ニュース
» 2021年12月13日 15時00分 公開

ネコは、姿が見えない飼い主の位置を飼い主の声から捉えている医療技術ニュース

京都大学は、ヒトと住居を共にするネコは、視覚的には見えない飼い主の位置を飼い主の声から心の中で捉えており、その位置が瞬間的に変わると驚くことを明らかにした。

[MONOist]

 京都大学は2021年11月22日、ヒトと住居を共にするネコは、視覚的には見えない飼い主の位置を飼い主の声から心の中で捉えており、その位置が瞬間的に変わると驚くことを明らかにしたと発表した。

キャプション 予期せぬ場所から飼い主の声が再生されて驚くネコ 出所:京都大学

 今回の研究では、ネコを部屋の中に1匹にして、扉の外に設置したスピーカーから飼い主の声でネコの名前を呼ぶ音声を5回再生した。その後、部屋の中にある別のスピーカーから同じ音声を再生し、ネコがどれくらい驚いているかを人間が判定した。

 その結果、室内のスピーカーから知らない人の声を再生した時よりも、飼い主の声を再生した時の方が、ネコの反応は「驚いた」と評定された。つまり、猫は目に見えない飼い主についても、心の中でその存在をとどめていることが明らかとなった。

 一方、同居しているネコの鳴き声を扉の外のスピーカーから5回再生した後、室内スピーカーから鳴き声を再生しても反応は強くならず、別のネコの鳴き声を室内スピーカーから再生した時の方が反応は強かった。同居ネコについては、位置を気にしていない、または鳴き声の違いを検出できても鳴き声で個体を識別していない可能性が示唆された。

 ネコは新しいヒトや場所に対して恐怖心を持つ傾向があり、従来の実験室実験の手法をそのまま利用できないことが多く、イヌに比べて心の理解についての研究が遅れている。そのため、今回は野生動物を対象とした野外の実験手法を用いている。見えないものを心の中にとどめておく能力は、創造力や想像力の基盤となる認知機能であり、ネコは従来の説よりも複雑な認知機能を有している可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.