• 関連の記事

「三菱自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三菱自動車」に関する情報が集まったページです。

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

日産の商用バン「クリッパー」がEVに 航続距離はフル充電で最大180キロ
日産自動車が「日産クリッパーEV」を2月12日に発売する。荷室性能と積載量を確保しつつ、安全性能も充実させた。(2024/2/2)

自動車メーカー生産動向:
新車生産がコロナ禍前を超える水準、6社が前年同期比2桁パーセント増
日系自動車メーカーの生産が力強い回復を見せている。乗用車メーカー8社の2023年11月の世界生産台数は、スズキとダイハツ工業を除く6社が前年実績を上回り、8社合計では10カ月連続で増加した。(2024/1/29)

フォトギャラリー(オートモーティブ):
写真で振り返る「東京オートサロン2024」
MONOist編集部が取材した展示会やイベントの模様を“写真で振り返る”PDF形式のフォトギャラリー。今回は「TOKYO AUTO SALON 2024(東京オートサロン2024)」の模様をお届けする。(2024/1/19)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツの軽商用EVが販売延期、トヨタやマツダはエンジン開発に注力
2024年も話題が盛りだくさんになりそうですね。(2024/1/13)

田村亮、独立後初の動画で「34年前の国産愛車」と偶然鉢合わせ “乗車当時の状態再現”した1台に驚がく「真似してくれてんの」
どういうこと!?(2024/1/8)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
笑って思い出される不正と、そうじゃない不正
不正にもいろいろありますよね。笑って済むことではないのですが。(2023/12/27)

組み込み開発 年間ランキング2023:
Matterでスマートホームは変わる? 光量子コンピュータおじさんに感じるSF的未来
2023年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、スマートホームの標準規格「Matter」の解説記事でした。(2023/12/25)

自動車メーカー生産動向:
5カ月ぶりに2桁パーセント増、乗用車メーカーのグローバル生産
半導体の供給改善により日系メーカーの自動車生産は回復基調が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年10月の世界生産台数は、ダイハツ工業を除く7社が前年実績を上回り、8社合計では9カ月連続で増加した。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
東芝が新経営体制を発表、トップを継続する島田氏は分社会社4社の社長も兼任
東芝は2023年12月22日開催予定の臨時株主総会に合わせて新たな経営体制に移行する方針を発表した。(2023/12/15)

今日のリサーチ:
Webユーザビリティランキング2023<企業サイト(PC)編> 第1位はJ:COM
全15業界150サイトのユーザビリティー(使い勝手やわかりやすさなど)を100点満点で評価したランキングです。(2023/12/13)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
せっかくの晴れ舞台でなぜ? 新生モーターショーで“紹介されなかった”クルマたち
11月5日まで東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。メーカー各社は気合いの入った出品車を披露しました。その一方で登場しなかった、もしくは華々しく紹介されなかったクルマたちも存在します。(2023/12/8)

フォトギャラリー(オートモーティブ):
写真で振り返る「ジャパンモビリティショー2023」
MONOist編集部が取材した展示会やイベントの模様を“写真で振り返る”PDF形式のフォトギャラリー。今回は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」の模様をお届けする。(2023/12/4)

普通の軽自動車が”ジオンの軍用車”に大変身! 猛者によるガチすぎる“魔改造”がすごすぎる
見比べても納得できない……!(2023/12/2)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

電動化:
軽商用EVのミニキャブミーブを大幅改良、走行距離35%増の180kmに
三菱自動車は軽商用EV「ミニキャブミーブ」を大幅改良し「ミニキャブEV」として12月21日から販売する。(2023/11/27)

軽商用EV、三菱自動車「ミニキャブ」新モデル発表 トヨタ、ホンダ陣営と販売競争へ
三菱自動車は24日、ワンボックスタイプの商用軽自動車の新型電気自動車(EV)「ミニキャブEV」を12月21日から発売すると発表した。(2023/11/24)

自動車メーカー生産動向:
23年度上期の新車生産は3年連続で前年超え、コロナ禍前からは8.5%減
長らく半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷していた自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年度上期の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。(2023/11/24)

ロンブー亮、新たな愛車で“異臭騒ぎ” 「くさい」「いいクルマなのに」人気芸人も顔曇らせる
消臭剤の匂いか……。(2023/10/30)

自動車メーカー生産動向:
日系自動車メーカーの中国事業低迷続く、4カ月連続の前年割れ
日系乗用車メーカーの自動車生産は、半導体の供給改善が進む一方で、中国事業の低迷が続いている。(2023/10/30)

