• 関連の記事

「ディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

エイサー、90W給電をサポートしたType-C接続対応のスタンダード23.8型/27型液晶ディスプレイ
日本エイサーは、法人向けとなるUSB Type-C接続対応23.8型/27型液晶ディスプレイ「CB242YE3bmirux」「CB272E3bmirux」を発表した。(2024/2/22)

MSI、RAPID VAパネルを備えた湾曲27型/31.5型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、RAPID VAパネルを備えた湾曲27型/31.5型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 275CQRXF」「MAG 325CQRXF」を発表した。(2024/2/22)

ベンキュー、miniLEDバックライトを採用した31.5型4Kゲーミング液晶「EX321UX」の5月投入を予告
ベンキュージャパンは、同社初のminiLEDバックライト採用モデルとなる31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「EX321UX」の投入時期を発表した。(2024/2/22)

EIZO、産業向けのタッチ対応スクエア10.4型液晶ディスプレイ
EIZOは、アスペクト比4:3のスクエア表示をサポートしたタッチ対応10.4型液晶ディスプレイ「DuraVision FDX1004T」を発表した。(2024/2/21)

Pixio、240Hz駆動に対応した有機ELパネル採用の27型WQHDゲーミングディスプレイ
Hameeは、高リフレッシュレート駆動に対応した27型有機ELディスプレイ「PX277 OLED MAX」を発表した。(2024/2/20)

MSI、160Hz駆動をサポートした32型4Kゲーミング液晶ディスプレイ Amazon限定
エムエスアイコンピュータージャパンは、4K表示に対応した32型ゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 322UPF」の販売を開始する。(2024/2/19)

サードウェーブ、Core i3を搭載したエントリー15.6型ノートPC 税込み7万9979円
サードウェーブは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを備えたエントリーノートPC「THIRDWAVE DX-R3」を発売した。(2024/2/16)

Razer、240Hz駆動対応の有機ELディスプレイを備えたハイスペック16型ゲーミングノート「Razer Blade 16」
Razerは、第14世代Core i9を採用したハイエンド仕様の16型ゲーミングノート「Razer Blade 16」を発表した。(2024/2/16)

モバイルディスプレイの道:
SNSの画面や画像編集ソフトのパレット表示に最適! 7.84型の細長モバイルディスプレイを試して分かったこと
INBES(インベス)のモバイルディスプレイ「VM-784」は、7.84型で細長で400×1280ピクセルと、SNSの画面やPCの温度や負荷を確認するモニタリングなどの用途に適した1台だ。実機を細かくチェックした。(2024/2/16)

ASUS、フルHD液晶ディスプレイ表示に対応した法人/教育機関向けスタンダードフルHD液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けとなる24型/27型液晶ディスプレイ計4製品を発表した。(2024/2/15)

KDDI、約1時間で終わるスマホの店頭修理サービス 対象端末は「Google Pixel 8」「AQUOS sense5G」など
KDDIは2月14日、スマートフォンの店頭修理サービスを発表。27日から始める。ディスプレイの修理を直営店「au Style IKEBUKURO」(東京・池袋)で実施する。(2024/2/15)

ベンキュー、100Hz駆動をサポートしたスタンダード設計の24型/27型フルHD液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、フルHD表示をサポートしたスタンダード設計の24型/27型液晶ディスプレイ「GW2490」「GW2790」を発表した。(2024/2/14)

3Q累計の純利益は380億円の赤字:
OLEDが「快進撃を継続」も、液晶は引き続き大幅赤字 JDI決算
ジャパンディスプレイ(JDI)の2023年度第3四半期(2023年10〜12月)連結決算は、売上高が前年同期比13%減の605億円、営業利益は同44億円増で62億円の赤字、純利益は同35億円減で93億円の赤字となった。(2024/2/14)

