• 関連の記事

「ディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

関連キーワード

FFF、HDMI 2.1接続/144Hz駆動対応の28型4Kゲーミング液晶ディスプレイ 100台限定で税込み7万8800円
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、高リフレッシュレート表示をサポートした28型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「FFF-LD28G3」を発売する。(2022/6/24)

ASUS、最大4台のディジーチェーン接続が可能な27型WQHD液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、クリエイター向けブランド“ProArt”からディジーチェーン対応の27型WQHD液晶ディスプレイ「PA278CV」を発表した。(2022/6/24)

LGエレ、“吊り下げ設置”も可能な2wayスタンドを採用した27型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、吊り下げスタイルでの利用にも対応した27型WQHD液晶ディスプレイ「27BQ70QC-S」を発売する。(2022/6/23)

組み込み開発ニュース:
JDIは「技術立社」へ、ディスプレイ業界のArm目指し世界初と世界一を連打
ジャパンディスプレイ(JDI)が成長戦略「METAGROWTH 2026」に向け開発を進めている新技術について説明。次世代OLED技術「eLEAP」やバックプレーン技術「HMO」、透明ディスプレイ「Raeclear」など「世界初、世界一」となる独自技術の開発を推し進めるとともに、オープンなライセンス展開も行うことで「ディスプレイ業界のArmを目指す」という。(2022/6/23)

AKRacing、有機ELパネルを採用した26.9型4Kゲーミングディスプレイ
テックウインドは、AKRacingブランド製となる有機ELパネル搭載26.9型4Kゲーミングディスプレイ「OL2701」の取り扱いを発表した。(2022/6/22)

周囲の目をはねのけろ!:
超小型PC×モバイルディスプレイ2枚=出先でトリプルディスプレイ! 自宅と同じ作業環境を構築して分かったこと
デュアルディスプレイやトリプルディスプレイは、仕事の効率を高めてくれる。しかし、外に持ち出すのは難しいと思っている人も多いのではないだろうか。そのような場合に、ぜひ検討して欲しい組み合わせがある。(2022/6/22)

ディスプレイの代わりにプロジェクターを内蔵するノートPC「MOZI」 コンセプトデザインをLenovo子会社が披露
中国Lenovo傘下のLianbao Technologyが、内蔵のプロジェクターで投影を行うノートPC「MOZI」のコンセプトデザインを発表した。(2022/6/21)

石川県白山市が“ふるさと納税”返礼品にEIZO製23.8型/27型液晶を追加
EIZOは、同社製ビジネス向け液晶ディスプレイ2製品が石川県白山市の“ふるさと納税”返礼品として追加採用されたと発表した。(2022/6/21)

未来のVRヘッドセットは「Mirror Lake」? Metaが開発中のデザインを公開
Meta(旧Facebook)が、同社の研究開発部門に関する情報公開イベント「Inside the Lab」を開催し、「VRディスプレイ研究」をテーマに開発中のデバイスなどを一挙に公開した。(2022/6/21)

ベンキュー、スタンダード設計の23.8型フルHD液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、フルHD表示に対応した23.8型液晶ディスプレイ「GW2480L」を発売する。(2022/6/20)

Philips、144Hz駆動をサポートした27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、Philipsブランド製27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「279M1RV/11」の国内販売を発表した。(2022/6/20)

開発陣に聞く:
開発陣に聞く「Xperia 1 IV」 光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで
2022年夏、3キャリアが取り扱う「Xperia 1 IV」は注目の1台だ。本機はソニーの技術結晶であるカメラ、ディスプレイ、オーディオはもちろん、クリエイターに刺さるような機能も搭載している。光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで、Xperia 1 IVの魅力や技術について、企画開発に関わった方々に話を聞いた。(2022/6/18)

「OPPO Reno7 A」は何が変わったのか 先代の「Reno5 A」と比較する
OPPOの日本向け最新スマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月23日から順次、発売される。「ときめき、長持ち。」というキャッチコピーを採用しており、長く使えることを目指した。Reno5 Aよりも薄くて軽くなり、バッテリー容量も増加。Reno5 Aでは液晶だったディスプレイは有機ELに変更した。(2022/6/16)

