• 関連の記事

「ゲノム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲノム」に関する情報が集まったページです。

2024年の「生成AI」市場動向【前編】
「生成AIのこれから」を予測 幻滅期がないなら“次の進化”はこれだ
2024年以降、生成AIはどのような変化を見せるのか。1つ言えるのは、生成AIを他の技術と同様には見れないということだ。これからやってくる動向を予測する。(2024/2/16)

デジタルパソロジーの普及が進む
がんの早期発見を促す「病理診断のデジタル化」が進む英国 何が起きているのか
英国政府は、従来のがん診断手法を補完する技術として、デジタルパソロジー(デジタル病理画像による病理診断)技術の普及を強化する計画を打ち出している。何が起きているのか。(2024/2/16)

アラブ首長国連邦の新しい「成長の原動力」【後編】
世界の注目株“人工知能大学” 初代学長「エリック・シン」とは何者か
エネルギー産業を主軸とする経済体制から脱却するために、アラブ首長国連邦はAI活用に力を入れている。この国家戦略を支えているのが、急成長の大学「MBZUAI」だ。初代学長エリック・シン氏は、どのような人物なのか。(2024/2/14)

研究開発の最前線:
生分解性プラが深海でも分解されることを実証、プラ海洋汚染問題の解決に光明
東京大学、海洋研究開発機構、群馬大学、製品評価技術基盤機構、産業技術総合研究所、日本バイオプラスチック協会は、生分解性プラスチックが深海でも分解されることを実証した。(2024/1/31)

「勤勉性」が高めの人が多い都道府県 2位「鹿児島県」、1位は?
ユーグレナは、ゲノムデータをもとにした「勤勉性が高めの遺伝子タイプが多い都道府県ランキング」を発表した。「勤勉性が高めのタイプ」に該当する人の割合が最も多い都道府県は「徳島県」だった。(2024/1/19)

医療技術ニュース:
胃および十二指腸潰瘍の発症と関連する新たな遺伝子座位を同定
東京大学らは、大規模ゲノムワイド関連解析により、胃および十二指腸潰瘍の発症と関連する新たな遺伝子座位を25カ所同定した。また、胃および十二指腸潰瘍のなりやすさに関わる遺伝的因子も示唆された。(2024/1/10)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
「HDDの終わり」が全然来ない理由 HDDとは別物の“新型SSD”とは何?
「サーバ&ストレージ」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

医療技術ニュース:
動物や植物で高効率にゲノム編集できる新しいツールを開発
産業技術総合研究所は、新しいゲノム編集ツール「AalCas9」を開発した。ゲノム配列上の「5’-NNACG-3’」をPAM配列として認識して切断するため、動物細胞や植物細胞において高効率にゲノム編集できる。(2023/12/19)

M3ファミリー搭載の新型iMacと16インチMacBook Proを試して分かったこと
Appleが新たに投入したSoC「Apple M3ファミリー」を搭載したiMacとMacBook Proシリーズが発売を迎える。一足先に実機に触れた林信行氏が、試して分かったこととは?(2023/11/6)

医療技術ニュース:
巨大ウイルスは遺伝子組成の変化で寒冷域に適応した
京都大学は、真核微生物を宿主とする海洋巨大ウイルスが保持する遺伝子の種類を解析し、巨大ウイルスが進化の過程で寒冷な海域に進出した際、遺伝子組成を変化させることで適応してきた可能性を明らかにした。(2023/11/6)

デジタル変革のメソッド どこから挑む? どこから変える?:
DXと従来のシステム開発は何が違う? 開発工程で知っておくべきことをまとめてみた
DXプロジェクトで開発するシステムは、業務の効率化を目指す従来のシステムとは役割や位置付けが異なるため、その開発も異なるアプローチが必要だ。どのようなことに気を付けるべきか。(2023/11/2)

飛べないのに長距離移動する昆虫・ナナフシ、謎に満ちた移動手段をついに解明か あつ森「鳥分散」説を補強するデータ発表
あつ森「鳥分散」仮説を補強!?(2023/10/24)

医療技術ニュース:
卵巣がんの新たな発がんメカニズムを解明
理化学研究所は、がんエピゲノムを標的としたマルチオミックス解析により、卵巣がんの新しい発がんメカニズムを解明した。予後不良な卵巣がんの新規治療法への応用が期待される。(2023/10/23)

