• 関連の記事

「IPS方式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

In Plane Switching

モバイルディスプレイの道:
ノートPCの画面サイズが物足りない場合にもぴったり! 17.3型の大画面モバイルディスプレイを試す
大画面のモバイルディスプレイもバリエーションが増加しつつあるが、リンクスインターナショナルの「Quintokuta 4F173」は、17.3型というビッグサイズ実現した注目のモデルだ。(2022/1/27)

ユニーク、重量約465gのスリム14型モバイル液晶ディスプレイ
ユニークは、USB Type-C接続に対応した14型モバイル液晶ディスプレイ「UQ-PM14FHDNT2」を発売する。(2022/1/25)

Pixio、144Hz駆動対応で2万円台の23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、「Pixio」ブランドから高リフレッシュレート表示対応の23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX248 Prime Advanced」を発売する。(2022/1/25)

モバイルディスプレイの道:
13.3型なのに重量は12.9インチiPad Proの約半分! 異次元の軽さが光るモバイルディスプレイを試す
小型のモバイルディスプレイも選択肢が増えているが、リンクスインターナショナルの13.3型モデル「Quintokuta 5Z133-V2」は、群を抜く軽量ボディーが見どころの1台だ。(2022/1/25)

デル、165Hz駆動に対応した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ
デル・テクノロジーズは、高リフレッシュレート駆動を実現した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ計2製品の販売を開始する。(2022/1/24)

MSI、KVMスイッチ機能も備えたハイエンド32型4K液晶ディスプレイ 遮光フードも付属
エムエスアイコンピュータージャパンは、ビジネス/クリエイター向けとなる4K表示対応の32型液晶ディスプレイ「Summit MS321UP」を発売する。(2022/1/20)

Armだからできるデザインと機能:
5G標準対応のArm版Windows 10搭載2in1 PC「HP Elite Folio」を使って分かったこと
日本HPの「HP Elite Folio」は、5Gに標準対応しながら20時間以上のバッテリー駆動時間を備えつつ、ヴィーガンレザーのカバーで覆われた異色の1台だ。気になる実機をチェックした。(2022/1/20)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
auのスマートフォンを振り返る 反転攻勢の「IS」シリーズ、INFOBARやWindows Phoneも
ITmedia Mobile 20周年を記念し、大手キャリアが取り扱ってきた端末を振り返る企画。ドコモのスマートフォンに続き、今回はauのスマートフォンを取り上げる。(2022/1/16)

「16:10ディスプレイ」が思わぬ部分でデメリットに? 「ThinkPad X1 Carbon Gen 9」を試す(前編)
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」の第9世代モデルは、画面のアスペクト比が16:10となったことが特徴だ。縦方向の解像度が増えた一方で、キーボードには見逃せない変化も見受けられる。2022年に発売されるであろう第10世代モデルのプレビューとして、第9世代モデルをチェックしていこう。(2022/1/13)

マウスコンピューター×オプテージ:
PR:快適ゲーミングPC&デバイスを定額利用! 3年で最新デバイスに乗り換えもできるサービス「Gaming Neo」の魅力
PCでゲームを満喫したいけど、ゲーミングPCは高価でなかなか踏ん切りが付かない……。そのような悩みを抱えている人にお勧めなのが、オプテージの「定額ゲーミングデバイス(Gaming Neo)」だ。サービスの内容を細かくチェックしよう。(2022/1/12)

Lenovoが「Yoga」ノートPCの2022年モデルを披露 Intelの新型GPU「Arc A」搭載モデルも登場予定
Lenovoが、CES 2022に合わせて「Yoga」ブランドの新型ノートPCを発表した。一部モデルでは、Intelが間もなく正式発表する外部GPU「Intel Arc Aシリーズ」を搭載する構成も用意される予定だ。(2022/1/6)

CES 2022:
Lenovoの中小ビジネス向け「ThinkBook」に2画面モデルが登場!
Lenovoが中小企業や個人事業主の利用を想定したノートPCの新モデルを発表した。従来、電子ペーパーを搭載してきた「Plus」モデルは、メインディスプレイを大きくした上で、キーボード横に液晶ディスプレイを搭載することで“生まれ変わる”。(2022/1/6)

