• 関連の記事

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

自動運転技術:
緊急車両検知がBMWの自動運転システムに採用、走行の安全性向上へ
Cerenceの緊急車両検知「Cerence EVD」が、BMWグループのレベル3条件付き自動運転システム「BMW Personal Pilot L3」に採用された。(2024/6/18)

いま考えるべきメタバースの安全性【前編】
メタバースがいくら話題になっても「安易に使ってはいけない」理由とは?
メタバースの活用が広がる中で、その安全性についての議論が十分に進んでいない。市場への参入を考えている企業や、メタバースを利用する消費者は、ある問題を知っておく必要がある。(2024/6/18)

導入事例:
ノーコードのアプリ作成ツールで安全パトロールアプリ構築、年間1800時間の業務削減
フィールド・パートナーズは、アステリアのノーコードモバイルアプリ作成ツール「Platio Connect」を導入した。労働安全衛生法に基づく確認業務のアプリ化で、年間で1800時間超の業務を削減したという。(2024/6/17)

OpenAI、「安全およびセキュリティ委員会」に元NSA長官のポール・ナカソネ氏
OpenAIは、元NSA長官兼サイバー軍司令官のポール・ナカソネ氏を8人目の取締役に迎えた。同氏はOpenAIが最近設立した「安全およびセキュリティ委員会」にも参加する予定だ。(2024/6/14)

対立を避けるなかれ 「仲良く喧嘩」するための4つのルール
心理的安全性とは、対立や葛藤がないチーム状態だと考える人もいるかもしれないが、それは誤解。チームをいかに安心して対立・葛藤できる状態にするかが重要だ。(2024/6/14)

宇宙開発:
木造人工衛星が安全審査をクリアし、宇宙空間で運用予定
住友林業と京都大学は、2020年4月から取り組んできた「宇宙木材プロジェクト」で開発した木造人工衛星「LignoSat」が完成した。2024年秋に、ISSの日本実験棟より宇宙空間に放出する予定だ。(2024/6/13)

2023年に特殊詐欺に悪用された携帯電話回線数は? 河野大臣、契約時に「マイナンバーカードICチップの読み取り」を強く推奨
「2023年、特殊詐欺に悪用された携帯電話回線契約において、偽造とされるマイナンバーカードが1回線だけ」――。河野太郎デジタル大臣は6月8日、自身のWebサイトで、このようなデータを公表した。券面の複製=個人情報が盗み取られる、などという誤情報が広まったことを受け、デジタル庁は河野大臣を筆頭にマイナンバーカードの安全性をしきりにアピールする。(2024/6/12)

セミナー:
PR:国家の安全保障とも関連する、製造現場とITのサーバーセキュリティ対策と心得
(2024/6/12)

遠隔操作:
建機の操作感覚を遠隔からリアルタイムに体感、熊谷組と東京高専が共同開発
熊谷組は、遠隔地の工事現場に配置された建機を、安全かつ低遅延に制御するシステムの構築を進めている。今回、東京高専と共同で、建機の傾きや振動、音や映像をVR体験システム「シンクロアスリート」複数台に同期接続し、建機の操作感覚をライブ配信することに成功した。(2024/6/12)

「広告のムダ打ち」をなくすためにできること【第4回】:
ブランドセーフティー(安全性)とブランドスータビリティー(適合性)はリーチと両立できる
そもそも広告は表示されなければ始まりません。だからこそ「ビューアビリティー」が重要な指標となるのは前回説明した通りです。しかし、ビューアブルでありさえすればいいのかといえば、そう単純ではありません。(2024/6/12)

UCに「PoE」を使うメリットとデメリット【前編】
LANケーブルによる「PoE給電」はなぜ“お得で安全”なのか?
企業のITインフラで意外と悩ましいのが電源の問題だ。ルーターやスイッチなどさまざまなハードウェアを電源の近くに設置する必要がある。PoEはこうした問題を解決できる可能性がある。(2024/6/11)

人とくるまのテクノロジー展2024:
スマートヒューズでヒューズボックスを小型化、“飛んだ”時の部品交換も不要に
日本テキサス・インスツルメンツは、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」において、車載システムへの電力供給の安全を確保するために用いられているヒューズボックスについて、ヒューズのIC化によって小型化に加えヒューズ交換が不要になる「スマートヒューズ」を提案した。(2024/6/10)

CIO Dive:
生成AIをよりセキュアな環境で ニーズに応えてAmazonがセキュリティを最重要課題に設定
AmazonやMicrosoftをはじめとしたハイパースケーラーたちがセキュリティ強化に注力している。生成AIを動かすクラウドに求められているのは、利便性や効率よりも安全性と信頼性なのかもしれない。(2024/6/10)

