特集
» 2015年02月12日 16時29分 公開

「SOLIDWORKS 2016」はユーザーの声に応え、CADの基本機能がさらに使いやすくSOLIDWORKS World 2015(2/2 ページ)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

絶滅危惧種なデザイナーの生態系に迫る!

 次期バージョンのSOLIDWORKSに搭載予定の新機能の紹介については、ドラマ仕立ての映像で紹介されることがここ数年の恒例となっている。

 昨年の「SOLIDWORKS World 2014」では、映画『バットマン』の世界から飛び出してきたようなキャラクター「CADマン」と「リボン」の2人が、めちゃくちゃに破壊された3次元CADデータを新機能を使って次々と修復していく、アクション満載のヒーローもの(?)だった(関連記事:部分レンダリングに寸法配置の切り替え、「SolidWorks 2015」の新機能)。

 今回のSOLIDWORKS World 2015では、旧来の設計会社に所属するデザイナーたちを「地球上の珍しい生物」にたとえ、その生態系を調査するというドキュメンタリー番組風であった。その寸劇の様子をダイジェストでお届けしよう。

その1 自然の生態系を調査するドキュメンタリー番組のようだ
その2 危険を覚悟で潜入! と思いきや以外とすんなりヤツら(デザイナー)の生息する場所へ潜入(デスクの下はかなり汚れている)
その3 ヤツらの社会にも上下関係はある。まるでサラリーマンのようだ
その4 これ以上の潜入は危険だ! ドローンを使ってヤツらの日常をウオッチ
その5 ドーナツを持っているヤツは格好の標的に。仲間といえど容赦しない。なんて恐ろしい生物なんだ!
その6 捕獲成功!!
その7 そして、捕獲されたデザイナーはSOLIDWORKSの技術を巣に持ち帰り、旧来方式のデザインでのさばっていた老害と対決し、圧倒的な力で勝利する

そして、次回

 SOLIDWORKS World最終日の基調講演の最後で、次回「SOLIDWORKS World 2016」の開催地がバッシ氏より発表された。

次回「SOLIDWORKS World 2016」の開催地はダラス! 次回「SOLIDWORKS World 2016」の開催地はダラス!
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.