• 関連の記事

「DisplayPort」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DisplayPort」に関する情報が集まったページです。

アイ・オー、120Hz駆動に対応した24.5型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、エントリークラスモデルとなる24.5型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GD251SH」を発売する。(2024/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
MINISFORUMが初の水冷ミニPC「AtomMan X7 Pt」やRTX 4070搭載スリムPCをCOMPUTEX 2024に出展
PC関連の見本市「COMPUTEX TAIPEI 2024」(6月4〜7日、台湾・台北市)のMINISFORUMブースでは、同社初の水冷機構を搭載したミニPC「AtomMan X7 Pt」などを出展していた。(2024/6/12)

PR:AI×サステナビリティーで課題を解決! 伝統に安住しない「Lenovo ThinkPad T14 Gen 5(AMD)」がビジネスの“今”に最適な理由
レノボ・ジャパンの最新ノートPC「Lenovo ThinkPad T14 Gen 5(AMD)」は、昨今のノートPCに求められるニーズを高いレベルで満たしている。AIプロセッサ「Ryzen AI」搭載構成も選択可能で、これからの「オンデバイスAI」時代にもピッタリな1台でもある。その特徴をチェックしていこう。(2024/6/10)

ViewSonic、ドスパラ専売の180Hz駆動対応23.8型ゲーミング液晶にホワイト筐体モデルを追加
ビューソニックジャパンは、白色デザイン筐体を採用した23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「VX2428J-W-7」を発売する。(2024/6/5)

COMPUTEX TAIPE 2024:
身近で便利で体感できるAIはSynapticsにあり? ビデオ会議やタッチパッド、ドッキングステーションなどをデモ
台湾で開催中の見本市「COMPUTEX TAIPE 2024」には、さまざまな企業がブースを出展している。ここではタッチパッドや生体認証、WebカメラなどでおなじみのSynapticsを紹介する。(2024/6/5)

SPARKLE、Thunderbolt 4接続に対応した12ポート搭載拡張ドック
アユートは、台湾SPARKLE製となるThunderbolt 4外付け型拡張ドック「TDX-120GD4」の取り扱いを発表した。(2024/6/4)

PlayStation VR2をPCで利用可能になる変換アダプターが発表 8月7日発売
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、同社製VR HMD「PlayStation VR2」をPCに接続可能にする「PlayStation VR2 PCアダプター」を発表した。(2024/6/4)

次世代CPU「Lunar Lake」でIntelが目指す“AI PC”とは? 驚くべき進化点と見える弱点、その克服法
COMPUTEX TAIPEI 2024に先立って、Intelが今後発売される予定のCPUに関する技術説明会を開催した。この記事では、2024年第4四半期に登場する予定のモバイル向けCPU「Lunar Lake」(開発コード名)の技術的概要を紹介する。(2024/6/4)

PR:シルバーボディが魅力のフィリップス最新4K UHDディスプレイで仕事&クリエイティブ環境をアップデートしよう!
PCの作業効率を上げるためにマルチディスプレイ環境を構築する人は多いが、複数台のディスプレイを設置すると使い勝手が煩雑になりがちで思うように効率が上がらないこともある。ならば1台で広い作業領域を確保できる4Kディスプレイの導入を検討してみてはいかがだろうか。今回は見た目もスタイリッシュなフィリップスの最新27型4Kディスプレイ「27E2F7903/11」を紹介しよう。(2024/6/4)

「PS VR2」がPCゲームに対応 専用アダプターでSteamのVRゲームが遊べる
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のVR.ヘッドセット「PlayStation VR2」がSteamに対応する。8月7日発売の専用アダプターを装着することで、PS VR2でPCのVRゲームがプレイできるようになるという。(2024/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
AMDのプロ向けGPU「Radeon PRO W7900」にコンパクトなデュアルスロットモデル登場 複数枚運用やコンテンツ制作に威力を発揮
AMDのプロ向けGPUの最上位モデルに、スロット厚を抑えた新モデルが登場した。ボディースペースに余裕のないワークステーションにおける複数枚運用の他、プロフェッショナル/ハイアマチュアのコンテンツクリエイターの利用も想定しているという。(2024/6/3)

マウスコンピューター初のChromeOS搭載モデルが販売開始 GIGAスクール向けでゼロタッチ登録もサポート
マウスコンピューターが、同社初のChromeOS採用モデルとなる、11.6型2in1コンバーティブルノートPC「mouse Chromebook U1-DAU01GY-A」の販売を開始した。(2024/6/3)

リフレッシュレート180Hzに対応した「Titan Army」のゲーミングモニターがお得
リンクスインターナショナルが、「Titan Armyモニター SUPER SUMMER SALE」を開催している。2024年4月に取り扱いを開始したばかりのリフレッシュレート180Hz対応ゲーミングディスプレイだ。同時開催中のモニターレビューキャンペーンにも応募できる。(2024/6/3)

AmazonスマイルSALE:
ミニPCやポータブルゲーミングPCがお得! AmazonスマイルSALEで
アマゾンジャパンが開催している「AmazonスマイルSALE」に、ポータブルゲーミングPCや軽くて持ち運びしやすいミニPCが出品されている。複数のモデルが用意されているが、最大値引き率は21%だ。(2024/6/1)