製造マネジメントニュース:
中国での三菱車の生産が終了、合弁会社の持ち分は広州汽車に
三菱自動車は中国事業の構造改革を進めることを決めた。(2023/10/25)

電動化:
EVの電池容量は10kWhでも足りる? 走行中無線給電の公道実証を開始
東京大学大学院 新領域創成科学研究科の藤本・清水研究室は走行中の電動車に無線給電を行う実証実験を開始する。(2023/10/6)

クルマの仕事を体験できるキッザニア、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に登場 小学生向けに11種の職業体験
レーシングメカニック、カーモデラー、砂型鋳造職人まで(2023/10/4)

“150万回再生の車選び動画”から4カ月…… 日向坂46富田鈴花、旧車に目覚める→渋すぎる趣味に反響「まさに車好き」
シブい。(2023/10/2)

旧車好きのロンブー亮、約160万円のホンダ・インテグラ納車でニヤニヤが止まらない “元祖VTEC”に「サーキット行きたくなる」
口角上がりっぱなし!(2023/10/1)

自動車メーカー生産動向:
回復基調続く新車生産、中国は販売低迷で各社2桁パーセント減
2023年7月の自動車生産は、半導体の供給改善などにより全体としては回復基調が続いているものの、中国での販売低迷が大きく足を引っ張る格好となった。(2023/9/27)

電動化:
三菱自と日立が可動式蓄電池、アウトランダーPHEVのリユース電池搭載
三菱自動車と日立製作所は、電動車のリチウムイオン電池をリユースした可動式蓄電池「バッテリキューブ」の実証を開始した。(2023/9/26)

旧車好きのロンブー亮、三菱・ランタボとお別れ間近で感慨 「たくさんたくさん洗車しました」とラストドライブへ
次なる愛車はホンダ「インテグラ」。(2023/9/16)

電子ブックレット(メカ設計):
設計者のためのシミュレーション活用事例集【自動車/バイク/建機編】
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車、バイク、建設機械業界におけるシミュレーション技術の活用にフォーカスした「設計者のためのシミュレーション活用事例集【自動車/バイク/建機編】」をお送りします。(2023/9/11)

自動車メーカー生産動向:
2年ぶりに前年超えの2023年上期の新車生産、中国は苦戦で陰り
半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷した自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年上期の世界生産合計は、8社全てが増加し、2年ぶりに前年実績を上回った。半導体不足の緩和に加えて、前年が中国・上海のロックダウンの実施により低迷した反動増が表れた。(2023/8/29)

自動車業界の1週間を振り返る:
10月からのジャパンモビリティショーに向けて楽しみなこと
暑い日が続いていますが、体調を崩されていませんか。10月の下旬には東京モーターショー改め「ジャパンモビリティショー」も開幕しますが、秋らしくなるのでしょうか。(2023/8/5)

日産、ルノーのEV新会社に6億ユーロ(約933億円)出資へ
日産は、ルノーグループと進めていた新たなパートナーシップについて最終契約の締結を完了した。相互出資比率を15%と対等にした他、ラテンアメリカ、インド、欧州市場への一層の注力、ルノーGが欧州に設立するEV新会社に最大6億ユーロ(26日時点で約933億円)出資するとしている。(2023/7/26)

和田憲一郎の電動化新時代!(49):
北米市場でテスラのNACSの採用が拡大、CHAdeMOはどうする
北米でNACSを巡る動きが激しくなる中、日本発の急速充電規格CHAdeMOの推進団体であるCHAdeMO協議会は今後どのような考え方で進めようとしているのか。CHAdeMO協議会事務局長の丸田理氏、同広報部長の箱守知己氏にインタビューを行った。(2023/7/25)

自動車メーカー生産動向:
新車生産は日米が好調、中国は低水準の前年同月をさらに下回る
2023年5月の自動車生産は、前年に中国・上海で実施されたロックダウンの反動や、半導体の供給改善などにより回復基調が続いている。(2023/7/24)

電動化:
EVと循環型社会の主役になるのは「オートリース会社」
ディー・エヌ・エー(DeNA) フェローの二見徹氏による講演「EV普及の鍵を握るデータ活用と流通システムの革新」の内容を紹介する。(2023/7/6)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
デリカミニ絶好調 三菱がeKクロススペースの失敗から学んだこと
三菱自動車の新型車「デリカミニ」が、発売前の予約だけで1万6000台を突破する絶好調ぶりです。ですが、デリカミニは新型モデルであって、新型ではありません。なぜでしょうか?(2023/7/6)

