• 関連の記事

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

車載ソフトウェア:
GitHubが車載ソフトのISO26262準拠を支援、ウーブン・プラネットと連携
GitHubは、トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスとの連携により、コーディング規約であるCERT C++とAUTOSAR C++に準拠した「CodeQL」クエリをリリースしたと発表した。これによって「GitHub Code Scanning」に、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に準拠しない記述を警告表示する機能が加わる。(2022/6/24)

組み込み採用事例:
三菱電機の車載向けデジタルコックピット「Inca Jay」が採用したRTOS
Green Hills SoftwareのリアルタイムOS「INTEGRITY」が、三菱電機の車載向けデジタルコックピット「Inca Jay」に採用された。Inca Jayのソフトウェアを安全に実行、保護し、開発における認証コストと複雑性を軽減する。(2022/6/24)

「Dmail」はビジネスの安全性を高めるか ビジネス向けサービス提供予定
「Google Gmail」「Microsoft Outlook」「Apples iCloud Mail」など多くのメールサービスがある。これらの共通点は全て特定企業の管理下にあるサーバで保管される点だ。「急にアカウントが閉鎖される」「サービス終了で利用不可」といった不安を解消する可能性を持つ「Dmail」とは。(2022/6/24)

「MAM」の10大機能と7大製品【第2回】
業務スマホを安全にする「MAM」ツールを使いこなすために知っておきたい6機能
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、IT管理者がモバイルデバイス向けアプリケーションを安全に運用するためのさまざまな機能を持つ。その主な機能を取り上げる。(2022/6/24)

子どもとスマホの付き合い方:
子どものiPhoneで必須の設定 「ファミリー共有」と「スクリーンタイム」を併用すべき理由
子どものiPhoneやiPadを安全に管理するには、iOSに装備されている機能「ファミリー共有」と「スクリーンタイム」が利用できます。どちらかだけ使うこともできますが、2つの機能を組み合わせることがおすすめです。(2022/6/24)

面倒な認証と運用管理の負担も軽減
「生体認証」「シングルサインオン」がテレワークをセキュアかつ快適にする理由
働き方の多様化が進む中、企業には社外ネットワークから社内やクラウドにある業務システムを安全に利用できる仕組みの整備が求められている。システムの安全性、利便性を保つにはどうすればよいのか。(2022/6/23)

PR:JR東海の工事情報共有システム、セキュリティ対策に「Soliton OneGate」を導入 鉄道と情報の安全を守る
(2022/6/23)

HWベースのセキュリティを実現:
インフィニオン、OPTIGA Trust M Expressを発表
インフィニオン テクノロジーズは、セキュリティIC「OPTIGA Trust M Express」の出荷を始めた。同社が提供するクラウドサービス「CIRRENT Cloud ID」と組み合わせて用いれば、IoT(モノのインターネット)機器とクラウドサーバなどとの接続を、安全かつ簡単に行うことができるという。(2022/6/23)

機密情報取り扱い資格を制度化へ 経済安保、改正案を来年提出
政府は、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス」の制度化に向け、2023年の通常国会に経済安保推進法改正案を提出する方針を固めた。(2022/6/21)

ICT:
清水建設がローカル5G環境で超高精細映像転送システムを実証、88%が継続利用を希望
清水建設は、大阪府で開発を進める「新名神高速道路梶原トンネル工事」に「超高精細映像転送システム」を試験導入し、現場の安全管理における有用性を確認した。今回の取り組みは、総務省が公募した「令和3年度 課題解決型ローカル5Gなどの実現に向けた開発実証」の一環として実施したもので、清水建設、西日本高速道路、シャープの3社による共同実証。(2022/6/21)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

人手不足で安全点検「あっぷあっぷ」 老朽化インフラに危機感 橋の4割は築50年以上に
深刻さを増している交通インフラ老朽化問題への危機感が強まっている。建設後50年以上のインフラは近く、道路橋の4割、トンネルの3割弱に達するとされ、国土交通省は点検や補修に関するルールを強化。(2022/6/20)

先輩から後輩に受け継がれていく無形の「価値」:
PR:成長したいエンジニアが必要としているのは「師と仰ぐ人」ではないだろうか
見守ってくれる人がいる、安全な場所で冒険や失敗をさせてくれる人がいる。個人主義でもない、単なる上司部下でもない、師弟関係でこそ育まれるエンジニアのキャリアがここに。(2022/6/22)

