圧1200Vの酸化ガリウムSBDを開発
ノベルクリスタルテクノロジーは、アンペア級の大電流に対応する耐圧1200Vの「酸化ガリウムショットキーバリアダイオード」を開発した。2023年の製品化を目指す。次世代電気自動車や空飛ぶクルマなどの用途に向ける。(2022/1/12)

電気自動車用電池への応用に期待:
低下した全固体電池の性能を加熱処理で大幅改善
東京工業大学は、東京大学や産業技術総合研究所、山形大学らと共同で、低下した全固体電池の性能を、加熱処理だけで大幅に改善させる技術を開発した。電気自動車用電池などへの応用が期待される。(2022/1/12)

導入事例:
三井住友建設らが高耐久床版を採用した床版取替工事を完了、非鉄製床版を実用化
NEXCO西日本と三井住友建設は、E2A中国自動車道「蓼野(たでの)第二橋下り線」の床版取替工事に高耐久床版「Dura-Slab」を適用した。なお、並行して開発した箱桁構造の高耐久橋梁「Dura-Bridge」、プレキャスト製の高耐久壁高欄「Dura-Barrier」は2020年に完成したE32徳島自動車道「別埜谷橋」で運用している。(2022/1/12)

レーシングカーもネットワークもスピード発揮
自動車レースNASCARが「Wi-Fi 6」をサーキットに導入した“あの狙い”とは?
NASCARは12カ所のサーキットに「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品を導入し、高速通信を可能にする。ファンがスマートフォン片手に、レースをより楽しめるようにするためだという。どういうことなのか。(2022/1/12)

軽自動車の部門:
2021年、軽自動車の新車販売台数ランキング 「タント」「スペーシア」を抑えた1位は?
2021年の1年間の車名別新車販売ランキングが発表された。軽自動車では3位にダイハツ「タント」、2位にスズキ「スペーシア」がランクインした。7年連続で1位を獲得したのは?(2022/1/11)

PR:車査定のアップル オリコン顧客満足度1位の中古車買取サービス


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。