• 関連の記事

「エアバッグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エアバッグ」に関する情報が集まったページです。

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国格安EV「宏光MINI」は自動車業界のiPhone? 100万円以下のソックリEV続々登場
日本では日産自動車が軽電気自動車『SAKURA』を発売し、格安EVに期待が高まっている。本連載で1年前に紹介した世界で一番売れているEV「宏光MINI」は、累計販売台数73万台を達成。中国では二匹目のドジョウを狙い、100万円以下のEVが次々登場し、早くも明暗が分かれつつある。(2022/6/23)

車載電子部品:
ミリ波レーダーの進化版「4Dイメージングレーダー」、自動車と介護の見守りに提案
「4Dイメージングレーダー」を手掛けるイスラエルのVayyar Imagingの日本法人Vayyar Imaging Japanは2022年6月15日、日本での事業戦略を発表した。Vayyar Imagingは2022年2月に日本法人を設立。日本では、介護での見守りと自動車用の2つに注力する。(2022/6/16)

“多要素認証はエアバッグ” CISAが大規模な導入キャンペーンを展開中
CISAは「More Than a Password」(パスワード以上のものを)を合言葉に、多要素認証の導入を促す大規模なキャンペーンを展開している。多要素認証の導入でハッキング被害は99%低減できると同機関は主張する。(2022/6/8)

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカー好業績の裏で、伸び悩んだ生産台数
2021年度の自動車産業は、半導体不足や部品供給網の混乱などに振り回された1年だった。日系乗用車メーカーの2021年度の業績はおしなべて好決算だったものの、円安の追い風による部分が大きく、生産台数は伸び悩んだメーカーも少なくない。(2022/5/27)

「時速70キロでイノシシと激突」3億円のスーパーカーに課せられた過酷なテスト さまざまなシチュエーションを想定した安全性を追求
スーパーカー開発の裏側です。(2022/5/26)

自分らしさを重視:
“Z世代”のクルマは内装を自分好みにアレンジ 豊田合成がコンセプト披露
「人とくるまのテクノロジー展2022横浜」が25日、横浜市のパシフィコ横浜で開幕。豊田合成は、脱炭素・循環型社会の実現に役立つ内装コンセプト「サステナブルマテリアルカー」を披露した。(2022/5/26)

和田憲一郎の電動化新時代!(45):
ステアリングのない自動運転車はどのような変化をもたらすのか
米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2022年3月30日、官報に「自動運転システム搭載車の乗員保護について」と題する連邦自動車安全基準(FMVSS)最終規則を公表した。本件に関して、日本ではあまり報道されていないが、米国自動車関係者にとっては、インパクトの大きな規則制定だろう。ではどのような影響が考えられるのか、今後どのような変化をもたらすのか。筆者なりにひもとき、説明していく。(2022/5/23)

高根英幸 「クルマのミライ」:
Aピラー、Bピラー、クロスメンバー? クルマのボディ骨格に使われる構造の意味
クルマの解説には専門用語が多く使われる。中でもクルマのボディの各部分の名称は、独特なものがある。ボディの各部には、それぞれ役割が与えられているからだ。(2022/5/19)

安全システム:
PR:シートベルト着け忘れ防止や幼児置き去り検知、乗員保護センシングの課題
シートベルト着け忘れ防止、幼児置き去り検知、子どもを対象としたエアバッグの展開制御など、乗員向けの安全機能に対する要求が高まっています。しかし、1つの機能に対して1つのセンサーで対応するのはコストアップの要因となるため、新たなソリューションが必要です。(2022/5/9)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
1人も5人も選ばない、「誰も死なせない」以外の答えはないから
「死んでもいい人」を決めた自動車メーカーのクルマには乗れないし近寄れない。(2022/4/27)

サステナブル設計:
廃漁網から作った再生ナイロン、バージン素材比でCO2排出量を85%削減
リファインバースは「第2回サステナブル ファッション EXPO」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)において、使用済み漁網などを原料とする再生ナイロン素材「REAMIDE(リアミド)」を活用したアパレル製品などを展示している。(2022/4/7)

