• 関連の記事

「流体解析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

流体解析に関する記事を集めました。

TCT Japan 2024:
3Dプリンタ活用の価値を設計×解析×製造技術で高めるSOLIZEの提案
SOLIZEは「TCT Japan 2024」に出展し、国内自動車メーカーによる事例や3Dプリンタを活用した設計製造提案の取り組みなどを紹介していた。(2024/2/5)

「CST Studio Suite」で静電気の伝播を可視化する:
PR:ESD解析の「最適解」 高精度なシミュレーションから始めるノイズ対策
半導体や電子部品の小型化・高性能化に伴い、電子機器のESD(静電気放電)対策は複雑で困難になっている。そこで重要になっているのがESDのシミュレーションだ。ダッソー・システムズの3次元EM(電磁界)シミュレーター「CST Studio Suite」は、時間領域ソルバーによって短時間で高精度なESD解析ができる。(2024/2/1)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(5):
ステップダウン形DC/DCコンバーターの設計(3)
今回は前回説明しきれなかったチョークの要求特性について説明し、続いて今回の目標であるリップル電圧を図式解法で導けるかを検討します。(2024/1/29)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(6):
Simulation Governanceの技術カテゴリー「ノウハウ活用」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第6回では、技術カテゴリーの中で「モデルと計算」とペアになる「ノウハウ活用」に着目する。(2024/1/15)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(4):
ステップダウン形DC/DCコンバーターの設計(2)
今回は前回の検討で得られた各部の波形からスイッチング動作に関係する素子に要求される特性項目と値について説明します。(2023/12/25)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(20):
騒音シミュレーション事例
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第20回では、騒音シミュレーションの事例をいくつか紹介する。(2023/12/13)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(3):
ステップダウン形DC/DCコンバーターの設計(1)
今回はこれまで説明した2つの式を使って基本的なステップダウン形DC/DCコンバーターを設計していきます。また最後に前回の課題の1つの考え方を示します。(2023/11/27)

CAEニュース:
熱流体解析ソフトウェアを活用して新型ソーラーカーの車体を開発
東海大学ソーラーカーチームが、Hexagonの熱流体解析ソフトウェア「Cradle CFD」を活用して、ソーラーカーの車体を開発した。実風況を考慮した7億要素の高精度解析により、車体は優れた空力性能を有する。(2023/11/15)

CAEニュース:
操作性が大幅に向上したCAEプラットフォーム「Altair HyperWorks 2023」発表
アルテアエンジニアリングは、CAEプラットフォームの最新版「Altair HyperWorks 2023」を発表した。操作性が大幅に向上し、プラットフォーム全体の機能強化が図られている。(2023/11/7)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(2):
2つの式の導出(2)―― Cの定義
今回はテーマとした「2つの式」のなかで前回説明しきれなかったキャパシターの式について説明したいと思います。キャパシターは電子回路で抵抗器、インダクターと並んで多用される電子部品です。(2023/10/30)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(1):
2つの式の導出(1)―― Lの定義
今回から電源設計の超初心者向けにDC/DCコンバーターの設計を説明していきます。この連載で主として使用する式はインダクタンスに関する式および、キャパシタンスに関する2つの式だけです。2つの式から導かれるインダクタンスとキャパシタンスの電気的性質を使って入門書などに記載されている基本的なコンバーターの設計をどこまで説明できるかを考えていきます。(2023/9/29)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(4):
デジタルモノづくりで試作回数を削減し、サステナブルな未来へ踏み出そう
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第4回のテーマは、試作回数の削減に効果を発揮するデジタルモノづくりだ。(2023/9/5)

メカ設計 イベントレポート:
設計領域がカギを握る! 海外事例で学ぶサステナブルな製品開発アプローチ
PTCジャパンはWebセミナー「設計から始まるサステナビリティ 〜世界に学べ! 3D CADの最新事例〜」を開催し、設計開発領域におけるサステナビリティの取り組みや具体的なアプローチについて、海外の最新事例を交えて説明した。(2023/8/3)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(最終回):
ジャンクション温度の計算(6)―― 実機のスイッチング素子の温度計算
(2023/7/31)

BIM:
東急建設と阪大院の矢吹教授がBIMとCFDの連携手法を確立 建物OSで室内環境の予測制御へ
東急建設は、大阪大学大学院 工学研究科 矢吹教授の研究グループとともに、BIMモデルと熱流体解析シミュレーター(CFD)の連携手法を確立させた。(2023/7/27)

