ニュース
» 2015年09月16日 06時00分 公開

ベンツ「コンセプトIAA」は時速80kmで自動変形、空気抵抗係数が0.19にフランクフルトモーターショー2015(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「インダストリー4.0」でCd値0.19を実現

 コンセプトIAAを実現できた背景には、研究開発から生産、マーケティング、販売、物流、サービスに至るまでを一貫して結ぶデジタルプロセスチェーンがあるという。ダイムラー会長のDieter Zetsche(ディーター・ツェッチェ)氏は「グローバル化とともに進んでいるデジタル化の流れは『インダストリー4.0』という言葉で広く知られるようになった。メルセデス・ベンツはそのパイオニアだ」と強調した。

「コンセプトIAA」を紹介するダイムラーのディーター・ツェッチェ氏 「コンセプトIAA」を紹介するダイムラーのディーター・ツェッチェ氏(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

 実際にコンセプトIAAの開発では、異なる部門間を結ぶデジタルネットワークが不可欠だった。車両デザイナーは複雑なデザインを扱うために最新のアルゴリズミックデザインを運用している。アルゴリズミックデザインによる3次元モデルの動的モデリングによって得られた複雑な形状は、3Dプリンタやラピッドプロットタイピングに代表される革新的な生産技術によって現実化できた。

 また世界で最も良好なCd値を実現する上では流体解析が大きな枠割を果たした。メルセデス・ベンツの流体解析の解析専門家が、300の車両形状バリエーションについて、約100万CPU時間に相当する解析を行い、生産モデルの開発につなげたという。

「コンセプトIAA」の風洞実験の様子 「コンセプトIAA」の風洞実験の様子(クリックで拡大) 出典:ダイムラー
「コンセプトIAA」の車体デザインにおける流体解析の様子 「コンセプトIAA」の車体デザインにおける流体解析の様子(クリックで拡大) 出典:ダイムラー
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.