NECPCが「LAVIE Tab」のハイスペックな新モデルを発売 外部ディスプレイとしても使える14.5型とゲーミング重視の8.8型
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Tab」のハイスペックラインに新モデルが投入される。史上初の14.5型モデルは外部ディスプレイとして利用可能で、8.8型は同サイズのモデルには今までなかったハイスペックSoCを備えている。(2024/2/13)

aiwa、10.1型タブレット2モデル3機種を発売 2万7800〜3万1800円
アイワマーケティングジャパンは、2月8日に2モデル3機種のタブレットを発売。10.1型ディスプレイに多目的に使える機能を搭載し、価格は2万7800〜3万1800円(税込み)で提供する。(2024/2/9)

5年後にアクティブユーザー100万人を目指す:
JDIが健康見守りサービスを発表、OPD生体センサー搭載スマートリングで実現
ジャパンディスプレイ(JDI)は2024年2月6日、有機光検出器センサーを搭載したスマートリングを使った健康見守りサービス「Virgo(ヴァ―ゴ)」を発表した。2024年2月から企業/団体向けにトライアル提供を開始する。(2024/2/8)

ウェアラブルニュース:
JDIがスマートリングによるセルフケアサービス発表、独自開発のOPDセンサー搭載
ジャパンディスプレイ(JDI)は、フレキシブル基板上に形成したOPD(有機光検出器)センサーを搭載するスマートリングを用いた企業/団体向けの健康見守りサービス「Virgo(ヴァーゴ)」を発表した。(2024/2/7)

デル、CES 2024イノベーションアワード受賞のQD-OLEDディスプレイを発売
デル・テクノロジーズは、Alienwareゲーミングディスプレイ「AW3225QF」「AW2725DF」を発売した。価格はAW3225QFが15万9800円、AW2725DFが11万9800円(税込み)。(2024/2/6)

AndroidとPixelに2月の月例更新 「Pixel Fold」のディスプレイ問題も修正
Googleは、AndroidおよびPixelの月例アップデートを公開した。Androidでは危険度「致命的」1件を含む46件の脆弱性を修正する。Pixelでは複数のバグ修正と改善も行われる。(2024/2/6)

プリンストン、マルチアングルに対応した液晶ディスプレイ「PTF-B241WS-BK」を発売
プリンストンは、23.8型ワイド液晶ディスプレイ「PTF-B241WS-BK」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭想定価格は2万5080円(税込み)(2024/2/5)

センチュリー、省スペース向けの10.1型フルワイドXGAディスプレイを発売
センチュリーは、10.1型の「HDMIマルチモニター plus one HDMI」(LCD-10169VH6)を2月上旬より発売する。価格は3万8800円(税込み)。(2024/2/5)

スマホじゃないけど「スマホトクするプログラム」対応:
auからAndroidタブレット「Lenovo Tab M10a 5G」登場 4万8700円で2月22日発売
KDDIと沖縄セルラー電話が、5G対応Androidタブレット「Lenovo Tab M10a 5G」を発売する。約10.6型ディスプレイに容量7500mAhのバッテリーを搭載し、厚さは8.3mmの薄型モデルとなっている。オンラインショップでの販売価格は4万8700円(税込み)だ。(2024/2/5)

Apple Vision Pro、Bluetoothマウスには非対応
Appleは「Apple Vision Pro」の発売に合わせ、サポートページを公開した。仮想ディスプレイとして接続する方法や、利用可能な入力デバイスなどを紹介している。(2024/2/4)

Amazon特選タイムセール祭り:
マウスコンピューターのゲーミングPCやiiyamaのディスプレイが最大7万円もオトク!
2024年Amazon特選タイムセール祭りが2月1日に始まった。マウスコンピューターも参戦しており、ビジネス向け、ゲーミング向けPCを出品している。最大値引き率は22%、最大値引き額はなんと7万円だ。この機会にチェックしてみてほしい。(2024/2/2)

ソフトバンク、「あんしんファミリースマホ」を2月9日発売 交通系ICカード利用で保護者にメール
ソフトバンクは、2月9日に5G対応「あんしんファミリースマホ」を発売。約6.7型の有機ELディスプレイやトリプルカメラを搭載し、交通系ICカード利用通知サービス「タッチでメール」に対応する。(2024/2/1)