「エネルギー基本計画」の改定が始動、エネルギー安全保障とGX実現へ――再エネ・原発の行方は?
エネルギー政策の中長期的な方向性を示す「エネルギー基本計画」が見直される。緊迫化した国際情勢に対応し、脱炭素を経済成長につなげる有効なビジョンを策定することができるか。素案は2024年中にもまとめられ、年度内に閣議決定される。(2024/6/10)

エンジニアリングの心理学【前編】
システム障害を止められないのはなぜ? 知っておきたい「認知のわな」
システム障害が大惨事につながってしまう原因はどこにあるのか。システムの安全性を確保したいのであれば、人間の心理についても知ることが重要だ。認知バイアスのメカニズムを理解しよう。(2024/6/10)

セキュリティソリューション:
VeeamがSTaaS「Veeam Data Cloud Vault」を発表 書き換え不可のストレージでデータを保護
Veeam SoftwareはSTaaS(Storage-as-a-Service)「Veeam Data Cloud Vault」を発表した。このサービスは不変で暗号化された形式で安全にデータを保管することで、ランサムウェアをはじめとした脅威から保護する。(2024/6/9)

盗撮専門サイト「電車対面パンチラ研究所」 運営者を再逮捕 電車内で女性の下着盗撮か
電車内で女性(30)の下着を盗撮し、その動画を自身が管理する動画投稿サイトに投稿したとして、兵庫県警生活安全特別捜査隊などは6日、性的姿態撮影処罰法違反(撮影・記録提供)の疑いで、名古屋市緑区徳重の配送業経営、大橋正斉容疑者(34)=処分保留で釈放=を再逮捕した。同隊によると、黙秘しているという。(2024/6/6)

「早く知りたかった……」 警視庁による“子どもと安全に手をつなぐ方法”に7万いいね「有力情報ありがとうございます!」
災害時にも役立つ……!(2024/6/7)

ロボット開発ニュース:
QNXはROS 2ベースの産業用ロボットの商用化に最適、BlackBerryがアピール
BlackBerry Japanは、組み込みシステム向けソフトウェアプラットフォームの最新版「QNX SDP 8.0」が産業用/医療用ロボットの開発に最適なことをアピール。特に、ロボット開発ソフトウェアフレームワークの「ROS 2」を用いた産業用ロボットを商用化する際には、安全性、セキュリティ、性能の観点から有力な選択肢になるという。(2024/6/6)

製品動向:
安全講習への参加でポイントがもらえる? リバスタの建設技能者向けサービス、鹿島建設などで導入へ
リバスタは、建設技能者向けのポイントサービス「ビルダーズポイント」の提供を開始した。元請会社の判断で建設技能者にポイントを付与できるサービスで、建設技能者は安全講習会への参加やCCUSカードのタッチなど、元請会社の設定する条件を満たすことでアプリを通じてポイントを受け取れる。受け取ったポイントは個人のPayPayアプリ上で利用可能だ。(2024/6/6)

あおり運転対策に 前後に200万画素カメラを設置できるドライブレコーダー「ZDR018」発売
コムテックは、6月14日からドライブレコーダー「ZDR018」を発売。前後に200万画素のカメラを設置でき、後方から接近する車両を検出して知らせる「後続車接近お知らせ機能」など7つの安全機能も利用できる。(2024/6/5)

OpenAIの現・元従業員ら、AIシステム構築の無謀さと秘密主義を告発
OpenAIとGoogle DeepMindの現従業員、元従業員のグループは、OpenAIを含むAI企業に対し、AIに関する安全性対策の改善と、危険性を報告した従業員の保護を求める書簡を公開した。参加者の1人は「AGI時代に責任ある行動をとるという自信がなくなったため、OpenAIを辞めた」と語った。(2024/6/5)

ICT建機:
ICT建機の導入コストを抑えるマシンガイダンス「入門版」、住友建機が提案へ
住友建機は、「第6回 建設・測量生産性向上展」で、自動化や遠隔操作、安全性/生産性の向上などをテーマとしたさまざまな建設機械に関連する新技術を出展した。日本道路と共同開発した「HA60W自動走行/自動伸縮システム」のデモンストレーションや、従来よりも低コストで導入できる入門版の新マシンガイダンスシステムなどを紹介した。(2024/6/5)

車載ソフトウェア:
SDV向け基盤ソフトウェアの実証に向け協業を発表
ウインドリバーとエレクトロビットは協業し、SDV(ソフトウェア定義自動車)向け基盤ソフトウェアを実証する。安全かつ柔軟な高性能ECUを構築することで、自動運転向けドメインコントローラーの開発を支援する。(2024/6/5)

