ニュース
» 2022年07月28日 15時00分 公開

ヒトiPS細胞由来神経組織の実用化に向けて共同開発を開始医療機器ニュース

三井化学とJiksak Bioengineeringは、ヒトiPS細胞由来神経組織「Nerve Organoid」の実用化に向けて共同開発を開始した。創薬や再生医療分野などで必要となる神経組織を、簡便かつ高効率に培養するための実用化技術を開発する。

[MONOist]

 三井化学は2022年7月8日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)創薬や再生医療事業を手掛けるスタートアップ企業Jiksak Bioengineering(Jiksak)と、ヒトiPS細胞由来神経組織「Nerve Organoid」の実用化に向けた共同開発を開始したと発表した。

キャプション Jiksak Bioengineeringが培養した神経オルガノイド[クリックで拡大] 出所:三井化学

 Jiksakが開発したNerve Organoidは、体内と類似した細胞体の凝集部と軸索束を持つ神経組織だ。培養容器の設計により細胞の成長を制御することで、ヒトiPS細胞から神経オルガノイドを作製している。創薬分野では動物試験に代わる前臨床段階での高精度な試験への適用、再生医療分野では体内移植による神経組織再生などでの活用が期待されている。

 今回の共同開発では、Jiksakが持つNerve Organoidの創薬に関する技術と、三井化学が開発した高酸素透過培養容器「InnoCell」の技術を融合させる。今後、創薬や再生医療分野などで必要となる神経組織を、簡便かつ高効率に培養するための実用化技術を開発する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.