• 関連の記事

「キャリブレーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャリブレーション」に関する情報が集まったページです。

一部販路で予約受付開始:
ベンキューのminiLED×4Kゲーミングディスプレイ「MOBIUZ EX321UX」は5月31日発売 26万5000円
ベンキュージャパンが、MOBIUZブランドとしては初めてとなるミニLED適用ゲーミング液晶ディスプレイの発売日を5月31日に決定した。一部の販路では販売予約の受け付けも始まっている。(2024/5/15)

日本発売も期待の「Xiaomi 14 Ultra」レビュー ライカ品質のカメラだけでなく全方位で満足できる名機だ
Xiaomiから早くもライカ監修スマートフォンの第4弾「Xiaomi 14 Ultra」が登場した。MWC Barcelona 2024でも発表されたが、今回は中国向けモデルを手にする機会を得たので、レビューしたい。(2024/5/1)

LGエレ、キャリブレーションセンサーを標準付属した4K対応の27型/31.5型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、広色域表示をサポートした4K対応の27型/31.5型液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2024/4/26)

金属3Dプリンタ:
高性能と拡張性を両立する産業用コンポジット3Dプリンタの取り扱い開始
日本3Dプリンターは、Markforged製次世代産業用コンポジット3Dプリンタ「FX10」の取り扱いを開始した。長繊維カーボンファイバー強化技術などにより、要求仕様に沿った正確な高強度部品を迅速に提供する。(2024/4/5)

Innovative Tech:
明るい場所と“異常にくっきり投影”を両立するプロジェクションマッピング その仕組みは? 東工大が開発
東京工業大学 渡辺研究室に所属する研究者らは、明るい環境と対象物を明るくフルカラーで投影できるプロジェクションマッピングを両立した研究報告を発表した。(2024/4/3)

工作機械:
16種の計測機能と対話形式入力で段取り時間を短縮、補正の自動化も実現
DMG森精機は豊富な計測機能を用いて段取り時間を短縮するテクノロジーサイクル「Measuring Pro」を開発した。(2024/3/26)

AI:
配筋検査を6割時短、建設システムのAI搭載端末「SiteRebar」
建設システムは、AI配筋検査端末「SiteRebar」をリリースする。ステレオカメラを搭載した専用端末で撮影した画像から、鉄筋の本数や太さ(径)、間隔を自動で高精度に計測し、配筋検査が1人だけで完了する。施工管理システム「デキスパート」とのクラウド連携により、検査データ作成から報告書までの手作業による転記作業を省略し、従来の配筋検査と比較して検査時間を約6割削減する。(2024/3/14)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
生成AI「Gemini」が「Google Workspace」で利用可能に/「Windows 11 2023 Update」への自動アップデート開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”!(2024/2/25)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
「ViXion01」の今までにない感覚が人生の選択肢を拡大 オートフォーカスアイウェアでライフスタイルが変わる
老眼鏡や拡大鏡の付け替えは非常に面倒だが、オートフォーカスアイウェアの「ViXion01」がそれらの悩みを解決してくれそうだ。実機を試して分かったことをまとめた。(2024/2/8)

Amazon特選タイムセール祭り:
マウスコンピューターのゲーミングPCやiiyamaのディスプレイが最大7万円もオトク!
2024年Amazon特選タイムセール祭りが2月1日に始まった。マウスコンピューターも参戦しており、ビジネス向け、ゲーミング向けPCを出品している。最大値引き率は22%、最大値引き額はなんと7万円だ。この機会にチェックしてみてほしい。(2024/2/2)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
PCデスクにサウンドバーはアリなのか? 10万円切りの「JBL BAR 800」で使い勝手を検証してみた
JBLブランドのサウンドバーはさまざまなモデルが用意されるが、「JBL BAR 800」はワイヤレスのリアスピーカーとしても利用できるユニークな1台だ。実際に試して分かったことをまとめた。(2024/1/23)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
見つめるだけでタップ操作が可能! 「Fire Max 11」の新機能「Alexaを視線で操作」を試して分かったこと
Amazonのタブレット最上位モデル「Fire Max 11」に、新機能「Alexaを視線で操作」が追加された。実際にどの程度利用できるのか、実際に試してみた。(2024/1/5)

3Dプリンタニュース:
共同プロジェクトで医療分野のファントム活用を変革、3D造形でリアルな人体を再現
ストラタシスはシーメンスヘルスケアと提携し、最先端ソリューションの開発を目的とした研究プロジェクトを実施する。コンピュータ断層撮影画像用の医療用画像ファントムの高度化を目指す。(2023/12/21)