トヨタなど相次ぐ認証不正、経済に下押し圧力 規定とメーカーの安全意識にギャップ
トヨタ自動車の子会社のダイハツ工業による認証不正を受けた自動車メーカーの型式指定に関する自主調査で6月3日、トヨタやマツダなど5社で新たな不正行為が発覚したことは、車の品質を裏付ける認証制度の信頼性を揺るがす事態だ。(2024/6/4)

IoTセキュリティ:
IoTシステムにおける国際標準レベルのセキュリティ検査と認定制度を推進
セキュアIoTプラットフォーム協議会は、組込みシステム技術協会と連携して「セキュアIoTプログラム」を推進する。国際標準に基づくセキュリティ検査と認定制度による、IoTシステムの安全性向上を目的とする。(2024/6/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWS「EC2 Instance Connect」のエラーはなぜ起こる? 主な原因と対処法
AWSの仮想マシンサービス「Amazon EC2」に安全に接続するためのサービス「EC2 Instance Connect」でエラーが発生する場合がある。何が問題でどのように対処すればよいのか。(2024/6/3)

iPhoneへの「マイナンバーカード」にまつわる誤解を解く プラスチックカードより安全だが課題もある
Appleが、2025年春後半にiPhoneのウォレットに「マイナンバーカード」を搭載できるようにすることを発表した。米国外では初めての公的身分証明書(本人確認書類)機能への対応となるが、疑問や課題もある。筆者なりにまとめていきたい。(2024/5/31)

旭化成エレと欧州SALが共同で検証:
EV用電子ヒューズ技術、充電器などの安全性を大幅向上させる可能性
旭化成エレクトロニクス(AKM)と Silicon Austria Labs(SAL)は、SiCベースのパワーデバイスを搭載するEVシステムに向けた「eFuseシステム」の技術検証に成功した。車載用充電器などの安全性を大幅に向上させ、メンテナンスコストの削減を可能にする。(2024/5/31)

今こそ知りたい電池のあれこれ(24):
注目集まるリン酸鉄リチウム、メリットとデメリットを整理しよう
中国系企業を筆頭にLFP系材料であるリン酸鉄リチウムの採用事例が目立つようになってきています。リン酸鉄リチウムの採用については、高い安全性や低コストといったメリットが挙げられる一方、エネルギー密度の低さやリサイクル時の収益性に対する懸念などデメリットに関する面の話題を耳にすることもあるかもしれません。(2024/5/31)

OpenAIを「限界点に達した」と退社したライケ氏、競合Anthropicで安全チーム結成へ
OpenAIが安全性を軽視していると批判して退社したヤン・ライケ氏が競合のAnthropic入りし、製品の安全性を監視するチームのトップになる。(2024/5/29)

OpenAI、「最近、次世代モデルのトレーニングを開始した」
OpenAIは、AI開発の安全を担う委員会設立を発表するブログで「最近、次世代モデルのトレーニングを開始した」とも語った。このモデルが「AGIへの道のりで次のレベルに導いてくれると期待している」としている。(2024/5/29)

OpenAI、安全およびセキュリティ委員会を設立 トップはアルトマンCEO
OpenAIは、AGI開発を含むプロジェクトとに関する安全とセキュリティをレビューするための委員会を設立したと発表した。率いるのはサム・アルトマンCEOなど3人の理事。次世代モデルのトレーニングを開始したことも発表した。(2024/5/29)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
身近な「Windows」をより安全に使う“なるほどの方法”
さまざまなセキュリティのリスクがある「Windows」を安全に使い続ける上で、特に重要なこととは何なのか。専門家が教える、Windowsセキュリティ向上のこつを紹介する。(2024/5/26)

カスハラ悪質なら「乗車拒否」も、JR西の社長「従業員の安心安全や人権を守る」
JR西日本は24日、乗客などからの理不尽な要求とみなす「カスタマーハラスメント(カスハラ)」を定義し、対応策の「基本方針」を策定したことを発表した。(2024/5/25)

大谷翔平が約12億円の豪邸購入と米報道、球場まで20分の近さ「バスケットコートが決め手?」
「ご夫婦とご家族が安心安全に過ごせるおうちなら、それが一番!」(2024/5/23)