エイサー、4K/144Hz表示に対応した31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、高リフレッシュレート表示をサポートした31.5型4K液晶ディスプレイ「XV322QKKVbmiiphuzx」を発売する。(2022/6/16)

MSI、ビジネス利用に向くスタンダード23.8型フルHD液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、スタンダード設計の23.8型フルHD液晶ディスプレイ「PRO MP241X」を発売する。(2022/6/16)

まるでコックピット:
白黒つけても、手はつかない! 触らないオセロ誕生 きっかけは社長の思い付き
メガハウス(東京都台東区)は、非接触式空中浮遊ディスプレイ「空中タッチオセロ」を発表した。6月16日に開幕した玩具の展示会「東京おもちゃショー2022」(東京ビッグサイト)に出展している。コロナ禍で当たり前になってきた非接触を、オセロに取り入れた経緯とは? 担当者に話を聞いた。(2022/6/16)

保証範囲内なら無料:
LGエレクトロニクスが27型以上のPCディスプレイの出張修理を開始 東京23区内が対象
LGエレクトロニクスが、東京23区内で提供している大型PCディスプレイの出張修理サービスの対象モデルを拡大する。従来は30型以上のモデルが対象だったが、今後は27型以上のモデルで利用できる。保証期間内かつ保証範囲内の修理であれば、出張料も掛からない。(2022/6/15)

LGエレ、144Hz駆動対応の31.5型4Kゲーミング液晶「32GQ950-B」など3製品を発表
LGエレクトロニクス・ジャパンは、高リフレッシュレート表示をサポートした27型/31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ計3製品を発表した。(2022/6/13)

石野純也のMobile Eye:
iPhoneとMacの“いいとこ取り”をした「iPadOS 16」 iPadは2つの方向に進化する
WWDCで発表されたものの中で最も大きなアップデートといえそうなのが、基調講演のトリを飾ったiPadOS 16だ。複数のアプリをウィンドウで開ける「Stage Manager」や外部ディスプレイなど、PC化がますます進んでいる。それでも、macOSとは明確なすみ分けが図られている。(2022/6/11)

JAPANNEXT、5K対応の曲面39.7型ウルトラワイド液晶ディスプレイなど2製品
リンクスインターナショナルは、JAPANNEXT製となる湾曲デザイン筐体採用39.7型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「5X40」の取り扱いを発表した。(2022/6/9)

MSI、17.3型ゲーミングノート「Vector GP76」に360Hz駆動ディスプレイ搭載の新モデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、17.3型ゲーミングノートPC「Vector GP76」のラインアップに360Hz駆動ディスプレイを搭載した新構成モデルを追加した。(2022/6/9)

PR:使う人にも地球環境にも優しい選択肢 デル・テクノロジーズのビジネス向けモニターを支える3つの「安心」とは?
幅広いラインアップが特徴のデル・テクノロジーズのビジネス向けモニター(ディスプレイ)。同社いわく、その全てが「地球環境にも体にも優しく」、「故障時にも安心」だという。どのように優しく安心なのか、1つ1つひもといていこう。(2022/6/9)

サンワ、重量約450gの12.5型モバイル液晶ディスプレイ
サンワサプライは、フルHD表示に対応した12.5型モバイル液晶ディスプレイ「400-LCD005」の販売を開始した。(2022/6/8)

サンワ、Type-C接続対応の13.3型モバイル液晶ディスプレイ
サンワサプライは、フルHD表示に対応したUSB Type-C接続対応の13.3型モバイル液晶ディスプレイ「DP-05」を発売する。(2022/6/7)

デル、3Kディスプレイを搭載したクリエイター向け16型ノート
デル・テクノロジーズは、クリエイター向けをうたった16型3K液晶ディスプレイ搭載ノートPC「Inspiron 16 Plus」の販売を開始した。(2022/6/7)