医療機器ニュース:
残存しているわずかな筋の動作でメタバースに操作命令できる技術を開発
NTTは、四肢など肢体が重度に不自由な人のわずかな筋の動作をメタバースへの操作命令につなげる入力インタフェースを開発した。自分の意思を伝えるための身体拡張技術として、表面筋電信号入力を利用できるようになる。(2023/11/27)

Amazonブラックフライデー:
ASUSのゲーミングマウスや液晶ディスプレイが最大36%オフでお得に買える!
11月22日にスタートした、Amazonブラックフライデー先行セール。ASUS JAPANもゲーミングマウスや液晶ディスプレイ、ヘッドセットなどに加え、Wi-FiルーターやWebカメラなど多種多様の製品を出品している。最大の割引率は36%だ。(2023/11/22)

PR:マウスコンピューターが「ブラックフライデーセール」を開催 人気のPCが12月6日10時59分まで最大7.5万円引き!
マウスコンピューターが、12月6日10時59分まで「ブラックフライデーセール」を開催する。期間中は同社製のデスクトップPCやノートPCが最大7万5000円引きで購入できる。よりおトクにPCを購入できるチャンスを逃す手はない。(2023/11/22)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「Microsoft Copilot」ブランドを整理 機能拡張も随時展開/新たな「Copilot」となるfor Serviceとfor Sales発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、11月12日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/11/19)

3Dスキャナーニュース:
およそ1×1mの3Dスキャンに対応する工業用3Dスキャナーを発表
Creaformは大型部品向けの3Dスキャナー「HandySCAN 3D」に、工業用3Dスキャナー「MAX」シリーズを追加した。およそ1×1mの3Dスキャンに対応し、大きく複雑な表面を3D測定できる。(2023/11/14)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
「究極の液タブ」は小型化しても究極のまま? ワコムの「Cintiq Pro 17」をプロ絵師がレビュー
ワコムが10月に発表したプロクリエイター向け液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズ。今回は、より小型な「Wacom Cintiq Pro 17」をプロイラストレーターのrefeiaさんが試します。(2023/11/13)

ルネサス インダクティブポジションセンサー:
高速回転モーター向け、デュアルコイルセンサー技術採用IPS
ルネサス エレクトロニクスは、回転速度が速いモーター用途向けに、IPSの新製品を発表した。新たに開発したデュアルコイルセンサー技術を採用し、2つの受信コイルに由来する信号を1つのICで扱える。(2023/11/7)

FAニュース:
より小さく細かい対象物を認識、ロボットの目となる高速3Dビジョンセンサー
クラボウは、ケーブルなどの柔軟物の形状を高速で認識できる、高速3Dビジョンセンサー「Kurasense-C100FX」の受注を開始した。「クラセンス」の新機種で、認識精度が向上している。(2023/11/2)

2025年度に実用化後は外販も視野に:
大成建設がリコーのプロジェクターで300インチ墨出し投影に成功 共同開発はBUILTがきっかけ?
大成建設は、プロジェクションマッピングを利用した独自の墨出し技術「T-iDigital MARKING」をリコーとの共同で、投映面積を300インチに拡大させるなどの高度化を図った。プロジェクター技術を有するリコーが協力した契機となったのは、驚くことにBUILTのメールマガジンだったという。(2023/10/31)

「最期の最期まで闘って」 元「妄想キャリブレーション」水城夢子さん、27歳で病死 2年前には“しばらく療養が必要な病状”で休止
(2023/10/27)

医療機器ニュース:
44色以上の蛍光同時検出と分取ができる細胞分析装置を発売
ソニーは、細胞分析装置の新商品として、44色以上の多色解析と分取ができるスペクトル型セルソーター「FP7000」を発表した。重複する蛍光色素のスペクトル情報をリアルタイムで高精度に分離する。(2023/10/25)

システムの高効率化を支える電流センサー:
PR:高精度な電流検知をシンプルな設計で実現 EVの800Vシステムでも使えるホール効果電流センサーも登場
電気自動車(EV)や工場の自動化で使われる制御機器では、エネルギー効率の向上のためにより高精度な電流センシングのニーズが高まっている。Texas Instruments(TI)はこうした要求に応えるべく、電流センシングソリューションを拡充している。2023年8月には、EVの800Vバッテリーシステムでも使えるホール効果電流センサーや電流センシングソリューションを大幅に小型化するシャント抵抗内蔵電流モニターを発表した。いずれも、電流検知システムの設計を簡素化できる製品だ。(2023/10/6)