医療機器ニュース:
中性子線を利用して効率的に微生物の新系統を開発するサービス
クォンタムフラワーズ&フーズは、最短1カ月で微生物の新系統を作れる「中性子線突然変異育種サービス」を開始した。中性子線照射により微生物に突然変異を誘発させ、効率的に新系統を開発する。(2023/10/18)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第18回】
IT業界で殿堂入り――政治や医療分野でも影響力を持つ女性の活躍
IT業界で活躍する女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。政治や医学の分野で活躍し殿堂入りした人物とは。(2023/10/12)

医療技術ニュース:
解読困難だったヒトゲノムの「暗黒領域」を読み解く
東京大学は、日本人健常者270人のゲノムデータを分析し、ヒトゲノムの中で暗黒領域と呼ばれる領域の1つである縦列反復配列の組成を明らかにした。(2023/10/4)

Computer Weekly日本語版+セレクション
ゲノム解析で分かった「HDDの限界」と「SSDの可能性」
フランスの医療協力連合は、ゲノム解析に使用するストレージシステムを刷新した。従来のストレージシステムに抱えていた課題と、新ストレージシステム導入による“想定以上”の成果とは。(2023/9/27)

医療技術ニュース:
ハブ毒由来の酵素でアルツハイマー病のアミロイドβを分解することを発見
東北大学は、ハブ毒から精製した蛇毒メタロプロテアーゼがアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを無害なペプチドに分解し、ヒト培養細胞からのアミロイドβ産生量を大幅に減少させることを発見した。(2023/9/21)

研究開発の最前線:
アジア最大級を誇る分析機器総合展が開幕、リアルな体験を強化
日本分析機器工業会と日本科学機器協会は共同で主催する「JASIS(Japan Analytical & Scientific Instruments Show) 2023」(2023年9月6〜8日、幕張メッセ)の概要を発表した。(2023/9/7)

医療技術ニュース:
最初の変異獲得から発症まで、乳がん発生の進化の歴史を解明
京都大学は、乳がんの詳細なゲノム解析により、思春期前後に生じた最初の変異獲得から数十年後の発症までの全過程を明らかにした。がんの増殖、拡大、進化は、女性ホルモンの1種エストロゲンが関与していることが示唆された。(2023/8/22)

「NVIDIAへの挑戦」:
Cerebrasが1億ドルのAIスパコンを販売
AIアクセラレーターシステムを手掛けるCerebrasが、同システムをベースにしたAIスーパーコンピュータ(スパコン)を構築する。5400万のAIコアと4EFLOPSの演算性能を持つスパコンで、価格は1億米ドルを超えるという。(2023/7/28)

シベリアの永久凍土の線虫、4万6000年の眠りから覚醒 露・独の研究チームが発表
約4万6000年間、シベリアの永久凍土で休眠していた生物が目覚めた──ロシアとドイツの研究チームは、そんな研究成果を発表した。目覚めた生物は線虫の一種で、凍っていた状態から解凍したところ再び動き出したという。(2023/7/28)

ゲノムデータ2万人分析:
日焼けしても肌が黒くなりにくい都道府県 3位「岩手県」、2位「福島県」、1位は?
ユーグレナ(東京都港区)が、ゲノムデータをもとにした「紫外線を浴びると肌が黒くなりやすい遺伝子タイプが少ない都道府県ランキング」を発表した。(2023/7/14)

医療技術ニュース:
痛みを抑制する新しい調節機構を発見
京都大学は、ショウジョウバエ幼虫の逃避行動をモデルに、ゲノムワイド関連解析を実施し、痛みによる逃避行動を抑制する遺伝子を発見した。(2023/7/4)

医用画像の長期保管を考える【後編】
Tiger Technologyが「医療業界のクラウドデータ保管」を重視する理由
Tiger Technologyはストレージ階層化やデータ保護などに利用できるソフトウェアやストレージ製品を提供するベンダーだ。同社が医療業界に焦点を当ててビジネスを強化する理由とは。(2023/6/2)

