• 関連の記事

「通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通信」に関する情報が集まったページです。

米FCC、AppleとGoogleにTikTokアプリをアプリストアから削除するよう要請
米連邦通信委員会(FCC)のコミッショナーが、AppleとGoogleに対し、アプリストアから「TikTok」を削除するよう要請した。TikTokの個人情報に中国の親会社の従業員がアクセスしているという報道を受けたものだ。7月8日までに削除しないなら、その理由を説明せよとしている。(2022/6/30)

房野麻子の「モバイルチェック」:
巧妙化する“スマホのみ販売拒否” 「完全分離」「上限2万円」は健全か?
通信料金と端末代金が完全分離され、通信契約とセットで端末を購入する場合の値引きは上限2万円までに制限されている。しかし、端末の単体販売の場合は値引きに上限はない。結果、店頭での非回線契約者に対する端末単体販売を拒否する事例が見られた。(2022/6/28)

MVNOの深イイ話:
楽天モバイルが“新プラン自動移行”の理由に挙げる「電気通信事業法第27条の3」とは何か?
楽天モバイルが7月から提供する新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、1GB以下の「月額0円」が撤廃されることが話題を集めていますが、既存ユーザーにも自動で適用されます。その理由について、同社は電気通信事業法第27条の3が規定する「行き過ぎた囲い込みの禁止」という規制に抵触するためだとしています。この「電気通信事業法第27条の3」について、その成立の経緯から詳しく振り返ってみたいと思います。(2022/6/28)

スウェーデンから学ぶ「スマートシティー」構築術【後編】
北欧都市がスマートシティーでかなえた「高速無線LAN」以上に重要な変革とは
「スマートシティー」化に取り組んでいるスウェーデンのボロース市。新しいネットワークの構築において同市が追求したのは、通信の高速さだけではない。もう一つの重要な要素とは何か。(2022/6/28)

ドコモ、富士山頂を5Gエリア化 尾瀬国立公園のエリア化も
NTTドコモは、富士山の山開き期間中に富士山頂の剣が峰付近で「瞬速5G」や4G/3G通信を提供。尾瀬国立公園では山小屋のエリア化を順次拡大し、9月までに27の山小屋で4G/3G通信を利用できるようになる予定だ。(2022/6/27)

工場ネットワーク
工場で増える無線LAN活用、干渉や相性問題など安定使用には何が必要か
スマート工場化が進む中、工場内での無線LAN活用が広がりつつある。ただ、通信の安定性やセキュリティなどの課題も顕在化している。これらの解決に向けてどのような考え方でどう取り組めばよいのか。対談を通じて解き明かす。(2022/6/23)

「プラチナバンドを楽天に譲渡すべき」「PayPay黒字化はいつ?」 ソフトバンク株主総会で語られたこと
ソフトバンクは6月23日、都内で第36回定時株主総会を開催した。宮川潤一は「単なる通信会社にとどまるつもりはない」と、総合デジタルプラットフォーマーになるという方針を改めて説明した。700MHz帯を電波オークション経由で楽天に譲渡すべきという株主の意見に対して「全く考えられない」と一蹴した。(2022/6/25)

ソフトバンク、7月上旬〜8月下旬に富士山頂で「SoftBank 5G」提供
ソフトバンクは、7月上旬〜8月下旬の富士山頂の登山期間にエリア対策を実施。山頂や山小屋などに「SoftBank 5G」や「SoftBank 4G LTE」などの通信設備を設置する。(2022/6/24)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:情報セキュリティ10大脅威
今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、IPA(情報処理推進機構)が発表した「情報セキュリティ10 大脅威」について解説する。(2022/6/24)

原因不明の“重いネットワーク”を解消
テレワークのいらいらを解消する二本柱「通信最適化」「可視化」をかなえる方法
テレワークを導入した企業は、業務ツールの社内利用時とテレワーク時のパフォーマンス差に悩まされている。特に大容量のファイルを扱うときは深刻だ。利用者ごとにネットワークが異なる中、どうすればボトルネックを特定、解消できるのか。(2022/6/24)