CES 2022:
「ThinkPad X1ファミリー」に2022年モデル 第12世代Coreプロセッサでより快適に
LenovoのThinkPadブランドにおいてフラグシップを担う「ThinkPad X1ファミリー」に2022年モデルが登場する。第12世代Coreプロセッサを搭載し処理性能を底上げした他、一部モデルで対応していたフルHDカメラの搭載オプションが全モデルに拡大されている。(2022/1/6)

CES 2022:
HPがゲーミングPCの新モデルを発売 「OMEN」ケースの“単品販売”も
HPが「OMEN」「Victus by HP」ブランドのゲーミングPCとゲーミング周辺機器の新モデルを発表した。目玉となる45LボディーのゲーミングデスクトップPCでは、ケース(と冷却機構のセット)を“単品”で販売するという。(2022/1/5)

CES 2022:
ASUSが第12世代CoreやRyzen 6000シリーズ搭載の次世代ROG/TUF GAMINGシリーズを投入!
ASUSが1月4日(現地時間)、「ROG CES 2022 For Those Who Dare: The Rise of Gamers」をオンラインで開催し、同社のゲーミングPCブランド「Republic Of Gamers」を中心に新モデルを発表した。日本国内での発売時期や価格は現時点で不明だ。(2022/1/5)

CES 2022:
新デザインと新カラーを採用 Lenovoが新型Ryzenプロセッサ搭載の「ThinkPad Zシリーズ」を5月に発売
Lenovoが、ThinkPad Zシリーズを“復活”させる。新しいZシリーズは、AMDの最新APU「Ryzen PRO 6000シリーズ」を搭載し、より広いビジネスユーザーに訴求すべく、従来のThinkPadからデザインの一部を変更すると同時に、環境配慮も盛り込んでいる。(2022/1/5)

「iPad mini(第6世代)」で起きる「ゼリースクロール」とは? その原因を解説
「iPad mini(第6世代)」を縦に持ってスクロールした際に起きるという「ゼリースクロール」現象。その原因はiPad miniが搭載したディスプレイのリフレッシュレートによるもので、避けようがないのが現状だ。(2022/1/2)

強烈な高機能! 日本HPのゲーミングノート「OMEN 17」上位モデル先行レビュー
日本HPが9月に発表したゲーミングノートPC「OMEN 17」は、第11世代Core H45プロセッサとGeForce RTX 30 Laptopを搭載する最新かつ高性能なモデルである。2022年3月までに発売される予定だが、上位モデルを先行してレビューする機会を得たので実力をチェックしてみよう。(2021/12/24)

2560×1440ピクセルを縦に2枚並べた液晶ディスプレイ、LGがCESに出展
韓国LG Electronicsは12月22日、液晶ディスプレイの新製品「LG DualUp Monitor(28MQ780)」を発表した。(2021/12/23)

約650gでRyzen搭載の超小型Windows PC「AYA NEO 2021」で錆びついたゲーム魂をよみがえらせる
これまで、超小型ゲーミングPCといえばIntelの一人舞台状態だったが、ついにAMDのRyzenプロセッサを搭載したモデルが一般市場でも手に入るようになった。約650gという軽量ボディーの「AYA NEO 2021」をチェックした。(2021/12/22)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:マシーナリーとも子に「一番売れてるノートPC」を使わせたら想像以上に万能で手離せなくなりました
普段はデスクトップPCばかり使っているとも子にNECの<LAVIE N15>をレビューさせてみました。(2021/12/22)

MSI、144Hz駆動をサポートした27.9型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示に対応した27.9型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「Optix MAG281URF」を発売する。(2021/12/16)