モバイルディスプレイの道:
有機EL採用でスタイラスも付属! ペンタブレットのように使える4K対応15.6型モバイルディスプレイを試す
イーホームウェイの15.6型モバイルディスプレイ「O156DSR」は、前回紹介した17型モデル「E170DSR」と何が違うのか。実機を交えてチェックした。(2024/2/1)

業績への影響は「精査中」:
JDI、石川工場での生産を本格的に再開
ジャパンディスプレイ(JDI)は2024年1月31日、令和6年能登半島地震の影響で生産を停止していた石川工場(石川県川北町)で本格的に生産を再開したと発表した。地震による業績への影響は現在精査中としている。(2024/2/1)

モバイルディスプレイの道:
量子ドット採用、付属のスタイラスでペンタブのようにも使える EHOMEWEIの17型モバイルディスプレイ「E170DSR」を試す
量子ドット方式を採用した17型のモバイルディスプレイ「E170DSR」をレビューする。付属のスタイラスタッチペンを用いたペン入力にも対応するなど、付加価値も多い一品だ。(2024/1/31)

LGエレ、黒の表現力を高める“IPS Black”技術を採用した27型/31.5型4K液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、“IPS Black”技術を採用した4K表示対応の27型/31.5型液晶ディスプレイ「27UQ850V-W」「32UQ850V-W」を発表した。(2024/1/30)

ネクスペリア NEX10000、NEX10001:
ディスプレイの寿命を延長するデュアル出力LCDバイアス電源IC
ネクスペリアは、デュアル出力LCDバイアス電源IC「NEX10000」「NEX10001」を発表した。NEX10000が最大80mA、NEX10001が最大220mAの出力電流を供給できる。(2024/1/31)

Amazon特選タイムセール祭り:
新しいディスプレイを買うなら今でしょ! アイ・オー・データ機器がセールに大量出品中
Amazon特選タイムセール祭りの先行セールが1月25日にスタートした。アイ・オー・データ機器は在宅ワークで使いやすいものからゲーミング向けまでさまざまなモニターをセール出品している。そのほか、ストレージやキャプチャーボードもあるので、チェックしたい。(2024/1/28)

MSI、180Hz駆動に対応した23.8型フルHD液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示をサポートした23.8型フルHD液晶ディスプレイ「G2412F」を発売する。(2024/1/26)

エイサー、540Hz駆動をサポートした24.1型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、高リフレッシュレート表示に対応した24.1型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「XV242Fbmiiprx」を発売した。(2024/1/26)

アイ・オー、USB Type-C接続にも対応した27型フルHD液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、フルHD表示に対応したスタンダード設計の27型液晶ディスプレイを発表した。(2024/1/25)

NVIDIA、「GeForce RTX」シリーズのGPUでSDR→HDRのAI変換を可能に
NVIDIAは「GeForce RTX」シリーズ向けドライバのアップデートで、SDR動画をHDR動画に自動変換する新機能「RTX Video HDR」を追加した。Windows 11のChromiumブラウザとHDR10互換ディスプレイで利用できる。(2024/1/25)

GIGABYTE、144Hz駆動/ウルトラワイド表示に対応した49型曲面ゲーミングディスプレイ
台湾GIGABYTE Technologyは、ウルトラワイド表示をサポートした49型曲面ゲーミングディスプレイ「AORUS CO49DQ」の取り扱いを開始する。(2024/1/22)

23年度は苦戦も:
日本製半導体/FPD製造装置の販売高、24年度以降は2桁成長へ
日本半導体装置協会は2024年1月18日、2023〜2025年度における日本製半導体製造装置およびFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の販売高予測を発表した。2023年度は、ともに厳しい予測だが、2024年度以降は2桁成長を見込んでいる。(2024/1/22)

ASUS、540Hz駆動を実現したE-TNパネル採用の24.1型ゲーミング液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、高リフレッシュレート表示をサポートした24.1型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Swift Pro PG248QP」を発表した。(2024/1/19)