MSI、160Hz駆動に対応した27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示をサポートした27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「MPG 274URF QD」を発表した。(2024/5/30)

MSI、ゲーミングディスプレイ「MAG」シリーズに白色デザイン筐体の27型モデル3製品を追加
エムエスアイコンピュータージャパンは、白色デザイン筐体を採用した27型ゲーミング液晶ディスプレイ3製品を発表した。(2024/5/29)

MINISFORUM、Ryzen 9+Radeon RXを搭載したミニゲーミングデスクトップPC
MINISFORUMは、Ryzen 9プロセッサを標準搭載した小型設計のゲーミングデスクトップPC「G7 Pt」を発表した。(2024/5/27)

MSI、180Hz駆動をサポートした湾曲27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示に対応した湾曲27型ゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 27CQ6PF」を発表した。(2024/5/24)

アイ・オー、180Hz駆動対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、高リフレッシュレート表示をサポートした27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GD271JD」を発表した。(2024/5/22)

MINISFORUM、第12世代Core i9を搭載したミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUMブランド製となるCore i9搭載ミニデスクトップPC「MINISFORUM UN1290W」の取り扱いを開始する。(2024/5/22)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
ワコムが有機ELと出会ったら……極薄で最軽量液タブ「Movink 13」をプロ絵師が試したぞ!
ついに、ワコムから有機EL採用のタブレットが発売されました。めちゃ薄くて500mlのペットボトルよりも軽い新モデル「Movink 13」をイラストレーターのrefeiaさんが試しました。(2024/5/22)

AMDが中小規模サーバ向けCPU「EPYC 4004シリーズ」を発表 Socket AM5採用でコストを抑制
AMDが、中小規模のサーバやエッジコンピューティング用途向けに、Socket AM5採用の新型EPYCを投入する。価格当たりの消費電力効率やコア数の多さが特徴だという。(2024/5/21)

レノボがSnapdragon X Elite搭載ノートPC「Yoga Slim 7x」を6月18日に発売 「ThinkPad T14s Gen 6」も後日発売予定
Lenovoが、Snapdragon X Eliteを搭載するノートPCを発表した。コンシューマー向けの「Yoga Slim 7x」については日本での発売も決定し、直販サイトで予約を受け付けている。ビジネス向けの「ThinkPad T14s Gen 6」も国内投入が予定されているものの、発売時期や価格は未定だ。(2024/5/21)

HPがSnapdragon X Elite搭載AI PC「OmniBook X」「EliteBook Ultra G1q」を6月に米国発売 PCブランドの再編も実施
HPが、Qualcomm製SoC「Snapdragon X Elite」搭載ノートPCを発売する。これに合わせて、同社のPCブランドの再編も実施される。【追記】(2024/5/21)

PR:3年保証付きで税込み7万円未満! 格安なのに快適に使える15.6型ノートPC「mouse B5-A5A01IS-C」を試す
税込み価格で6万9800円と非常に手頃な価格でありながら、3年間の無償保証付きと大変お得なノートPCがマウスコンピューターの「mouse B5-A5A01IS-C」だ。実際の使い勝手やパフォーマンスはどうなのか、実機を使ってみた。(2024/5/17)

GIGABYTE、180Hz駆動をサポートした27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
シー・エフ・デー販売は、台湾GIGABYTE TECHNOLOGY製となる27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「GIGABYTE GS27FA」の取り扱いを開始する。(2024/5/20)

ゲームボーイ/ゲームボーイミクロ風の携帯ゲーム機2モデルがAYANEOから登場! ポータブルGPUボックスも発表
AYANEOが予告通り、「AYANEO REMAKE」シリーズの第2弾を明らかにした。携帯ゲーム機から従来モデルのバージョンアップ、そしてモバイルバッテリーと多彩な内容だ。(2024/5/19)

古田雄介の週末アキバ速報:
最大60Wの電源供給や8K出力対応のUSB4増設カードがプチヒット!
ASUS JAPANから登場したUSB4拡張カード「USB4 PCIE GEN4 CARD」が登場し、インタフェースカードとしては異例の売れ行きを見せているという。(2024/5/18)

ASUS、USB4ポート増設用のPCIe拡張カード
ASUS JAPANは、USB4ポートを備えたPCIe拡張カード「USB4 PCIE GEN4 CARD」を発表した。(2024/5/16)

FCNTが「arrows We2」「arrows We2 Plus」発表 PlusはSnapdragon 7+ Gen 2搭載で自律神経測定も可能
レノボ傘下となったFCNTが、新体制で初めてとなるスマートフォンをリリースする。従来モデルの後継に加え、スペックと画面サイズを引き上げた上位モデルも用意される。(2024/5/16)

MSI、180Hz駆動をサポートした湾曲27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、湾曲デザイン筐体を採用した27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 27C6PF」を発表した。(2024/5/16)