医用画像の長期保管を考える【中編】
医用画像にも使える“BoxやDropboxではない”ファイル共有「Tiger Bridge」とは
「Tiger Bridge」はオンプレミスのストレージとクラウドサービスを連携させたファイル共有機能を持つ。このツールが医用画像の管理に使えるのはなぜなのか。(2023/5/26)

医療技術ニュース:
血液脳関門を開放し、脳の目標部位に遺伝子を導入する技術を開発
京都大学は、血液脳関門を物理的かつ一時的に開放し、脳の目標部位に遺伝子を送り込む技術を開発した。ウイルスベクターと経頭蓋集束超音波照射を利用したベクターデリバリー手法で、特定の脳領域に選択的かつ非侵襲的に遺伝子を導入できる。(2023/5/23)

海外医療技術トレンド(95):
米国で急加速するゲノムデータのサイバーセキュリティ対策
本連載第84回および第88回で米国のバイオエコノミー研究開発推進施策を取り上げたが、その中からサイバーセキュリティ対策の進捗状況について取り上げる。(2023/5/19)

医用画像の長期保管を考える【前編】
「Tiger Bridge」は“医用画像のコールドストレージ”として使えるか?
Tiger Technologyは医療機器メーカーと連携し、医用画像の共有と長期保管にまつわる課題の解決に取り組んでいる。Tiger Bridgeは病理診断科でどのように役立つのか。(2023/5/19)

医療技術ニュース:
新型コロナ治療薬の開発に向け、オートファジー関連化合物をスクリーニング
京都大学iPS研究所は、ヒト気道オルガノイドを用いたオートファジー関連化合物のスクリーニングにより、シクロヘキシミドとタプシガルギンが新型コロナウイルスに対して強い抗ウイルス効果を示すことを発見した。(2023/4/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
カーボンニュートラル燃料はエンジンを救うのか 欧州で始まったエンジン擁護論
EUの2035年エンジン車販売禁止策が、見直されることになった。クルマすべてをEVに置き換えるのは、あまりにも無謀だということをドイツが認めたからだ。そこで登場したのがCNF(カーボンニュートラルフューエル)。関係者は注目を集めているが……。(2023/4/21)

福田昭のデバイス通信(398) 2022年度版実装技術ロードマップ(22):
「におい」を感じる意味とその複雑さ
今回から「嗅覚」の概要をシリーズで取り上げる。本稿では、「におい」を感じる意味とその複雑さについて解説する。(2023/4/17)

宇宙空間に広がるクラウド技術【後編】
AWSとMicrosoftが“宇宙進出” 理想のシステムは「クラウド」だから実現する
AWSやMicrosoftといったクラウドベンダーが、宇宙でのクラウドコンピューティング活用に活路を見いだしている。宇宙空間に漂う「宇宙ごみ」の問題解決をはじめ、どのような分野に期待を寄せているのか。(2023/3/15)

ゲノムデータ2万人:
「開拓性」が高めの人が多い都道府県、ユーグレナが分析
ユーグレナは、ゲノムデータをもとにした「開拓性が高めの遺伝子タイプが多い都道府県ランキング」を発表した。それによると……。(2023/3/11)

ゲノム解析とストレージ【第4回】
ゲノム解析機関があえて「非サブスクのストレージ」を選択 成果は想定以上に
フランスの医療協力連合SeqOIAは、膨大な量のデータを処理するゲノム解析用に、新しいストレージシステムを導入した。どのような調達方法を採用し、どういった成果が上がったのか。(2023/3/8)

宇宙空間に広がるクラウド技術【中編】
「クラウド」がないと宇宙が危ない――AWSが考える“宇宙進出”の中身
宇宙空間でのクラウドコンピューティング活用を推進するAWS。活用分野の一つが、宇宙空間に漂う不要な「宇宙ごみ」の問題を解決することだという。どのような活路があるのか。(2023/3/15)

宇宙空間に広がるクラウド技術【前編】
クラウドの“王者”AWSが宇宙を開拓 人工衛星でこなしたミッションとは?
AWSは、宇宙空間で利用するアプリケーションに自社のクラウドサービスの活路を見いだしている。同社が発表した、宇宙での実験結果を取り上げる。(2023/3/3)