「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第4回】
GPO(グループポリシーオブジェクト)とは? 危ないWindowsを生まない仕組み
Microsoftは、企業が安全に「Windows 10」搭載デバイスを運用できるようにするために、さまざまなセキュリティ向上の仕組みを設けている。主な仕組みを整理する。(2022/6/20)

15キロの高性能爆薬にも耐える!? トヨタ「ランドクルーザー」VIP向け防弾仕様車の安全テストが激ヤバ
さすがの耐久性。(2022/6/17)

「Uber Eats公式ヘルメット」発売 配達員向け 3850円
Uber Japanが「Uber Eats」の配達員向けに、ヘルメットの販売を始めた。価格は税込3850円。「1人でも多くの配達パートナーにヘルメットを着用してもらい、安全な自転車移動を行ってほしい」(Uber Japan)という。(2022/6/17)

弁護士に聞く:
従業員の「名札」は時代に見合うのか クレーマーが盗撮、SNS投稿も 企業が取るべき対応は?
従業員が身に着ける名札。近年、悪質な利用客がスマートフォンなどで無断撮影しSNSに投稿するといった被害が増えている。こうした行為はカスタマーハラスメントと呼ばれ、国が対策へ動き出している。企業側は、従業員の安全を守るために、どのような対策が必要なのか。カスハラ問題に詳しい弁護士に話を聞いた。(2022/6/21)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【中編】
クラウドストレージは「解約後」こそ危ない その理由と対処法
クラウドストレージの安全な利用には、契約中だけではなく、解約後のデータの扱いに注意することが不可欠だ。具体的に何をすればいいのか。セキュリティを高めるためのチップスを集めた。(2022/6/17)

Spotify、第三者による「安全諮問委員会」設立
Spotifyは第三者によるSafety Advisory Council(安全諮問委員会)を設立した。委員会は、Spotifyがクリエイターの表現を尊重しつつ、ポリシーとサービスを安全に進化させるのを支援する。同社は1月、人気Podcastでの新型コロナウイルスワクチンに関する不正確なコンテンツを放置したとして批判された。(2022/6/15)

電動キックボード、道交法改正で新たなルール 危ぶむ声も
4月に成立した改正道交法では、運転免許が不要になる他、最高速度が時速20kmまでのキックボードはヘルメットの着用が努力義務になる。一方で安全性を危ぶむ声もあり、警視庁は安全運転の呼び掛けやルールの周知を進めている。(2022/6/15)

Wired, Weird:
PFC電源の問題点と電源焼損防止のカギ
スイッチング電源が普及してしばらくがたつ。PFC回路の搭載など進化してきた一方で、弱点を抱えているのも事実で、焼損の可能性を持つスイッチング電源は少なくない。スイッチング電源、PFC電源の弱点をいま一度見つめ、安全性を高める方法を考えてみたい。(2022/6/17)

成田空港に警備ロボット AI搭載、自律走行は国内初
人とロボットの力を合わせた警備体制を構築し、人手不足に対応しながら安全確保を目指す。(2022/6/14)

VR:
ショベルカー操作シミュレーションアプリが10万ダウンロード
トライアローのショベルカー操作シミュレーションアプリ「重機でGo」が、10万ダウンロードに到達した。操作訓練や安全教育に加えて、一般向けの建設現場での見学会やイベントに活用されている。(2022/6/14)

「クレカ情報流出=データを保存していた」とは限らない スイパラ情報漏えいから学ぶ決済の安全性
「スイパラ」利用者のクレジットクレカ情報が漏えいした可能性がある件を巡り、SNSなどで「クレカ情報を保存していたのか?」という反応が上がった。IPAによると、一般論として漏えいしたからといって情報を保存していたとは限らないという。(2022/6/13)

Snowflakeが新たなサービスを発表 データクラウド活用でセキュリティ向上に貢献
Snowflakeが発表したサイバーセキュリティワークロードはクラウドから安全性を高める。その特徴と企業ができることは?(2022/6/13)