Innovative Tech:
女性ホルモンを常に計測する“指輪” 排卵や月経を正確予測 米カリフォルニア工科大学が開発
米カリフォルニア工科大学に所属する研究者らは、女性ホルモンを検出する薄くて小型な汗センサーを提案した研究報告を発表した。このセンサーを利用すると、汗からの成分分析により、排卵や月経を正確に予測できるという。(2023/10/6)

「XREAL Air 2」国内発表、レンズの濃度が変えられる「Pro」モデルも iPhone 15とも直で接続
ARグラスの新モデル「XREAL Air 2」が日本でも登場した。「XREAL Air(旧Nreal Air)」からブラッシュアップした新モデルで、薄くより軽くなっている。また、Proモデル「XREAL Air 2 Pro」も用意。こちらはレンズの濃度を変えられる機能を用意した。(2023/9/21)

PR:PCメーカーの中の人が使う“ビジネスPC”のスペックはやっぱり強い? マウスコンピューターから学ぶ、適材適所なビジネスPCの選び方
一口にノートPCといっても、今ではすっかり多様化して日頃の業務内容に応じて選べるようになってきた。そこで、さまざまなモデルを用意するマウスコンピューターの“中の人”に、業務内容に応じたお勧めのPCを聞いた。(2023/9/13)

EIZO、ColorEdge用カラーマネジメントソフト「ColorNavigator 7」向けAPIを提供開始
EIZOは、同社製カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge」用カラーマネジメントソフト「ColorNavigator 7」最新版を発表した。(2023/9/12)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
ぽつぽつ指摘していたら弱点が無くなってしまった…… XPPenの「Artist Pro 16(Gen2)」をプロ絵師が触って驚いたこと
コスパが高い液晶ペンタブレットを多数用意するXPPenから、1万6384段階の筆圧検知に対応した「Artist Pro 14/16」の第2世代モデルが登場しました。プロイラストレーターのrefeiaさんが試したところ……。(2023/9/11)

アイ・オー、医用画像向けの27型WQHD液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、医療画像の表示に適した27型WQHD液晶ディスプレイ「LCD-MCQ271EDB2」など3製品を発表した。(2023/8/31)

コンピュートインメモリも活用:
IBMがPCMを用いた推論チップ「Hermes」の性能を公開
IBMの研究グループは、Nature Electronicsの最新号で、2022年に初めて作られた、重み400万、64コアの推論チップ「Hermes」の設計と動作を公開した。(2023/8/24)

約1.32kgで本格派! マウスの新型「DAIV Z4-I7G50SR-B」は持ち運びやすさとクリエイティブ適性を両立させたモバイルPCだった
マウスコンピューターの「DAIV Z4-I7G50SR-B」は、クリエイター適性の高いスペックをそつなくまとめた注目の1台だ。実機を細かくチェックした。(2023/8/17)

PR:夏はまだまだ終わらない! マウスコンピューターが最大6万円オフの「ビッグサマーセール」を開催 8月30日10時59分まで
マウスコンピューターが、8月30日午前10時59分まで「ビッグサマーセール」を開催する。同社製PCが最大6万円引きで購入できるチャンス……なのだが、どのモデルを狙えばいいのか迷う人もいると思う。この記事では“狙い目”を紹介したい。(2023/8/16)

Innovative Tech:
耳の穴に入れる、らせん状の脳波計測器 脳とコンピュータを接続 中国の研究者らが開発
中国の清華大学などに所属する研究者らは、装着者の内耳を通して人間の脳をコンピュータに接続できる非侵襲的なインタフェースを提案した研究報告を発表した。(2023/8/2)

スマート工場最前線:
パナソニックが進めるリサイクル工程の自動化、エアコン室外機をAI活用で分解
パナソニックHDなどは、エアコン外装自動分解設備と、分解に必要な情報を蓄積する分解データベースによるエアコン室外機外装自動分解システムを開発し、同設備を導入したパナソニック エコテクノロジー関東を公開した。(2023/8/2)

ベンキュー、ハードウェアキャリブレーションに対応したプロ向けのWQHD/4K対応27型液晶ディスプレイ2製品
ベンキュージャパンは、写真/動画編集向けをうたうWQHD/4K対応27型液晶ディスプレイ「SW272Q」「SW272U」を発表した。(2023/7/31)