CAEニュース:
Webブラウザ上で全ての作業が完結する完全クラウドのCAEプラットフォーム
構造計画研究所は、SimScaleが提供する完全クラウドのCAEプラットフォーム「SimScale」の取り扱いを開始した。ハードウェア不要で導入コストを抑えられ、どこからでもアクセスして設計、開発に利用できる。(2023/7/13)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(79):
ジャンクション温度の計算(5)―― 繰り返しパルス列の温度計算
これまで、各種形状の単パルス損失が発生した時の温度上昇の求め方について技術的な検証を含めて説明してきました。ただ、実機においては単パルスではなく同じ損失が繰り返し発生します。今回はこの繰り返し損失波形の温度上昇について考えていきます。(2023/6/28)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(78):
ジャンクション温度の計算(4)―― 正弦波形損失の温度計算
今回はここまでの考え方に従って損失変化が直線ではなく正弦波で表される事例について検討を進めます。(2023/5/26)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(2):
ジェネレーティブデザインで実現するサステナブル設計とその可能性
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第2回は「ジェネレーティブデザイン」の活用をテーマに、サステナブル設計との関連性や得られる効果などを取り上げる。(2023/5/24)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(26):
1人暮らしのための食洗機、パナソニックが「SOLOTA」に到達した理由
食洗機フリークである筆者は、1人用の食洗機“SOLOTA”こと「NP-TML1-W」が出たというニュースに注目した。1人暮らしに食洗機というアプローチが実に面白い。パナソニック くらしアプライアンス社の担当者に開発背景などを尋ねた。(2023/5/24)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「5類」への移行を機に振り返るデジタルモノづくりの可能性とこれから
平時への移り変わりを機に少し振り返ってみました。(2023/5/9)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(77):
ジャンクション温度の計算(3)―― 任意の三角形損失の温度計算
今回は「重ね合わせの理」を使用して増加形三角形の損失波形を任意の三角形の波形へ拡張することを考えていきます。(2023/4/27)

工場ニュース:
ニーズ高まる大型冷凍倉庫、自然冷媒の冷凍機活用で大幅な省エネとCO2削減を実現
武蔵野ロジスティクスは同社初の大型冷凍倉庫として2022年から稼働している「首都圏フローズンセンター」を報道陣に公開した。省エネルギー型の冷凍設備を構築し、電力使用量やCO2を従来型の設備比で大幅に削減している。(2023/4/11)

CADニュース:
PTCが2023年CADを取り巻く5つのトレンドを発表、5月にはSaaS版「Creo」も
PTCジャパンは「2023年のCADトレンド」に関する記者説明会を開催し、製品開発における5つのトレンドと、それらを踏まえたPTCのソリューションなどについて紹介した。(2023/3/30)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(76):
ジャンクション温度の計算(2)―― 三角波状損失の温度計算の基礎
温度計算のツールともいえる原理(前提条件、仮定)を各種波形に適用し、得られた結果と従来の式を比較し、その妥当性を検討していきます。(2023/3/23)

CAEニュース:
ヴァイナス、流体解析用ポストプロセッサの最新版「FieldView 2022」をリリース
ヴァイナスは2023年3月をめどに、流体解析用ポストプロセッサの最新版「FieldView 2022」をリリースする。自動パーティショニング機能の強化により、大規模データの並列可視化処理を効率化できる。(2023/3/2)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(75):
ジャンクション温度の計算(1)―― 温度計算の原理
今回から、数回にわたり半導体を使う上で考慮しなければならない接合(ジャンクション)部の温度計算の算出法について説明します。(2023/2/27)

3DEXPERIENCE World 2023:
SOLIDWORKSは3DEXPERIENCE基盤との融合で想像力の限界を超える
「3DEXPERIENCE World 2023」の全体講演では、「SOLIDWORKS」および「3DEXPERIENCE Works」を主導する2人のキーマンが登壇し、プラットフォームの価値を訴求。併せて、デスクトップ版SOLIDWORKSユーザーに向けたサプライズも発表された。(2023/2/14)