ゲノム解析とストレージ【第3回】
ゲノム解析機関が「SSD」を使いながらも“コストを抑制”できる理由
フランスの医療協力連合SeqOIAは、高スループットを実現するストレージシステムの実現に当たり、幾つかの課題に直面した。SeqOIAが導入した、無駄が出にくいストレージシステムとは。(2023/2/28)

研究開発の最前線:
ナノイーの曝露が新型コロナをバラバラにするメカニズムを解明
パナソニック くらしアプライアンス社は、大阪公立大学 大学院獣医学研究科 准教授の安木真世氏との共同研究で、ナノイーの曝露による新型コロナウイルスの不活化が、ウイルスの構造崩壊につながる一因だと確認した。(2023/2/24)

ゲノム解析とストレージ【第2回】
「HDDの限界」がゲノム解析で露呈 何が問題だったのか?
フランスの医療協力連合は、ゲノム解析に使用するストレージシステムを刷新することにした。従来のストレージシステムには限界があったからだ。何が問題だったのか。(2023/2/23)

福田昭のデバイス通信(388) 2022年度版実装技術ロードマップ(12):
感染症の解析に貢献するPCR検査と遺伝子検査、迅速検査(後編)
「ウイルス性感染症とPCR検査、遺伝子検査」の後半部分を簡単に説明する。(2023/2/21)

ゲノム解析とストレージ【第1回】
HDDが駄目なら「QLC」で ゲノム解析が求めた“普通じゃない要求”とは?
膨大な量のデータを処理するゲノム解析には、どのようなストレージが必要なのか。フランスの医療協力連合SeqOIAが新たに導入したストレージシステムとは。(2023/2/15)

医療技術ニュース:
細胞老化を促進し、寿命を制限するメカニズムを解明
東京大学は、出芽酵母を用いてrDNAの不安定化に関与している老化遺伝子を同定した。加齢に伴い転写伸長因子Spt4が増加し、リボソーム遺伝子上の非コードRNAの転写活性を増強することで、rDNAの不安定化と細胞老化を促進する。(2023/2/6)

福田昭のデバイス通信(385) 2022年度版実装技術ロードマップ(9):
画像診断を支援する人工知能(AI)が医師の負担を軽減
今回は、「(5)医療診断におけるAI活用状況」部分の概要を説明する。(2023/1/27)

海外医療技術トレンド(91):
米国のヘルスデータ研究を支えるAPI/相互運用性の標準化
本連載第61回で、COVID-19対応を契機とするクラウドネイティブなAPI連携の導入について取り上げたが、米国の研究開発領域ではAPIやデータの相互運用性標準化に向けた動きが本格化している。(2023/1/20)

福田昭のデバイス通信(380) 2022年度版実装技術ロードマップ(4):
「ヒューマンサイエンス」とは何か
今回から、第2章「注目される市場と電子機器群」の本論に入る。はじめは第3節(2.3)「ヒューマンサイエンス」の概要を説明する。(2023/1/6)

使いたいときにHPCが使えない──研究者の悩み、クラウドで解決できたワケ ゲノム解析の現場を救ったAWS活用
HPCが使いたいときに使えない──「ゲノム研究」に当たって課題を抱えていた基礎生物学研究所。解決の糸口はAWSのクラウドサービスだった。(2022/12/12)

Azureが支える医学研究【後編】
Azure活用の医学研究「Our Future Health」が目指す“ゲノム医療”の姿
英国の医学研究プロジェクト「Our Future Health」は「Microsoft Azure」を使って、500万人以上の医療データを処理する。こうした医療データの活用は、どのような医療の実現につながるのか。(2022/12/9)

人材、ノウハウがなくても大丈夫:
PR:AI活用のハードルを一気に下げる、AutoMLツール最前線
攻めと守りの両面で、規模や業種を問わず不可欠になりつつあるAI活用。もはや「PoC止まり」も許されなくなりつつある今、各種制約がある中でもプロジェクトを進められる方法とは。(2022/11/2)

材料技術:
発酵槽で作るパーム油代替油脂、実用化に向け世界トップレベルの生産量を実現
NEDOと不二製油グループ本社、新潟薬科大学の3者は、油脂酵母を用いたパーム油の代替油脂の生産において、培養液1L(リットル)当たり98gという世界トップレベルの生産量を6日間で実現したと発表した。(2022/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。