ニュース
» 2022年01月13日 09時30分 公開

ITエンジニアの案件検索キーワードランキング、1位は「リモート」キャリアニュース

「レバテックフリーランス」が「案件検索キーワード トレンドランキング2021」を発表。第1位は2020年に引き続き「リモート」だった。その他、「AWS」「Python」「React」「Flutter」など、DXの関連キーワードが上位に入っている。

[MONOist]

 フリーランスITエンジニアのための案件紹介サービス「レバテックフリーランス」(運営:レバテック)は、2021年12月27日、「案件検索キーワード トレンドランキング2021」を発表した。

 同調査では、レバテックフリーランスの案件検索ページでどのようなキーワードをもとに案件が探されているのかをランキング化した。「案件検索キーワード トレンドランキング2021」のトップ3は、1位「リモート」、2位「Java」、3位「Python」だった。「リモート」は大差をつけて1位にランクインしている。

キャプション 案件検索キーワード トレンドランキング2021[クリックで拡大] 出所:レバテックフリーランス

 1位の「リモート」は、新型コロナウイルス感染症が拡大する前の2019年の検索ランキングでは14位だったが、同感染症が拡大した2020年は、出社が困難になったことで1位に急上昇。2021年はリモートワークの環境が整ったことを背景に、前年に続いて1位となっている。

DX関連のキーワードが検索上位に

 2位の「Java」も2020年と同じく2位。3位「Python」は前年の4位から3位にランクアップした。この他、前年同様上位にあるキーワードは5位の「AWS」や7位の「React」で、15位の「Flutter」は初ランクインとなった。2021年は経済産業省が定めたDX(デジタルトランスフォーメーション)ファースト期間の初年度であり、さまざまな業界で急速にシステムの刷新や内製化などが進んだ。そのため、DXに関連する言語のランキングが上昇したと考えられる。

 「AWS」は、2019年ランキングは8位だったが、2020年には5位に上昇し、2021年度も5位をキープ。クラウドの利用が欠かせない状況下で、需要が高まっているテレワーク向けの仮想デスクトップサービスやセキュリティ対策など、状況の変化に適応したサービスを提供してきた「AWS」は、引き続き注目されているようだ。

 DXの進展により、これまでよりも少ない人数でITシステムを開発、運用、保守することになり、より広い範囲に対応できるIT人材が求められている。これを受けて、汎用性の高い「Python」、性能や品質、生産性の高い「React」、ネイティブおよびWebアプリケーションを単一コードにできる「Flutter」などのキーワードに注目が集まったとみられる。

 また、リモートワークの普及に伴って、地域を中心に案件を探す必要性が少なくなったことから、「東京」「大阪」は2020年の検索ランキングでは10位と11位だったが、2021年は「東京」が20位、「大阪」はランキング外となっている。また、「未経験」は、2020年は検索ランキングから外れていたが、2021年には17位となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.