工場ニュース:
中国にエアバッグの新工場、2023年夏から生産開始
豊田合成は2022年4月6日、中国広東省にエアバッグの新工場を設立すると発表した。(2022/4/7)

ガチャピン、白バイに乗る 「案外乗り心地いいんですね!」
似合いすぎのお姿ー。「危険な運転ダメ、ゼッタイ!」です。(2022/4/5)

自動運転技術:
PR:高解像度、広視野角とコスト低減を同時実現する「自動車用イメージングレーダー」
インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方の用途に対応する次世代型イメージングレーダーは、信頼性と経済性に優れたテクノロジーです。しかし、選定に当たってはコスト効率や実用性、信頼性が重要な基準となります。この最優先の基準に加えて、導入時に必要となる隠れたコストや労力、リソースについても考慮する必要があります。(2022/4/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高くなるクルマ コスト高は本体価格だけではない
この20年、サラリーマンの給料が上がらないといわれているにもかかわらず、クルマの価格は上昇していく一方だ。軽自動車でも200万円が当たり前の時代。クルマを買い替えよう、あるいは新たに購入しようと思った時、感じたことはないだろうか「クルマって高くなったなぁ」と。(2022/3/31)

自動車メーカー生産動向:
オミクロン株が新車生産に与えた影響を振り返る
日系乗用車メーカー8社合計の2022年1月のグローバル生産台数は、前年同月比9.8%減の191万6510台と7カ月連続で前年実績を下回った。東南アジアに端を発した世界的なサプライチェーンの混乱が一段落し、10月、11月と回復基調を示していたものの、年明けからオミクロン株の感染が急速に広まったことで部品調達に支障をきたし、1月は再度マイナス幅が拡大した。(2022/3/28)

Windows 11時代に突入するIoT機器向けWindows(3):
Windowsベースの組み込み機器開発に役立つ「ソフトリアルタイム機能」とは
2021年10月に正式リリースされたWindows 11。組み込み機器向けあらためIoT機器向けのWindowsは、このWindows 11の登場によってどうなるのだろうか。本連載では、何が変わるのか、そして何が変わらないのかを中心に最新情報を紹介する。第3回は、Windows 10 IoT Enterprise 2021 LTSCで追加された「ソフトリアルタイム機能」について解説する。(2022/3/23)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
クルマにあふれかえるスイッチ問題。最新メルセデスはどう対処した?
機能が増加するたびに、それを操るためのスイッチが必要になります。数は多く、その理解と操作は煩雑で困難になる一方。そんな操作系の試行錯誤が続く中、「近頃、乗った中で、最も洗練されている」と感じたのがメルセデス・ベンツの最新モデル、「Cクラス」です。(2022/3/21)

日本ものづくりワールド 2022:
純国産ペレット式金属3Dプリンタの実働デモや3Dプリントオフィス家具を訴求
エス.ラボは「日本ものづくりワールド 2022」内の「第4回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、ペレット材に対応する材料押し出し積層方式の金属3Dプリンタ「GEM200DG」のデモ展示と、バイオマスプラスチック材料を用いた3Dプリントオフィス家具の参考展示を行った。(2022/3/18)

ドローン:
ドローンや搭載物を落下の衝撃から守る、緊急パラシュートシステム
日本化薬は、産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム「PARASAFE」の販売を開始した。さまざまなドローンに搭載可能で、異常時も安全に降下して機体本体や搭載物を保護し、人や設備への被害も抑える。(2022/3/14)

洗濯機上のスペースにかんたん設置、ラックタイプの「ちょい足し衣類乾燥機」発売 Yシャツ5枚が約35分で乾く
洗濯機から出してそのまま乾燥機にかけられます。(2022/3/6)

自動車メーカー生産動向:
2021年のグローバル生産を足止め、半導体不足、部品供給や物流の混乱
2021年の自動車産業は、経済回復による旺盛な自動車需要に対して、半導体不足や東南アジアからの部品供給難、物流の混乱などが足止めする格好となった。このため、2021年の日系乗用車メーカー8社合計の世界生産は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で相次いで生産停止を余儀なくされた2020年と比べてもわずかなプラスにとどまる結果となった。(2022/2/24)