電動化:
「EVは21世紀の新しい家電」、ヤマダデンキで軽EVの販売開始
三菱自動車とヤマダデンキはヤマダデンキ5店舗で法人向けに軽EV「ミニキャブミーブ」「eKクロスEV」を販売する。(2023/6/30)

和田憲一郎の電動化新時代!(48):
EVは「普及期」へ、生き残りに向けた3つの方向性
2023年にEVとPHEVを合わせた販売比率が18%になると予測されている。マーケティング理論上はアーリーアダプターからアーリーマジョリティーの領域に入る。また、多くの環境規制では2035年が1つの目標となっている。では、このように急拡大するEVシフトに対し、日本の自動車部品産業はいま何を考えておくべきか。(2023/6/28)

自動車メーカー生産動向:
新車のグローバル生産が前年同月比14.5%増、半導体不足が緩和
2023年4月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が3カ月連続で増加するなど、回復基調が続いている。国内、海外ともに前年実績を上回り、特に国内生産の増加が目立ち、半導体不足が緩和している様子が伺える。(2023/6/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
スズキ、ダイハツ、トヨタが軽商用EVを共同開発! 驚きのニュースが飛び出た背景
ほとんどの自動車メーカーがEVを発売しています。ところが、その売れ行きはなかなかに厳しく、現状、日本でEVはさっぱり売れていません。一方で、EVが有望なジャンルも存在します。(2023/6/19)

人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜:
災害時に給電する電動車、どこに何台派遣? トヨタがマッチング
トヨタ自動車は「人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜」において、災害時に避難所などへ電動車が駆け付けるためのマッチングシステムを紹介した。(2023/5/26)

成長を約束するDX構想は一貫した思想と実装がものをいう:
PR:三菱自動車とデロイト トーマツ コンサルティングとの共創に学ぶ、これからの「コンサル」との付き合い方
企業の成長を支えるにはDXの企画構想だけでなく一貫した思想に基づいた実装こそが重要――。コンサルティング企業でありながらアドバイザリーだけでなく、新規サービス立ち上げに必要な仕様詳細の設計から最新クラウドテクノロジーを生かしたサービス基盤の選定、エコシステムの具体化といった「出口」までを一貫して伴走し、成功を支える体制を整えるのがデロイト トーマツ コンサルティングだ。実際に同社とタッグを組んだ三菱自動車は短期間でその成果を出し始めている。構想の立ち上げから現在までの軌跡を取材した。(2023/6/13)

自動車メーカー生産動向:
新車生産は新型コロナからようやく復活の兆し、2023年度は反動増へ
日系乗用車メーカー8社の2022年度の世界生産合計は、4年ぶりに前年実績を上回った。(2023/5/23)

電動化:
日産アリア/リーフ/サクラの購入に東京都が10万円の上乗せ補助
日産自動車のEV3車種が東京都の令和5年度ZEV購入補助金制度における自動車メーカー別の上乗せ補助対象に認定された。(2023/5/10)

電動化:
ホンダが日本のEV投入計画を更新、2025年に軽乗用、翌年にも2車種
ホンダが電動化など企業変革の取り組みの最新状況を発表した。(2023/4/27)

自動車メーカー生産動向:
日系各社の新車生産がコロナ前の水準に近づく、半導体不足から2年
2023年2月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が4カ月ぶりにプラスへ転じた。半導体不足が深刻化してから2年が経過し、依然として供給が足りない状況ではあるものの、2月の実績からはその影響は年々緩和していることが分かる。(2023/4/24)

意外な用途も:
三菱「アウトランダー」、2年連続最も売れたPHEVに 競争激化しても人気の理由
日本自動車販売協会連合会が発表したPHEV部門の国内販売台数で、三菱自動車工業の「アウトランダーPHEV」が2年連続1位に選ばれた。トヨタ「プリウス」「RAV4」などのライバルがいる中、なぜ日本で最も売れたPHEVとなったのか。(2023/4/23)

ロンブー亮、旧車・ランタボを襲ったトラブルに「うわ、怖っ」とアタフタ 「どうしよう」「処理せんとえらいことに」
ランタボ、かっこいいなあ。(2023/4/17)

車好きのロンブー亮、新たな相棒の1982年式「ランタボ」にニヤり 旧車愛あふれる姿に「懐かしすぎ!」「ニヤケ顔…最高です」
かっこいい!(2023/4/10)

江頭2:50、でっかいトヨタの1BOXカーをドカンと購入 平和すぎる車選びに「見ているだけで笑顔になる」の声
YouTubeチャンネルスタッフと車選び。(2023/3/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。