4K/144Hzで色鮮やかな画面! ASUSの32型「ROG Swift PG32UQ」は長く使える相棒になれるか試してみた
一度買うと、長く付き合う周辺機器の筆頭格が液晶ディスプレイだ。最近のキーワードであるHDMI 2.1/4K表示/高リフレッシュレート/HDR対応といったポイントを網羅している、ASUS JAPANの「ROG Swift PG32UQ」をチェックした。(2021/12/15)

エイサー、180Hz駆動に対応した湾曲34型ウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、高リフレッシュレート表示に対応した曲面デザイン設計の34型ウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ「X34Sbmiiiphzx」を発表した。(2021/12/14)

Pixio、144Hz駆動に対応した24.5型フルHD液晶 実売2万8980円
Hameeは、高リフレッシュレート表示に対応した24.5型フルHD液晶ディスプレイ「PX257 Prime」を発売する。(2021/12/10)

FFF、WQHD表示に対応したIPSパネル採用32型液晶ディスプレイ 100台限定価格は3万7800円
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、WQHD解像度をサポートしたIPSパネル採用32型液晶ディスプレイ「FFF-LD32P3」を発表した。(2021/12/9)

ハイブリッドワークにフィットするシリーズ1番人気モデルがWindows 11で登場 「Let's note FV1」を試す
パナソニックの14型モバイルPC「Let's note FV」 シリーズが、Windows 11を搭載して生まれ変わった。アスペクト比3:2の画面を備えた見どころの多い最新モデルをチェックした。(2021/12/8)

ベンキュー、HDR10対応の28型4K液晶ディスプレイ「EW2880U」など2製品を発売
ベンキュージャパンは、4K表示に対応した28型液晶ディスプレイ「EW2880U」など2製品を発表した。(2021/11/29)

Amazonにて各社の液晶ペンタブレットが割引価格でセール中
12月2日午後11時59分まで開催される「Amazon ブラックフライデーセール」において、液晶ペンタブレットが割引価格で購入できる。(2021/11/29)

PR:サクサク動く高コスパのWindows 11対応ノートPCならこれ! 7万円弱から買える「IdeaPad Slim 550 14型」をチェック!
レノボ・ジャパンの「IdeaPad Slim 550 14型」は、最安値構成で税込み7万円を切る手頃な価格ながら、普段使いにおいて快適に使えるスペックを備えている。コストパフォーマンス重視でノートPCを選びたい人にとって“要チェック”なこのモデルの魅力を紹介しよう。(2021/11/30)

PR:長時間バッテリー駆動×5G対応! これからのデジタルライフに寄り添う「HP Elite Folio」の魅力を探る
テレワークと在宅勤務を組み合わせる「ハイブリッドワーク」が普及しようとしている今、どこでも高いパフォーマンスを発揮できるモバイルノートPCが求められている。その選択肢の最有力候補の1つが、日本HPの5G対応ノートPC「HP Elite Folio」である。その魅力をチェックしてみよう。(2021/11/29)

Quintokuta、Type-C接続対応の13.3型モバイル液晶「5Z133」に光沢パネル搭載モデル
リンクスインターナショナルは、Quintokuta製のUSB Type-C接続対応13.3型モバイル液晶ディスプレイ「5Z133」に光沢パネル搭載のバリエーションモデルを追加した。(2021/11/26)

MSI、ウルトラワイド表示対応の湾曲37.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示をサポートしたウルトラワイド表示対応の湾曲37.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「Optix MEG381CQR Plus」を発売する。(2021/11/18)

富士通クライアントコンピューティング、スタンダード設計の21.5型フルHD液晶ディスプレイ
富士通クライアントコンピューティングは、フルHD表示に対応した21.5型液晶ディスプレイ「VTF22011BT」を発表した。(2021/11/17)

シンプルで安価! 165Hz対応の27型液晶ディスプレイ「PX273 Prime」で遊ぶ
Pixioの27型ゲーミングディスプレイ「PX273 Prime」は、フルHD表示ながら実売3万2000円前後と手頃な価格ながら、165Hzのリフレッシュレートをサポートする1台だ。実際の使い心地をレポートする。(2021/11/17)