安全システム:
エアバッグ性能で生産停止のeKスペース/eKクロススペースとルークス、生産再開へ【追記あり】
日産自動車と三菱自動車は2022年2月4日、三菱自の「eKスペース/eKクロススペース」、日産の「ルークス」の生産と販売を同年2月11日から再開すると発表した。(2022/2/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「C+pod」で考える、超小型モビリティの仕様はどこで誤ったのか?
昨年末の記事で、トヨタの「C+pod」について、限り無く全否定に近い評価をした。試乗する前に開発者とも話しているので、当人の顔が思い浮かんで、非常に気は重かったが、とはいえ、読者に本当のことを伝えないなら原稿を書く意味がないので、そこはもう正直に忖度(そんたく)なく書かせてもらった。(2022/1/31)

後任はVincent Roche氏:
Analog Devices、創業者のRay Stata氏が会長を退任
Analog Devices(以下、ADI)は2022年1月19日(米国時間)、過去48年にわたり取締役会長を務めた創業者のRay Stata氏に代わって、プレジデント兼CEO(最高経営責任者)を務めるVincent Roche氏を新しい会長に任命すると発表した。Stata氏は取締役として再選される予定だ。(2022/1/28)

オートモーティブワールド2022:
長さ3mのカーテンエアバッグに対応、ブラザーがエアバッグ縫製システムを展示
ブラザー工業は、「第13回EV・HV・FCV技術展」において、長さ3mのカーテンエアバッグに対応するエアバッグ縫製システム「BAS-375H-L50R」を展示した。(2022/1/26)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
クルマの適正な価格とは? 上がって当然か、上げない努力があるべきか
どちらが正しいということでもなく。(2022/1/19)

セーレン・川田会長の革命【前編】:
「このままではつぶれる……!」 繊維業界の常識を壊して倒産危機を救ったセーレン・川田会長の革命
明治維新以降、日本の基幹産業だった繊維は、1970年代ごろから衰退の一途をたどった。染色加工が中心だったセーレンもそのあおりを受けて倒産寸前に。この窮地を救ったのが、当時社長に就任したばかりの川田達男氏だった。同氏が起こした「革命」とは。(2022/1/19)

2016年以来:
2021年「上場企業」の倒産件数はゼロ 5年ぶり
東京商工リサーチが発表した上場企業の倒産状況によると、2021年の倒産件数はゼロだった。16年以来5年ぶりで、15カ月連続で発生していない。(2021/12/30)

いまさら聞けない自動車業界用語(19):
2020年以上に大変だった、コロナ禍2年目の自動車業界を振り返る
一難去ってまた一難、2020年以上に苦しくなった1年でした。自動車業界では一体何が起きていたのか。実際の現場視点で、この1年をまとめます。(2021/12/28)

オートモーティブ 年間ランキング2021:
ナイロン、電池、半導体……クルマに不可欠だからこそ、注目が集まる
本稿は、1年間に読まれた記事をランキングで振り返る、MONOistの毎年恒例の企画です。2020年に同じように作成したランキングを読み返してみると、工場の操業予定に関する複数の記事が上位に入っていました。2021年のランキングにそうした記事はありませんでしたが、毎月発表される日系自動車メーカーの生産動向を見ていると、2021年の前半は前年の生産台数を上回る月もありましたが、徐々に前年割れの月が増えていったように思います。(2021/12/27)

マツダ、新型「キャロル」発売 マイルドハイブリッドでリッター27.7キロ
平成初期の丸っこい“オートザム キャロル”を思い出しました……!(2021/12/23)

ゲーマーの手指のコリをほぐしてくれるハンドマッサージャー ゲーミング家具ブランド「バウヒュッテ」から登場
ヒーター機能で温めながらマッサージも可能。(2021/12/23)

自動車業界の1週間を振り返る:
モータースポーツでのあなたの応援が、エンジンを生き残らせる?
土曜日です。1週間お疲れさまでした。今週は、ホンダがF1(フォーミュラ・ワン)で有終の美を飾ったというニュースから始まりました。F1最終戦であるアブダビグランプリにおいて、ホンダがパワーユニットを提供するRed Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)のマックス・フェルスタッペン選手が優勝し、ドライバーズチャンピオンを獲得したのです。(2021/12/18)