「不適切な販売どうして放置?」「5Gで特徴的なサービスがない」 KDDI株主総会で指摘、高橋社長の答えは?
KDDIは5月22日、第38期定時株主総会を開催した。2022年から2024年は5Gを中核に据えて事業変革を推進する。新中期経営戦略では、事業戦略を「サテライトグロース戦略」と位置付け、本格化を迎える5Gを中心に置き、通信を核とした注力領域を拡大していく。株主からの質問では、不適切な販売や3G停波後の影響、5Gサービスの今後について指摘があった。(2022/6/23)

光スペクトラムアナライザーの基礎知識(2):
光スペクトラムアナライザーの構造と基本仕様
光ファイバー通信分野の開発では必須の測定器となっている光スペクトラムアナライザーについて解説する連載2回目。今回は、光スペクトラムアナライザーの「構造」や「基本仕様」「使うために知らなければならないこと」そして「設置の注意点」について説明する。(2022/6/23)

端末単体購入時の価格を分かりやすく表示すべき――総務省が「2万円超の値引き」対策の方向性を示す
総務省の「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」が、2022年度分の報告書を取りまとめるための作業に着手することになった。取りまとめに当たって、同省が検討に向けた方向性案を大きく4つ示した。この記事では、「通信(回線契約)」と「端末」の分離の徹底に関する方向性案を簡単に解説する。(2022/6/22)

結婚相手に勤めてほしい業種、1位は「通信・情報(IT)」 結婚相手に望む勤務先ベスト10に入ったIT企業は?
結婚相手に勤めてほしい民間企業の業種は何か。与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査したところ、「通信・情報(IT)」が1位になった。20〜50代までのそれぞれの世代でも1位となり、男女別回答でも男性では2位、女性では1位に入った。(2022/6/22)

参院選の投票に行くと最大100万円相当が当たる NewsDigestアプリがキャンペーン
JX通信社の運営するニュース速報アプリ「NewsDigest」は、最大100万円相当のポイントが当たる「NewsDigest 投票率アゲアゲ!選挙でポイ活祭」を開始。対象は参院選の投票に参加し、アンケート回答したユーザー。(2022/6/22)

業界別Webエンジニア平均年収ランキング 2位は「メーカー」、1位は? パーソル調査
Webエンジニアの平均年収が高い業界はどこか。パーソルキャリアがWebエンジニアの平均年収を、業務経験のある業界別で調査したところ、2位は「メーカー」(539万円)、3位は「通信業界」(527万円)だった。1位の業界は。(2022/6/22)

MediaTek、5Gチップ「Dimensity 9000+」発表 3億2000万画素カメラや7Gbps通信をサポート
MediaTekは、6月22日に次世代フラッグシップスマートフォン向け5Gプロセッサ「Dimensity 9000+」を発表した。搭載端末は2022年の第3四半期にリリースされる予定。(2022/6/22)

組み込み開発ニュース:
消費電力70%減、電力効率と信頼性の高い第5世代セキュア制御FPGAを発表
Lattice Semiconductorは、同社第5世代のセキュア制御FPGA「MachXO5-NX」ファミリーを発表した。サーバコンピューティング、通信、産業、車載分野において、電力効率と信頼性の高いシステム監視および制御に貢献する。(2022/6/22)

ルネサス RZ/T2M:
サーボモーターを高速高精度に制御するMPU
ルネサス エレクトロニクスは、サーボモーター制御用MPU「RZ/T2M」の量産を開始した。モーターのリアルタイム制御と産業ネットワーク通信を1チップ化し、ACサーボや産業用ロボットの高速化、高精度化に貢献する。(2022/6/22)