AI法規制導入へ政府が「戦略会議」で議論開始 規制強める欧米と歩調合わせる
政府は5月22日、AIの開発や利用に関するルール作りなどを議論する「AI戦略会議」を開き、自動で文章などを作成する生成AIの安全性確保のための法規制導入へ向けた議論を始めた。(2024/5/23)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがMicrosoftを痛烈批判 Google Workspaceの優位性を主張
Googleは新しいホワイトペーパーでMicrosoftのセキュリティ問題を指摘し、Google Workspaceのセキュリティとプライバシー基準の優位性を強調した。これにはCSRBの報告も引用されており、サイバー安全性を推進する内容となっている。(2024/5/23)

プロに学ぶ「第三者検証」のすすめ
「バグを憎んで人を憎まず」 安全安心なシステムやアプリの作り方
日々多くのデジタルコンテンツが生み出される今日。セキュリティやバグなどの品質に関わるリスクを減らし、ユーザーに快適に利用してもらえるようにするために企業が取るべきアクションとは。第三者検証の必要性と可能性を考える。(2024/5/23)

CIO Dive:
“オープンなAI”実現に残る課題 なかなか標準化が進まない背景とは
IntelをはじめとしたLinux Foundationのグループは、企業向けオープンソースAIの標準化を目指したプロジェクトを進行中だ。リスクやデメリットが不透明なまま広まっているオープンソースAIの安全性が今問われる。(2024/5/22)

宮崎麗果、治安悪化のパリで安全第一の“映えないコーデ” スリ被害に遭いかけるも「ケイジパパが退治してくれた」
本当に気をつけないと。(2024/5/20)

医療技術ニュース:
米ぬか由来ナノ粒子の抗がん作用を確認
東京理科大学は、米ぬか由来ナノ粒子が優れた抗がん作用を示すことを明らかにした。未利用バイオマスを原料とする、安価で安全な新しいがん治療薬の開発につながることが期待される。(2024/5/20)

OpenAI、退社したライケ氏のAGI警鐘に応じるも具体策は明示せず
OpenAIでAIの安全性に取り組んできたライケ氏が退社に当たって投稿した警鐘に対し、ブロックマン社長がアルトマンCEOと連名の長文をポストした。アルトマン氏は別途、同社の退社合意書について高まる批判に対し「知らなかったが、知っておくべきだった」とポストした。(2024/5/19)

厳しさ増す米国のファーウェイ規制 専門家「全て排除するのは難しい」
米国が華為技術(ファーウェイ)など中国IT企業への規制を強めるのは、機器を通じた情報流出への懸念とともに、技術開発競争で中国に主導権を握らせたくないとの思いがあるためだ。日本は経済安全保障で米国と歩調を合わせるが、過剰に華為などを締め付ければ、中国側が報復に出る可能性もあり、慎重な対応が求められる。(2024/5/19)

OpenAIのAI危険対策チームトップが「限界に達し」退社 「安全確保が後回しになっている」
OpenAIで先日退社したサツケバー氏とともにAIの安全性に取り組んできたチームのトップが退社する。「安全性が輝かしい製品開発の後回し」になっていると警鐘を鳴らした。(2024/5/18)

複合材料と3Dプリンタのこれまでとこれから(1):
3Dプリンタで成形する複合材料は世界を変えるか?
東京工業大学 教授/Todo Meta Composites 代表社員の轟章氏が、複合材料と複合材料に対応する3Dプリンタの動向について解説する本連載。第1回では、複合材料を成形可能な3Dプリンタの歴史や現状、同プリンタを用いて機械部品を設計する際に必要な安全率の重要性について紹介します。(2024/5/16)

INFINIDAT JAPAN合同会社提供Webキャスト
大容量データ時代のストレージ、パフォーマンス/コスト/可用性からどう選ぶ?
企業が扱うデータ量が著しく増加する中で、コストをかけずに大量のデータを安全に保存し、適切に利用できるストレージ環境が求められている。そこで、大容量データ時代に即した、エンタープライズレベルのストレージシステムを紹介する。(2024/5/15)

人も予算もスキルも足りない
運用・管理はお任せ 生成AIを安全に活用できるRPAプラットフォーム
RPAは有力な業務自動化ツールだが、導入や管理、運用のハードルが高く、費用対効果を感じられないという声も上がっている。解決手段の一つに、高機能な「RPAプラットフォーム」の管理・運用を包括的に提供するサービスがある。(2024/5/16)

「氾濫危険水位」とは?  大雨の時に川の水位や氾濫の危険度を知る 安全に身を守る方法
(2024/5/13)

半導体生産・開発能力確保へ 米中韓中心に各国が支援でしのぎ削る
半導体関連の投資が拡大する背景には、主要国による大規模な補助金がある。経済安全保障の観点から、半導体の国内生産能力を強化するために各国がしのぎを削っている。(2024/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。