ワイヤーロープの加工会社が火花散る作業風景で炎上 半袖・安全ゴーグル無く「画面全てが現場猫案件」と批判集まる
現在会社の公式Twitterアカウントごと削除されています。(2022/6/10)

施工:
空飛ぶ部屋、鹿島建設がPC床版とCLTパネルを用いたユニット化工法を実工事に適用
鹿島建設は、PC床版とCLTパネルを用いたユニット化工法「フライングボックス工法」を開発した。今後は、ユニット化工法の改善と改良を行いながら、研修施設以外の用途建物にも適用を拡大することで、建物の品質や生産性、安全性の向上を図る。また、鹿島建設グループは全国に約5500ヘクタール(東京ドーム1170個分)の山林を保有・管理しており、それらをCLTをはじめとする建材に活用することで脱炭素社会の実現に貢献する。(2022/6/10)

山岳トンネル工事:
トンネル掘削の進捗に応じ3次元地質モデルの更新システムを開発、清水建設
清水建設は、山岳トンネル工事の安全性と生産性の向上を目的に、施工検討に利用する3次元地質モデルを、施工中に取得した前方探査データを反映した最新モデルにアップデートするシステム「SG-ReGrid」を開発した。SG-ReGridにより、切羽前方で予測される地質分布を見える化することで、対策工事の検討をタイムリーに行える。(2022/6/10)

製造業IoT:
IoT機器とクラウド間のセキュア接続を可能にするレファレンス実装を発表
STMicroelectronicsとAmazon Web Servicesは、IoT機器とAWSクラウド間を完全かつ安全に接続するため、「Arm TF-M」ベースの新しいレファレンス実装を開発した。IoT機器開発キットとして提供する。(2022/6/9)

周囲の音を遮断しないワイヤレスイヤホン発売 ジョギング時も交通音が聞こえ安全に配慮
完全ワイヤレスの新シリーズ「nearphones」から、耳をふさがない新形状デザインのワイヤレスステレオヘッドセット「HA‐NP35T」が6月上旬に発売。ユーザーからの「周囲の音を遮断せずに使用できるイヤホンが欲しい」という要望に応えた。(2022/6/9)

Marketing Dive:
メタバースのビッグウエーブに乗り遅れまいと先走る企業が頭を冷やしてまず考えるべきこととは?
メタバースに必死過ぎる企業はまず、そこでブランドの安全をいかに守るかということを考えた方がいい。(2022/6/9)

第4回 建設・測量生産性向上展:
三菱電機らが業界初“ドップラーライダー”で現場上空の風を可視化、2023年に提供開始
三菱電機、竹中工務店、アクティオは、高所作業の安全確保を目的に、現場上空の風の状況をレーザー照射機と独自ソフトウェアで可視化する風況データソリューションの開発を進めている。(2022/6/8)

YouTubeの「未成年のASMR動画投稿NG」に波紋 動画の非公開化相次ぐ【訂正あり】
YouTubeが「子供の安全に関するポリシー」を改訂し、未成年が出演する動画についての禁止事項を明示化した。ASMR動画も明確に禁止され、YouTuberなどが動画の非公開化などを表明している。(2022/6/7)

人工知能ニュース:
飛行中に人を検知すると自動に一時停止するドローン、実証実験に成功
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「自律運航AI」を搭載したAIドローンによる、荷物配送の実証実験を実施した。人を検知して自動的に飛行の停止や再開ができるほか、安全な飛行ルートを自動作成できた。(2022/6/7)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

製品動向:
「作業者安全モニタリングシステム」用センサーデバイスを小型軽量化、戸田建設
戸田建設は、村田製作所と協業し、2019年5月に発売した「作業者安全モニタリングシステム」用センサーデバイスをモデルチェンジし、小型軽量化を達成した新モデルを2022年6月に販売開始した。(2022/6/6)

「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第3回】
Windowsの無料セキュリティ「Defender」シリーズ 主要ツールの違いは?
「Windows 10」が標準搭載するセキュリティツール「Defender」シリーズは、安全にWindows 10搭載デバイスを運用する上での助けになる。Defenderシリーズの主要ツールを整理しよう。(2022/6/6)