「メカ的構造」の悩みに応えるもう一つの選択肢:
PR:大型光エンコーダが3mm角のICで置き換え可能に ―― 角度検知の用途を広げる高性能な磁気角度センサー
産業機器から民生機器まで、角度センサーの用途が広がる中、角度センサーには新たなニーズが生まれている。小型化、低消費電力化、耐久性の向上だ。こうした中、機械的な構造を持つ既存の角度センサーの課題が浮き彫りになってきた。そこで、MPSが「もう一つの選択肢」として提案するのが、同社の磁気角度センサー「MagAlpha」だ。(2023/7/18)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(10):
知っておきたい振動測定の手段あれこれ
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第10回では「振動測定の手段」をテーマに幾つかの方法を紹介する。(2023/7/10)

目のピント合わせを外部デバイスにアウトソースしたら“未来”が広がった 「ViXion01」を体験してきた
HOYAからスピンアウトしたViXionが29日からクラウドファンディングを始めた。新製品の“オートフォーカスアイウェア”こと「ViXion01」だ。(2023/6/29)

「Apple Vision Pro」を先行体験! かぶって分かった上質のデジタル体験
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」だ。これまでのAR/VRなどのHMDデバイスと何が違うのだろうか。林信行氏が真っ先にかぶって分かったことをまとめた。(2023/6/6)

産業用ロボット:
EVバッテリーのケーブル組み付けをロボットで自動化、小型視覚装置で設定も容易
不二越は「人とくるまのテクノロジー展2023」において、産業用ロボットを用いたEVバッテリー用ケーブル組み付けのデモンストレーションを披露した。(2023/5/31)

PR:45Wの14コアCPUにRTX 4060で液晶はキャリブレ済み! 14型ノートPC「DAIV S4-I7G60CB-B」を試す
マウスコンピューターのクリエイター向けノートPCに、新モデル「DAIV S4-I7G60CB-B」が加わった。型番の変更などを含め、従来モデルからどのような部分が変わったのか、細かくチェックした。(2023/5/18)

FAニュース:
ロボットハンドに頭脳を与える近接覚センサーがいよいよ量産、2023年7月発売へ
Thinkerは初の製品となる「近接覚センサー TK-01」を2023年7月31日に発売すると発表した。価格は24万2000円(税込み)で5月23日から受注を開始する。2026年度には、10億円を超える売り上げを目指す。(2023/5/17)

PR:「Web会議室の機器こそ “オーバースペック”を」 情シスコンサルのプロがおススメする製品の実力とは
(2023/5/17)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
ついにワコム「Cintiq Pro」キラー現る!? プロイラストレーターがXencelabs「ペンディスプレイ24」をレビュー
Xencelabs(センスラボ)から、24型の液タブ「ペンディスプレイ24」が登場する。先行機をプロイラストレーターのrefeiaさんが試した。(2023/5/11)

ハノーバーメッセ2023:
「ChatGPTに匹敵する」ドイツ新興の生成AI、HPEが製造業への導入例を披露
Hewlett Packard EnterpriseはHANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)において、ドイツのAIスタートアップAleph Alphaの生成AIを用い、自然言語での対話で産業用ロボットの操作をサポートするシステムのデモを行った。(2023/5/8)

3Dスキャナーニュース:
直感的に操作できる軽量なハンドヘルド3Dレーザースキャナーを発売
丸紅情報システムズは、ハンドヘルド3Dレーザースキャナー「ZEISS T-SCAN hawk 2」の販売を開始した。リモートワークフロー機能を搭載するため、PCの前でソフトウェアを操作しなくても、手元のボタンで直感的に操作し、測定できる。(2023/4/25)

裸眼3Dディスプレイ搭載構成も登場予定:
プロクリエイター向け16型ノート「ASUS ProArt Studiobook」に新モデル 第13世代Core i9搭載でパワーアップ
ASUS JAPANのプロクリエイター向け16型ノートPC「ASUS ProArt Studiobook」に、CPUとGPUを刷新した新モデルが登場する。海外発表された裸眼3Dディスプレイ対応モデルも、日本市場に投入する方向で検討が進められている。(2023/4/21)

ダイヤル+4K有機EL+RTX 3060搭載の「ASUS ProArt Studiobook 16 OLED」を試して分かったこと
ASUSのクリエイター向け16型ノートPC「ProArt Studiobook 16 OLED」には、第12世代Coreプロセッサを搭載するモデルが用意されている。今回は、Core i7-12700HとGeForce RTX 3060 Laptopを搭載するエントリー構成の実力をチェックしていく。(2023/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。