CFDで広がる建築設計の可能性:
PR:風洞実験の代替として期待されるCFD 竹中工務店はなぜAltair ultraFluidXを選んだのか?
気候変動や災害対応、建築物の省エネ化といった潮流を受け、ここのところ建築設計でCFD(数値流体解析)技術を活用した高度な建築シミュレーションの需要が高まっている。“風”を例にとっても、さまざまな角度からシミュレーションして検証する必要項目は多く、その精度も求められる。これまで一般的な風洞実験も、検証しなければならない項目が増えれば、当然ながら工数や作業時間も増加する。CFD技術の建築シミュレーションへの適用が注目を集める理由には、こうした背景がある。(2023/2/6)

設計現場が求める理想の環境とは:
PR:高度化するモノづくりを強力に支援する3D CAD向けワークステーションの最適解
現代のモノづくりに欠かせない3D CADをはじめとするデジタルツールの活用。その価値を最大限に発揮し、設計業務を着実に遂行するためには、性能だけでなく、システムとしての安定性も兼ね備えた信頼性の高いワークステーション環境が不可欠だ。今、設計現場が選ぶべき最新世代のワークステーションを紹介する。(2023/2/6)

CAEニュース:
クラウドや電動化機能などを強化したシミュレーションソフトの最新版
アルテアエンジニアリングは、シミュレーションソフトウェアの最新版「Simulation 2022.2」を発表した。アップデートで機能を強化した結果、クラウドの弾力性と拡張性、電動化機能、製品開発力が向上している。(2023/1/27)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(74):
ワイヤーボンド(4) ―― 銅ワイヤーの評価項目とその注意点
今回はコストダウンの一環として導入が進められている銅ワイヤーの評価項目とその注意点について説明します。(2023/1/27)

都市DXフォーラム IN 九州:
「天神ビッグバン」にみる都市DXの可能性【前編】ー「PLATEAU」やゼンリンの3D都市モデルをメタバースやBIMで活用するには?
本稿では、3D都市モデルをベースにした大規模都市開発でのDX活用をテーマとするフォーラム「都市DXフォーラム IN 九州」の各セッションを前後編で紹介する。前編では、天神地区を例にした国土交通省の3D都市モデル「PLATEAU」活用例と、ゼンリンが提供する3D地図データの有効活用方法を採り上げる。(2023/1/10)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(73):
ワイヤーボンド(3) ―― ワイヤーボンドの評価法
今回は銅ワイヤーについて説明する予定でしたが、その一環としてワイヤーボンドの評価法について説明します。(2022/12/27)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(72):
ワイヤーボンド(2) ―― 関連用語や治具、不良について
今回はワイヤーボンドの用語、治具および、ワイヤーボンドの不良について説明します。(2022/11/29)

製造業DX:
PR:Engineering AIをパートナーに設計開発業務を変える、エンジニアに提案するAIとは
製造業でも進むAIの活用。しかし、生産現場などと比べて設計開発業務でのAI活用は進んでいるとはいい難い。そこで、設計開発業務向けにさまざまなソリューションを展開してきた電通国際情報サービスが満を持して展開を始めるのが「Engineering AI」である。同社のEngineering AIではどのようなことが可能になるのだろうか。(2022/11/29)

デジタルエンジニアの重要性と育成のコツ(5):
設計者CAEを活用した構造解析はじめの一歩
現代のモノづくりにおいて、3D CADやCAE、CAM、3Dプリンタや3Dスキャナーといったデジタル技術の活用は欠かせない。だが、これらを単に使いこなしているだけではデジタル技術を活用した“真の価値”は発揮できない。必要なのは、デジタル技術を活用し、QCDの向上を図り、安全で魅力ある製品を創り出せる「デジタルエンジニア」の存在だ。連載第5回では「設計者CAEを活用した構造解析」について解説する。(2022/11/21)

CAEニュース:
3D CAD向け連成解析ソリューションの最新版を提供、メッシュ生成を高速化
クリエイティブマシンは、機械設計向け3D CAD「IRONCAD」の連成解析ソリューション「MPIC 2022」を発売した。メッシュ機能にもマルチスレッド機能を応用し、メッシュ生成の高速化に対応した。(2022/10/31)

現行HPCを超える計算機を目指し:
富士通と東京工業大学、「協働研究拠点」を設置
士通と東京工業大学は、東京工業大学すずかけ台キャンパス内に「富士通次世代コンピューティング基盤協働研究拠点」を設置した。現行HPCの処理能力を超える次世代コンピューティング基盤の確立と、応用範囲の拡大を目指す。(2022/10/26)