一部販路で予約受付開始:
ベンキューのminiLED×4Kゲーミングディスプレイ「MOBIUZ EX321UX」は5月31日発売 26万5000円
ベンキュージャパンが、MOBIUZブランドとしては初めてとなるミニLED適用ゲーミング液晶ディスプレイの発売日を5月31日に決定した。一部の販路では販売予約の受け付けも始まっている。(2024/5/15)

ドウシシャ、180Hz駆動に対応した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ3製品を発表
ドウシシャは、“Fast IPS”パネルを採用した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ計3製品を発表した。(2024/5/15)

FMVの富士通クライアントコンピューティングが2種類の周辺機器を発売 「27型ワイド4Kディスプレイ」と「ワイヤレス静音キーボード」
富士通クライアントコンピューティングが、27型4K液晶ディスプレイと、静音性に優れたワイヤレスキーボードを発売する。いずれもFMVシリーズ(LIFEBOOK/ESPRIMO)以外で使うことも想定しており、機能面でもこだわりを持っている。(2024/5/14)

GIGABYTE、240Hz駆動をサポートした31.5型有機ELゲーミングディスプレイ
シー・エフ・デー販売は、GIGABYTE製となる有機ELパネル採用の31.5型ゲーミングディスプレイ「AORUS FO32U2P」を発表した。(2024/5/14)

ASRock、容量約2Lの小型ボディーを採用したSocket AM5対応ミニベアボーンPCキット
ASRockは、最新のRyzenプロセッサの装着に対応した小型設計のベアボーンPCキット「DeskMini X600」を発表した。(2024/5/10)

デル、ビジネス向けのスタンダード22型/24型/27型液晶ディスプレイ7製品を発表
デル・テクノロジーズは、ビジネス向けのスタンダード液晶ディスプレイ「P」シリーズの新モデル計7製品を発表した。(2024/5/9)

Philips、DisplayHDR 400にも対応したクリエイター向け27型4K液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、Philipsブランド製となる4K対応27型液晶ディスプレイ「27E2F7903/11」の取り扱いを開始する。(2024/5/8)

ASUS、クリエイター向けの湾曲ウルトラワイド34.1型液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、ウルトラワイド表示に対応した湾曲デザイン採用の34.1型液晶ディスプレイ「ProArt Display PA34VCNV」を発表した。(2024/5/8)

Core Ultra 9を搭載した4型ディスプレイ&Webカメラ付きミニPC「AtomMan X7 Ti」がMinisforumから登場
「AtomMan X7 Ti」は据え置きのミニPCでありながら、本体に4型のタッチディスプレイやWindows Hello対応のカメラなどを搭載するユニークな製品だ。(2024/5/8)

アイ・オー、無輝点保証の180Hz対応ゲーミングディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、PCやPS5向けのゲーミングディスプレイ「LCD-GD241JD」を発売する。価格はオープンプライス。(2024/5/1)

マウスコンピューター、GWダイレクトショップセールを開催
マウスコンピューターは、2024年4月25日よりAVerMedia推奨PCを発売するほか、4月26日よりマウスコンピューターダイレクトショップ「G-Tune:Garage」にてゴールデンウイークセールを開催する。期間は5月23日まで。(2024/4/30)

「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
操作パネルや基板は取り外され、3面モニターだけ生きているとのこと。PCデスクとして使えるかも……?(2024/4/28)

LGエレ、キャリブレーションセンサーを標準付属した4K対応の27型/31.5型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、広色域表示をサポートした4K対応の27型/31.5型液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2024/4/26)

QualcommがPC向けSoC「Snapdragon X Plus」を発表 CPUコアを削減しつつも圧倒的なAI処理性能は維持 搭載PCは2024年中盤に登場予定
Qualcommが、PC向けSoC「Snapdragon X」のポートフォリオを拡大する。最上位の「Snapdragon X Elite」からCPUコアを削減しつつも、GPU/NPUコアの性能を維持した「Snapdragon X Plus」を投入することで、より手頃な価格帯のPCへの採用を狙う。(2024/4/25)

ASUS、180Hz駆動に対応した湾曲ウルトラワイド34型ゲーミング液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、ウルトラワイド表示に対応した34型ゲーミング液晶ディスプレイ「TUF Gaming VG34VQL3A」を発表した。(2024/4/24)

ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ
ワコムが4月24日、クリエイター向けの新デバイス「Wacom Movink 13」を発表、5月15日から発売される。ワコムストアでの直販価格は税込み11万8800円だ。(2024/4/24)

レノボ、スリムな3辺狭額縁デザインを採用した24.5型フルHD液晶ディスプレイ
レノボ・ジャパンは、フルHDMI表示に対応した24.5型液晶ディスプレイ「ThinkVision P25i-30」を発表した。(2024/4/23)

MSI、第12世代Core i3/i5を採用したミニデスクトップPC「Cubi 5」
エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代Coreプロセッサを標準搭載したビジネス向けミニデスクトップPC「Cubi 5」シリーズ3製品を発表した。(2024/4/19)

Xiaomi、180Hz駆動をサポートした曲面設計の34型ウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ
小米技術日本は、曲面デザイン筐体を採用した34型ウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ「Xiaomi 曲面ゲーミングモニター G34WQi」を発表した。(2024/4/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。