ASUS、HDMI 2.1接続/144Hz駆動に対応した43型4Kゲーミング液晶など4製品
ASUS JAPANは、144Hz駆動を実現した4K表示対応の43型/32型ゲーミング液晶ディスプレイを発表した。(2021/11/15)

【2021年】タイプ別、最新ドライブレコーダーの注目モデルはコレだ
万一の事故や交通トラブルの際に強い味方になってくれる、今や欠かせないカーアイテム「ドライブレコーダー」。中でもおすすめ機種は……?(2021/11/14)

中国innocn、アスペクト比32:9の超ウルトラワイド表示に対応した43.8型液晶ディスプレイを販売中
中国innocnは、アスペクト比32:9となる超ウルトラワイド表示をサポートした43.8型液晶ディスプレイ「WR44-PLUS」の提供を開始した。(2021/11/10)

エイサー、HDMI 2.1入力も備えた31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、4K解像度に対応した31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「XB323QKNVbmiiphuzx」を発表した。(2021/11/9)

Pixio、WQHD解像度に対応したType-C接続対応の27型ゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、IPSパネルを採用した27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ「PX275C Prime」の販売を開始する。(2021/11/8)

PR:在宅も出社も効率アップ! モバイルディスプレイを使った「Hybrid デュアルディスプレイ」をお勧めする理由
テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方が普及する中、どこで作業しても高いパフォーマンスを維持したいが、現状はなかなか難しいという悩みを抱える人が増えている。その悩みを解決するには、ノートPCと一緒に「モバイルディスプレイ」を持ち歩く使い方をお勧めしたい。この記事では、特にイチオシのデル・テクノロジーズの14型モバイルディスプレイ「C1422H」の魅力を紹介する。――重要なキーワードは「軽量約590g」「奥行き約9.33cm」「本体のみで自立可能」だ――。(2021/11/12)

エイサー、法人向けの4K対応28型液晶ディスプレイなど3製品
日本エイサーは、法人市場向けとなる28型4K液晶ディスプレイなど計3製品を発表した。(2021/11/2)

GIGABYTE、144Hz駆動に対応した31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
GIGABYTE TECHNOLOGYは、高リフレッシュレート表示をサポートした31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「AORUS FI32U」を発表した。(2021/11/1)

ベンキュー、テレワークなどにも向くノイズキャンセリングマイク搭載23.8型/27型液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、フルHD表示に対応した23.8型/27型液晶ディスプレイ2製品「GW2485TC」「GW2785TC」を発売する。(2021/11/1)

エイサー、165Hz駆動対応の23.8型/27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、高リフレッシュレート表示に対応した23.8型/27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ計2製品を発売する。(2021/10/27)

ASUS、DisplayHDR 1400/144Hz駆動対応の32型4Kゲーミング液晶
ASUS JAPANは、高リフレッシュレート表示をサポートした32型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Swift PG32UQX」を発表した。(2021/10/15)

MSI、ビジネス向け27型フルHD液晶「Modern MD271P」に白色カラバリモデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、ビジネス向け27型フルHD液晶ディスプレイ「Modern MD271P」に白色モデルを追加した。(2021/10/14)

Pixio、165Hz駆動対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、Pixioブランド製となる高リフレッシュレート表示対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「PX273 Prime」の取り扱いを開始する。(2021/10/11)

構成は固定:
ドコモが「ThinkPad X1 Nano」の5Gモデルを販売 「いつでもカエドキプログラム」対応
NTTドコモが、Lenovo(レノボ)製のプレミアムノートPCを販売する。5G通信に対応し、「いつでもカエドキプログラム」で購入することも可能だ。サポートはレノボ・ジャパンから提供される。(2021/10/6)

「LIFEBOOK」「ESPRIMO」にWindows 11モデルが登場 “ハイリテラシーユーザー”向けも
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の個人向けPCにWindows 11プリインストールモデルが登場する。基本的には既存モデルのOSとOfficeスイートのバージョンをアップした格好だが、注目すべき新機能も搭載される。(2021/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。