「iPadOS 16」発表 複数ウィンドウや外部モニター、「取り消し・やり直し」操作も
Appleは7日、iPad向けの新OS「iPadOS 16」を発表した。新たなマルチタスク管理機能「ステージマネージャ」を導入。ウィンドウ形式でのアプリの表示や、外部ディスプレイ接続時のデスクトップの拡張など、よりmacOSに近い形態での利用が可能となる。(2022/6/7)

J:COM MOBILE、6月16日に「AQUOS sense6s」発売 3万9600円
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」は、6月16日に「AQUOS sense6s」を発売。4570mAhのバッテリーと省エネIGZO OLEDディスプレイで約1週間の電池持ちを実現し、おサイフケータイやFMラジオも備える。(2022/6/6)

材料技術:
自動車の次世代インテリアはダッシュボードがそのままディスプレイに
ダイキョーニシカワは、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」において、同社が得意とする樹脂部品と近年開発に力を入れているエレクトロニクス技術を融合した次世代インテリアコンセプトモデルを披露した。(2022/6/6)

SIEが「PSVR2」向けタイトル公開 「バイオハザード」も
SIEは3日、PS5対応のVRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR2」向けに開発しているタイトルを紹介した。カプコンの「バイオハザード ヴィレッジ」はストーリーモード全編が対応する。(2022/6/3)

PR:カメラも、ゲームも、音楽も極上の体験を 新フラグシップ「Xperia 1 IV」を使い倒す
2022年を代表するXperiaのフラグシップ5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」が登場した。3つのレンズ全てでソニーのデジタル一眼カメラ「α」譲りのリアルタイム瞳AFや、動画の4K 120fpsのスローモーション撮影に対応。ディスプレイ、オーディオ、ゲームに関連する性能も底上げされており、エンタメコンテンツを満喫できる。(2022/6/3)

EIZO、Type-C接続に対応したデスクワーク向け23.8型/27型液晶ディスプレイ
EIZOは、Type-C接続に対応したデスクワーク向け23.8型/27型液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2022/6/2)

マウス、耐久性に優れるIR方式タッチ操作に対応した23.6型フルHD液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、IR方式によるタッチ操作をサポートした23.6型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite T2453MIS」を発表した。(2022/6/2)

アイ・オー、144Hz駆動をサポートした31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、高リフレッシュレート表示に対応した31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GCU321HXAB」を発表した。(2022/6/1)

デル、高機能Webカメラを備えたビデオ会議向けの31.5型4K液晶ディスプレイ
デル・テクノロジーは、高機能Webカメラを標準で内蔵した31.5型4K液晶ディスプレイ「U3223QZ」を発売する。(2022/6/1)

JAPANNEXT、実売3万円台の4K対応27型液晶ディスプレイ
リンクスインターナショナルは、JAPANNEXTとなる4K対応27型液晶ディスプレイ「JN-IPS2706UHDR」の取り扱いを開始する。(2022/5/31)

MSI、湾曲デザインのスタンダード23.8型フルHD液晶ディスプレイ アプライド専売
エムエスアイコンピュータージャパンは、湾曲デザイン筐体を採用した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「PRO MP242C」を発売する。(2022/5/30)

ディスプレイの進化を支える“立役者”:
PR:イノベーションが続く知られざる成長市場、ディスプレイデバイスの開発を今こそ日本で注力したい理由とは
ディスプレイにおいて、パネルと同様に不可欠なのがディスプレイデバイスIC(DDIC)である。車載やVR/ARなどディスプレイの新しいアプリケーションが登場する中で、イノベーションへの取り組みも活発に行われ、今後さらなる成長が期待されるポテンシャルの大きな市場だ。同市場で攻勢をかけるOmniVision Groupは現在、グローバルで開発力を加速するための重要拠点として日本に着目し、日本国内で研究開発拠点の新設と拡張に注力している。(2022/5/31)

センチュリー、USB Type-A/C接続対応の10.1型モバイル液晶ディスプレイ
センチュリーは、USBバスパワー動作に対応した10.1型モバイル液晶ディスプレイ「10.1インチUSBモニター plus one USB」を発売する。(2022/5/27)