待望のマイルドハイブリッド車も追加! 新しくなったアルト、その魅力に迫る!
2021年12月22日から販売する新型 アルトに迫る。(2021/12/16)

安全システム:
スズキ「アルト」が全面改良、94万円でステレオカメラと6エアバッグが標準装備
スズキは2021年12月10日、フルモデルチェンジした軽自動車「アルト」の新モデルを発表した。(2021/12/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

スズキ、9代目の新型「アルト」を発売 軽自動車トップの低燃費を実現
スズキは12月10日、軽乗用車の新型「アルト」を同22日より発売すると発表した。(2021/12/10)

スズキのクルマ、スマホとつながる 月額550円
スズキが自社の自動車向けにコネクテッドサービス「スズキコネクト」を始める。12月24日に発表するスペーシアシリーズから導入予定で、緊急時の自動通報やスマートフォンアプリを使ったエアコン操作やドアロック、各種通知に対応する。(2021/12/3)

和田憲一郎の電動化新時代!(44):
日本の自動車産業がとるべき戦略は「返し技」にあり
最近、EV(電気自動車)に関する記事が急激に増加している。特に掲載されている記事は、欧米中で起きている環境規制強化や、それに伴う自動車メーカーや電池メーカーの動きといった情報が多い。日本の自動車産業は大口市場である欧米中の動向を無視してはビジネスが成り立たない。では今度どうすべきであろうか。欧州を中心とした規制強化の現状や、それに対応する日本の自動車産業の再生戦略について、筆者の考えを紹介したい。(2021/10/13)

日本航空電子工業 MX72Fシリーズ:
車載エアバッグ用スクイブコネクター
日本航空電子工業は、グランド端子を備えた車載エアバッグ用ストレートスクイブコネクター「MX72F」シリーズの販売を開始した。コネクターの嵌合(かんごう)でアース接続できるため、作業性が高く、一度の挿入操作で確実に嵌合する。(2021/9/27)

全国カーライフ実態調査:
ドライブレコーダー選びで重視すること 「画質」や「性能」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ドライブレコーダーを選ぶ際に重視している点を聞いた。(2021/9/20)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「エアバッグでできた服」が示す、老舗ブランドの風格と若々しさ
若返りを図るというのは、こういうことでもある。(2021/9/15)

「エキサイティング!!」を追求 SUBARU、新型ピュアスポーツ「BRZ」正式発表 308万円から
キターぁぁぁ! BRZとGR 86、どっち?(2021/7/29)

安全な自動運転実現に向け:
ADAS/自動運転関連事故の報告命令、重要トピックQ&A
米運輸省道路交通安全局(NHTSA)によるSAE(Society of Automotive Engineers)レベル2のADAS(先進運転支援システム)搭載車に関する衝突事故の報告を義務付ける事故報告命令。その重要トピックについて、NHTSA独自の言葉を用いながら、Q&A形式で概要をまとめる。(2021/7/21)

「1日以内」に報告:
米国がADASに関連した衝突事故の報告を義務化
米連邦政府の規制当局は、ADAS(先進運転支援システム)のメーカーや事業者に対し、衝突事故の迅速な報告を義務付けると発表した。これにより、ADASの監視が強化されることになる。(2021/7/6)

マツダ、「アクセラ」約7万台をリコール エアバッグ装置に不具合
マツダは7月1日、「アクセラ」7万4231台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2021/7/1)

Japan Drone:
ドローン用緊急パラシュートを日本化薬が開発、空飛ぶクルマにも技術展開
日本化薬は、「Japan Drone 2021」において、ドローンが故障した際の落下速度を低減するドローン用緊急パラシュートシステム「PARASAFE」を披露。さらに、空飛ぶクルマ用となる「T2コンセプト」も公開した。(2021/6/21)

レクサス、新型「NX」初公開 デザインはどう?【写真120枚】
レクサス初のPHEVを設定、「塊感」がいい感じ!(2021/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。