女性578人に聞く:
マンションを買う理由 3位「快適で安全な家がほしい」、2位「資産になる」、1位は?
女性のための快適住まいづくり研究会(東京都目黒区)は、マンションを5年以内に購入した女性578人(うち未婚442人)を対象に、マンション購入にまつわる条件や自身のライフスタイルに関するアンケートを実施した。はじめてマンション購入をした時の年齢は40〜44歳(22.7%)、年収は「500万円台」(22.8%)が最多となった。(2022/6/4)

組み込み採用事例:
未来戦闘航空システム開発において、厳格な安全認証要件への適合を支援
ウインドリバーの「VxWorks 653」プラットフォームなどが、BAEシステムズが開発するイギリスの次世代戦闘機テンペストの未来戦闘航空システム開発に採用された。厳格な安全認証要件への適合に活用される。(2022/6/3)

東芝再建案、革新機構軸か 取締役候補の承認焦点に
東芝で経営再建の動きが本格化する。安全保障の観点から国内の官民ファンドである産業革新投資機構を軸に改善案の選考が進みそうだ。一部に懸念の声もあり、6月末の定時株主総会で承認されるかが焦点となる。(2022/6/3)

安全性の向上と長寿命化を可能に:
東レ、空気電池用イオン伝導ポリマー膜を開発
東レは、リチウム空気電池のセパレーターに向けた「イオン伝導ポリマー膜」を開発した。開発したポリマー膜を適用することで、リチウム空気電池の安全性向上と長寿命化を可能にする。(2022/6/3)

iOS「サイドロード」の実態と危険性【第2回】
iPhoneに“野良アプリ”をインストールして安全に使う「正しい」方法
Appleは特定用途に向けて、App StoreにないアプリケーションをiOSデバイスにインストールする「サイドロード」の方法を用意している。具体的な方法を紹介する。(2022/6/3)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【前編】
クラウドストレージ“最大”のリスクは「設定ミス」 対処法は?
クラウドストレージを安全に利用するには、まずはクラウドストレージに関するさまざまなリスクを知ることが不可欠だ。重要なリスクである「設定ミス」と、その対処法を確認する。(2022/6/3)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されており、将来は月と地球を結ぶ光通信の実用化も目指している。(2022/6/1)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
筑波大学発の宇宙ベンチャー企業が、レーザーを用いた宇宙における光通信ネットワークサービスを、早ければ2024年冬に始めると発表した。防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されている。(2022/6/1)

医療機器ニュース:
医療機器を含む複数認証を取得した、組み込みハイパーバイザー製品を発売
BlackBerryは、リアルタイム組み込みハイパーバイザー製品の最新版「QNX Hypervisor for Safety 2.2」の提供を開始した。医療機器用ソフトウェアの最高機能安全基準など、複数の認証を取得している。(2022/6/1)

Retail Dive:
レゴがデジタル企業に変身 メタバース空間でも「子どもの安全の擁護者」に
組み立てブロック玩具メーカーのイメージが強いレゴグループが「デジタルネイティブキッズ」を顧客にすべくデジタル投資を増やしている。投資効果は既に出ているという。(2022/6/1)

製品動向:
モバイル端末を用いた熱中症予防サービスの提供を開始、NSW
日本システムウエアは、モバイル端末と環境センサーを用いて暑さ指数を可視化する熱中症予防サービス「Around Now! Mobile Edition」の提供をスタートした。今後は、Android端末への対応や地図情報との連携サービスなどを検討しており、現場作業者の安心安全な働き方に貢献できるように、サービス拡大を目指す。(2022/6/1)

セキュアかつ迅速なサービス展開を実現する
APIエコノミー形成に欠かせない標準認証技術「OpenID Connect/OAuth」とは
金融機関をはじめ、さまざまな企業でビジネス拡大の切り札として「オープンAPI」を活用した外部とのサービス連携が進んでいる。ただしオープンAPI化にセキュリティの不安は付き物。安全なサービス連携を、どう実現すればいいのか。(2022/6/1)

正社員500人に聞いた:
信頼できる上司の行動は? 若手社員の7割が「心理的安全性が高い」
タバネルは若手社員500人を対象に「若手社員の心理的安全性調査」を実施した。自分の所属するチームは、自分の考えや気持ちを誰に対してでも発言できる状態にあるか尋ねたところ、「発言できる」と答えた人は18%だった。(2022/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。