ニュース
» 2022年07月21日 15時00分 公開

MRI用イメージングシステムインタフェースを発売、一括操作に対応医療機器ニュース

シーメンスヘルスケアは、同社のMRIとバイエル薬品のMRI用造影剤自動注入装置「MRXperion インジェクション システム」を連動させた、MRI用イメージングシステムインタフェースの国内販売を開始した。

[MONOist]

 シーメンスヘルスケアは2022年7月4日、バイエル薬品と共同開発した、MRI用イメージングシステムインタフェース(ISI)の国内販売を開始した。同社のMRIとバイエル薬品のMRI用造影剤自動注入装置「MRXperion インジェクション システム」を連動させたもので、従来のワークフローを自動で最適化し、効率化する。

キャプション MRI用イメージングシステムインタフェースの利用イメージ[クリックで拡大] 出所:シーメンスヘルスケア

 造影剤を投与して経時的に撮像するダイナミックMRIは、操作者がMRI用造影剤自動注入装置とスキャナーをそれぞれ操作し、適切なタイミングで撮像する。今回、日本での販売を開始したISIは、注入装置とMRIのスキャナーが連動するため、ワークステーション上でこれらの装置を一括操作できる。

キャプション 連携イメージ[クリックで拡大] 出所:シーメンスヘルスケア

 既に海外では2020年に発売しており、現在は40カ国で販売している。日本では、2021年8月にバイエル薬品のMRXperion インジェクション システムの付属品として認証を取得した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.