最大で100万円相当:
投票でポイント贈呈 JX通信社、参院選の投票率アップへ「ポイ活」キャンペーン実施
報道ベンチャーのJX通信社は、6月22日に公示された第26回参院選の投票率向上に向けたキャンペーンを始める。(2022/6/22)

大規模な太陽フレアで2週間に渡り通信障害、広域停電の可能性も 総務省が“最悪のシナリオ”公開
携帯電話はつながらず、自動運転車は事故を起こし、大規模停電も──総務省は21日、「宇宙天気予報の高度化の在り方に関する検討会」の報告書の中で大規模な太陽フレアが発生した場合の「最悪のシナリオ」を公開した。(2022/6/21)

総務省、電気通信サービスの契約数などを公表 楽天モバイルのシェアが2.4%に
総務省は6月21日に2021年度第4四半期の電気通信サービスの契約数とシェアについて公表した。携帯電話・PHS・BWAの契約数は2億341万(前期比+1.4%、前年同期比+4.3%)で、うち携帯電話は2億292万(前期比+1.5%、前年同期比+4.4%)となっている。移動系通信の事業者(キャリア)別の契約数シェアは楽天モバイルが伸びている。(2022/6/21)

オンセミ NCN5140S、NCL31010:
ビルオートメーション向けSiPおよびLEDドライバー
オンセミは、ビルオートメーション向けSiP「NCN5140S」とLEDドライバー「NCL31010」を発表した。ビルオートメーション用通信プロトコル「KNX」やPoEに対応し、ビルの制御パネルやコネクテッド照明の開発に貢献する。(2022/6/21)

ミリ波帯5G向け、4チャネル対応:
デュアル偏波アナログビームフォーミングICを発表
NXP Semiconductorsは、ミリ波帯5G(第5世代移動通信)装置に向けた、4チャネルのデュアル偏波アナログビームフォーミングIC「MMW9012K/MMW9014K」を開発、量産を始めた。(2022/6/21)

火災保険データとSNSデータを活用:
Twitter投稿から「地域の自然災害リスク」を把握できるか あいおいニッセイ同和損保とJX通信社が実証実験
あいおいニッセイ同和損害保険とJX通信社は、火災保険の事故データとSNSデータを組み合わせて地域の自然災害リスクの実態を把握する実証実験を実施すると発表した。(2022/6/21)

ソシオネクスト SC1320A:
第4世代規格準拠のHD-PLC通信用LSI
ソシオネクストは、有線通信技術「HD-PLC」の第4世代規格「IEEE1901-2020」に準拠したHD-PLC通信用LSI「SC1320A」のサンプル出荷を開始する。量産開始は2022年10〜12月を予定している。(2022/6/20)

製造業IoT:
製造現場の多様な無線システムを安定してつなげる通信規格のVer.2.0を策定
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、5G通信に対応したSRF無線プラットフォーム通信規格技術仕様Ver.2.0を策定した。5G通信に加え、マルチホップ通信などを可能とするネットワークトポロジーの拡張にも対応している。(2022/6/17)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:スマートフォンの進化を支える技術とインフラ
今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、普段使っているスマートフォンは、どのような仕組みで通信しているのかについて取り上げる。(2022/6/17)

無線電力伝送と無線通信に同時対応:
東京工大、ミリ波帯フェーズドアレイ無線機を開発
東京工業大学は、無線電力伝送と無線通信に同時対応する「ミリ波帯フェーズドアレイ無線機」を開発した。ビームステアリングにより、電力と通信信号を同時に受信することができるため、無線電力伝送と無線通信の長距離化や広角化が可能になるという。(2022/6/16)

総務省が携帯キャリアと販売代理店団体に「要請」 携帯電話の販売に関する業務の適正性確保を求める
端末の単体販売を拒否する事案が続いていることを受けて、総務省が大手キャリア4社と全国携帯電話販売代理店協会に対して、電気通信事業法第27条の3を順守するように指導を行うことを要請した。事実上2年連続の要請となるが、端末の転売が問題となる中、実効性のある指導は行われるのだろうか?(2022/6/15)