「HP Spectre Foldable 17」は閉じればノートPC、開けば17型のタブレット! 1台3役、5つのスタイルで運用できるフォルダブルPCを試す
17型の折りたたみ可能な有機ELディスプレイを搭載したフォルダブルPC「HP Spectre Foldable 17」のレビューをお届けする。非常に高価な製品だが、他にはない価値を持っている。その実力を確かめてみた。(2024/1/18)

アイ・オー、USB Type-C接続にも対応したスタンダード23.8型液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、USB Type-C接続をサポートした23.8型液晶ディスプレイを発表した。(2024/1/17)

家族で使うモバイルPC「LIFEBOOK MH」に2024年春モデル 16:10ディスプレイ搭載で“外でも使える”1台に
富士通クライアントコンピューティングが、家庭内での利用を想定したモバイルノートPCを一新する。ディスプレイのアスペクト比を16:10として表示できる情報量を増やした他、Webカメラのスペックアップも図っている。(2024/1/16)

グリーンハウス、180Hz駆動をサポートした27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
グリーンハウスは、高リフレッシュレート表示をサポートした27型ゲーミング液晶ディスプレイを発表した。(2024/1/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
2万円台だけど高級ボディーのvivo「Y100」 中国スマホシェア1位奪還を目指す
中国のvivoが投入する「Y100」は、2万円台の低価格モデルですが、性能や質感も高くコスパに優れた製品です。プロセッサがSnapdragon 695 5G、ディスプレイは6.78型で120Hzのリフレッシュレートに対応。金属製のボディー背面は、質感を生かしつつマットな仕上げで高級感があります。(2024/1/12)

プリンストン、ADSパネルを採用したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ
プリンストンは、フルHD表示に対応した23.8型液晶ディスプレイ「PTF-B241W」シリーズを発表した。(2024/1/12)

GIGABYTE、第13世代Core i7とRTX 4070を搭載したクリエイター向け16型ノート
台湾GIGABYTE Technologyは、16型有機ELディスプレイを搭載するクリエイター向けノートPC「AERO 16 OLED BSF-H3JP994SP」を発売する。(2024/1/12)

米Dell、アイケア認証を取得したプロ向け曲面34型/40型ウルトラワイド液晶ディスプレイ
米Dell Technologiesは、プロフェッショナル向けとなる5K解像度対応の曲面34型/40型ウルトラワイド液晶ディスプレイ計2製品を発表した。(2024/1/12)

VR/AR/MRニュース:
ソニーがXR空間で3D設計できる新システムを開発、シーメンスとの提携も
ソニーは高品質XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクトの直感的な操作と正確なポインティングを実現するインタラクション専用コントローラーを組み合わせた「没入型空間コンテンツクリエーションシステム」を発表した。(2024/1/12)

分離すると画面はAndroidタブレット、キーボードはデスクトップPCになる“変態”ノート、Lenovoから
中国Lenovoは「ThinkBook Plus Gen 5 Hybrid」など、複数の新型PCを発表した。ThinkBook Plus Gen 5 Hybridは、ディスプレイと本体を分離できる2 in 1デバイスで、分離時はディスプレイ側をAndroidタブレットとして、本体側はWindows PCとして使用可能だ。(2024/1/9)

DellのゲーミングノートPC「Alienware」もCore Ultra搭載! 最大480Hz対応の有機ELゲーミングディスプレイも
Dell Technologiesが、AlienwareブランドのゲーミングノートPCと周辺機器の新製品を発表した。Core Ultraプロセッサを搭載してAI処理能力をより高めたノートPCや、リフレッシュレート360Hzの有機ELゲーミングディスプレイなど、見どころは多い。(2024/1/9)

ソニー、「空間コンテンツ」制作システム発表 両眼8K HMDに専用コントローラーで、精密な3D作業実現
ソニーは、XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクト操作に最適化したコントローラーを備えた「没入型空間コンテンツ制作システム」を開発した。クリエイターが現実と仮想空間をシームレスに行き来する、没入感のある空間コンテンツの制作が可能になる。(2024/1/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。