エイサー、狭額縁デザインを採用した法人向け23.8型フルHD液晶ディスプレイ
日本エイサーは、スリムな狭額縁デザインを実現する法人向けの23.8型フルHD液晶ディスプレイ「V247YAbmix」を発売する。(2022/5/27)

MSI、量子ドット技術+有機ELパネルを採用した曲面34型ウルトラワイドゲーミングディスプレイ
台湾MSIは、有機ELパネルを採用した曲面設計の34型ウルトラワイドゲーミングディスプレイ「MEG342C QD-OLED」を発表した。(2022/5/27)

デル、USB Type-C接続に対応した31.5型4K液晶ディスプレイ 多機能ハブ機能も搭載
デル・テクノロジーズは、USB Type-C接続をサポートした31.5型4K液晶ディスプレイ「P3223QE」を発表した。(2022/5/26)

IIJmio、Xiaomi製「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月30日に発売 4万2980円
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」はXiaomi製スマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」の販売を5月30日に始める。本製品は6.67型の有機ELディスプレイ(フルHD+)、最大1億800万画素を含む複眼構成のアウトカメラ、5000mAhバッテリーを搭載する。販売価格は1回払いが4万2980円(税込み、以下同)、24回払いが月1793円。(2022/5/26)

ファーウェイが「MateBook 14」にRyzen 5モデルを追加 デタッチャブル2in1「MateBook E」はCore i5モデルのメモリ/ストレージを強化
ファーウェイ・ジャパンが、アスペクト比3:2のディスプレイを搭載した14型ノートPC「MateBook 14」のラインアップにRyzen搭載モデルを追加した。デタッチャブル2in1タブレット「MateBook E」のCore i5モデルにも、メモリとストレージを強化したモデルを投入する。(2022/5/26)

縦長画面の「HUAWEI WATCH FIT2」と、常時点灯対応の「HUAWEI Band 7」登場
ファーウェイ・ジャパンは5月26日、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT2」と、スマートバンド「HUAWEI Band 7」を発表。縦長ディスプレイ搭載のHUAWEI WATCH FIT2はアクティブモデルとクラシックモデルに分かれる。常時点灯対応の「HUAWEI Band 7」は装着感が向上しているという。(2022/5/26)

エイサー、VAパネルを採用したスタンダード27型フルHD液晶ディスプレイ
日本エイサーは、フルHD表示に対応したスタンダード設計の27型液晶ディスプレイ「KB272Abmiix」を発売する。(2022/5/24)

ユニーク、フルHD表示対応の17.3型モバイル液晶ディスプレイ
ユニークは、USB Type-C接続に対応した17.3型フルHDモバイル液晶ディスプレイ「UQ-PM173FHDNT」を発売する。(2022/5/23)

VR空間で現実の見え方を再現する「ライトフィールドHMD」、NHK技研が公開へ 目の疲れも軽減
NHK放送技術研究所が物体からの反射光を実世界と同じように再現する「ライトフィールド方式」のヘッドマウントディスプレイを開発。26日からの「技研公開2022」で公開する。(2022/5/23)

ドコモ、「Galaxy A53 5G」を5月27日に発売 5万9400円
NTTドコモは、5月27日に「ドコモスマートフォン Galaxy A53 5G SC-53C」を発売。約6.5型ディスプレイや容量5000mAhのバッテリー、光学式手ブレ補正を備えた約6400万画素カメラも備える。(2022/5/20)

FCCL、3辺狭額縁デザインの27型フルHD液晶ディスプレイ
富士通クライアントコンピューティングは、3辺狭額縁のスリムデザインを採用した27型フルHD液晶ディスプレイ「VTF27011BT」を発売する。(2022/5/20)

EIZO、10点マルチタッチ操作に対応したフラットデザインの23.8型液晶ディスプレイ
EIZOは、10点マルチタッチ操作に対応した23.8型液晶ディスプレイ「DuraVision FDF2382WT-A」の販売を開始する。(2022/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。