組み込み開発ニュース:
TransferJet Xの規格化を完了、転送速度は13.1Gbpsに
TransferJet コンソーシアムは、60GHz帯を用いた転送速度13.1Gbpsの近接無線通信「TransferJet X」の規格化を完了した。通信距離は10cm以内を基本とするが、オプションにより10m以内まで対応可能となっている。(2022/6/15)

富士キメラ総研が電子機器製品市場を調査:
SSD市場、2027年には4億4000万台規模へ
富士キメラ総研は、情報通信機器やAV機器などエレクトロニクス製品の世界市場を調査し、2027年までの予測を発表した。この中で、ワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンやSSDなどを今後の注目製品として挙げた。(2022/6/15)

スタンドアロン5Gを展開:
Dish Networkが5Gを開始、全米カバー率20%を目指す
Dish Networkが2022年5月、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、ようやく国内5G(第5世代移動通信)市場への参入を実現した。しかし、これはやっと最初のハードルを越えたにすぎない。発展途上の5G事業者である同社が、米国全土で5Gネットワークの実現を目指していくためには、まだクリアしなければならない障壁が数多く残っているためだ。(2022/6/14)

楽天モバイル、新プランで0円廃止後も「実質0円」で運用するには?
楽天モバイルの新プランでは、通信量が0GB〜3GBまでは1078円(税込み)になり、0円での維持はできなくなります。楽天市場で頻繁に買い物をするのであれば、楽天モバイルを利用し続けるメリットもあります。では、楽天でどれだけ買い物をすれば、Rakuten UN-LIMIT VIIの1078円の元が取れるのか。(2022/6/14)

日本の5G通信は海外と比べて遅い その原因は? Opensignalが調査
Opensignalは、世界の5G体感について調査の分析結果を発表。日本の5G信号強度は東アジア市場(香港、韓国、台湾)と比較して大幅に低い一方、4G信号強度は他の市場と同等という結果になった。(2022/6/13)

組み込み開発ニュース:
IoT向けマルチホップ無線通信モジュールの量産提供を開始
ソナスは、同社独自のIoT向け無線規格「UNISONet」を採用した無線通信モジュールと開発用基板の量産提供を開始した。2.4GHz版と920MHz版の2種をラインアップにそろえている。(2022/6/13)

ソシオネクスト SC1330A:
次世代規格Advanced M-FSK対応のIoTタグ用LSI
ソシオネクスト、ZiFiSense、テクサーは、IoTタグ用LSI「SC1330A」を共同開発した。LPWAN2.0とAdvanced M-FSK変調に対応し、物流追跡や資産管理などの分野で、低電力、低コスト、長距離伝送、高速通信を可能にする。(2022/6/13)

医療機器ニュース:
医用画像におけるAIの開発活用を目的とした技術研究組合を設立
東京大学は、CT検査やMRI検査などの医用画像分野におけるAIの開発、活用を目的として、ソフトバンク、ヤフー、クリプタクトなどと「医用画像通信技術研究組合」を設立した。(2022/6/13)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【6月11日最新版】 プランやオプションが「無料」の特典も
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。だが、キャンペーンを利用すればさらにお得にサービスを利用できる。(2022/6/11)

日本通信、ドコモに音声網の相互接続を申請
日本通信は6月10日、NTTドコモの音声通信網と日本通信の音声通信網との相互接続について、NTTドコモに申し入れたと発表した。日本通信は2007年の総務大臣裁定により、データ通信網との相互接続は実現しているが、携帯電話番号に関する規制の問題があり、音声通信網との接続は実現できていなかった。2021年12月開催の総務省情報通信審議会で、MVNOに直接携帯電話番号を付与する旨の方針が示されたことで、MVNOがさまざまなサービスを開発し提供できるという。(2022/6/10)