最新ワークステーションで徹底検証:
PR:「Creo」のジェネレーティブデザイン/リアルタイム解析をより快適に使うには
多くの設計現場で活用されているPTCの3次元設計ソリューション「Creo」。今回、デル・テクノロジーズのワークステーション製品「Dell Precisionシリーズ」を用いて、Creoの先進機能である「Generative Topology Optimization」と「Creo Simulation Live」のパフォーマンスを検証した。その結果をレポートする。(2022/10/26)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(71):
ワイヤーボンド(1) ―― ワイヤーボンディングとは
今回から、半導体チップと外部電極との接続する「ワイヤーボンド」について解説していきます。(2022/10/25)

JIMTOF2022:
過去最多出展社数の「JIMTOF2022」、世界初披露の製品も続々
日本工作機械工業会と東京ビッグサイトは、東京都内で記者会見を開き、工作機械と関連製品/技術の展示会「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(同年11月8〜13日、東京ビッグサイト)の概要を発表した。(2022/10/12)

組み込み開発ニュース:
NECのベクトルプロセッサが進化、性能は2.5倍で電力効率も2倍に
NECがベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」の新モデル「SX-Aurora TSUBASA C401-8」について説明。データセンター向けとなるC401-8は、従来モデルの「SX-Aurora TSUBASA B401-8」と比べて2.5倍の処理性能と2倍の電力効率を実現したことを特徴とする。(2022/10/11)

CAEニュース:
医師のアイデアを基に流体解析を駆使して開発したパーソナル飛沫防護デバイス
オージーケーカブトは、エアロゾル防護デバイス「AirVision」を発売した。医療従事者が施術や診療、患者ケア、エアロゾル環境などにおいて飛沫を防護する、ヘッドギアタイプのパーソナルエアーシールド装置だ。(2022/10/7)

Formnext Forum Tokyo 2022:
2つの独自技術で高品質な造形、金属3Dプリンタへの関心の高まり実感
日本電産マシンツールは積層造形技術の見本市「Formnext Forum Tokyo 2022」において、同社のパウダーDED方式3次元金属積層造形機「LAMDA 200」による積層サンプルなどを出展した。(2022/9/28)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(70):
半導体(11)―― MOSFETの新しいアバランシェ検査法
今回は今まで説明してこなかったアバランシェ検査の新しい考え方について説明します。(2022/9/27)

医療機器ニュース:
治療計画プログラム付随の脳動脈瘤コイル留置用ステントが薬事承認
アルムとPENTASが開発した、脳動脈瘤コイル留置用ステントと治療計画プログラムの医療機器製造販売が承認された。治療計画プログラムが付随した脳動脈瘤コイル留置用ステントの薬事承認は日本初だ。(2022/9/12)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 特別編 CAE活用ウェビナーレポート:
PR:HPCやAIがCAE解析の課題を解決!! 現場が求める理想の解析環境を実現するには
デル・テクノロジーズは「新時代に突入するCAE、その可能性を広げる技術深化〜CAEをより深く、より広く活用する方法〜」と題したオンライン技術セミナーを開催した。オムロンの岡田浩氏による基調講演の他、アンシス・ジャパンの土屋知史氏、日本AMDの中村正澄氏、デル・テクノロジーズの岡野家和氏の講演をレポート形式でお送りする。(2022/9/8)

CYBERNET Solution Live 2022:
アサヒ直営店の換気性能を評価、点群データからの3Dモデル化とCFDソフト活用で
サイバネットシステム主催「CYBERNET Solution Live 2022」の顧客講演に、アサヒクオリティーアンドイノベーションズ 解析科学研究所の佐藤英明氏が登壇し、「点群データを活用した3DモデリングとCFDによる換気性能評価」をテーマに、アサヒグループ直営店舗内における換気性能評価の取り組み事例を紹介した。(2022/9/6)

CAEニュース:
ゴルフクラブのヘッドの剛性研究に非線形構造解析ソフトウェアを導入
Hexagonは、非線形構造解析ソフトウェア「Marc」を本間ゴルフが導入し、研究に活用していると発表した。ゴルフクラブのフェース面のトランポリン効果を高める、共振現象を考慮したヘッドの剛性を研究している。(2022/9/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。