特集
» 2016年07月13日 10時00分 公開

自動運転レベル3以上に向けて動き始めた、ADAS技術開発の最新事情MONOistオートモーティブセミナーレポート(4/5 ページ)

[日沼諭史,MONOist]

センサー制御やV2Xをワンチップで実現する

NXPセミコンダクターズのTorsten Lehmann氏 NXPセミコンダクターズのTorsten Lehmann氏

 NXPセミコンダクターズのCar Infotainment and Driver Assistance SeniorでVice Presidentを務めるTorsten Lehmann氏は、同社がADASや自動運転車向けに開発しているミリ波レーダーと、車載機器統合制御ユニット「NXP BlueBox」を紹介した。

 同社のミリ波レーダーは既に世界中におよそ500万ユニット出荷されており、自動運転車を開発するGoogleも採用する企業のうちの1つだという。また、NXP BlueBoxは世界トップ5の自動車メーカーのうち4社が検証用に導入した実績もあると話す。

 自動運転レベルが高まるにつれ、車両周辺の近距離から長距離をくまなくセンシングする必要が出てくるため、車載されるセンサー類の数も増えていく。例えば自動化レベルが1〜2の自動運転であれば5個以下のセンサーでカバーできるが、レベル4になると20個以上のセンサーが必要になるとされている。

先進安全を実現する車載機器統合制御ユニット「NXP BlueBox」 先進安全を実現する車載機器統合制御ユニット「NXP BlueBox」 (クリックして拡大)

 同社のミリ波レーダーや、車両のアクチュエータ類も含めた統合制御に用いるNXP BlueBoxを導入することで、このように増え続けるセンサーのコントロールや管理に最小限の機器構成で対応できるとしている。同氏はミリ波レーダーやシステムの提供を通じ、「メーカーによる自動運転の開発をますます加速させたい」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.