次世代のインターコネクト:
米新興企業、光I/OチップレットでNVIDIAと協業へ
米国カリフォルニア州に拠点を置く新興企業Ayar Labsは、同社のチップ間光通信技術を中心としたエコシステムを構築するという。NVIDIAとの協業により、光I/O技術を適用した次世代アーキテクチャの開発に取り組んでいるところだ。(2022/6/10)

Qualcommが提唱:
6G成功にはミリ波帯5Gのインフラ普及が不可欠
Qualcommは、メディア向けラウンドテーブル「Qualcomm NOW」を東京都内で開催し、ミリ波帯5G(第5世代移動通信)の市場動向やQualcommの新たな取り組みなどを説明した。(2022/6/10)

車載電子部品:
京セラがヘッドランプ用半導体レーザー、ランプのLiDAR化や可視光無線通信も視野
京セラは、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」(2022年5月25〜27日、パシフィコ横浜)において、自動車のヘッドランプや照明などに向けた半導体レーザーを展示した。半導体レーザーを活用して、ヘッドランプにセンサーとしての機能を持たせたり、ヘッドランプの光による通信機能を実現したりしていく。(2022/6/10)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:インターネットのトラフィック渋滞 〜「輻輳」はなぜ起こるのか?
「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、インターネットで生じるトラフィックの渋滞、いわゆる「輻輳(ふくそう)」は、いつ・どこで・どのような要因から起こるのか? 輻輳のメカニズムを詳解する。(2022/6/10)

世界初、NICTが日本標準時に「光格子時計」採用 UTCとの時刻差を“10億分の5秒以内”に
情報通信研究機構(NICT)は、光格子時計をもとにした標準時の生成に世界で初めて成功した。協定世界時(UTC)に対する時刻差を、従来の10億分の20秒から10億分の5秒以内と、4分の1以下に抑えられるとしている。(2022/6/9)

5Gの普及には「ミリ波」が不可欠の理由 通信速度だけでないメリット、Qualcommが解説
Qualcommは2022年6月8日にメディア向けラウンドテーブル「Qualcomm NOW」を開催。クアルコムジャパンの須永順子代表社長は、ミリ波はモバイルネットワークの費用効率化と品質向上をもたらすことを説明。5Gのポテンシャルを発揮できるミリ波を早期普及させることが不可欠だと力説した。(2022/6/9)

Z会、ラズパイ使った中学生向けプログラミング講座 ソニー系と共同で
Z会とソニー・グローバルエデュケーションは、「Raspberry Pi 400」のキットを使った中学生向けプログラミング通信講座を開講。Pythonを使ったプログラミングなどの基礎が学べる。(2022/6/9)

製造業IoT:
秒間2万点のデータを遅延なく可視化、アプトポッドは5G時代のIoT通信見据える
IoTデバイスを通じて動画や音声など多種多様な通信データをリアルタイムに取得したいというニーズの高まりとともに、データ通信量の大容量化も進んでいる。この中でリアルタイムなデータ通信を実現するIoT基盤を用意するかが課題になるが、アプトポッド 代表取締役は「当社は4G時代から備えてきた」と応える自信を見せる。(2022/6/9)

「BALMUDA Phone」SIMフリー版が楽天モバイルで使用可能に
楽天モバイルがこのほど、楽天回線対応製品の一覧にAndroidスマートフォン「BALMUDA Phone」のSIMロックフリーモデル(X01A)を加えた。X01Aで楽天モバイルの音声通話(VoLTE)、SMS、データ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)が使えるようになった。APN自動設定にも対応した。(2022/6/8)

製造マネジメントニュース:
NTT、ドコモとベンダー3社が6G実証実験で協力、2030年ごろの実用化目標に
NECは2022年6月6日、6Gに関する実証実験において、NTTとNTTドコモと協力することに合意したことを発表した。6Gを活用した次世代の通信技術、サービス開発につなげる狙いだ。(2022/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。